映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

宗教学講座 初級コース 第124回 不二一元論(差異の理解)

43 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 5 (43 人の評価・計 212 点)
今回は、宮元氏の「インドの『一元論哲学』を読む」から前回の続きの部分を説明して、シャンカラによるブラフマ・スートラの解釈を簡潔にまとめる。前回見たように「自己」や「私」という言葉の意味が分かれば非常に簡単に理解できる哲学である。また余談として経済・お金などの話題も取り上げていく。

家族の絆 〜夫婦(79):サーカーの思想:古代エジプト史 〜

43 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 5 (43 人の評価・計 212 点)
前回まで、サーカーの思想である社会サイクル論の理論的な部分を説明してきた。現在、学者が地球上で一番古い文明と認め、歴史的な文献や遺物が残っているのがエジプトの文明である。今回はその古代エジプト史に、7つの時代の概観を照らし合わせて見ていく。

宗教学講座 初級コース 第123回 不二一元論(あなたは誰か)

43 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 5 (43 人の評価・計 212 点)
これまで二回に渡り、宮元啓一著「インドの『一元論哲学』を読む」のはしがきをテキストとしてシャンカラの哲学の要点を解説した。今回は同書本文(宮元氏によるシャンカラ著「ウパデーシャサーハスリー」散文篇の解説)を見ていくことで、前二回の内容を確認・納得してもらうことを目的とする。加えて、非常に単純なシャンカラの思想の問題点も指摘していく。

日本史講座 第1回(後半)古代日本への原始キリスト教の伝来

43 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 5 (43 人の評価・計 212 点)
今回は景教が伝来して、聖武天皇、東大寺の大仏建立、光明皇后、空海にまで非常に大きな影響を与えた痕跡を詳しく見ていく。そして秦氏が平安京を作ったとされる説を検証していき、そこで背後で働いた神々の存在を明らかにする。さらに仏教立国を理想としていたとされる聖徳太子の本当の姿を見ていくと、キリスト教は紀元1、2世紀位にはもう日本に入っていて民間レベルでも浸透していたことがわかる。この部分を押え、後の歴史の流れの解釈へと繋げていく。

宗教学講座 初級コース 第122回 不二一元論(梵我一如)

43 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 5 (43 人の評価・計 212 点)
前回はシャンカラの不二一元論を概説した。今回は、彼がブラフマ・スートラをうまく説明するために、流出論を排斥したことの意味を解説する。ここでの根本的な問題点は「梵我一如」をどう解釈するかである。また、サーンキヤ哲学や私(竹下氏)の立場と比較しながら、シャンカラの哲学的立場を見ていき、最後に「梵我一如」の私流の解釈を示す。

日本史講座 第1回(前半)古代日本への原始キリスト教の伝来

43 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 5 (43 人の評価・計 212 点)
今回と次回は、日本の神様と日本史の関連について理解するために、景教、秦氏、失われた10部族という方面の重要な部分を解説する。後に、多くの人が見落としている日本史における私(竹下氏)自身しか持っていない世界観の理解に繋げるためにも、この部分の知識は必須である。

宗教学講座 初級コース 第121回 不二一元論(流出論)

43 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 5 (43 人の評価・計 212 点)
今回から、シャンカラ(8世紀前半)の不二一元論を説明していく。今回は宮元啓一氏の文章をテキストとして、歴史的な流れや不二一元論の輪郭を捉える。シャンカラの思想は、ある一点を除き仏教と大差がなく、大乗仏教の講義に何と無くでもついて来れた人にとっては、非常に単純明快なものである。

家族の絆 〜夫婦(78):サーカーの思想:3つのサイクル 〜

43 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 5 (43 人の評価・計 212 点)
前回、紀元前10万年から紀元2万年までの12万年間という大きな枠があり、7つの時代に分かれる事を説明し、それを日本史に当てはめたラビ・バトラ教授の説を紹介した。今回はさらに、日本史の年表と大サイクル、中サイクル、小サイクルという3つのサイクルと照らし合わせ、より詳しく見ていく。

宗教学講座 初級コース 第120回 密教(宗教の混沌)

43 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 5 (43 人の評価・計 212 点)
これまで大乗仏教・ヒンドゥー教という枠にとらわれず、広く密教について講義してきた。今回は密教の最終回として松長有慶著「密教」から文章を拾いながら、大乗仏教・ヒンドゥー教も含めた私(竹下氏)の最終的な感想・まとめという形でお話ししたい。

家族の絆 〜夫婦(77):サーカーの思想:7つの時代 〜

43 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 543 votes, average: 4.93 out of 5 (43 人の評価・計 212 点)
前回、前々回と社会サイクル論の基本概念を説明した。今回は、具体的にラビ・バトラ教授が日本史に適用したものを見ていき、それに反する松尾氏の意見を考察する。そして両者の理解を遥かに超えるサーカーの社会サイクル論を理解するために、大きな宇宙のサイクルを解説し、全体像へと繋げる。
1 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 43