フランスのデモがスウェーデンに飛び火! ~コブラは意図的に悪をなす者であり、有用な情報は全くと言って良いほどなく、かく乱情報ばかり~

竹下雅敏氏からの情報です。
 フランスのデモがスウェーデンに飛び火したとのことです。冒頭の訳者注が素晴らしい。“地球を神から奪おうとする者と話し合って、示談で解決することなどありえない”わけで、それを「暴力はやめよう、話し合いで解決しよう」などと言う者がいたとすれば、“それは何もわかっていないか、ひそかに悪の加担をする者か、どちらかである”。
 まったくこの通りだと思います。そこで、コブラの「拡散希望!パリのための緊急平和瞑想」をご覧ください。記事では、“悪いことに、今週末パリではさらに多くの抗議行動が予想されるほど、危険な状況です。6000人以上の住人が今週土曜日にエリゼ宮殿に集まり、クーデターの企てている可能性があります”とあり、パリの状況を安定化させるために、できるだけ多くの方に平和瞑想に参加してもらいたいと言っています。
 時事ブログでは、一貫して、コブラは意図的に悪をなす者であると説明し、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)と彼らに繋がっている宇宙人たちは、NWO(新世界秩序)支持者であり、地球環境の破壊を意図的に行っていると主張してきました。
 この連中が改心する可能性を考えて、かなり長い間見守っていましたが、もはやそのような猶予期間はとうの昔に過ぎ去りました。この連中の魂は、すでに滅ぼされています。肉体の状態ももはやボロボロで、うつ病と診断される状況ではないかと思います。
 コブラの発言をよく注意してみると、Q情報とは異なり、私たちに有用な情報は全くと言って良いほどありません。かく乱情報ばかりです。
 例えば、トルコのエルドアン大統領に対する暗殺未遂事件ですが、この事件はトルコ軍の良識派が引き起こしたもので、エルドアンを追放しようとしたのを、オバマ政権が邪魔をしたというのです。その後のトルコとロシアの友好関係や、トルコとアメリカの亀裂を考えると、この情報が偽情報であることは明らかです。
 また、Q情報によると、イーロン・マスクは北朝鮮のミサイルの完成を手助けしていた悪人で、グアンタナモ行きだということです。ところがコブラは、イーロン・マスクを光の勢力の人間だと言っていたのです。
 その後、ハワイに向けてイスラエルの潜水艦から核ミサイルが発射され、それが北朝鮮のせいにされて、ここから第三次世界大戦になるという陰謀がありました。地球同盟がこのミサイルを破壊したことで、この陰謀は失敗に終わりました。
 経緯を考えると、この第三次世界大戦へと誘導する行動に、イーロン・マスクが関わっていったことは明らかで、地球同盟はそれを阻止したのです。要するに、イーロン・マスクを光の勢力だと言っていたコブラは、このような第三次世界大戦に誘導する工作を、背後で支援していたと考えられるのです。
 コブラのRMと彼らの周りにいる宇宙人たちが悪しき連中であるのは、彼らの波動を見れば明らかです。時事ブログでは、何度もコメントしていますが、白い紙にコブラ(レジスタンス・ムーブメントの窓口の人物)と書いて、その紙を両手で軽く触れてください。意識が、会陰よりもずっと下に引きずり降ろされるでしょう。これは、彼が闇の存在であることを意味します。同様に、彼と繋がっている宇宙人たちも調べることができます。
 私は、単に事実を書いているだけなのですが、彼らに騙されているレジスタンス・ムーブメントの関係者たち、そして彼らの協力者たちが早く真相に目覚めて、彼らとの関係を断ち切ることを望みます。なぜなら、改心する見込みのない悪人に強く共感し続けると、その人もいずれ滅びることになるからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
内戦:スウェーデン市民がグローバリズムに抗議し、立ち上がる
仏のイェロー・ベスト運動が拡大し、スウェーデン市民は政治的エリートに抗議
転載元)
【訳者注】これは今までにもよくあった革命運動とはちょっと違う。これまでも、独裁者とその周囲にいる権力者を倒せ、という運動はよくあった。しかし今度は、文字通り地球規模の闘争であり、だからこそ世界中に火が付き、フランスやドイツで、「トランプが必要だ」と言っている。これは世界の人々が、敵に「目覚めた」ということである。誰が敵だと目覚めたのか? それは自国の悪い党やグループでなく、「人類の敵」に目覚めたということである。このジャーナリストやデモ参加者の、発言はかつてのものとは違っている。これは話し合いで片付いたり、そのうち消えたりするものではない。戦うしかないものである。これを高見の評論家のように、「暴力はやめよう、話し合いで解決しよう」などと言うジャーナリストいたとしたら、それは何もわかっていないか、ひそかに悪の加担をする者か、どちらかである。なぜなら善と悪は、話し合いができないからだ。この地球を神から奪おうとする者と話し合って、示談で解決することなどありえない。これは、今では多くの人が認めるようになった、霊的な善悪の戦いである。我々は、それを踏まえた上で、戦わねばならない。メディアはそれを認めず、混乱し迷走し、あらぬことを口走るであろう。それをよく見届けておいてほしい。
 
Jay Greenberg, www.neonnettle.com
December 11, 2018
(中略)
スウェーデン全国の市民が、何十万というフランスの抗議者たちと連合し、グローバリズム に抵抗して、立ち上がり始めている。 https://neonnettle.com/news/5822-french-ambulanceworkers-join-the-anti-macron-rebellion-in-mass-protest
 
この反グローバリズム運動が、ヨーロッパ全土を席捲するようになり、スウェーデンの人々 は、この週末、ストックホルムの市街に繰り出し、 「国連移民条約」に抗議している。
https://neonnettle.com/news/5860-france-and-germany-order-eu-states-to-open-upborders-for-mass-migration
 
フランスの “イェロー・ベスト” 運動はまた、少なくとも 3 つの他のヨーロッパの国に拡大し、ベルギー、ドイツ、オランダの市民もまた、政治的エリートに対して抗議し始めた。
 
このフランスの運動は元々、高いガソリン税に反対して起こったものだが、今は、普通の苦しい労働者たちが、これまでにない、政府に対する感情の下に団結している。
https://neonnettle.com/news/5830-france-suspends-globalist-climate-tax-following-antimacron-protests
(中略)
「我々は過激派ではない。普通のスウェーデン人だ」と、抗議者たちは叫んだ。
(中略)
「私は、物置部屋で強姦され殴られた、9 歳の娘のために出てきたのです。
 
「私は、もはや外出しなくなった、すべての女性たちのためにここにいるのです。
 
「私はホームレスのためにここにいるのです。
 
「私がここにいるのは、社会契約が約束するものを、手に入れられない人々のためです。」
 
https://youtu.be/HqSpZvLYG78
「ストックホルムの移民反対デモ」
 (中略)
「我々はこの国で、これ以上の分裂を起こしたくない。
 
「互いに争いを起こさせようとしているのは、権力についている者たちです。
 
「我々は団結を必要としています。私は、スウェーデンの人々が団結し、議会で起こっている権力の暴虐に対して、立ち上がってもらいたいです。
 
「我々はあきらめません」と彼女は続けた。
 (以下略)


————————————————————————
配信元)
 
 

Comments are closed.