2014年11月10日 の記事

[櫻井ジャーナル]トルコとISとの関係をニューズウィーク誌も報道、ネオコンが主導してきた覇権計画に亀裂の可能性

竹下雅敏氏からの情報です。
 それにしても、この櫻井ジャーナルの分析力はすごいと感じます。非常に正確に世界情勢を見ていると思います。私の考えでは、ブッシュ・ナチ陣営の中枢に12名、ロックフェラー・オバマ陣営の中枢に同じく12名の者が居ることをこれまでに示しました。そしてオバマ政権内で「(偽の)銀河連邦」の協力者として、オバマとバイデン副大統領を示しました。このグループも中枢は12名で、オバマは彼らの指導に従っていると考えられます。この12名の1人がジェームズ・ベーカーなのです。このグループの首領は日本人で、事実上日本を裏支配している人物です。いずれ名前を公開するつもりでいます。
 このグループが最近ジェイコブ・ロスチャイルドの指示に従うようになったということをお伝えしました。いわば降伏したと言えるでしょう。このグループは世界皇帝を自分たちのグループから出すことを考えていて、当の首領である人物は、世界教皇として君臨するつもりだったようです。この関係から「日ユ道祖論」という戯言が準備されたわけです。また北朝鮮・韓国・日本を統合した新しい国家を、民意を無視して作ろうとしていたのもこの連中です。
 最後にもう一つ、本当の意味での太平洋戦争におけるA級戦犯も、このグループの連中だということです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
トルコとISとの関係をニューズウィーク誌も報道、ネオコンが主導してきた覇権計画に亀裂の可能性
転載元)
トルコ軍がIS(イスラム国。ISIS、ISIL、IEILなどとも表記)を支援しているとアメリカのニューズウィーク誌が報じている。アメリカ、ペルシャ湾岸産油国、イスラエルと同じようにトルコがシリアのバシャール・アル・アサド体制を倒すプロジェクトにトルコ政府が参加していることは本ブログでも指摘してきたことだが、興味深いのは西側の「有力メディア」がこの事実に触れている点。

1999年にユーゴスラビアを先制攻撃した後にアフガニスタンを占領、2011年にはリビアを空爆、さらにシリアを攻撃しようとしたNATOにトルコは参加している。2003年にイラクを先制攻撃したのもNATOを主導するアメリカを中心とする軍隊だ。

イラク攻撃は「連合軍」を編成したが、総勢38万人のうち19万2000人がアメリカ、次いでイギリスが4万5000人。そのほか米英と同じアングロ・サクソン系のオーストラリアが2000人、ウクライナのクーデターで拠点になったウクライナが194人だった。このイラク攻撃でサダム・フセイン体制は倒されたが、これはネオコン/シオニストの悲願。

イスラエル/ネオコンは1980年代からイラクのサダム・フセインを排除しようと計画していたのだが、これは国務長官だったジェームズ・ベーカーをはじめとするグループの考え方とは逆。イスラエル/ネオコンはイラクを「親イスラエル体制」に作り替え、ヨルダンからトルコまでを「親イスラエル国帯」にしてシリアとイランを分断しようとしていたのだが、それに対してベーカーたちはフセインを湾岸産油国の防波堤と認識していた。

この対立は1988年の大統領選挙を前に休止するが、1991年の「湾岸戦争」で顕在化する。ベーカーが担いでいたジョージ・H・W・ブッシュ大統領はフセインを排除しないで休戦するのだが、これに怒ったのがポール・ウォルフォウィッツ国防次官(当時)などのネオコンたち。

ウェズリー・クラーク元欧州連合軍(現在のNATO作戦連合軍)最高司令官によると、ウォルフォウィッツは1991年の段階でシリア、イラン、イラクを殲滅すると話していた。その怒りが1992年のDPG(国防計画指針)草案につながる。潜在的なライバルを潰し、資源を押さえ、アメリカの支配する新しい世界秩序を築こうというビジョンが描かれた内容で、草案作成の中心がウォルフォウィッツ次官だったことから「ウォルフォウィッツ・ドクトリン」とも呼ばれている。

