アーカイブ: 日韓関係・尖閣

[ラジオイラン]中国、領土問題におけるアメリカの仲介に反対

竹下雅敏氏からの情報です。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
中国、領土問題におけるアメリカの仲介に反対
転載元)
中国が日本との領土問題へのアメリカの仲介に反対を表明しました。



中国共産党の公式見解を反映する人民日報は、東シナ海にある尖閣諸島の領有権におけるアメリカの日本支持について触れ、「多くの場合、アメリカは自らの利益に基づいて仲介に入る」としました。

人民日報は、アメリカは誠実で公正な仲介者ではないとし、アメリカが仲介した国はすべて状況を悪化させており、多くの場合、戦争か衝突につながっており、さらにマイナスの問題と結果を引き起こしている、としました。

人民日報は、アジア太平洋地域での駐留を拡大することはアメリカにとって重要なことだとし、「アメリカはこの地域すべてにおいて、口実を探しており、海の争いを介入の口実にし、平和と安定を脅かしている」としました。

中国と日本は東シナ海の尖閣諸島の領有権を巡って争っています。

この長年の対立は日本が尖閣諸島の一部を国有化することを発表してから高まりました。

尖閣諸島は豊かなエネルギー資源を有し、その周辺の海域をめぐって両国は昔から争ってきました。

その一方で今回は、アメリカが日本を支持したことにより、日中の関係は異例の形で悪化しています。

[CHINA.ORG.CN]「釣魚島の主権帰属の動かぬ証拠展」が北京で開催

竹下雅敏氏からの情報です。
中国の言い分にも理があることがよくわかります。アメリカ戦争屋の思惑にのせられてはなりません。
(竹下 雅敏)
————————————————————————
「釣魚島の主権帰属の動かぬ証拠展」が北京で開催
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[飯山一郎氏]重要なサインを故意に見逃す戦争屋

竹下雅敏氏からの情報です。
文中の“程永華駐日中国大使の書面インタビュー全文”はとても重要なので、次の記事で取り上げます。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
重要なサインを故意に見逃す戦争屋 (1)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[新ベンチャー革命]親中国のパネッタ米国防長官の訪日にあわてた日本の外務省はキャンベル米国務次官補に火消しを頼んだのか  

竹下雅敏氏からの情報です。
非常に見事な分析です。まさにこの通りだと思います。現在デビッド・ロックフェラーは処刑されていないのではないかと思っています。今回の反日デモの件で、中国内の米戦争屋グループの仲間である江沢民〜薄煕来のグループが排除されたと思いますが、同様にアメリカの権力から彼ら戦争屋が排除されることになると思っています。そうなれば、世界は戦争から解放されることになるでしょう。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
親中国のパネッタ米国防長官の訪日にあわてた日本の外務省はキャンベル米国務次官補に火消しを頼んだのか  新ベンチャー革命
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ラジオイラン]中国、日本政府の表明を否定

竹下雅敏氏からの情報です。
以前取り上げた記事のこともあり、中国の主張は非常によくわかります。中国側は明らかに対話によって問題を解決したがっていますが、事の発端(石原発言)をみても、日本側がアメリカ戦争屋(マイケル・グリーンの指示)の言いなりになって中国を挑発していることがわかります。日本の愚かさは世界の迷惑です。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
中国、日本政府の表明を否定
転載元)

中国が日本政府関係者の尖閣諸島に関する発言を否定しました。

中国のCCTVによりますと、中国外務省の洪磊報道官は21日金曜、北京での記者会見で、尖閣諸島に関して、「過去、日中はこの島々に関して一切合意に至っていない」と述べました。

同報道官は、「昔から、この島々は中国の領土であり、この領有権は中国の明らかな権利だ」と強調しました。


中国外務省の報道官は、日本政府に対して、中国の領有権を損ない、両国の関係に打撃を与えるような措置を控えるよう求めました。

また、中国は日本への経済制裁に関する発言を行った後、日本製品の税関検査を強化しました。

フランス通信が21日伝えたところによりますと、尖閣諸島の領有権を巡る日本と中国の緊張拡大は両国の数十億ドルの貿易関係に影響を及ぼしています。

少し前、中国の政府系メディアは、日本に対する経済制裁の行使に向けた同国の決定を伝えていました。

日本の税関は、このことを認めると共に、この中国の措置は、日本の貿易に影響を与えるほどのものではない、としています。

これ以前にも、日中の緊張は、両国の間の限定的な制裁の行使につながっていました。

日本政府は最近、尖閣諸島の一部を民間の所有者から買い取り、それを国有化しました。

この措置は、中国の激しい反発に直面しています。

こうした緊張の一方で、今年、日中国交正常化40周年を迎えます。

こうした中、日本の総理大臣は、緊張緩和を目指し中国に特使を派遣することを検討していることを明らかにしました。

中国外務省の報道官は、「中国は常にこの問題を対話によって解決し、日本が中国の領有権を真剣に考慮するよう求めてきた」と述べています。