安倍首相辞任、整いました。安倍首相の痛恨のオウンゴール発言が、自民党議員のブログから発掘

 安倍首相辞任、整いました。
 野党議員とマスコミに、厳しい追及を期待します。
 拡散、よろしくお願いします。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
転載元)

文字起こし 

自民党は地方にも「逸材」がいた
この自民党議員をご存知だろうか?

 札幌市議会で共産党の小形香織市議が安保関連法の廃止を求める意見書について賛成討論をした際、議場内で「精神鑑定を受けた方がいいんじゃないのか」とのヤジが飛び出した。

スクリーンショット 2016-04-04 11.45.19

 共産党の市議団は、発言したのは自民党会派の勝木勇人市議だと名指しした上で「安保法の廃止を求める市民を冒とくしている」として会派の会長宛てに抗議文を提出し、発言の撤回を求めている。

 事実関係を確認する記者からの質問に対しては、「あなたに答える必要はない」とした。

スクリーンショット 2016-04-04 11.47.25 

出典: http://www.news24.jp/articles/2016/03/31/04326210.html

この自民党議員のブログから安倍晋三を辞任に追いやる決定的証拠が出てきた
まずは安倍晋三のこの発言を覚えているだろうか



緒方委員  先般、十二月に、元家族会の事務局長をやっておられました蓮池透さんがこのような著書を出しておられます。「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」という題の本でございます。…蓮池透さんがこのように書かれております。

弟たちの「北朝鮮には戻らない、日本に留まる」という強い意志が覆らないと知って、渋々方針を転換、結果的に尽力するかたちとなったのが、安倍氏と中山氏であった。
  あえて強調したい。安倍、中山両氏は、弟たちを一度たりとも止めようとはしなかった。止めたのは私なのだ。
というふうに書いてございます。
 安倍総理の思いと蓮池透さんが言っておられること、全く反するわけでありますが、いずれが真実でしょうか、安倍総理大臣。

スクリーンショット 2016-04-04 11.54.22 

安倍内閣総理大臣 私は、この問題について、利用したことも、うそをついたこともございません。…当時は、この五人の拉致被害者を北朝鮮に戻すということがいわば流れだったんですよ、実際。流れだったわけでありますが、私は断固として反対をしました。

私は誰かをうそつきとは言いたくありません。しかし、私が申し上げていることが真実であるということは、バッジをかけて申し上げます。私の言っていることが違っていたら私はやめますよ、国会議員をやめますよ。それははっきりと申し上げておきたいと思います。

出典: https://www.youtube.com/watch?v=M6y0cl8XU5s

世間的には、当時の安倍官房副長官が強硬に反対をして拉致被害者を北朝鮮に戻さなかったという武勇伝になってますものね

しかし、これを覆す、痛恨のオウンゴール発言が、先の自民党議員のブログから発掘された。
これを見よ

勝木勇人札幌市議会議員(自民党)のHPより 
安倍晋三官房副長官の話(2003年1月30日)

安倍晋三先生のレクチャーは、…興味深い話が盛りだくさんでした。…拉致被害者の話になり、【安倍晋三は】地村さんたちには、最初、「とにかく一度北朝鮮に戻って、子供を連れて帰国するべきだ」という話をしたそうです。しかし、地村さんたちは、この申し入れを断固拒否したそうです。「一度、戻ったら、二度と帰国はできない」ということだったそうです。「私(安倍)他、政府の人間がたくさん同行すれば、変なことにはならないでしょう」と言うと、「みんなで一緒に行っても、突然銃をもった者が部屋に入って来て、我々を引き離そうとしたら、どうしますか? 安倍さんたちは、その場で何ができますか?自衛隊も一緒に行ってくれるなら話は別ですが、」と言われ、結局、彼らの言うとおりにしたそうです。

出典: http://www010.upp.so-net.ne.jp/fruit-1/abe.shinzou.html

スクリーンショット 2016-04-04 11.54.22 

安倍首相辞任、整いました
ちなみに、勝木議員のブログから該当部分のみ綺麗に削除されています

CeyRYvbXIAA0-9l
参考記事:
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=969795896433524&set=a.121908097888979.30135.100002093683467&type=3&theater
http://vergil.hateblo.jp/entry/2016/04/03/220554
http://sharetube.jp/article/1967/