アーカイブ: Yutika

20/03/23 フルフォード情報英語版:ブルー・ビーム計画が全速力で邁進中。ご着席の上、フェイクなハルマゲドンのショーをお楽しみあれ

 フルフォード氏は、パンデミック自体はフェイクだとの立場です。ただし、5Gによる複合効果には警鐘を鳴らしており、この記事の後に「東京で3月末に5Gが開始されることになった」と短い投稿をされています。
 そして少し後に再度確かめようとすると、5G情報がどこにも見当たりません。今回の週刊リポートも月曜日に予定通りアップされず、サイト自体がダウンしていましたし、東京5Gがフルフォード氏側の判断による取り下げなのか、カバールによる攻撃なのかは不明なものの、不気味です。
 とはいえ、全体としてはカバールが劣勢みたいなのでひと安心。その中で世界的な電磁波攻撃と経済崩壊は要警戒です。
 今回の締めくくりはニューエイジの5次元上昇っぽいですが、その前の野生動物が街を闊歩している話題は面白いです。地球が人間だけでなく、生き物の楽園となる日は間近だということでしょうか。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ブルー・ビーム計画が全速力で邁進中。ご着席の上、フェイクなハルマゲドンのショーをお楽しみあれ
投稿者:フルフォード

パンデミックの恐怖劇場が上映中


欧米で展開中のフェイクな終末シナリオは、間もなく更に幻想的なものとなるだろうから、腰を下ろしてショーを楽しんで頂きたい。時折、怖く見えるところも出てくるかもしれないが、その真の目的はより良い世界を作ること。「我々は上映時間が20箇月だと考えています」、とヨーロッパ王族筋の一人は言う。これまでのところ、30箇国以上、10億人がショーの一環として封鎖状態に置かれた。

しかしながら、それと同時に複数の秘境的な情報源からは、何千年と猛威を振るってきた極めてリアルな戦いが終わりを迎えようとしている、とも我々は聞かされている。もし人類が勝利すれば、惑星地球に対する隔離状態は解かれ、人類が宇宙へと出ていくことが許されるようになる、というのが一神教を支配している複数の家系内からの情報だ。

ただしこれが可能となる前に、旧い金融支配網は崩壊せねばならない。ということは、【まずは】混乱と困難が待ち受けているということだ。これは特に欧米に関して当てはまることで、何故なら世界の残りの国々はハザールマフィアに貢ぎ物を捧げるのを止めているから、とアジアの秘密結社筋は言う。

金融システムに何が起こるのかを見る前に、ブルー・ビーム計画による現在宣伝中のフェイクな終末ショーの一部を覗いてみよう。P3フリーメイソンが以下の画像と動画を先週私に送ってきた。

1つめは、オーストリアの教会の上空に現れた悪魔の角


この悪魔は、その次にペルシャ湾にも表れた。


動画は、スペインの教会の屋根に現れた悪魔だ。短縮版は、こちらで視聴可能である:

動画はシャンティ・フーラが挿入

クリック数回【の検索】で、我々にはP3が送ってきたものをチェック出来た。そして判明したのは:

NASAによると、最初の写真は2003年に起こった部分日食だった。ニュース報道によると、2つめは2020年1月7日の部分日食らしい。

【この検索結果の方が正しい】かもしれないが、だとしてもP3が上空にこういったホログラムを投影するテクノロジーを有していることも確かだ。2009年、彼らの元を私が訪れた際に実演してみせた【のだから】。

【3つめの動画の】教会屋根にいたガーゴイルだか悪魔だかは、どうやらスペインの十代の若者が自宅のコンピューターで作成したものだと分かった。以下の6分間の動画で、どのようにパラレルワールドがネット上で作り出せるかを正確に説明してくれている。
https://www.qhubocali.com/virales/video-demonio-en-la-azotea-el-video-viral-que-aterroriza-a-internet/

動画はシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから

20/03/16 フルフォード情報英語版:英国の第二次世界大戦史を塗り替える、いまわの際の告白[後半]

