映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

宗教学講座 初級コース 第157回 新約聖書(塗油)

30 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 5 (30 人の評価・計 149 点)
聖書の福音書の中にイエスの体に香油を塗るという印象的な場面があるが、この塗油行為に関して筋の通った見解を示している文献はあまりない。今回と次回の2回に渡り、塗油行為がどういうものなのか、これが聖書の記述の中でなぜ混乱しているかを紐解いていく。そうすると聖書に隠された意味が明解になってくる。

宗教学講座 初級コース 第156回 新約聖書(黒い聖母)

30 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 5 (30 人の評価・計 149 点)
前回話したマグダラのマリアに関連の強い「黒い聖母」のことを話す。黒い聖母のことを調べると、エッセネ派の信仰や宗教形態が分かる。そして最後に、「ダ・ヴィンチ・コード」の作者らが誤解している「秘密結社が守るキリストの子孫」について、また秘密結社の企てについて、その真相を明かす。

宗教学講座 初級コース 第155回 新約聖書(マグダラのマリア)

30 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 5 (30 人の評価・計 149 点)
マグダラのマリアは娼婦というイメージで見られているが、福音書のどこにも書かれていない。一方、キリスト教の秘密を暴露したとされるダン・ブラウン著「ダ・ヴィンチ・コード」では、彼女は由緒正しい王家の女性という設定になっている。これは半分は正しい。今日は、まずマグダラのマリアが通説ではどのように言われているかを説明する。次に「ダ・ヴィンチ・コード」のネタ本とされる「マグダラとヨハネのミステリー」そして「死海文書」の研究をもとに、彼女の本当の姿を明らかにする。

宗教学講座 初級コース 第153回 新約聖書(山上の垂訓2)

30 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 5 (30 人の評価・計 149 点)
前回に続いて、「山上の垂訓」。イエス本来の言葉・付加物を識別しながら解説する。今回は6章。なお、講義の前半約50分は、物事の真偽を識別するために竹下氏が用いている「直観や波動」について理解してもらうための解説。

宗教学講座 初級コース 第152回 新約聖書(山上の垂訓)

30 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 5 (30 人の評価・計 149 点)
前回は洗礼の前後について説明した。イエスは洗礼の後、伝道活動を始める。イエスの教えで最も重要なのは福音書に書かれた「山上の垂訓」である。イエスの語ったこの教えは非常に優れた普遍的な教えである。しかし、後世ローマカトリックによって都合の良い内容が膨大に付け加えられており、そのことも合わせて説明する。

宗教学講座 初級コース 第151回 新約聖書(洗礼)

30 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 5 (30 人の評価・計 149 点)
前回はイエスの誕生の部分を話した。今回はイエスがヨハネから洗礼を受ける前後の部分を話す。イエスは伝道活動を始める前は、エジプトのエッセネ派の本部で修行をしていた。エッセネ派のパレスチナ支部であるクムラン宗団に来たイエスは、宗団の指導者であるヨハネから洗礼を授けられ、伝道活動を始める。聖書を理解するためには、このクムラン宗団について理解する必要がある。

宗教学講座 初級コース 第150回 新約聖書(イエスの誕生)

30 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 5 (30 人の評価・計 149 点)
今回はイエスの誕生の部分に焦点を当てる。キリスト教徒は処女懐胎を無条件に認めるが、もう少し自然に考えた方がいい。マリアとはどんな女性だったのかについて、聖書以外の様々な文献を参照して掘り下げる。また東方3博士についても聖書以外の文献を参照し、ローマ・カトリックが弾圧してきたのは何なのか、それを明らかにする。

宗教学講座 初級コース 第148回 新約聖書(ハスモン朝〜ヘロデ朝)

30 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 530 votes, average: 4.97 out of 5 (30 人の評価・計 149 点)
今回から新約聖書。イエスが出てくる前の紀元前167年ごろユダヤの独立戦争が起こりハスモン朝が成立した。ハスモン朝はすぐに崩壊するがその内乱に乗じて王位を乗っ取ったのがヘロデ大王。今回はハスモン朝とヘロデ朝について話す。今日のあらすじを理解すると聖書がとても読みやすくなる。