アーカイブ: 雑学・アート

[In Deep]「1日20分間、自然の中にいる」だけで、ストレスホルモンであるコルチゾールが大幅に減少することが研究で判明。そこから応用できる生活への実践法

 体調不良の時は、医者にかかる前にまず裸足になって地面に立ってみる(アーシング)と良いかもしれません!という記事を以前に書いたindeepさんが、今回は、「自然の中に20分いるだけで、ストレスホルモンが減少することがわかった」と紹介されています。
 「自然の中で過すと癒される」という一種当たり前のように言われていることが、コルチゾールというホルモンの分泌量という具体的な数値が減少することで示されるようです。
 さらに、indeepさんは自分の家の植物に毎日触れるようにしたところ、アブラムシ等がつくことがなくなり、美しく育つようになった!とのこと。このことから、毎日、自然の中に行くということが簡単にかなわない環境であるとしても、「自然のものとふれること」自体が、十分に私たちのストレスホルモンを減少してくれるのではないかと推測されています。
 麗しく、そしてれいわな自然賛歌ですね♪早速裸足になり、咲き誇る石楠花やチューリップにご挨拶して、そっとふれてみました。
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
自然と人間の真の関係 : 「1日20分間、自然の中にいる」だけで、ストレスホルモンであるコルチゾールが大幅に減少することが研究で判明。そこから応用できる生活への実践法
転載元)
(前略)
「自然の中で過ごすことは精神衛生に良い」というような響きは、一種当たり前のように響くかもしれないですが、最近の科学や医学研究においては、どの程度良いことなのかということについての「具体的な数値」が出されてきています。

数日前に、冒頭の「自然の中にいることで、ストレスホルモンが減少する」という報道が、アメリカの相当多くのメディアで取り上げられていました。この研究では、コルチゾールというホルモンの分泌の量を計測したのですけれど、コルチゾールとは以下のようなものです。労働安全衛生総合研究所のページからの抜粋です。

(中略)コルチゾールは免疫系、中枢神経系、代謝系などに対して様々な生理学的な作用を有します。たとえば、長期にわたって過剰に分泌されると脳の海馬を委縮させることや、炎症のコントロールを悪くすること、また、うつ病の患者ではコルチゾールが高いことも報告されています。(中略)

というように、コルチゾールが「日常で多く分泌され続ける」ことは、いろいろと身体や精神面に悪影響を与えるということがわかっているもののようです。(中略)
そのコルチゾールが「自然の中に 20分間いるだけで大きく減少する」ことが判明したのです。
» 続きはこちらから

[YouTube]宮大工の仕事

竹下雅敏氏からの情報です。
日本の良さが、いっぱい詰まっている映像。
(竹下雅敏)
————————————————————————
In Japan, Repairing Buildings Without a Single Nail
配信元)

[Twitter]凍った湖で水切りをすると、鳥のさえずりのような音が。

読者の方からの情報です。
うわ〜直接聴いてみたいなあ。
静かな湖面だからこそですよね。

最後の音は・・・・・。
(メリはち)
————————————————————————
配信元)

[YouTube]一流シェフを完全再現?

竹下雅敏氏からの情報です。
2018年までに、一般向け販売を開始する予定だそうです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
[NEWS]一流シェフを完全再現? 世界初の料理ロボット
配信元)

[Twitter]世界記録チャレンジ 列車を… 鉄道模型で。

読者の方からの情報です。
妄想の中のドイツ人らしさ発揮してる気がします。

鉄道模型で本物引っ張る!

あれ
なんかコーユーのあったな
電池の威力のCMでした。

エボルタチャレンジ2014 「おかえりなさい小坂鉄道」篇【パナソニック公式】
(DFR)
————————————————————————
配信元)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 194