 勝者が書き換えた表の歴史ではなく、裏の実態が知りたいという皆さまにお送りする第二次世界大戦の暴露話、後半です。前半では、死を前にチャーチル一味の罪を告白したスパイの告白を取り上げました。
 ロシア革命では、ロシア中で富を強奪し、キリスト教を弾圧。自国通貨発行を望んだドイツに対しては第二次世界大戦で国土を徹底的に破壊し、自国通貨の賛同者はリンドバーグで徹底的に見せしめにし、ドイツとの戦争を望まなかったジョージ5世国王やチェンバレン首相はさくっと暗殺。
 前回戦争特需で荒稼ぎしたユダヤ勢の例として登場した有名デパート、マークス&スペンサーですが、ポーランド系ユダヤ人露天商マイケル・マークスが共同創始者。マークスの息子は男爵になっています(※ちなみにイギリス人のスペンサー氏は平民のまま)。服飾チェーン店のバートンを立ち上げたのは、リトアニアのユダヤ人。身一つで渡英して、「モンテギュー・バートン卿」になりました。
 なので富に加え、栄誉までまんまと手に入れたのは總元締め、ロスチャイルド男爵だけではありません。

 今日の後半は、Leland Roth氏が投稿したアメリカ人プラウティ空軍大佐による寄稿文と、ウィキペディアの抜粋です。前半とは異なり既出の情報とはいえ、やはり指摘されないと気が付けない貴重なものだと思いました。
 第二次世界大戦終結が目前だった1945年に、ルーズベルト大統領が死んでくれたことで、副大統領だったトルーマンは数箇月足らずで大統領職に繰り上げとなっています。
 その裏にも前半のチャーチル暗殺団がいた可能性が。なにせイギリスが反対し、アメリカが賛成していたBIS(国際決済銀行)の解散案が、トルーマン政権誕生のお蔭で御破算になったのです。

 それにしてもBISがここまで大事だったとは。今回広瀬隆氏の著書『億万長者はハリウッドを殺す』を紹介していたサイトを読んで、BISつまり“バーゼル・クラブ”の胡散臭さをようやく理解できました。
 ニール・キーナン氏の「金塊の歴史年表」翻訳版3の末尾で、自国通貨発行とCIA破壊を目指したケネディ大統領が1963年に暗殺されて、ディープ・ステートの命令に従うリンドン・ジョンソン副大統領が大統領に繰り上げになったと説明してあったのも思い出しました。
 アメリカ大統領ですら、用済みとなったら力技で挿げ替えればいいと思っている連中なのです、全く。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
英国の第二次世界大戦史を塗り替える、いまわの際の告白[後半]
投稿者:フルフォード

Leland Roth氏の投稿① 〜 別の軍人の告白


スターリン曰く、チャーチルの一味がFDR【※以下登場するアメリカ大統領】も殺したのだとか!?

「誰がフランクリン・D・ルーズベルトを殺したのか?」
全国紙の日曜別冊『パレード』誌、1986年2月9日号【から】。
【※ここからは上記の雑誌に掲載されたアメリカ人、レロイ・フレッチャー・プラウティ空軍大佐(1917‐2001)による寄稿文です。CIAとペンタゴンの連絡将校を務めた人物です。】

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

【※椅子に座っている右側の初老の男性がルーズベルト大統領(写真撮影時はニューヨーク州知事)。大統領の母親を挟んで、左側に座っている若者が大統領の息子の一人、エリオット。】

» 続きはこちらから

20/03/16 フルフォード情報英語版:英国の第二次世界大戦史を塗り替える、いまわの際の告白[前半]

 3月16日のフルフォード氏の週刊リポートの冒頭に、
 「キリスト教徒の内、教皇は姿を消し、エリザベス女王は身を潜めてしまった(※諸々暴露している手紙が編集者へ寄せられたので、このリポートの後に【投稿しておく。】彼女が隠れている真の理由についても説明となるかもしれないので、ご覧あれ)。」
とありました。その手紙がこちらです。

