[竹下雅敏氏]サルーサと大天使ガブリエルの偽者のチャネリング情報 〜偽りの名で通信文を送ることは重罪〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 通信文を2つ取り上げましたが、これまでお伝えしているように、サルーサは処刑され存在しません。従って、今回の通信文のサルーサは偽者です。4大天使は天界の改革で、とうの昔に消えているので、当然のことながら、下の通信文の大天使ガブリエルも偽者です。
 これらの偽の通信を送ったのは、いずれもサルーサの部下だった者です。“偽りの名で通信文を送ることは重罪である”と警告していたはずです。この2名はすでに逮捕されており、サルーサの偽者はすでに処刑されていると思います。大天使ガブリエルの偽者は、禁固30年の懲役が確定しているようです。今後さらに過去の罪状が暴かれれば、この者も処刑される可能性もあります。
 今後このような偽りの通信文を送った者は、即座に逮捕され、同様の罰が与えられると思ったら良いでしょう。以前、こうした偽のチャネリング情報は、いずれ消えて行くだろうと発言したのですが、発言以降チャネリング情報の数は、ずいぶんと少なくなりました。サルーサの一味が処罰されて、確実にそのようになる時が来たように思います。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
サルーサ 2015年5月29日
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
大天使ガブリエル・・・2015年5月27日 考えもつかない変化
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

Comments are closed.