ジョー・バイデン米副大統領は10月2日、ハーバード大学でニューズウィーク誌と重なる主張を展開している。ISとの「戦いは長くかつ困難なものとなる。この問題を作り出したのは中東におけるアメリカの同盟国、すなわちトルコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦だ」と述べたのだ。

また、こうした国々はシリアのバシャール・アル・アサド政権を倒すため、反シリア政府軍へ何万トンもの武器、何億ドルもの資金を供給して中東を混乱させたと指摘、さらにトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は多くの戦闘員がシリアへ越境攻撃することを許してISを強大化させたと後悔していたと語っている。

おそらく、バイデンは「口を滑らせた」わけでなく、「後悔している」という表現はトルコに対する政治的な配慮だろう。ISの後ろ盾になっているネオコン/シオニスト、サウジアラビア、カタール、イスラエルなどとアメリカのベーカー・グループはつばぜり合いを始めたように見える。

NSAが全世界の政府を監視していることは1972年にNSAの元分析官がランパート誌で明らかにしているが、こうした事実を国のトップがアメリカの支配層に配慮しないで口にすることは注目に値する。

こうした覇権主義を前面に出しているのがネオコン/シオニストであり、「ウォルフォウィッツ・ドクトリン」に基づく政策を彼らは打ち出している。この草案は2000年にネオコン系シンクタンクのPNACが公表した「米国防の再構築」につながり、ジョージ・W・ブッシュ政権はこの方針に従って中東への侵略と国内のファシズム化を進めた。

ネオコン/シオニストは西側のメディアを従え、彼らに都合の良い「仮想現実」を人びとに信じ込ませ、世界にカオスを広めている張本人。ロシアのウラジミル・プーチン大統領は「アメリカ」と表現しているが、こうした行為を公然と批判し始めた。例えば、10月24日にロシアのソチで開かれた「バルダイ国際討論クラブ」での発言。

今回のテーマは「新しいルールか、ルールなきゲームか」。1991年にソ連が消滅、アメリカとソ連が対立するという冷戦時代は終わり、それまでの国際秩序は崩壊したわけだが、その後の世界ではアメリカが「唯一の超大国」として身勝手な行動を始め、国際法は無視されてカオスが地球上に広がっていると語る。アメリカは世界の支配者として振る舞い、そのためにビッグブラザー、つまりNSAを使って各国のリーダーを監視、脅迫しているとも指摘している。

こうしたカオスを生み出す行動と逆のことをしようとプーチンは呼びかけているように聞こえる。国際法や国際協定に従い、独善的な行動は止め、他者の権利を尊重して新しい相互依存体制を築いていこうというわけだ。

現在、ネオコン/シオニストを中心に集まっている勢力は長期的な見通しがなく、それに替わって自分たちに都合良く作り上げた「予定説」を信仰しているだけ。目先の利害には興味を持つが、哲学もなければ理念もない。

そうしたネオコン/シオニストをプーチンは公然と批判したわけだが、それだけでなく、西側の一部支配層も彼らから離れ始めた可能性がある。ネオコン/シオニストに従属している安倍晋三のような人物を首相にしている日本が置かれた状況は「日独伊三国同盟」を結んだ当時と似ている。

[日本や世界や宇宙の動向 他]ISISのユダヤ人のリーダーが重傷を負ったとの報道が!

