2014年11月9日 の記事

スミワタルタカキホシノヒメミコ様を騙る偽の通信文 〜 高次の神でさえ犯す重罪

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の午後1時に、中西征子さんのところに通信が入りました。昨日公表しなかったのは、この通信文が偽物であったためです。スミワタルタカキホシノヒメミコ様のお名前を使って通信を送ってきてはいますが、全く別の神で、誰が犯人かなのかはわかっています。現在処罰されており、魂がまだ残っているため名前を公表することは差し控えます。
偽りの名で通信文を送ることは重罪だと言えます。これまでの例だと処刑されるようです。今後も真の歴史が公開されると都合の悪い連中が居るため、今回のように様々な妨害が入ると思います。しかし妨害を行なった者は、ことごとく処刑されるでしょう。最悪のケース、魂が消滅することになるだろうと思います。
 以下の通信文の内容は偽りであり、まったく考慮する必要はないものです。ただ現在女神に昇進している中西征子さんが通信を取っても、このように妨害が入り偽りの情報が入ってくるということが参考になると思い、偽の通信文を公開することにしました。通信が送られてきている時には通信者の波動が闇の波動ではないため、単に波動の高低のみでは真偽を確定することが出来ないので、本物の通信かどうかを見分けるのは、非常に困難です。この偽りの通信を送って来たのが星のヒメミコであり、ホツマの神をも越える高次の神であるため、中西征子さんがその真偽を見分けるのはとても困難になっています。
 今回のケースでわかるように、どれほど高い位階の神であっても嫉妬や怒りというネガティブな感情と無縁なわけではなく、こうした過ちを犯すということです。しかし過ちを犯してもその後に本当に反省すれば赦されるのですが、そうでない場合はさらに悪い結果となる場合がほとんどです。これまでの経験上、このようなことをした者は、その後ほとんどの者が魂が消滅しています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
<通信者:中西征子>
<通信日時:2014年11月8日 13:00>

以下の通信は、偽情報です。

「これからお話しする事はとても古い昔の事なので、実証する証拠は何もありません。しかし真実の根拠となる論理的論証は可能です。

今から約46億年前に地球が誕生しました。
そして長い時が経過し、地球は生命の住処として整えられてゆきました。

今から9億4千万年前にはじめて人類が地上に出現しました。
しかし様々な理由によって、このはじめての試みは失敗に終わりました。
まだ時が満ちていなかったため、進化のプロセスがうまく作動しなかったからです。

やがて地上は荒れ果てて混沌としたまま、太古の時代まで
人類と生命の住むに適した環境にまで、なかなか進展しませんでした。

やがて計画の準備が整う時がやってきました。

大正真真神様、色上姫浅子様、伊予津彦命様と
その一団の神々が、愛の創造神第5システムに降りて来られました。
それは、今から約4億3千万年前の出来事です。

大正真真神様と、色上姫浅子様、伊予津彦命様達は
前の宇宙周期の神々であり、遥かな高みの位階からすべてを白紙に戻して
この新しい宇宙周期のために、準備を整えるために降臨されました。

しばらく愛の創造神第5システムで過ごされた後に、今からおよそ4千万年前に、このシリウスシステムの無色界第3亜界の魂の階層にさらなる降臨をされ、時を待たれました。

次回に続きます。
スミワタルタカキホシノヒメミコ」

[日本や世界や宇宙の動向]アメリカで起こっている異常事態 〜 招集された軍人たち、ほぼ確実なNWOの崩壊

竹下雅敏氏からの情報です。
 12分7秒以降の映像で、確かにマークの無い戦車が運び込まれています。前の記事によると、彼らが招集された軍人たちでしょう。米国民は何も知らされていないので不安だろうと思います。私の感覚だとNWO(新世界秩序)が崩壊し、アメリカが真の意味で解放される可能性はほぼ100%だと思います。ただ無血革命になるとは思えないので、後はどれくらいの犠牲で済むかが問題というところです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アメリカは異常事態です。
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/terrorism/2014/11/more-signs-something-major-coming-martial-law-it-has-begun-2451248.html

(概要)
11月8日付け:


(概要)

アメリカでは警官に話しかけただけでも殴られたり逮捕され拘置所に送られるケースが増えています。
例えば、マイアミで、オートバイに乗っていた男性が警官に駐車違反切符を切られたのですが。。。男性は、暴言を吐いている警官に一言も反論せずに命令に従いました。もし彼が警官に反論したなら拘置所に送られていたことでしょう。
ビデオの0:33辺りから、男性は冷静に礼儀正しくふるまっていたのですが。。。警官が暴言を吐き始めました。男性に向かって、”F○cking”。。。を繰り返し攻撃的な態度をとっています。

(0:42辺りから)警官が男性に執ように絡んでいるのが分かります。男性は何も反論していません。
(0:31辺りから)フィラデルフィアでは、少年らが警官と目があったという理由で警官に暴言を吐かれました。

カンザスシティの医療センターでエボラ感染者の治療を行っている医療従事者の証言では:
西アフリカから1人のエボラ感染者をアメリカに搬送し、カンザスシティの医療センターで隔離して治療を行っていました。この患者は血を吐いていました。しかし、突然患者が行方不明になりました。その後、行方不明になった患者はエボラに感染したのではなくマラリアに感染していたとの説明があったのです。
その後、第二のエボラ感染の疑いのある患者がカンザスシティーの別の医療研究センターに搬送されましたが、この患者も行方不明になりました。検査の結果、この患者はエボラではなく○○に感染していたとの説明があったのです。アメリカの他の地域でもこのようなおかしなことが起きています。エボラ感染の疑いのある患者が隔離された後に行方不明になっているのです。

