宗教学講座 初級コース 第105回 大乗仏教(唯識説:三性論)

【映像時間】

75分[500円+税]

【内容の一部紹介】

三性論という唯識論の一番難しい所を「大乗仏典〈15〉世親論集」(中公文庫)を使って説明したいと思います。三性論の意味をちゃんと理解している学者、研究者はまずいないんです。どんな解説書を見ても的が外れている。
「空と無我」(定方晟著、講談社現代新書)の三性論のところを見ると、こう書いてあります。
----------------------------------------------------------------------
 三つの存在様式。世界を認識するときに、3つの認識の仕方があるす。唯識三十頌によると、三性というのは、遍計所執性、依他起性、円成実性。ものはこの3つのあり方において存在する。私はこの教義の意味するところを次のように推測する。
遍計所執性:「外界に」という一般の人が持っている感覚。通常の認識の仕方。
依他起性:何らかの他の力によって存在。
円成実性:覚者の洞察に対応する存在様式。
----------------------------------------------------------------------
唯識論の一番難しい所なんですが、なぜ難しいかというと、唯識学派には2つの学派、有形象唯識論と無形象唯識論があるのです。この2つの学派で三性の解釈の仕方が違うのです。これが大混乱の原因です。
(講演内容を元に編集:文責シャンティ・フーラ)

Share.

About Author

4件のコメント

  1. 参考になった(1)

    もともとの教えに、イラスト入りで説明してくれていればよかったのに、と思える内容でした。
    今まで私は「無我」という単語を、「われ」と「あなた」に区別をつけないという意味だと思ってきました。
    難しい講義を聴いた後、こちらの意味の方がよかったのにと感じています。

  2. 参考になった(2)

    世親は、兄で霊能者のアサンガを通じて、マイトレーヤに唯識論を教えてもらったが、マイトレーヤは無形象唯識派で、世親は有形象唯識派であることが混乱を生んだとのこと。世親を介さずに、マイトレーヤが直接アサンガに詳しく教えた方がよかったと思います。

  3. 参考になった(0)

    今回が初級講座の難しさの頂点で、山場とのこと。これが分かったら後の宗教学シリーズは大丈夫ということで、心して挑みました。丁寧な解説で、ちゃんと理解できたと思います。三つの認識を示した図(a,b,c)が分かりやすかったです。教える人(マイトレーヤ)と、それを解説する人(世親)の見解が違うという事実には驚きました。混乱の原因が、”ただ見ている”と、”ずっと見ている”の違いだったなんて、指摘されない限り、お釈迦様でも分かるまい! という感じです。円成実性の解説において、”猫”の記述に”照明”の記述が混入されており、普通に学んでいたら、まず分からないだろうと思います。

    仏教がマナスを二つに分離したのは、彼らがすごく我が強く、”強いからこそ嫌悪してそれを排斥して、そこから自由になろうと奮闘”した結果だったとのこと。
    ずっと、無我へのこだわりからだと思っていました。彼らの無我への囚われも、原因は同じだったかもしれませんね。

  4. 参考になった(1)

    唯識論の一番難しいところで、山場ということですが、
    なんとなく理解できたような。
    でも私のわかったレベルはたぶん低いかも・・(?)

    毎回、cocoさんの完璧で優秀なコメントを前にして↑
    後はもうボケるしか・・