[竹下雅敏氏]フリッツ・スプリングマイヤー著「イルミナティ 悪魔の13血流」から重要な部分を抜粋し、解説をすることにします。 〜メロビング王朝について〜

竹下雅敏氏からの情報です。
昨日の記事の解説の続きで、メロビング王朝について説明します。
まず、フリッツ・スプリングマイヤー著「イルミナティ 悪魔の13血流」から重要な部分を抜粋し、前回と同様“続きを読む”以降で私の簡単な解説をすることにします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「イルミナティ 悪魔の13血流」フリッツ・スプリングマイヤー著 KKベストセラーズ  

p222-223
 高レベルの悪魔主義者たちを調査しているうちに、彼らがダビデ家の血統を重要視していることがわかった。このダビデ家はイエス・キリストの家系とされるものではなく、南フランスに王国を築いていた血流である。私がこの事実を発見したのは、中世について書かれた歴史書を片っ端から読んでいたとき、たまたま手にした『768~900年――中世フランスのユダヤ公国』においてだった。同書は、ヨーロッパ王族の血に自らの血統を組み入れたメロビング王朝が、ユダヤ人を祖先に持っていたことを教えてくれる。実際、シオン修道院長ピエール・プランタル・ド・サン・クレアが、それを雄弁に語っているのだ。
『救世主の遺産』より、関連する段落を引用してみよう。

 1982年4月に会ったとき、プランタルは我々の著書『聖なる血、聖杯』に対して、態度を明らかにしなかった。しかし全体としてはそれを是認し、フランス語版のために、あいまいな表現や意味が不明確な部分を訂正することを申し出た。その一方で、メロビング家をイエスの家系とする我々の説は、肯定も否定もしなかった。証拠がないとして明言を避けた。「遠い過去の話だ。あまりにも昔の」と彼は言った。信頼できる家系図がない。そのうえ、イエスには兄弟がいた。それでも彼は、メロビング家がダビデ王家の血統を受け継ぐ、ユダヤ人の子孫であることは認めた。

p508-509
 1982年、3人の共著者が、ベストセラーになっている著作『聖なる血、聖杯』のなかで驚くべき家系を世間に暴露した。その秘密性のある有力なオカルトの家系とはメロビング王朝のことで、その分家は何世紀もの間に広がり、ヨーロッパの現代の王族のすべてを含むまでになった。

 ペイジェント、リー、リンカーンたちの調査は私の調査した事実と重複していた。私が元イルミナティのメンバーたちから情報を聞き出したとき、次にあげるような多くの重要な事実が判明した。

自らを神聖な家系であり、ルシファー(魔王)の子孫であると考える13番目のイルミナティの家系がある。

・イルミナティの指導者たちに、ヨーロッパの王族がいる。高位階級のフリーメーソン風の行事やイルミナティ悪魔教の儀礼に彼らがかかわっているとの多くの目撃報告が寄せられた。

これらの秘教リーダたちは、ルシファーとキリストが兄弟であると考えている。

モルモン教会創始者ジョセフ・スミス2世の子孫やその指導者たちはいずれもメロビング王家の子孫であり、イルミナティ悪魔教信者として活動している。彼らが悪魔教の儀礼を行っているようすがかなりの人々によってつぶさに目撃されている。


竹下氏の解説 

ここに取り上げたスプリングマイヤーの著作の一文は、非常に重要なもので、私がメロビング家は洗礼者ヨハネとマグダラのマリアの子孫の血筋であるという説を強く支持するものになっています。まず、上の文章ではメロビング家がダビデ家の血筋ではあるが、イエス・キリストの血筋ではないということ、しかもそれをシオン修道会の総長プランタルが事実上認めていることです。シオン修道会はテンプル騎士団の元になった修道会であり、すべての総長がジャン(ヨハネ)を名乗ることを見ても、イエスではなく洗礼者ヨハネを崇拝していることがわかります。シオン修道会あるいはテンプル騎士団の者にとって、キリストとはイエスのことではなく、洗礼者ヨハネを表す言葉なのです。これは次の図(出典:マグダラとヨハネのミステリー 三 交社 p76)の印章とその解説文から明らかです。


