映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

宗教学講座 初級コース 第119回 密教(金胎不二)〜数学的観点から見たもの〜

29 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 5 (29 人の評価・計 140 点)
これまで金剛界曼荼羅がフラクタル構造(自己相似形)であることなどを説明し、前回は両界曼荼羅の構造的関係はホログラム(フィルム)と映像の関係ではないかと表現した。今回は、もう少し具体的に数学的な観点から両界曼荼羅の関係性を見ていきたい。今回の結論に根拠はなく、イメージ・暗示というレベルの話だが、瞑想の本質を理解すれば、それほどかけ離れた内容にはなっていないと思っている。

家族の絆 〜夫婦(76):サーカーの思想:ヴァルナ支配 〜

29 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 5 (29 人の評価・計 140 点)
前回は社会サイクル論の大まかな概観を説明した。今回は、サーカーの言葉を直接引用している所が多く、社会サイクル論に関して非常に多くのページが割かれている「サーカーの思想〈1〉」という本から要点を抜粋し、より深く社会サイクル論を学んでいく。

宗教学講座 初級コース 第118回 密教(両界曼荼羅)

29 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 5 (29 人の評価・計 140 点)
これまで胎蔵・金剛界曼荼羅の構造を説明した。今回は、まず両界曼荼羅に描かれた上位九尊の対応関係とその正体を明かす。次に大日(経)系、金剛(頂経)系の瞑想法を詳しく見ていき、チャクラ・クンダリニーの視点から解説を加える。最後に両界曼荼羅の位置関係に関する私見を示す。実はこれまでの講義は、ここを説明するための準備だったことを理解していただけるだろう。

家族の絆 〜夫婦(75):サーカーの思想:社会サイクル論 〜

29 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 5 (29 人の評価・計 140 点)
今回から、経済の本題であるサーカーの思想に入ってゆく。竹下氏が「ほとんど完成している経済理論」と評価するサーカーの思想は一体どのようなものなのか。今回はその大まかなアウトラインを解説する。

宗教学講座 初級コース 第117回 密教(金剛界曼荼羅)

29 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 5 (29 人の評価・計 140 点)
前回は両界曼荼羅のうち、須弥山思想に基づく胎蔵曼荼羅を説明した。今回は、残りの金剛界曼荼羅の構造を解説する。一般的な解説に止まらず、私(竹下氏)には明らかだが、不思議なことに本では探しても出てこなかった、チャクラ・クンダリニーの視点からの解説も加える。

家族の絆 〜夫婦(74):マルクス 〜

29 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 5 (29 人の評価・計 140 点)
前回に引き続き、経済の本題に入る前段階の講義であるが、今回は非常に本質を突いているマルクス思想を解説する。世界の仕組み、世界のこれからの動きを理解するのに、マルクスの思想はとても重要である。

宗教学講座 初級コース 第116回 密教(胎蔵曼荼羅)

29 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 5 (29 人の評価・計 140 点)
文章では分からない密教の世界観は、絵として表現された曼荼羅を通して理解できる。既に核心に当たるフラクタル構造は解説したが、金剛界・胎蔵の違いをはじめ、より詳細な部分をこれから3〜4回の講義で説明していく。今回は胎蔵曼荼羅の構造について、一般的な解説に含まれる誤りを論証し、新たな理解を提示したい。

家族の絆 〜夫婦(73):ロック、アダム=スミス、コント〜

29 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 5 (29 人の評価・計 140 点)
今回から、経済という人間にとって非常に大切な分野に入っていく。私たちが直面している経済の問題は、どのようにして解決してゆけばいいのだろうか。実はもう既にそのための思想は用意されている。今回と次回の講座では、その前段階として、世界をめちゃくちゃにしてきた間違った思想について考察する。

宗教学講座 初級コース 第115回 密教(四度加行)

29 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 5 (29 人の評価・計 140 点)
これまで密教について話してきた。今後は密教の本質が集約されている曼荼羅の構造について解説していくが、今回は、その前段として密教の修行体系を概観する。また空海などの無理解や妄想についても率直に指摘していきたい。密教の修行をしている方が見ても驚く内容を扱うつもりなので、参考に見ていただきたい。

家族の絆 〜夫婦(72):エクソシスト(悪魔の習性)〜

29 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 529 votes, average: 4.83 out of 5 (29 人の評価・計 140 点)
「エクソシストは語る」(ガブリエル・アモース著、エンデルレ書店)この本を紹介したいと思います。今日は「悪魔の習性」ということで、悪魔払いをどんな風にしているのか語ってくれていますので、それを見てみたいと思います。 (悪魔憑きは)憑依なので、現代の医学では手に負えないものなのです。実はものすごく悪霊達は臭いんです。ドブのような、便所のような、吐き気を催すぐらい臭いんです。それが取り付いたら耐え難い苦しみを与えるわけです。悪霊本人はといったら臭みが薄れるので楽なんです。だから取り憑く悪霊は自分が楽になるから取り憑いて、人間の体の中に入って合体するんです。一方、神とか天使が合体したらすごいことで、預言者という形になるんです。 ハリー・エドワードという本物の霊的治療家がいます。彼は悪霊を祓うこともできたと思います。彼の背後にキリスト教系の天使たちがついていますので、祓えたと思うのです。
1 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 43