 記事には情報提供元が明記されていませんし、引用部分も区切っていませんが、3月9日のフルフォード氏の週刊リポート(※日本語版はこちら)のコメント欄に、読者から寄せられた情報だったようです。前半がzanderboy氏の投稿内容で、後半はLeland Roth氏のそれに対する追加投稿。
 今日は、まず前半をお届けします。他のサイトでは見当たらない新出情報かと思われます。スパイの告白を書き取った人物が清書した日でしょうか、zanderboy氏のオリジナル投稿を確かめると「2020年3月9日」という日付が声明文の最初にありました。

 戦争や革命を各国に仕掛けては荒稼ぎしていった、戦争成金かつ闇商人のロスチャイルド史です。ロシア革命でロシアの富を強奪した後は、イギリスにロックオンしていました。
 そんな中、自国通貨発行を目指そうとしたドイツ。そらぁ、ロスチャイルドに逆鱗に触れる訣です。アメリカ人でこれに賛同したリンドバーグは、見せしめに赤ん坊だった息子を惨殺されました。しかも「誘拐」という形で暫くは安否不明、リンドバーグ本人の自作自演まで疑われるというマスゴミ操作まで。
 勿論ドイツも徹底的に叩きのめさねばなりません。加えてお得意の火事場泥棒もしたかったユダヤ勢。第二次世界大戦中、それを熱心に手助けしたのがイギリスの閣僚、とくにチャーチル一味でした。従わない国王は殺すか退位させ、其の他の要人も次々と暗殺していたそう。
 最初の方で一文だけ登場した「ジャロー行進」だって、困窮する労働者階級の訴えは結局握り潰されましたし、この連中は人間の命を何だと思っているのでしょう、全く。

 後半では、このチャーチル組ヤクザが他国のトップまで毒殺していたという件について。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
英国の第二次世界大戦史を塗り替える、いまわの際の告白[前半]
投稿者:フルフォード

zanderboy氏の投稿① 〜 戦争や革命を焚きつけて儲けるロスチャイルド銀行


以下は、諜報界の年老いた男が死を前に遺した声明文です。彼が述べていくのを、私が書き取りました。

画像はシャンティ・フーラが挿入
Wikimedia Commons [Public Domain]

【※一部省略しますがウィキペディア曰く、「18世紀後半にフランクフルトのゲットー(ユダヤ人隔離居住区)出身のマイアー・アムシェル・ロートシルトが銀行家として成功し宮廷ユダヤ人となった。彼の五人の息子がフランクフルト、ウィーン、ロンドン、ナポリ、パリの五か所に分かれて銀行業を拡大させた」とあります。】

【ドイツの元祖】ロスチャイルド卿は5人の息子を世界の【主な】首都に送り出し、戦争をけしかけてはそれを実行するために金(かね)を貸し付けました。国際戦争の前に【彼ら】銀行家は一銭たりとも漏らさず回収し、紛争中に貸し付けて利潤を得るのです。

1917年のロシア革命は、ユダヤ人革命と呼ばれることもあります。なぜならユダヤ人が共産主義を利用して、ロンドンやパリの銀行に預けていた【ロシア】皇帝の莫大な金融資産と同国を掌握したからです。

金持ちだろうが貧乏人だろうが、人々から富を奪ってエリートと呼ばれるごく少数の者の手に統合していくのは共産主義の範疇でしたが、人々が自分たちのためにしてくれているのだ、と思い込むような方法で行われました。【言わば】ロシアは強盗に襲われたのです。何千もの教会で略奪が行われて焼かれ、何百万人ものキリスト教徒が殺害されました。

その後ロスチャイルドは、【1936年には】飢餓で死にかけていた【労働】者が「ジャロー行進」で【北部ジャローの町からロンドンまで歩いて】抗議していたイギリスに焦点を合わせ、金を搔き集めています。

ロスチャイルド卿は、自身を支持する同性愛者らに共産主義政府がイギリスにやってくると伝え、それは2000年のことだと予測しました。【共産主義とは】名乗らないかもしれないが、中身はそうなのだと教えたのです。

