スミワタルタカキホシノヒメミコ様を騙る偽の通信文 〜 高次の神でさえ犯す重罪

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の午後1時に、中西征子さんのところに通信が入りました。昨日公表しなかったのは、この通信文が偽物であったためです。スミワタルタカキホシノヒメミコ様のお名前を使って通信を送ってきてはいますが、全く別の神で、誰が犯人かなのかはわかっています。現在処罰されており、魂がまだ残っているため名前を公表することは差し控えます。
偽りの名で通信文を送ることは重罪だと言えます。これまでの例だと処刑されるようです。今後も真の歴史が公開されると都合の悪い連中が居るため、今回のように様々な妨害が入ると思います。しかし妨害を行なった者は、ことごとく処刑されるでしょう。最悪のケース、魂が消滅することになるだろうと思います。
 以下の通信文の内容は偽りであり、まったく考慮する必要はないものです。ただ現在女神に昇進している中西征子さんが通信を取っても、このように妨害が入り偽りの情報が入ってくるということが参考になると思い、偽の通信文を公開することにしました。通信が送られてきている時には通信者の波動が闇の波動ではないため、単に波動の高低のみでは真偽を確定することが出来ないので、本物の通信かどうかを見分けるのは、非常に困難です。この偽りの通信を送って来たのが星のヒメミコであり、ホツマの神をも越える高次の神であるため、中西征子さんがその真偽を見分けるのはとても困難になっています。
 今回のケースでわかるように、どれほど高い位階の神であっても嫉妬や怒りというネガティブな感情と無縁なわけではなく、こうした過ちを犯すということです。しかし過ちを犯してもその後に本当に反省すれば赦されるのですが、そうでない場合はさらに悪い結果となる場合がほとんどです。これまでの経験上、このようなことをした者は、その後ほとんどの者が魂が消滅しています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
<通信者:中西征子>
<通信日時:2014年11月8日 13:00>

以下の通信は、偽情報です。

「これからお話しする事はとても古い昔の事なので、実証する証拠は何もありません。しかし真実の根拠となる論理的論証は可能です。

今から約46億年前に地球が誕生しました。
そして長い時が経過し、地球は生命の住処として整えられてゆきました。

今から9億4千万年前にはじめて人類が地上に出現しました。
しかし様々な理由によって、このはじめての試みは失敗に終わりました。
まだ時が満ちていなかったため、進化のプロセスがうまく作動しなかったからです。

やがて地上は荒れ果てて混沌としたまま、太古の時代まで
人類と生命の住むに適した環境にまで、なかなか進展しませんでした。

やがて計画の準備が整う時がやってきました。

大正真真神様、色上姫浅子様、伊予津彦命様と
その一団の神々が、愛の創造神第5システムに降りて来られました。
それは、今から約4億3千万年前の出来事です。

大正真真神様と、色上姫浅子様、伊予津彦命様達は
前の宇宙周期の神々であり、遥かな高みの位階からすべてを白紙に戻して
この新しい宇宙周期のために、準備を整えるために降臨されました。

しばらく愛の創造神第5システムで過ごされた後に、今からおよそ4千万年前に、このシリウスシステムの無色界第3亜界の魂の階層にさらなる降臨をされ、時を待たれました。

次回に続きます。
スミワタルタカキホシノヒメミコ」

Comments are closed.