竹下雅敏氏からの情報です。
 AFP通信が、ISISのリーダーが重傷を負ったと伝えました。ただ不思議なのは、写真の人物はリーダーのアブ・バクル・アル・バグダディではありません。替え玉が写真に写っています。替え玉が重傷を負ったということでしょう。おそらく死亡すると思います。本物は下の記事のように、すでに死亡しています。フルフォード情報によると、本物はサイモン・エリオットという名のモサド工作員とのこと。
 今の時点でAFPがこうした記事を挙げて来たとすれば、これまでのフルフォード情報の予測通り、少しずつISISの影響力は収まっていくということかも知れません。
 “続きはこちらから”以降では、不思議な記事を取り上げました。これは誤報ではなく、ある種のメッセージです。本物のオバマ大統領はすでに死亡しています。今私たちが見ているのは替え玉ですが、替え玉は3人居るようです。どうやらそのうちの1人が本当に暗殺されたようです。これはオバマ政権に対する強烈な脅しだと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ISISのユダヤ人のリーダーが重傷を負ったとの報道が!
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/global-unrest/2014/11/confirmed-isis-leader-abu-bakr-al-baghdadi-critically-wounded-in-us-led-air-strike-2461282.html
(概要)
11月8日付け:

AFP通信:
米主導の連合軍の空爆によりISISのリーダー(アブ・バクル・アル・バグダディ)が重症を負いました。

土曜日のアルアバビヤ・ニュースで、米主導の連合軍がイラク西部の国境沿いの町(アルカーイム)を空爆したことで、ISISのリーダーが重傷を負ったと伝えていました。
米中央指令センターは、連合軍がイラク北部のモスルにあるISISの拠点付近に空爆したことでISISのリーダーが重傷を負ったことを確認したと発表しました。しかしリーダーが死亡したかどうかの確認はとれていません。
さらに、中央指令センターは、彼らを空爆しISISのテロリスト・ネットワークに圧力をかけ続けることで彼らの行動範囲を制限することができると言っています。
isis-leader-critically-wounded-in-us-led-air-strike-abu-bakr-al-baghdadi

アルカーイムにあるISISリーダーらの集会場所(民家)を狙った米主導の連合軍による空爆で数十人が死傷しました。
空爆を受けたISISメンバーらは大混乱のさなかに負傷者らをアルカイムの病院に搬送しました。しかし病院は満杯であったため、ISISメンバーらは病院のベッドを強制的に空けさせ負傷者らの治療を優先させました。さらに、彼らは拡声器を使って周辺住民に輸血に協力するよう訴えました。
地元住民らの情報(未確認)によると、ISISのアンバール地区のリーダーと副リーダーが空爆で死亡した
そうです。
米当局はISISのリーダーのバグダディが死亡したかどうかについては肯定も否定もしていません。

Source:
http://www.nowtheendbegins.com/blog/?p=28049

――――――――――――――――――――――――
ISISの指導者が米軍の空爆で死亡した?
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/politics/2014/09/urgent-isis-leader-abu-bakr-al-baghdadi-allegedly-killed-by-us-airstrikes-2648886.html
(概要)
9月6日付け:
ウェブサイト上に投稿されたISISの指導者の写真

ウェブサイト上に投稿されたISISの指導者の写真



イラクからの情報:
イラクで、ISISテロリスト集団の指導者のアブー・バクル・アル=バグダーディーが米軍の空爆により死亡したと報道されました。空爆により、指導者以外にも、3人の上位メンバーが死亡したことがイラク当局によって確認されたと伝えています。
しかし、ペンタゴンの報道官は、ISISの指導者と3人の上位メンバーが死亡したとする情報の確認が取れていないと伝えています。さらに、米軍は、空爆でISISの指導者と3人の上位メンバーを狙ったわけではないとも伝えています。しかし、彼らがISIS部隊の内部に潜んでいたなら、空爆を受けた可能性が高いとも伝えています。
米軍はイラク北部の上空からISISに対し空爆を行ってきました。複数のウェブサイト上に、空爆で殺害されたISISの指導者の写真が投稿されています。しかしこれが事実かどうかの確認がまだ取れていません。
» 続きはこちらから

[はむすたーそくほう!]40歳女性医師「年収とかどうでもいいから若くてハンサムな男と結婚したい!」→希望通りの男が現れプロポーズ→男「結婚してもいいけどお前の給料で十分だから仕事辞めるね。」

