18/5/7 フルフォード情報英語版:秘密政府の最上位レベルでの粛清が悪魔主義者の破滅をもたらす

 イスラエルが結構追い詰められております。個人的にはツイッターでイスラエルを扱き下ろすものが多く廻って来るようになったかな、という程度なのですが、裏では色々進行しているのかもしれません。
 そしてマルタ騎士団総長の代替わりです。写真を見るだけで、印象が全く違う二人なので大変分かり易い。フランシスコ法王に繋がってていーのか、とは心配になりますが。
 レオ・ザガミ氏はアレックス・ジョーンズ氏の番組に出演したり、バチカンおよびP2ロッジの内部告発をしている方なので、今は改心していると私は理解していたのですが、やはり今回のコメントで自信が無くなってきました。
 隷属国家日本の安倍同様、フランスもマクロンが居坐り続けているし、胸のすくようなニュースが欲しいです。と思っていたら、今回は最後でちょっと面白くなってきました。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
秘密政府の最上位レベルでの粛清が悪魔主義者の破滅をもたらす
投稿者:フルフォード

マルタ騎士団の新総長


首脳陣の交代と裏に潜む黒幕連中の粛清が、地球のための戦いにおける膠着状態を打破しつつある、とペンタゴン・バチカン・諜報機関其の他の情報源が言っている。彼らによると、これはG7のリーダー何人かの粛清と、9.11および3.11の真実の公けの開示という形で結実するであろうと思われる。

この過程の幕開けとして、5月4日に“辞任”した形となっているNSA長官のマイク・ロジャーズ大将が、「カバールに致命的な打撃を与えんと下院で証言するつもりだ」と複数のペンタゴン筋は言う。


5月2日に【それまでも総長代理だった】ジャコモ・ダッラ・トッレ師をマルタ騎士団の第80代総長として正式に選出したというのが、公けに見ることの出来るこの変化の印の一つだ。
https://www.ncronline.org/news/world/knights-malta-elect-interim-leader-new-grand-master


これが重要になってくるのは、マルタ騎士団が単なる慈善団体ではなく、そこに所属している人間、つまり西洋のエリート最上層部の連中が命令に従わないといけない騎士団だからだ。

ある際にMI6が私に団員のリストを送ってくれたことがあるのだが、そこには軍産複合体を支配出来るだけの数の上級のアメリカ軍将校や【諜報】機関の職員の名が含まれていた。残念なことに、どこぞの誰かが私がその【情報】を持っていることを懸念したのか、私のコンピューターだけでなく、隠しておいたと思っていた外付けバックアップ用ハード・ドライブからも消してしまった。

しかしながら、其の他の一般に出回っているリストで、ジョージ・ブッシュ・シニアだの、ヘンリー・キッシンジャーだの、デイヴィッド・ロックフェラーだの、エリザベス女王だのといった連中が含まれていることは見て取れる。
https://www.biblebelievers.org.au/kmlst1.htm

ダッラ・トッレについて興味深いのは、レイモンド・バーク枢機卿の配下にいた前任者のロバート・フェスティング師とは異なり、フランシスコ法王に付き従っている点だ。以下は悪魔主義者を自称するレオ・ザガミがこの動きについて語った内容である:
【※前総長ロバート・フェスティング師】

「(CIAの保守派を含む)世界中の軍および諜報機関界では未だにすこぶる強力なマルタ騎士団という、フランシスコを脅かしうる最後に【残された】伝統主義的な騎士団がどうやら伝統とキリスト教の防衛戦に敗れてしまい、私たちの最も恐れていたことが現実となったのです」
http://leozagami.com/2018/05/02/pope-francis-takes-over-the-knights-of-malta/

ザガミが筆者に語っていたのだが、彼は人間の胎児を食したことがあり、“悪魔”その他の存在を“召喚”するためのオカルト儀式に参加したことがあるそうだ。こういった“伝統”を彼は守っているのだと思う。また彼はキリスト教が「奴隷のための宗教」だとも言っていた。つまり彼が防衛していた「キリスト教」とは、人類の奴隷状態の継続という訣だ。

バチカンと金融界


何にせよ、これらの変化は宗教だけに繋がっているのではなく、世界の金融と権力の最上層にも密接に繋がっている。何故ならバチカンが世界の大半の政権とリーダーに対して“鉛か銀か”、つまり【鉛の弾丸による】暗殺か、バチカン銀行の口座に彼ら名義で預けられた金(かね)【すなわち「銀貨」】か、という選択肢を与えては、極秘に支配しているせいだ。【この点は】複数のP2フリーメイソン員や其の他の情報源によって確認済みである。

