家族の絆 〜夫婦(105):信用創造・金細工師の預かり証〜

【映像時間】

102分[500円+税]

【内容の一部紹介】

「信用創造」という銀行業務の一番重要な部分。ほとんどの方が理解していない部分です。銀行で業務をしている人も知らないと書いてありました。ここが私が経済の根本と言っている部分です。もし経済の根本が分かっている人だったら、現在の金融システムが成立し得ないということが当たり前の自明の事実、数学的に成り立ち得ないのです。これが成り立つのは地球を食いつぶせる限りのせいぜい数百年。必ず破綻するものなのです。ですから現代の資本主義、金融システムが必ず破綻することは自明なのです。その自明なことがほとんどの経済学者が分かっていないので、根本が分かっていないとしか言いようがない。私たちは今その壮絶な崩壊の直前にいるのです。(以下略)

【概要&目次】
今回から数回に渡り現代の経済をコントロールしているといってもよい最も重要な「信用創造」について説明する。参考図書はリチャード・ヴェルナー氏著「円の支配者」。
1.導入 (00:00:00)
  • 経済を"分かっている"レベルの違い(知識・本質・根本)
  • 明らかに成り立たない金融システムの崩壊
  • 経済は素人の方がよく分かる
2.円の支配者 (00:04:52)
  • 名著「円の支配者」
  • 余談)本の虫干し
  • ヴェルナー氏の経歴
  • 氷解した日銀に対する疑問
  • 今回の講義で"経済の根本"が分かる
3.通貨の役割と起源 (00:12:45)
  • スライド)通貨の役割と起源(1)通貨とは何か
  • 宋王朝の世界最初の紙幣
  • 余談)竹中平蔵の言:経済理論と学者の数
  • 図・WB)ヴェルナー氏の写真
  • 余談)◯は気にならない
  • 図・WB)マネーサプライ(通貨供給量)の定義
  • ≫参照)(Wikipedia)マネーサプライ
  • よくわからない現在の通貨の定義
  • 余談)こういう文章・議論は回避する(竹下氏の感覚)
  • よくわかるヴェルナー氏の通貨の定義
  • スライド)通貨の役割と起源(2)中国と西洋
  • 中国皇帝の紙幣発行による絶対的な支配権
  • 西洋の貴金属通貨による財政の限界
  • 余談)無税でボロ儲けの宗教法人
  • ≫参照)丹羽春喜教授「カネがなければ刷りなさい」
  • ケインズ政策の古典的名著「雇用の経済学」ラーナー著
  • 政府による3つの通貨調達手段
  • デフレは通貨発行で簡単解決
  • あるいは国債の日銀直接引受でも可。ただし・・・。
  • ≫参考)日銀の不胎化介入
  • 法が禁じる日銀直接引受
  • 最大のトリック(国債漬け、破綻、収奪)
  • 今なら間に合う。国債は日本人が持っている。
  • スライド)通貨の役割と起源(3)預かり証の誕生
  • ≫「Money As Debt(負債としてのお金)」
4.銀行業の真実 (00:56:12)
  • スライド)歴史上最大のトリック(1)金細工師の詐欺行為
  • スライド)歴史上最大のトリック(2)存在しない購買力の創造
  • 銀行の絶大な権力の源
  • 通貨を印刷した金細工師
  • 図・WB)金細工師のバランスシート(B/S)
  • 図・WB)図1)基本形(左が運用、右が調達)
  • 図・WB)図2)預金したとき(通貨量は変わらない)
  • 図・WB)図3)金を貸し出したとき(通貨量が増えた!)
  • 図・WB)図4)預かり証を大量発行(これは詐欺)
  • 図・WB)図5)竹下氏作「本当のバランスシート」
  • 誰かが借りないとお金が増えない仕掛け
  • バブル期前後の日本経済
  • 橋本・小泉の成長妨害政策
  • みんなが持ってるお金は借金
  • スライド)歴史上最大のトリック(3)銀行家の誕生
  • 通貨発行でインフレになる?〜東北の復興
  • 銀行の史上最大の犯罪
  • 「賢者の石」の発見、錬金術師の誕生
  • スライド)銀行のしもべとなった王たち
  • 通貨発行量のコントロールの重要性、東洋の王たちの失敗
  • スライド)戦争で儲ける銀行家
  • 銀行家の情報収集能力
  • 戦争でどちらが勝っても儲かる銀行家
  • 陰謀論というが…、今日の講義で重要なこと
終わり(01:42:28)

【参考文献】
【キーワード】
M1、M2、M3、へそくり、やしきたかじん、アジア通貨危機、アダム=スミス、インフレ、エコノミスト、ギルド、クレジットカード、スティグリッツ、デフレ解消、バブル崩壊、リビア、ロスチャイルド、ローン、三井、三菱、不良債権処理、中国の皇帝、中央銀行、中央銀行の所有者、中央銀行の絶対権力、印刷機、商売、国債の発行、国有化、国策、外務省、外資による奴隷化、担保、政府支出、政府通貨、日銀、日銀に都合が悪い、日銀の国債直接引受、日銀引き受け、景気の刺激、本質、東北、根本、民間ではいけない、玉璽、現金、皇帝、硬貨、租税の徴収、空、純資産、紙幣の流通量、紙幣の発行、経済回復、経済学部、経済発展、緊縮財政、胸、設備投資、詐欺、負債による経済、購買力、購買力の分配権、通貨供給、通貨発行益、郵政民営化、重商主義、金と銀、金利、金融自由化、銀行、陰謀論、需要と供給、髪

Share.