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日のコメントで、猫と違って人間の場合“居てくれるだけでいいのよ〜”と受け入れられるには、まだ当分時間がかかるだろうと言ったのですが、やはり今日こんな記事を見つけました。
 まったく同じことをしていても、言葉は専業主夫という言い方と、ヒモという言い方があります。金目当てである場合、後者の様相が濃くなると考えられます。しかしプロのヒモは捨てられると食い扶持を失うので、気遣いというレベルでは、通常の男性以上の特別な能力を持っているのです。例えばヒモの男性は、彼女が眠るのを確認してから眠ります。こうした意味で専業主夫とヒモは同じではあり得ないと言えるかも知れません。
 話が逸れましたが、この女性が不安になっているのは、自分が顔目当て、相手は金目当てということで、ヒモなんじゃないかと思ったからでしょう。専業主夫の子煩悩な男性で、女性が十分に稼ぐことの出来るカップルなら、案外理想的(?)と言えるかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
40歳女性医師「年収とかどうでもいいから若くてハンサムな男と結婚したい!」→希望通りの男が現れプロポーズ→男「結婚してもいいけどお前の給料で十分だから仕事辞めるね。」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日刊ゲンダイ]伝説ディーラー藤巻健史氏「物価上昇は20%まで加速する」

竹下雅敏氏からの情報です。
 以前から、ハイパーインフレにして経済を意図的に破壊し、国の借金をチャラにして、"ゼロからスタート"するつもりではないかと言っていたのですが、この記事のようにそれを公言する人が出て来ました。確かに食糧とエネルギーの自給が出来ているのならこの方法もアリかも知れませんが、現状では本当に地獄になってしまうでしょう。この人は自分は海外に逃げるつもりでいるから、こんな事が言えるのでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
伝説ディーラー藤巻健史氏「物価上昇は20%まで加速する」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[東洋経済ONLINE]アベノミクス政策は、「間違い」だった!

竹下雅敏氏からの情報です。
 ようやく、経済紙がアベノミクスが失敗だったと認めたようです。遅すぎると思いますが…。
 時事ブログでは、日銀が紙幣を刷るところまでは正しいが、バブル業種にお金を回しても景気は良くならないと指摘して来ました。デフレ経済では、地方の公共事業を増やし、公務員の数を増やす必要があるのです。
 海外にばら撒いたお金を国内に投じるべきだったのです。
 きちんとわかっている経済学者を出さないで、御用学者ばかり出演させるメディアの責任は大きいと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
アベノミクス政策は、「間違い」だった!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[YouTube]天皇財閥 日本赤十字社=皇族私的団体・非課税特権

竹下氏からの情報提供です。
 これまた何と言っていいか分からないくらい凄い情報です。赤字を入れたり、画像を挿入しながら、じっくり情報に向き合い、理解を深めていくと、最初にザッと目を通した時とはまったく違って、目からウロコが何枚も剥がれ落ちたような感覚になり、興奮気味です。
 普通、財閥と言えば、三菱、三井、住友などを思い浮べますが、本来真っ先に日本人が財閥と聞いて思い浮べないといけないのが『天皇財閥』なのかもしれません。
 『天皇財閥』とは、“天皇家を財閥家族とし、宮内省を本社機構に持ち、その傘下には日本銀行や横浜正金銀行、南満州鉄道株式会社(通称「満鉄」)、日本郵船といった、日本を代表とする「国策企業」群を有する大企業グループ”です。
 日赤は、その国策企業のひとつで、今や世界一の従業員を抱える皇族私的団体・非課税特権の巨大企業になっているようです。
 あと、調べてみると不思議なことに、日赤の現副社長が榊原定征氏、前副会長が米倉昌弘氏、前々副会長が御手洗富士雄氏です。つまり、経団連会長が日赤の副社長を兼任することになっているようです。ちなみに副社長は2人いて、もう1人は、元厚生官僚が着任するみたいです。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
天皇財閥 日本赤十字社=皇族私的団体・非課税特権
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。