クリントン夫妻と関係者の犯罪が明らかに / トランプ氏が演説中に命を狙われる事件発生 〜アメリカは崩壊直前〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 ヒラリー関連のメールから、クリントン夫妻と関係者の犯罪が明らかになりました。マネーロンダリング、児童に対する奴隷搾取と性的暴行、その他複数の重罪とのことです。
 こうなっては、ヒラリーに選挙での勝ち目はないと思ってよいでしょう。最後の手段なのか、トランプ氏が演説中に命を狙われるという事件が発生したようです。幸いにしてトランプ氏は無事だったようですが、暗殺も失敗となると、クリントン陣営には、偽旗テロを起こして選挙を無効にするぐらいしか方法が無くなってきました。
 最後の記事では、トランプ氏をレイプの罪で訴えていた女性が訴訟を取り下げたとのことです。記事によれば、彼女が13歳の時、ジェフリー・エプスタイン氏のパーティーでレイプされたとのことでしたが、FBIが流出させたメールでは、これはトランプ氏ではなく、ヒラリーとビル・クリントンの犯罪であることが分かっています。本当にアメリカというのは、ぐちゃぐちゃで崩壊の直前だと言うのがよくわかります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
引用元)
(FBIの特別捜査官の出動)
http://tapnewswire.com/2016/11/breaking-comey-mandates-all-fbi-agents-report-to-d-c-offices-prep-for-raids-possible-arrests-in-clinton-probes/
(概要)
11月4日付け

fbi_0-1

TruePunditの情報によると、木曜日遅く、コメイFBI長官は、ワシントンDCのFBI本部と出張所から出動できる全ての特別捜査官に出動するよう命じました。

FBIの情報筋によれば、彼等はトップダウンで多くの容疑者を逮捕する準備をしています。

(中略) 

ニューヨーク市警の情報筋によれば、ヒラリー関連のメールから、ヒラリーとビル・クリントン及び関係者らが関わってきた以下の犯罪が明らかになりました。

マネーロンダリング
児童労働搾取(奴隷)
児童に対する性的暴行(小児性愛犯罪)

偽証
クリントン財団を介した不正なお金の流れ
司法妨害
その他、複数の重罪

(以下略)

――――――――――――――――――――――――
クリントン財団、国務省に通知せずカタールから100万ドル受領と認める
転載元)
© Sputnik/ Eduard Pesov

© Sputnik/ Eduard Pesov



クリントン財団は、ヒラリー・クリントン氏が国務長官を務めていたときに、カタール政府から100万ドルを受け取ったと認めた。また、クリントン氏は、義務である国務省への献金報告を怠ったと明らかになった。

クリントン氏は2009年、国務長官に就任する際に、利益相反の疑いを避けるため、海外提供者からの巨額の献金については報告する義務を負うといった旨の同意書に署名した。

米国務省の報道担当は、クリントン氏にはこの献金について国務省に通知する義務があったと確認している。報道担当は、国務省はカタールからクリントン財団への献金についての情報を受け取っていないと明らかにした。

――――――――――――――――――――――――
引用元)
http://beforeitsnews.com/politics/2016/11/donald-trump-rushed-off-stage-at-nevada-rally-by-secret-service-2856399.html
(概要)
11月5日付け


CwinnlJXAAA4LrO.jpg-large

数十分前に起きたことです。トランプ氏がネバダ州リノの集会で演説中に、突然、シークレットサービスがトランプ氏に駆け寄りステージから引きずり下ろしました。

(中略) 

CwirnICVIAAQdiP.jpg-large 

トランプ氏の演説を妨害しようとした男が演説会場裏にあるトイレに隠れていたところを警備中の武装警察が逮捕しました。

――――――――――――――――――――――――
配信元)






――――――――――――――――――――――――
トランプ候補を強姦罪で訴えた女性 訴えを取り下げる
転載元)
米共和党のトランプ大統領候補を強姦罪で訴えていた女性の一人が、訴訟を取り下げた。

先に、本名を明かさず「ジェーン・ドウ」(身元や姓名不明の女性に用いる名前)と名乗るこの女性は、トランプ氏と億万長者のジェフリー・エプスタイン氏を、未成年者レイプの罪で訴えた。彼女によれば13歳の時、エプスタイン氏の家で催されたパーティーで二人にレイプされたとのことだ。一方トランプ氏自身はこの訴えを否定し、彼の弁護士アラン・ガルテン氏も、選挙に悪影響を与えたいと思っている誰かが「完全にでっち上げたものだ」と反発した。

昨日夕方、原告側の弁護士は、ニューヨーク連邦地裁で原告の申し出により、裁判停止の手続きをとった。

先に約10人もの女性が、セクシャルハラスメントでトランプ候補を非難した。しかしトランプ氏本人は、こうした非難を事実に反した作り話であるとし、選挙後、そうした女性達は責任を問われるだろうと約束している。