[真実を探すブログ]安倍新内閣の閣僚に統一教会や”日本会議”の関係者が多数! ナチスを掲げている過激派と写真撮影した新閣僚も!

竹下雅敏氏からの情報です。
 私もこの件は、日刊ゲンダイの記事で初めて知ったのですが、「日本会議」という日本最大の右翼組織があるということで、ウイキペディアを見ると、関係者の一覧が出て来ます。
 これらの人脈と下の記事を見ると、日本はこの手の連中に乗っ取られているのではないかという気すらします。しかも不正選挙であったことを考えると、これはクーデターだと言っても良いのかも知れません。状況は違いますが、まるでウクライナのキエフのナチ政権のようで、背後に居る連中がネオコンだとすれば、これは当然なのかも知れません。
日本の国会議員が、ナチスの旗を掲げる連中の代表と一緒に写真に写っている姿を見ると、信じられない思いがします。しかし、ネオコンや日本を牛耳っている戦略国際問題研究所(CSIS)が、実質的にナチスだと言ってよい存在なので、彼らの言いなりである安倍政権がこのような姿であるというのは、ある意味で必然なのかも知れません。
 ウクライナのキエフ政権を支持する市民が、東部の親ロシア派の人たちをウクライナ軍が攻撃するのを支持したように、極右政権が将来韓国人あるいは共産主義者と見なした人間を弾圧し始めた時に、多くの国民はそれに拍手するのでしょうか。民族、人種、そして右翼、左翼という区別ではなく、罪を犯している者が裁かれるべきなので、他人に左翼などのレッテルを勝手に貼り付けて攻撃をするということ自体が暴挙だという事に、どうして多くの人は気づかないのでしょう。
経済事情が悪くなると不満を内に溜めた人々が増えることから、より弱い立場の人をスケープゴート(生贄)にしてうっぷんを晴らす人々が出てくるのは必然なのですが、政府の策略に見事に乗せられてしまっているのです。このような愚かな行為をするべきではありません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【脅威】安倍新内閣の閣僚に統一教会や日本会議の関係者が多数!ナチスを掲げている過激派と写真撮影した新閣僚も!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。