【再掲載】スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文10  サナット・クマーラによる地球の支配と宗教による洗脳

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 通信文にもある通り、今回の内容は大変重要です。闇の本質に関わることだからです。ただ内容をきちんと理解するためには、少々説明が必要になります。
 ヒメミコ様に重要なポイントを確認して、次回、それを元に詳しい説明をしたいと考えています。
今回は文中の“彼の抑圧された変態的野望”とは何かだけ説明しておきます。これは支配下にある者たちの彼への忠誠と絶対服従であり、人間に対する完全支配です。旧約聖書の“唯一絶対の神”という言葉が意味するものです。旧約では神の命令に背いた者は死の報いを受けます。ところが神智学では、人間を奴隷支配しようとしたサナット・クマーラをルシファーとして崇め、“知的啓蒙の霊であり、思想の自由をもたらす霊だ”と言うのです。今の政治家と非常に似た言葉の使い方をします。
(竹下雅敏)
————————————————————————

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年1月17日〉

「今回お話しするのは、サナット・クマーラの降臨にまつわる出来事で、大変重要です。

先回お話ししたように、今から1850万年前、彼は自分の部下の神々、神霊達、み使い達をひき連れて、この地の霊的進化の基を築くため降臨してきました。様々な地上の仕事をまかされたのです。
地上では人類の進化はそれ程進んでいなかったため、彼が地上に人間として転生に入り、地上の物事を取り決め、社会の基礎をつくり、転生を重ねて地上で結婚して子孫を増やし、進化しつつある人類を平和的に統治していく事が求められていました。

しかしサナット・クマーラ自身の疑い深い性格のために、自分に与えられた神からの使命を正しく受け止める事が出来ませんでした。

さらに彼には以前から秘かに愛する女神がいました。自分が転生に入る事によって他の男神にその女神を奪われる恐れがあると心配したのです。

それである計画を実行に移しました。
地球ハイアラーキーに、宗教的洗脳という方法を取り入れたのです。
洗脳に最も効果的な方法のひとつは、宗教を用いる事でした。
彼は結婚や性の罪悪視、男尊女卑思想、信心による御利益、間違った天国と地獄の教え、ありとあらゆる迷信、神話のたぐいを巧みにとり混ぜた様々の宗教体系をつくり上げ、そのような教えを地球ハイアラーキーと地上の双方で広めていきました。
そのような間違った宗教観によって、独身を貫く事が美徳とされたのです。
そのようにして、自分の愛する女神が他の誰とも結婚しにくくなるように仕向けたのです。

彼の野心は巧みにカモフラージュされ、輝かしい彼の“世界主”としての威光は、様々の宗教の神の名を借りて、広まっていきました。

やがて上位の神々に、彼の抑圧された変態的野望が明らかになり、さらに低い地へ投げ落とされ反省の時を与えられましたが、悔い改めるどころか彼はますます野心を高め、地上の人類を偽りの宗教と支配的な政治権力で覆いつくし、本来の地球の美しさと平安をズタズタに打ち壊してきたのです。

天界の改革以来、そのような数々の陰謀はすべて明らかにされ、天界ではすべて排除されています。

地上に於ける改革は、これから本番を迎える事になります。
本来人間に備わった良心の声に従い、真実と真理を選択しなければなりません。

現在、長期にわたる洗脳から人類を開放するための霊的な光が、宇宙から降りそそがれており、人々の意識が、自らの自由意志に基づく行為として内なる良心の声なき声に従い、真の自立への道を進みゆく時が来ているのです。

次回に続きます。」

通信文は以上です。
よろしくお願い致します。

中西征子

Comments are closed.