 次に後半部分ですが、私はこれまで裏のイルミナティを霊導していたのが、マイトレーヤの側近の覚者たち(レプティリアン)と言ってきました。しかも彼らが本当に仕えているのは、聖白色同胞団のキリスト・マイトレーヤではなく、レプティリアンの王エノク(大天使メタトロン)であると指摘してきました。この意味で裏のイルミナティの者たちの究極の秘密として、彼らが仕えるルシファーとはエノクのことだということがわかります。

 ルシファーという言葉は、非常に使い勝手がよく、いくつもの異なった意味付けで使われる言葉であり、エノクが立案した秘密の天界のクーデター計画、その中に神智学運動も入るわけですが、ここでのルシファーは、将来エノクがクーデターにより天界を乗っ取り、サナト・クマーラを無間地獄に封じ込めるという目的のためにヨハネの黙示録を背景に選ばれた言葉で、サナト・クマーラを表します。しかし、計画通りクーデターで天界を奪い地上に新世界秩序(NWO)を実現した暁に、地球の全ての者に真の神として拝ませる神の御名として、ルシファーはエノクということになるのです。

さて、エノク(大天使メタトロン)とエリア(天使サンダルフォン)の関係については、次に紹介するブログの記事のように、よく知られています。

http://futurestone.blog.so-net.ne.jp/2011-07-07-1
メタトロンとサンダルフォンの関係 


中世ユダヤ神秘主義者のなかには「出エジプト記」に現れる「太陽よりも燦然と輝く」顔を持つ天の御使いこそメタトロンであり、天の上から「炎の柱」を使って彼らを導いたという一説があります。

偽典「エノク書」ではエノクが天上に昇りメタトロンになったという記述があります。
また預言者エリヤともされる天使サンダルフォンとは、双子の兄弟であるともいわれています。

この伝承はこの通りで、エノクとエリヤは双子の魂なので、メタトロンとサンダルフォンが双子の兄弟だと言われるわけです。そして、新約聖書でイエスもエリヤについて言及していますが、預言者エリヤの生まれ変わりが洗礼者ヨハネ(シオン修道会、テンプル騎士団、裏のイルミナティのキリスト)なのです。これらのことを理解すると、本文後半の「これらの秘教リーダたちは、ルシファーとキリストが兄弟であると考えている。」という言葉の意味がはっきりとわかります。またモルモン教が深くエノク(大天使メタトロン)とつながっている宗教団体であることは、よく知られていますので、この意味でもメロビング王家の子孫とは、洗礼者ヨハネ(彼らにとってのキリスト)の子孫であることは明らかです。洗礼者ヨハネが子孫を残せるとすれば、エッセネ派のクムラン教団の中で祭祀のメシア(義の教師)として教団を率いていた洗礼者ヨハネが、女預言者だったマグダラのマリアを妻にしていたからだと考えることができます。マリアはイエスの磔刑当時すでに妊娠していた(お腹が大きかった)という説もあり、通常これはフィリポの福音書などの影響で、イエスの子として勘違いされる原因になるのですが、これは洗礼者ヨハネの子を身ごもっていたのです。夫が殺されたマグダラのマリアはその後イエスを信頼し、互いに深く愛し合っていたことはフィリポの福音書などから明らかな事実ですが、二人に肉体関係はなく、この恋愛は純粋にプラトニックなものだったと考えられます。

洗礼者ヨハネとマグダラのマリアの子サラの子孫が、メロビング王朝として現在でもその血筋が絶えることなく守られ、スプリングマイヤーはその一人を英王室のチャールズ皇太子だと系図の上から考えているわけですが、何度も私が指摘しているように、チャールズではなく弟のアンドリュー王子なのです。このことを理解すると、私がキャサリン妃の赤ちゃんがいずれアンドリュー王子の子と取り替えられるだろうと言った意味がよくわかると思います。
竹下雅敏