» 続きはこちらから

20/03/16 フルフォード情報英語版: 教皇が姿を消すわ、メッカが史上初めて封鎖されるわで、もはや聖書的なレベルの事態に

 フルフォード氏はコロナウイルスの威力がパンデミックと呼ぶに値するかに関しては非常に懐疑的ですが、それを口実にワクチン強制接種を世界的に実施して人口淘汰しようというNWOのアジェンダは警戒しています。
 それにしても、表に出てくる報道からカバール粛清の片鱗を読み解くのは難しいです。粛清が進んでいるのを、末端のシープルが実感するのはもっと難しいです。しかもこのまま、大物逮捕は隠し続ける可能性が大みたいです。
 「ロンメルの死」という選択肢だそうですが、要はナチスのヒットラーと同じことをするってことですよね……結局「目的は手段を正当化する」というエリートの言い訣ではないでしょうか。せめて後世の歴史には、きちんと残るようにして頂きたい。
 今回は、末尾に近い将来世界中で起こる緊急事態に備えるよう呼びかける情報も紹介していました。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
教皇が姿を消すわ、メッカが史上初めて封鎖されるわで、もはや聖書的なレベルの事態に
投稿者:フルフォード

中国が貢ぎ物を拒否すると、米株式会社が報復攻撃し、今や歴史的な大事態に


現在展開されていっている出来事は、既にブラック・スワンのレベルを超え、聖書的と言うべき規模になりつつある。

イスラム世界では、メッカが史上初めて封鎖された。
ℹ3月13日インディア・ポスト紙:「コロナウイルス――神は人類にご不満か?

キリスト教徒の内、教皇は姿を消し、エリザベス女王は身を潜めてしまった(※諸々暴露している手紙が編集者へ寄せられたので、このリポートの後に【投稿しておく。】彼女が隠れている真の理由についても説明となるかもしれないので、ご覧あれ)

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

一方で、ユダヤの人々は5,780年間で初めて解放されていっている。彼らが悪魔崇拝のベンヤミン・ネタニヤフを権力の座から追放したからだ。
ℹ3月15日デブカ・ファイル:「組閣を任されたのは野党のガンツ党首

こういった一連の出来事の引き金となったのは2020年2月16日、中国の人々が古代から【続く】悪魔的な血統家系へ、これ以上貢ぐことを拒否したのだ。これは、中国の指導部がアメリカ株式会社に対して、現実世界に実在している物で支払わない限り、これ以上の物品を一切輸送しない、と伝えた中で起こった。要するに、彼らは悪魔的な古代の金銭魔術による幻影を打ち破ったのだ。

その後に発生した所謂パンデミックとやらは、生物戦と電磁波戦を組み合わせたもので、中国に対する報復攻撃だ。武漢では多くの犠牲者を出したようだが、この攻撃で中国の人々を怖がらせ、屈服させることは出来なかった。

中国外交部の趙立堅報道官は公式にこう疑問を投げかけている:

「米国での患者第1号はいつからです? 一体何人が感染したのです? 【治療している】病院の名前は? 武漢にこの疫病を持ち込んだのは米陸軍の可能性があります。透明性を! そちらのデータを公表せよ! 米国は私たちに説明すべきなのです!」

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

政府の報道官がこのようなことを口走るなぞ、宣戦布告も同然だ(※アメリカの良識派による回答は、以下の最新ニュースで確かめられたし)。

» 続きはこちらから

20/03/08 ソルカ・ファール情報:アメリカによる軍事クーデターがサウジアラビアで失敗して、石油市場で開戦宣言

 今月初めにサウジアラビアの皇太子が再び王族の粛清に出た、とのニュースを耳にした際、私は皇太子がアメリカの意向を汲んで動いているのかと思っていました。ですがその後、世界の石油価格はどんどん急落。サウジ(産油国第2位)がロシア(産油国第3位)と共に減産政策を拒絶して、怒涛の増産体制に入りました。
 トランプさんと仲良かったのに、アメリカ(産油国第1位)の石油業界が軒並み倒産するやん! と思って調べたら、サウジアラビアって2014年から2016年にもアメリカのシェール業者を潰そうとして価格戦争を仕掛けたことがありました。なので、サウジとしては前々からライバル視はしていた模様。