また、バチカンのナンバー3で金融の責任者であるジョージ・ペル枢機卿が、表向きは教会の性的虐待を隠蔽したかどで刑事責任に問われているとの理由で、権力の座から排除された。彼の裁判は偶然にも、マルタ騎士団が自分たちの新しいトップを選出したのと同じ5月2日に開始していた。
https://www.theguardian.com/australia-news/2018/may/01/who-is-cardinal-george-pell-and-what-is-he-accused-of


これは、西洋の金融の頂点、いわばディープ・ステートの根幹が新たな管理下に入ったことを意味している。

こういった諸々の変化は、南アメリカとアフリカで貧困および環境破壊と戦うための一大キャンペーンを融資するのに高度な金融商品を利用するというフランシスコ法王の思い切った動きと軌を一にしている、とP2フリーメイソン筋は言っている。現時点では書くことを控えるよう頼まれていることが沢山あるのだが、この動きの裏には際限なき財源がどうやらあるらしい、という点は我々としても裏付けることが出来る。

また、金塊や歴史的な資産群への権利を巡る高度な陰謀が進行中だと、アジアのCIA筋とロスチャイルド家の情報源が共に言っている。

例えば、あるロスチャイルド筋は、「アルファ&オメガとして知られているジュリア・ディヴィナグラシアが誘拐された」と言う。CIAとFSB【=ロシア連邦保安庁】の両方の情報源によれば、アルファ&オメガは冷戦中に西側とソ連側のどちらにも融資していたのだそうだ。

CIA筋からは、ブーゲンビルなど東南アジアでの金鉱乗っ取りというロスチャイルドに繋がる新たな動きについて報告があった。この陰謀に関わる特定の“利害関係者”【※恐らく「容疑者」の遠回しな言い方】の写真がCIAにより複数出回っている、と同筋は言っている。


アメリカの諸政府機関での粛清


何にせよ、このビザンティン形式の【=複雑怪奇な】陰謀を別にすれば、米国の軍産複合体内にははっきりとした連帯と、カバール支配を恒久的に終わらせようとする固い決意がある、とペンタゴン筋が言っている。

この目的達成のため、上で言及した良識派のロジャーズ(NSA)が、元諜報機関職員のマイク【※正式には「マイケル」】・フリン(国防情報局)、バジー【※正式にはアルビン・「バーナード」】・クロンガード(CIA)、ルイス・フリー、ボブ【※正式には「ロバート」】・ミュラー(FBI)や、高級将校の面々に今や加わることとなった。トランプの精鋭の護衛部隊としてディープ・ステートを葬り去るためだ」とペンタゴン筋が請け負った。

NSAの新しい長官であるポール・ナカソネ陸軍中将は、CIAも管理することになり、【彼自身は】統合参謀本部に直属する、と同筋は言う。現在、国務長官を務めている前CIA長官のマイク・ポンペオは【軍に】現役復帰したと報告されており、これはつまり今やアメリカ国務省もが米軍事政権の管理下に入ったことを意味する、と同筋は指摘した。


本物の変化が起こっているということであり、それが目に見える形となったのが勿論、朝鮮半島の平和に向けた動きなのだ。もう一つの印が、虚偽の“ホワイトヘルメット”とかいうシリア内にいるプロパガンダ集団への援助を打ち切るという国務省の決定だった。

同筋が指摘したように「極秘起訴が2万9千件を超え、司法省・CIA・FBI・国務省で粛清が実行され、ブッシュ・シニアが病院から叩き出され、ディープ・ステートには動揺が拡がっている」。入院というのは、ディープ・ステートの工作員が逮捕を避けるために使う絶対確実な方法だ。

ジョン・“ダーイッシュ”・マケインが、“自然死”とやらで近付きつつある自分の“葬式”では、ジョージ・W・ブッシュやバラク・オバマには弔辞を述べて欲しいが、トランプは招待しないと発表した点も興味深い。


ディープ・ステート(イスラエル)の孤立


勿論、“ディープ・ステート”という持って廻った表現を使うことで誰もが直接の言及を避けている存在とは、マケインのスポンサーであるイスラエル国家とシオニスト連中だ。

奴ら側からすると、物事は非常に早い速度で崩壊していっている。悪魔を崇拝しているイスラエル首相のベンヤミン・ネタニヤフは、「5月9日にモスクワで戦勝記念パレードを見るために呼び出された。そこでプーチンが、世界【規模での】通貨リセットを妨げている最終段階の対立に終止符を打つための最後通牒を発する予定なのだ」と同筋は言う。


