[竹下雅敏氏]フリッツ・スプリングマイヤーのインタビュー記事から要点を掲載し、簡単な説明をしています。陰謀論にかなり詳しい人たちも理解していない事柄です。

竹下雅敏氏からの情報です。
昨日の時事ブログで紹介されたフリッツ・スプリングマイヤーのインタビュー記事の1から要点を掲載し、"続きを読む"以降で、私が簡単な説明をしています。
この部分は非常に重要であるにもかかわらず、陰謀論にかなり詳しい人たちも理解していない事柄です。
これまで時折コメントで指摘してきた事なのですが、今回よい機会なので、きちんと説明しておこうと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フリッツ・スプリングマイヤー イルミナティのマインドコントロール 1 

原文 http://www.theforbiddenknowledge.com/hardtruth/springmeier_interview1.htm 
2000年9月 カナダ、トロント CKLN fm 88.1

ウェイン・モリス 
おはようございます、インターナショナル・コネクションへようこそ。

フリッツさんはイルミナティの研究者で、マインドコントロール被害者を助ける聖職者です。

スプリングマイヤー 
イルミナティは、世界の有力者たちです。エリートの血統のグループです。13の主要な血統があります。 「何世代も続いてきた悪魔崇拝主義者」と呼ばれる者たちです。

秘密の魔術を実践してきて、自分たちの宗教を一つの世代から次の世代へと受け渡してきたということを意味しています。
 
モリス 
あなたがイルミナティと仰るのは、1776年にバイエルンでアダム・ヴァイスハウプトが創設したと記録されているグループのことですか?同じですか?

スプリングマイヤー 
同じグループです。 実はヴァイスハウプトがその組織を創設したわけではなく、はるか昔にさかのぼります。これらはとてつもなくパワフルな少数独裁ファミリーたちです。

これらのファミリー、これらの血統の一部は、明らかにニムロドまでさかのぼります。 ロスチャイルドが何世紀にも渡ってこっそりと綴ってきた秘密の家系図にそうあります。

モリス 
生まれながらのイルミナティファミリーが13あると仰いましたね。名前を挙げて頂けますか?

スプリングマイヤー 
上位13の血統は、アスター、バンディー、コリンズ、デュポン、フリーマン、ケネディー、リー、オナシス、ロックフェラー、ロスチャイルド、ラッセル...それから13番目の血統があります。メロヴィングです。それからファン・ダイン・イルミナティ血統があります。

13番目の血統であるメロヴィングは極めて重要です。 欧州の王室が含まれています。

Baigentさんと Leighさんと Lincolnさんが出版された「聖なる血筋と聖杯」+2冊の3連作に非常にみごとに書かれていたので、私が書くまでもなかったんです。

たとえばチャールズ皇太子はその中に入ります。

モリス 
イルミナティファミリーと、その組織自体のゴールは何ですか?彼らはなぜこれほどたくさんの組織に浸透したのですか?

スプリングマイヤー 
究極的には、「反キリスト」の称号を掲げて世界の注目を浴びる男性と共に、「新世界秩序」といわれるものを実現することです。

モリス 
イルミナティは、ゴール実現のためにマインドコントロールを用いていると仰いました。

スプリングマイヤー 
イルミナティは、自分たちの仲間にも、他人にも、何世紀にも渡って、マインドコントロールを使ってきました。すべては非常に頑丈に守られた秘密になっています。

モリス 
自分たちの家族にマインドコントロールを使う目的は何でしょう?

スプリングマイヤー 
数多くの儀式が関係しています。非常に恐ろしいものです。人身御供があります。ハイグランドクライマックスには赤ん坊を生贄にし、各種サバトには、若い女性や男性が生贄にされます。これを何世代も続けるにあたっては、マインドコントロールと多重人格の創出によるジキルとハイドの効果がなくてはならなかったのです。


竹下氏の解説 

スプリングマイヤーの説明は、いくつかの誤りがあります。彼が言う13の主要な血統を有するイルミナティは裏のイルミナティで、アダム・ヴァイスハウプトが創設したイルミナティは表のイルミナティなので別の組織なのです。

多くの陰謀論の研究家の方はこれを同じだと思うことで本質が見えなくなり、彼らの意図に嵌まることになります。
次の図を見て下さい。


私たちの地球のある贍部洲より上の欲界の界層を支配しているのが白色同胞団(ホワイト・ロッヂ)であり、下の欲界の界層(地獄)を支配しているのが闇の同胞団(ブラック・ロッヂ)なのです。

白色同胞団は世界王のサナト・クマーラを頂点にミトラ、マイトレーヤをキリスト(ハイアラーキーにキリストは2人います)としてまとまっている菩薩団です。特にマイトレーヤの周りには、ベンジャミン・クレームが紹介している著名な覚者たちが12名います。対して闇の同胞団(ブラック・ロッヂ)はデーヴァダッタとカナンを頂点とする悪霊たちが菩薩団に対抗します。

この2つの集団は地球の支配権をかけて激しく争っており、地球はこの意味で光と闇の主戦場となっています。

そこで問題なのは、スプリングマイヤーが暴露する13の血統を頂点とするイルミナティですが、通常誰もが、闇の同胞団の悪霊たちが支配する組織で、イルミナティの幹部たちは悪霊に仕えていると思い込んでしまうことです。実は闇の同胞団の組織で、デーヴァダッタやカナンに仕えていたのがアダム・ヴァイスハウプトが創設したイルミナティであり、有名なアルバート・パイクもこちらの側で、これを表のイルミナティと呼びます。

しかし、13血統の方のイルミナティは白色同胞団の側の組織で、スプリングマイヤーの言う13の名家は、マイトレーヤを除く12名の覚者とギリシャ神話のヘルメスの13名に対応する裏のイルミナティなのです。この事は白色同胞団の多くの者たちや宇宙人たちもまったく知らなかった事なのです。

例えば、宇宙船の総司令官であるヴァリアント・ソーは金星人でしたが、彼はイエス覚者からその地位に任命されていますので、宇宙船の乗組員のほとんど誰も、裏のイルミナティの会員たちが仕えているのが、マイトレーヤの側近の覚者たちであるとは気づかなかったのです。

この側近の12名は全員がレプティリアン(爬虫類人)であったのですが、魔術によって人間に化けていたため、他の同胞団の菩薩たちも、宇宙人たちも気がつかなかったというわけです。要するに聖白色同胞団の中枢に地獄の悪霊(彼らはレプティリアンではない)よりも、より凶悪な者たちが、菩薩として巣くっていたわけです。
天界での支配権を手中に収める時期をうかがいながら…。

さて、文中の13番目の血統であるメロヴィング家の血筋に入るのが、チャールズ皇太子と書かれているのですが、ここが違うのです。チャールズではなくアンドリュー王子です。メロヴィング家の血筋とは、イエスではなく洗礼者ヨハネの血筋のことで、洗礼者ヨハネとマグダラのマリアの子サラの血筋がメロヴィング家であり、この血筋をシオン修道会が守っているのです。現在は2人がいて、1人が英王室のアンドリュー王子、もう1人がIMF専務理事のクリスティーヌ・ラガルドです。

ここは要点なので次回、またくわしく説明しましょう。