 ただし前回の石油価格の我慢比べには、主要輸入国の中国でコロナウイルス騒ぎはありませんでした。
 しかも「アメリカ」は一枚岩ではなく、現在トランプのQ陣営とディープ・ステートが内戦を繰り広げている訣でして。おそらく皇太子はトランプ側に協力しており、対するクーデター(未遂)陣営が、ディープ・ステートと繋がっていたのでしょう。

 少し前のソルカ・ファール女史の記事ですが、これ以降の一連の記事を理解するのに必要な内容なのでお届けします。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:アメリカによる軍事クーデターがサウジアラビアで失敗して、石油市場で開戦宣言
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

■この記事のまとめ■
✅サウジのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が激怒:
1⃣クーデター未遂を摘発
2⃣同時に石油市場で開戦宣言
✅敵はアメリカのシェール石油生産業の諸企業
(⬆既にコロナウイルス騒動だけで生き残りは難しかった状態)

✅原油価格急落の原因となったOPECプラス
✅OPECプラスとは:(今回)は、=OPEC+ロシア
✅ロシア:採算価格は低く、(財源は他にも色々あり、)緊急時の予算もバッチリ
✅サウジアラビア:(採算価格が高く、)主要財源が石油だけ、埋蔵量も怪しい
✅既にこの2箇月、世界の石油需要は大幅ダウン
➡原因:中国でコロナウイルス騒ぎ
✅3月5日のOPEC:価格安定化のために減産を決定
✅3月6日にOPECプラス:ロシアが減産に反対
➡理由:石油生産も輸出もアメリカがトップだが、価格安定化は他国任せ
➡おまけに他の産油諸国に制裁かけまくりで石油市場操作
✅結果:石油価格のハルマゲドンが勃発

✅ロシアは減産に応じない
✅どっちにせよアメリカを助けるのは無理だから
✅アメリカのエネルギー業界は大量の借金を抱えており、返済不可能
✅焦ったアメリカが唯一の望みのサウジでクーデター画策
✅怒ったサウジが増産体制へ

✅トランプ大統領は、アメリカ石油業界の危機的状況を把握
✅業界の大量倒産と失職へ対応する意向を示唆
✅残りの選択肢はロシアやサウジとの戦争だが、そのつもりなし
✅ここまで賢くないのが、今回サウジでクーデターを企てた米軍・諜報機関の一部
✅カギはトランプ大統領による軍・諜報部の完全掌握


サウジを引っ掻き回したアメリカに皇太子が激怒


本日クレムリンに出回っている【ロシア連邦】安全保障会議SC)の新報告書は、「こうなることは前々から分かっていたでしょうに」と言いたくなる非常に憂慮すべき内容です。

――ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が「国王への叛逆をアメリカ勢と一緒になって画策したかどで、サウジ王族の中でもトップの面々を逮捕」し、【加えて】今回のクーデターを支持していたと疑われる数十人もの内務省の役人や上位の軍人などを治安部隊が拘束したことで、サウジアラビアの指導部に激震が走りました

――ビン・サルマーン皇太子は今回のクーデターを画策した連中を一斉検挙する傍ら、「石油市場版の開戦宣言とも言うべき形でアメリカ合衆国に対する怒りを炸裂させています。

――今やビン・サルマーン皇太子は、アメリカのシェール石油生産業者を潰さんとして世界中に石油を溢れさせており、OPECを破壊しつつあるのですから全面戦争です

――しかもこの米国のシェール石油生産業者というのは、もし彼らを【廃業へと情け容赦なく】飲み込んでしまう市場【経済】という血の海の中で生き残りたいのであれば最早「奇跡に頼る【しかない】」と【今回のサウジ騒動】以前から警告を受けていました。
【中略】
画像はシャンティ・フーラが動画に差し替え
サウジアラビアで一斉検挙

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 91