宗教学講座 初級コース 第84回 大乗仏教(中論:行くものは行かず)

試聴映像

映像を観る

時間
85分
価格

概要

今回は、中論上巻 第二章 「去ることと来ることとの考察」という有名な部分を見ていく。おそらく、この部分の最も見事な解説をしている定方氏の「空と無我」をテキストとし、ナーガルジュナの真意を汲み取っていくことで、逆に彼の論理の限界が見えてくる。そして、それを越えたところを私(以下竹下氏を指す)の立場から論じていく。

目次

1.行くものは行かず (00:00:00)

「行くもの(太郎)は行く」という考えの矛盾を示そうとしたナーガルジュナの議論を見ていくことで、彼の真意を汲み取っていく。

2.瞑想の効用 (00:21:03)

自性は、意識、心・物の三つに分かれ、心と物は不可分であると以前説明した。本題から逸れるが、心(ラジャス・苦)の働きを必要最小限にして意識(サットヴァ・楽)を明晰にすることの大切さを示すために、将棋棋士の羽生善治名人や私の仕事の仕方など具体例を挙げ説明する。

3.ナーガルジュナと私の立場の違い (00:34:17)

「行くものは行く」という文章には、「行くもの」という普遍的な主体と、「行く」という動作の主体(肉体)の二つの主体が現れる。これを矛盾と論じたナーガルジュナと私の立場の違いを説明する。

4.幽体(高次の身体)は存在する (00:48:45)

これまで、ナーガルジュナが認めない本体・幽体を、私は認める立場であると述べてきた。ここでブログ「光の海から」よりせれなさんのヴィジョンを紹介して、実際に幽体という高次の身体が存在することを示す。また、人間や動物をそれぞれ昇格(進化)させる神々と人間、人間と動物の関係について説明する。

5.空の思想の限界とその先にあるもの (01:14:55)

本体(幽体・原因体)を認めない立場では、輪廻転生や人が生きる意味を説明できず、あるレベルの虚無主義になる。私にとっての真の実体も、仏教では空となりここに非常な違和感を感じる。

終わり(01:25:34)

※詳しい目次は、映像を購入してログインすると見ることができます。

参考文献

  • 「空と無我 仏教の言語観 」定方晟 著、講談社現代新書
ウィトゲンシュタイン、グナ、サーンキヤの展開図、タマス、ペット、ホツマの民、ボーっとしている、リサ、中国の美女、中途半端な合理主義者・科学者、偶然、合理性、天之御影命様、天界にもトイレがある、妖精、富子宮目力男命・プコノミヤメジカラオノミコト、巫女、愛の相、感性、日産セレナ、永遠の本体、神主、神功皇后、神官、経験、言葉はうまくできている、輪廻転生の主体、量子力学、顕在意識、鳥羽水族館のジュゴン セレナ
Share.

About Author

10件のコメント

  1. 参考になった(2)

    後半から「家族の絆」シリーズのような話になり、大変興味深く面白くお話をきかせてもらいました。動物が人間に名前をあたえられ愛されるとどうなるか。また人間が神に大切にされるとどうなるか。生きる意味。転生の意味。夫婦の愛の大切さ。見どころ満載でした!ありがとうございました。。

  2. 参考になった(1)

    最近、宗教シリーズは見てなかったのですが、はっちさんのコメントを読んで、見たくなりました。
    ペットと飼い主の関係、人間と神との関係など、分かりやすいお話でした。

  3. 参考になった(1)
    キットカット on

    本当の幸福を実現する事,人間として生きている目的は愛を完成する事などなど再び染み入りました。
    有り難う御座いました。

  4. 参考になった(2)

    先日のブルームーンの写真のウツシキヒカリミ様の光からせれなさんのブログへ、せれなさんのブログからこの映像配信に辿りつき、はっちさんのコメントに惹かれて見ました。ペットのお話、人間の目標、生きることの意味、結婚について、今の自分にとって必要な内容が盛りだくさんで、今この時期にこの映像配信を見る事ができて本当に良かったです。はっちさんのコメントがなかったら見逃すところでした。ありがとうございました。

  5. 参考になった(1)

    感動的な映画や本を見たら、人に教えたくなりますよね(笑)

    そして、共に共感してもらえたらとっても嬉しいですよね!

    たぶん、そんな感じで書いたコメントだと思います。

    匿名さんのコメントに自分の名前があったので、ちょっとビックリしましたが、読んでみたら嬉しさにつつまれました。ありがとうございます!

  6. 参考になった(1)
    リンギング・シン♪ on

    愛は深めていくものなのですね。
    また、ガヤトリーマントラでいっている潜在意識、無意識の理解も深まりました。
    ありがとうございます。

  7. 参考になった(1)

     前半は難しいですが、後半は、心があたたかくなりました。みんなにもおすすめです。ありがとうございます!

  8. 参考になった(2)
    牛サマディー on

    みなさんのコメントを見て、観てみたくなったので観ることにしました。
    とても、わかりやすく、面白い話満載でした。
    宗教学講座は難しそう。。とあまり宗教学講座を観てない人にも、とてもおすすめしたいです。

    先生のカクテルつくりや講演の資料づくりの話には、とても驚かされました。直観ってホントに全く経験を必要としないんですね!! 瞑想的に生きられるようになると、うれしい副産物もついてくるんですね(笑)

    とても内容盛りだくさんだったので、また見直したいと思います。

  9. 参考になった(1)

    もし人間が肉体のみの存在ならば、「行くものは行く」には2つの主体(普遍的な主体と肉体)が出てくるので、ナーガールジュナの言うように矛盾しているが、本体(幽体や原因体)を認めれば、矛盾しないとのこと。「行くもの」を肉体、後者の「行く」を現象と考えることもできます。

  10. 参考になった(3)

    心を鎮めて意識を明晰にすることの大切さは
    とても勉強になりました。

    後半の人間が動物に与える影響、
    神が人間に与える影響の話は興味深く、
    生きる事や転生の意味、結婚について、
    私がもし独身だったら、
    「ひょっとして私も!?」って
    勘違いしそうな気がします(笑)