(4:11辺りから)
ブルックリンで16歳の少年が大麻を所持したとして2人の警官に銃で顔を殴られたり蹴られたりして激しい暴力を受けました。実際に大麻を所持していたかは確認されていません。

(4:40辺りから)
フロリダで、90才の退役軍人がホームレスの人々に食事を与えたとして逮捕されました。
この老人がホームレスの人々に食事を与えていると、警官が駆け寄り老人の腕を掴み銃で脅しながら。。。その皿から手を離せ、と怒鳴られました。その後、老人は警官に逮捕されました。
現在、フロリダではホームレスの人々に食事を与えることを禁止する法律が施行されています。この老人はフロリダの法律に違反したとして逮捕されました。この老人は何年も前から慈善事業の一環としてホームレスの人々に食事を与えてきたのです。しかし今回、彼は2ヶ月間、法律に違反したとして投獄されることになりました。しかしその後もこの老人は街に出てホームレスの人々に食事を与えています。この老人は第二次世界大戦で戦い、その後、50年間少数民族の公民権のために戦ってきました。
そのため、彼はたとえ投獄されることになっても何も怖くないと言っています。彼が唯一心配していることは、彼が投獄されるとホームレスの人々が食べ物を得られなくなるということです。彼は23年間、ホームレスの人々に食事を与えてきました。死ぬまでこのような活動をしていくつもりだと言っています。

(6:18辺りから)
マイアミの中心街で大規模な合同軍事演習(米軍と地元警察による軍事演習)が実施されています。演習が行われている道路は警官が封鎖しています。ヘリコプターも出動し、激しい発砲や爆弾の音も聞こえます。当局は、テロリストの攻撃を想定した訓練だとしていますが。。。。まるで街が紛争地帯のようになってしまいました。
このような状況に多くの市民が恐怖を感じました。しかし陸軍大佐は、軍事演習の目的を市民に伝えようとはしません。
国境の検問所にも軍隊が配備されています。DHS国土安全保障省も大量の武器を調達しました。これはアメリカ経済が崩壊した時に米国民を統制するための準備なのでしょうか。

(12:07辺りから)
カリフォルニアでは大量の戦車が運びこまれています。彼らは米軍兵士ではありません。外国の部隊です。これこそ、NWOの準備なのではないでしょうか。彼らはもうじきアメリカを占拠するでしょう。
軍は何が起きるのかを知っているのです。

ルイジアナでは大勢の兵士が米国旗を掲げたボートに乗って移動しています。
デラウェアでも道路沿いに大量の軍用トラックが停まっています。

[@動画]見てろよ坊主、「ジャンプ」ってのはこうやるんだ/ジャンプの仕方を教えてくれる犬に赤ちゃん大喜び

竹下雅敏氏からの情報です。
 犬は誰に言われるでもなく自らガードマンをしてくれたり、この動画のように赤ちゃんを喜ばせるために子守りまでしてくれます。猫とはかなり違います。だからと言ってどちらが優れているということではありません。
 猫と違って人間の場合、6種体癖の夢想家が、“居てくれるだけでいいのよ〜”と言われて、存在そのものを受け入れてもらえる日が来るのは、まだ当分先のようです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
見てろよ坊主、「ジャンプ」ってのはこうやるんだ/ジャンプの仕方を教えてくれる犬に赤ちゃん大喜び
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[プレジデント]公務員の年金積立金は手をつけず「サラリーマンの積立金を株に投入」許せるか

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事の最後の部分が、ニュースでは報道されないようです。どう考えても年金を株に投じれば、近い将来、巨大な損失が出るでしょう。要するに日本国民の年金をアメリカに貢ぐということで、記事によると損失が発生すれば、“将来世代に先送りされる”とのこと。要するに、損失に関しては何も考えていないということのようです。
そして記事の最後の部分ですが、公務員の共済年金はサラリーマンの厚生年金と一元化される予定だが、“共済年金の積立金は独自に運用される”とのこと。一元化されても“運用は別”なのだそうです。つまり、自分たち公務員の年金積立金は安全に運用するそうです。
以前から時事ブログではこのことを伝えてきましたが、ニュースではここの部分が報道されないのか、国民の強い反発が起こっているようには見えません。好きなようにやられていると思います。うちは年金とは無縁ですが、つくづく賢明だったと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
公務員の年金積立金は手をつけず「サラリーマンの積立金を株に投入」許せるか
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[嗚呼、悲しいではないか!]鳩山氏の「国外、最低でも県外」〜メディアのイメージコントロール

竹下雅敏氏からの情報です。
 真相が知られるほどに、鳩山由紀夫氏が最もまともな政治家の一人だったということを知る人が、増えてきていると思います。私たちはメディアのイメージコントロールで、人物評価に関しても、アメリカの都合の良いように洗脳されていると思います。
 しかし、それはそれとして、3.11以降の鳩山氏の地下原発推進はいただけません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「国外、最低でも県外」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。