森友学園が虚偽報告か…国には21億8千万円、大阪府には7億6千万円と報告 〜幼稚園の実態を徹底的に追求するべき〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 森友学園は、校舎、体育館の建築費について、国と大阪府に対して、別々の金額を報告していたということです。国にはより多くの補助金を手に入れるため、21億8千万円と報告し、大阪府には安定した経営が出来る事を示すために、7億6千万円と報告したようです。いずれにしても虚偽報告の疑いが濃厚であり、大阪府の松井知事はこの件で認可は難しいとしました。ツイートにある通り、松井知事の発言は認可権限が知事にあることを示す形になりました。
 籠池理事長夫婦が以前経営していた南港さくら幼稚園で、籠池夫人は暴行事件を起こし、しょっぴかれています。認可を与える大阪府はこうした事件を知る立場にあり、しかも、“運用基準を無視して借地でも認可相当との判断を下した”のはなぜなのかを問い詰めなければなりません。
 メディアは、彼らが運営する幼稚園の実態を徹底的に追求するべきだと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
府知事“認可難しい” 森友学園が虚偽報告か(17/03/06)
配信元)

————————————————————————
配信元)

————————————————————————
配信元)

————————————————————————
配信元)