映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

家族の絆 〜夫婦(81):サーカーの思想:古代エジプトの信仰 〜

47 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 5 (47 人の評価・計 227 点)
前回、アトランティス文明を解説する中で、その伝承を受け継いでいる民族がいくつか存在する事をお話しした。その中で、現代我々が目にすることができる唯一のものがエジプト文明である。今回は、ピラミッドや古代エジプトの宗教について詳しく解説する。

家族の絆 〜夫婦(82):サーカーの思想:ドゴン族の神話 〜

47 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 5 (47 人の評価・計 227 点)
前回、ピラミッドの構造はエネルギーの伝導のシステムを表現していて、それを正確に今に伝えているのがドゴン族の神話であるという事をお話しした。今回は、現代科学も及ばない驚異のドゴン族の伝承を詳しく見ていき、霊的な意味についても解説する。

家族の絆 〜夫婦(83):サーカーの思想:シリウス星系の星々 〜

47 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 5 (47 人の評価・計 227 点)
ピラミッドには科学的知識のみならず、霊的な知識も封印されている。ドゴン族の神話からも、シリウス星系が非常に重要な意味を持っていることが前回明らかになった。今回はその核心の部分を書いている「青い狐」という文献から、その部分に関する伝承を取り上げ検証し、最後にシリウス星系の霊的統治の大まかな仕組みを提示する。

家族の絆 〜夫婦(84):サーカーの思想:シリウスシステムの星々 〜

47 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 5 (47 人の評価・計 227 点)
前回はドゴン族の神話に基づいて、シリウス第1、第2レベルの霊的エネルギーの伝導システムの話をした。今回はその部分をより詳しく解説し、天津神(ホツマの神)、国津神(ハイアラーキーの神霊)による霊的統治の全体像を説明する。

家族の絆 〜夫婦(85):サーカーの思想:プラウトの哲学 〜

47 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 5 (47 人の評価・計 227 点)
これまでサーカーの「社会サイクル論」という重要な理論がどういうものなのか詳しく説明してきました。かなり寄り道をしましたが、前回の霊的統治で完結したので、もう一度本来のサーカーの思想に戻って説明をしたいと思います。 「資本主義を超えて」〔新時代を拓く進歩的活用理論(プラウト)〕(ダダ・マヘシュヴァラナンダ著、世界思想社)。サーカーの弟子の方が、師の思想について簡単にまとめた、とても良い本です。この中から要点を抜粋して説明をしたいと思います。 サーカーの思想は、今の時代に特に重要なものです。彼の経済に対するものの考え方は私と基本的に同じで、霊的な秩序を経済のレベルまで降ろして完成させています。特に現在、経済活動が世界を破壊しているところが見られるので、もう一度、霊的な観点に戻って再構築しないといけません。その時にサーカーの思想が極めて重要になってきます。サーカーの経済理論を聞いていただくと、これまで「よく分かる倫理」(学研)をもとに、いろいろな方の哲学的思想や宗教的思想をずっと説明してきた理由が分かると思います。それは、それらがサーカーの思想と根本的に同じだからです。 現在の経済理論は物質的なことばかりで、霊的なことを含みません。そのため大変な混乱が起きています。しかしサーカーの思想は、スピノザや老子、荘子などの賢者の哲学と矛盾なく繋がります。「個は全体と分割できず繋がっている」という経済理論であり非常に優れたものだということです。 サーカーの思想や歴代の賢者の哲学を夫婦の講座の中で説明している理由は、夫婦の営みはお金だけではないのですが、夫婦が協力してお金を稼がないといけないのも事実だからです。お金は物理的次元で非常に大きな位置を占めています。この世界で子供を育てて、国の中で経済活動をして生きていこうと思ったら、お金がかかわって来きます。これを無視して夫婦生活を語ることはできません。国のあり方、経済行為のあり方、金融システムのあり方を議論しないと、全体として一つのものにならないわけです。そして初めて人間が人間らしく生きていける社会を創ることができるわけです。