About Author

13件のコメント

  1. 参考になった(3)

    メリベにもわかる経済学金融講座をありがとうございます!!

    明解でした~。みんなに見てほしい。

  2. 参考になった(2)

    お金が負債だったとは...驚きでした。
    数字に苦手な私ですが、とてもよくわかりました。
    ありがとうございました。

  3. 参考になった(3)

    資本家が所有する銀行に対する負債の上に通貨が成立しているのは、健全ではないと思います。健全な金融システムにするには、銀行の国有化は避けて通れないのではないでしょうか。

  4. 参考になった(2)

    2回観てバランスシートの解説がわかりました!
    その他のところもすごく分かりやすかったです!!

  5. 参考になった(3)

    冬に「円の支配者」を読んだことを思い出していました。
    私の場合、「円の支配者」を購入して虫干ししている期間に、「あなたはお金のしくみにこうして騙されている」 (5次元文庫)という本を予め読んでから「円の支配者」に取り組みました。
    それで概ね「円の支配者」の内容は驚きをもつと同時に理解できたように思います。
    ただし、予備知識なしにこの本を読んだら、私にはほとんど理解できなかったのではないかな~。とも感じたことを思い出しています。

  6. 参考になった(3)

    メリ兵衛も、うっかり団子落としそうになりました(゜.゜)
    お金に関して、変な気は起こさず、堅実に生きようと心がけてきたつもりですが
    いつのまにか、バーチャルだかマトリックスだか、虚偽の世界にいただなんて!

    なんというか心を拉致されてしまったような、気持ちの悪さ、違和感がこびりついて
    離れません。
    もう、ほんとにほんとにつくづく嫌になりました。

    心の底から騙す人も騙される人もいない、おひとよしさんばかりの世界を作りたいです。

  7. 参考になった(3)

    経済にはまったく疎い私ですが、
    少しずつ分かってきたような気がします。
    一人でも多くの人に見てほしいですね。

  8. 参考になった(2)

    銀行の利益は、電力会社の原価付加方式を逆手にとって、原発を増やすのと同じものを感じました。社会的にモラルを最も持たなければならない会社が、これではもう継続できない気がします。誰が言い出したのか知りませんが、実業と虚業という区分けは、的を得た表現だと思いました。

  9. 参考になった(2)
    ぴょんぴょん on

    以前、金細工師のアニメを見たとき、なんとなくわかったような気がしていたことが、今回、バランスシートの説明で、すっきり理解できました。
    世界の歴史は銀行家に動かされている事実も、はっきりと認識できました。
    皆さん、必見です!

  10. 参考になった(3)

    私の親は小さな事業をしてきて、14年前自己破産しました。私も一緒に仕事をしてきたので私名義の借金もありました。贅沢もしたことがないし、まじめに働いてきましたが、いつも金融機関への返済にずっと追われる生活でしたので、ホッとしつつも、自己破産に罪悪感を持っていました。

    しかし、竹下先生の講義を聴くようになってから、あの生活はそうした社会の仕組みに巻き込まれてきたんだなあと理解するようになり、今やっと心から立ち直れているような気がしています。

    銀行が詐欺だというのは、一目瞭然ですが、思いもしませんでした。
    もう腹も立たず、ただ悲しい気がします。
    こうした仕組みのせいで、人生が辛いものになっている人がどれだけいるのかと思います。
    差別の意識の根源がここにあるような気すらします。

  11. 参考になった(4)

    銀行家こそが錬金術師だったとは。愛のない。
    しかしその詐欺的なシステムは、もはやばればれなので、支配者として君臨してきた構造も瓦解していくわけですね。
    愛あふれる経済システムをおもうと魂がうち震えます。
    必ず通る道とはいえ・・・

  12. 参考になった(2)
    牛サマディー on

    ヴェルナーさんや安西正鷹さんの著作などでこの講義の大方の内容は知識としてありましたが、竹下先生の解説のおかげで理解度がとても増したように思います。
    300ページ以上ある「円の支配者」の中のほんの8ページの内容ですが、ここに書いてある経済の根本をほとんどの地球人(エコノミストでさえも)が理解していないというのは衝撃です。そして、それは小学生でも理解できる内容・・・
    経済にしても霊的分野にしても全然真実が知らされておらず、本当に無知が蔓延している世界だと毎度驚きです。

    ヴェルナーさんはカッコイイ顔してるな~~と以前から思ってたのですが、泰子さんもそう思われてたんですね(^^)
    ‘いろんな意味で’光り輝いておられる方です。

  13. 参考になった(0)

    数ヶ月ぶりに下船した息子に会いました。株に関心を持ち、熱心に経済学を色んな場所から学んでいました。でも、言っていることが何か少し間違っているような気がして、この映像配信を一緒に見始めました。2012年5月に見た記憶が私の中に、少し残っていてよかったです。息子と一緒に二人で、最初から最後まで真剣にノートに書きながら一言も逃さないように聞き入りました。もう、母親の私が何も言わなくても、次々と本人が見ていくだろうことを確信できました。息子が株という闇の世界へ引きずりこまれないように母親は願うのみです。