[竹下雅敏氏]これが典型的な陰謀論です。陰謀論に対しては慎重な考察が必要になります。

竹下雅敏氏からの情報です。
これが典型的な陰謀論です。陰謀論に対しては慎重な考察が必要になります。多くの場合、情報を混乱させたり、真相を隠蔽するために発信されるガセネタであることがほとんどだからです。しかし、そうした正確でない情報のなかにも、真相の一端や、ある意味では部分的に正しい情報を含むからです。その意味で、こうした内容の記事はある程度の直観や霊感がなければ読みこなすことは出来ないものなのです。重要な部分を赤字にしておきました。いくつかの誤まりがあります。文中には"チャールズ皇太子は、ケネディ家とメロヴィング王家を祖先とする"と書かれていますが、違います。メロヴィング王家を祖先とするのは、チャールズ皇太子ではなく、エリザベス2世の第2王子であるアンドリュー王子です。従ってチャールズとダイアナの子であるウィリアム王子もメロヴィング王家の子孫ではありません。
また、メロヴィング家は、"イエスの血をひく"聖なるダビデの血統という説も誤まりで、これはスプリングマイヤー氏の言う通り、イエスの血脈とは関係ありません。メロヴィング王家は、基本的には、洗礼者ヨハネとマグダラのマリアの子孫ですが、少々複雑で、マグダラのマリアと彼女の3人目の夫であったサン・マクシマンの子孫も含まれています。バーバリアン・イルミナティの場合、このサン・マクシマンの子孫を本当にイエスの子孫であると勘違いしているようです。アンドリュー王子は、サン・マクシマンとマグダラのマリアの子孫になります。問題なのは、こういった勘違いを含めて、誰を統一世界政府の王とするのかという覇権争いが権力者のグループで激化していたということでしょうか。今はそうしたシオン修道会の計画も消えてしまっているようです。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ウィリアム王子とキャサリン妃が結婚したということで・・・ ダイアナ妃を取り巻いた恐怖の物語
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

1件のコメント

  1. Pingback: R-NET ARCHIVE