シャンティ・フーラのブログ

【6月末まで20%OFF】映像配信「東洋医学セミナー雑談集」のご紹介(3)

引き続き、6月末まで20%OFFの 映像配信シリーズ「東洋医学セミナー雑談集」をご紹介します。

※これまでのおすすめ記事はこちら → ◆経済シリーズ/◆雑談集シリーズ1〜5回/◆雑談集シリーズ6〜10回

第11回 運命の歩き方

人生の導きを得たいときに人々が求める「占い」に、意味や価値はあるのか。また、神と自分自身とは、どのような関係なのか。そうしたテーマが語られた回です。

冒頭は世界と人生の混乱の原因について。こうした混乱を招く人間の傾向性として、喜びを求めて行動するということがあります。そのような傾向性の根底にある心理と、アーユルヴェーダが与えている回答がわかります。

後半は、竹下夫妻がたまたま受けた姓名占いの笑い話も交えての、占いに関する話です。「占いは◯◯◯◯や△△みたいなもの」らしいです。とても便利で、一定の価値はあるけど、ある段階に到達すると本質的には必要なくなるそうです。

占いを必要としない人はどのように物事を選択し、そして生きているのか。例え試練が来ても簡単に乗り越えられる方法とは何か。占いで示された運命を、人間の意識で変えることはできるのか。人に与えられた運命を歩き通す上で、素晴らしいガイドとなる講義です。

◇ 7種体癖のスタッフのつぶやき ◇

この回を観て、ふと「弓と禅」を再び読みたくなり、手にとっています。

この本は、あるドイツ人が弓聖の導きのもと、弓術の奥義に達する過程を語ったもの。この回で触れられている、「宇宙と一体になって無執着に生きる」というテーマを別の視点から考えることができる本だと思います。武術が好きな7種体癖の方にはオススメかも?

第12回 経済・世界情勢の読み方

この映像が収録されたのは、9.11テロからまだ3年後の2004年。当時、竹下氏がどのように世界情勢と経済の状況を予測していたのかがわかります。予測自体は今となっては古い情報ですが、当時の竹下氏の予測の立て方は、今でも参考になることが多いです。

この回で語られている逸話として、高校時代に同級生から「予言者」と言われていたという竹下氏。とはいえ別に予知能力があったわけではなく、世界や人を観察していたら当たり前のことが直感的に分かるということだったようです。

当時は、自分の直感を結論として、裏付けとなる情報や資料を集めて、「お話会」という場所で、人々に今後の社会情勢の予測を伝えていた竹下氏。そのような発信方法は、今でも時事ブログでの竹下氏の記事に見られる一貫したスタイルです。

時事ブログでの竹下氏の情報は凄いなと思われている方は、ぜひこの回をご覧ください。竹下氏がどのようなものの考え方をしてきた上で、今の時事ブログでの発信に至っているのかが、よくわかる回です。

第13回 隠されていた真実

この回は、東洋医学セミナーに登場する治療法のひとつ「照射」が、実は遥かに強力な軍事技術として実在するという話から始まります。そこから、9.11の真相・UFO・宇宙人の存在といった、一般人に隠されている情報へ話が展開します。

今、竹下氏は、時事ブログでこうした「隠された真実」に関する最新の情報を提供し続けています。こうした情報は、当時はセミナーの中の余談として語られていました。

あくまで過去(当時)の情報ではありますが、時事ブログのそうした話題をあまり読み込めていない方にとっては、この映像でだいたいの輪郭を掴むことができます。ぜひご覧ください。

次回に続きます。6月末まで限定の20%OFF、ぜひご利用ください!

コメントをどうぞ

コメントの投稿により、本サイト利用条件の"投稿行為"に同意いただいたものとみなします。

WordPress Anti-Spam by WP-SpamShield