イスラエルはイラン合意を駄目にしようと模索しては世界中で孤立しており、しかも9.11と3.11が暴露間近で、シオニズムは瀕死の状態だ」とペンタゴン筋が付け加えた。おまけに、上位のシオニストとしてホワイトハウス【担当】工作員であるジャレッド・クシュナーは脇に追いやられてしまった、とも指摘していた。

イスラエルは今や「【自国のもの】より優良なロシア製の兵器に囲まれており、世界中で「ボイコット・投資撤収・制裁」(BDS)運動の標的となり、【アメリカの】下院にBDS支持者を罰する表現の自由反対の法律を通過させるよう強要出来ず、アメリカ最高裁判所のジェズナー対アラブ銀行の判決に負けたことで法廷戦争でも倒され、国連の安全保障理事会では議席を拒否された」。


ヨーロッパに関する米露の取り決め?


其の他にペンタゴンが話していたのは、アメリカ第二艦隊の活動が再開されたことで、「米露合同安全保障構造において中国とイスラエルを遠ざけておき、東海岸と欧洲を防衛することになる」そうだ。

「米露合同安全保障構造」の話の中で欧洲に言及があったのは、ロシアとアメリカが欧洲に関して何らかの合意に至ったことをほのめかしているのだろう。

4月29日にアムステルダム・スキポール空港が“停電”とやらで一晩中閉鎖されていたのだから、興味をそそる。現代の空港というものは非常に豊富な予備の電源を色々と有している訣で、カバール上層部の標的を排除すべく複数の特殊部隊を欧洲中に派遣できるよう、空港が閉鎖されたというのが妥当な線ではないだろうか。


これから先の週は英国のテリーザ・メイやドイツのアンゲラ・メルケル、フランスのエマニュエル・マクロンといったカバールで目視可能なまだ残っているリーダー連中に要注目だ。


フランス政府の錯乱


マクロンに関しては、自身の警備隊から余りにも孤立したため、外国籍のボディーガードたちを使う羽目になり、英語で話し掛けているのだと、フランス国家移行評議会内の情報源が言っている。もし米国の大統領がスペイン語を話すアメリカ国籍ではないボディーガードを雇ったら、アメリカ市民はどう感じるか想像してみて欲しい。

5月5日には、その多くが軍や其の他の政府職員で構成された5千人以上のデモ参加者が、フランスの精鋭CRS【=共和国保安機動隊】要人警護部隊の一員であるマルク・グラニエの釈放を要求してパリの精神科病院へとデモ行進した。

グラニエはハイレベルの政府の不正行為(官僚や警察官やジャーナリスト等の幾人もの暗殺を含む)を5月2日に上げたユーチューブ動画の中で暴露した後、無理矢理に精神科病院へと収容されたのだ、と評議会が指摘していた。その動画(フランス語)はここから視聴できる:
https://www.youtube.com/watch?v=zfJ1i5B1YMA


グラニエは万が一彼の身に何か起こったときのための保険として、移行評議会やパリのロシア大使館に詳細な証拠を残している。さて、実際に何か起こってしまったのだから、悪魔崇拝のマクロンと彼の偽物の政府がどの程度権力の座に留まり続けることが出来るか見物させてもらおうではないか。


日本のヤクザが結束


最後に一言。日本の右翼リーダーや(組織暴力団という間違った名前を与えられている)自衛互助組織の組員が幾人も当該筆者に連絡してきて、日本の様々な地下組織が一つの旗印の下に結束してきていると教えてくれた。つまり山口組・稲川会・住吉会は日本が確実に再び独立国となれるよう、力を合わせるようになるということだ。


翻訳:Yutika

註:【 】内は訳者の追記部分です。訳文は日本語での読み易さを優先し、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。また見出しやツイッターおよび動画も挿入しています。

お願い
フルフォード氏ご本人から快く許可を戴き、英語版レポートを毎週シャンティ・フーラで翻訳させて頂いております。フルフォード氏がこれからも貴重な活動を続けられますよう日本語版メルマガの有料購読、並びに英語版サイトへの有料登録(※日本語での説明はこちらの本文冒頭部分にございます)をご検討頂けないでしょうか。ご無理のない範囲で少しでも応援して頂けますと幸いです。皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.