家族の絆 〜夫婦(86):サーカーの思想:経済的効率と公正さ 〜

47 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 5 (47 人の評価・計 227 点)
経済が根本的にきちんと分かっている人といえば、ビル・トッテンさん(ソフトウェア会社経営者)、リチャード・ヴェルナーさん(経済学者)、丹羽春喜教授(経済学者)。中でもヴェルナーさんは経済学を完成させてしまったと思えるぐらい高く評価している人で、100年に一人の経済の天才ではないかと思います。 サーカーの思想「資本主義を超えて」〔新時代を拓く進歩的活用理論(プラウト)〕(ダダ・マヘシュヴァラナンダ著、世界思想社)は非常に重要な本です。

家族の絆 〜夫婦(87):サーカーの思想:経済民主主義 〜

47 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 5 (47 人の評価・計 227 点)
サーカーの思想をご紹介しているのは、何が正しいことなのかが先に分かっていないといけないということなのです。現実はどうなのか、どのくらい乖離 しているのか、そうすると、どこをどう変えなければならないかと云うことが分かるわけです。けれども現在の経済のシステムばかり勉強していたら、どこをどう変えて良いか、何が問題なのかも分かりません。 正しい経済のありかたが先に分かっていることが大事なのです。 --- 経済民主主義 「経済的解放は、あらゆる人の生得の権利である。経済的解放を実現するために、経済的権限が地元の人々に与えられなくてはならない。経済民主主義において は、地元の人々が、すべての経済的な決定を行い、集合的必要性に基づいて商品を生産し、農業、工業のすべての商品を流通させる権限をもつ。」 P・R・サーカー

家族の絆 〜夫婦(88):サーカーの思想:プラウトの三層構造 〜

47 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 5 (47 人の評価・計 227 点)
前回は、経済民主主義というサーカーの考え方を説明しました。 地方が活性化し、豊かになっていく。地方が全体としてゆるやかに連合して国ができていく。それぞれの国が自立していて、それぞれの国がゆるやかに連合して全体としてまとまっている。そういう世界観です。 今回は、その経済民主主義が三層構造をなしているということの説明です。 1)小規模の個人経営 2)協同組合 3)大規模な基幹産業 「協同組合は、プラウト経済の機能と組織の中心である。」これは非常に重要な部分です。

家族の絆 〜夫婦(89):サーカーの思想:労働の搾取 〜

47 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 5 (47 人の評価・計 227 点)
参考になる凄く面白い本があります。「金で買えるアメリカ民主主義」(グレッグ・パラスト著)。電気や水道を自由化すべきでないということをこの本で知りました。この本の中に「アメリカ株式会社の内幕」というところがあります。「流通大手ウォルマート」創業者のサム・ウォルトン。彼が低賃金の労働搾取を完成させたそうです。 お店に行くと「米国製品を買おう」と書いてあり、商品にはメイド・イン・アメリカと書いてあるけども、アメリカ製のものは17%。ほとんどは海外の傘下の企業が作っている。誰が作っているかというと、中国の受刑者、バングラデシュの子供。お針子達を時給18セントで働かせて週7日80時間、この労働は法定最低賃金の半分で、労働時間は法の定める週60時間を遙かに超えるものだった。こういうことで安売り大量販売ができるのです。

家族の絆 〜夫婦(90):サーカーの思想:プラウトの金融システム 〜

47 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 547 votes, average: 4.83 out of 5 (47 人の評価・計 227 点)
「貨幣は、動けば動くほど価値が増大する。なぜなら貨幣がその持ち主を変えれば変えるほど、人々はより多く恩恵を得るからである。」 M×V=P×Y(=名目GDP) M:通貨の量 V:流通速度 P:物価水準 Y:実質GDP 経済成長のためは、名目GDPが大きくならないといけません。名目GDPの何%という形で国が税をとっています。だから税が増えるためには(税率が同じなら)名目GDPが増えるしかない。そのためには、M(通貨量)を増やすか、V(回転速度)が上がるしかない。実体経済のVはほとんど一定。だから経済成長にはM(通貨量)を増やすしかない。この式だけ見ても、政府のやっている増税がおかしいと分かります。それは…