[竹下雅敏氏]闇の関係者たちが分裂し、混乱していることを示すチャネリング情報

竹下雅敏氏からの情報です。
 かなり笑える展開になって来ました。3月24日の記事のコメントで、マレーシア航空370便の乗客の行方に関するチャネリング情報が相互に矛盾しており、その矛盾をごまかすために、セント・ジャーメインなる者が“言葉の裏を探ると、矛盾は無いことが分かるでしょう”という苦しい言い訳をしていました。
 この件に関して、終に今回アシュターと名乗る者が、“他のメッセージを受け取った人”の情報に対して、“それは私からのものではありません”と言い出しました。さあこうなると、どれが本物のアシュターで、どの情報が正しいのかという事になるのは、明らかです。
 私は始めから今回のこの情報も含め、闇の関係者からのこうした情報は一切信じるべきではないと言ってきています。この文章の波動を感じ取れば、彼らに魂(モナド)が無いことは明らかなので、偽情報である事がすぐにわかります。何度も言うように本物のアシュターはすでに処刑されて存在しません。この通信文を見てもわかるように、闇の関係者たちが分裂し、混乱しているのは明らかです。いずれこうした者たちはすべて滅びることになるでしょう。万一生き残れるとしたら、方法は1つしかありません。これまで行って来た悪事をチャネリング情報の偽りに関する事も含め、すべて洗いざらい白状し、人々に公開し、許しを請うことです。それが出来ないというのであれば、許されることは無いでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
マシュー君のメッセージ 2014年4月2日
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

Comments are closed.