メキシコ便り(46):今年のメキシコ独立記念日は、史上最高のものだった!アムロ愛、爆発!

 今年の独立記念日はすごかった!popoちゃんは、テレビで観てて鳥肌が立ってしまった。メキシコ国民のアムロ愛が爆発し、史上最高の独立記念日となったよう。過去の大統領は、この独立記念日で顔にレーザービームを当てられたり、「人殺し」とみんなに叫ばれたりしていたそう。今回は、そんなヤジを飛ばされたり、嫌がらせは一切なかったよう。それどころかお祝いが終わっても、国民の熱い気持ちは収まらず、その情熱は、大統領への愛❤️を叫び合唱しはじめた!こんなこと前代未聞らしい。。。しかも反大統領派までも、皆、口を揃えて、この日の大統領を賞賛するという信じられない事態が起こり、びっくり!メキシコ国民の大統領への愛、情熱が、ウソ、批判の余地を一切与えなかったのかも。popoちゃんは、愛の大勝利をこの独立記念日で見た気がしました。
 ナチョさん動画によると、今回の独立記念日の様子を大統領のYouTubeチャンネルで生中継で観た人の数が、約18万人。大統領就任式の日よりも、今回の独立記念日の生中継で見ている人が多かったらしい。普段の大統領プレス・コンファレンスは多くても生で観る人、7〜8万人。そしてナチョさん自身の調査によると、世界中の過去の様々なイベントをYouTube生中継で観た数のランキング8位に、今回の大統領のチャンネル、メキシコ独立記念日の生中継動画が入るらしい。。。たしかにメキシコは世界の国々から注目を浴びつつあるみたい。。。今年のEl Gritoには、外国人のYouTuberらがたくさん来ていたとも。。。先日の大統領プレス・コンファレンスにも、わざわざコスタリカから来た記者が参加!そして8月半ばには、なんと初のアジア人も!!!なんと韓国から記者がきて、ロペス・オブラドール大統領と話しをしたいためにスペイン語を習い始め、今回、見事に大統領から指され、たどたどしいスペイン語を読みあげながら、一生懸命質問して、終いには、あとで一緒に写真撮影したいというリクエストと後日の大統領との会見アポにも成功していました!そして、韓国はロペス・オブラドール大統領のことが大好きだと言っていました。韓国、目覚めてるぅ!国を超えて、今、人々が求め愛するリーダーは世界共通なのかも。
 そんな世界にじわじわ影響し始めているアムロ政権は、独立記念日でも、すべてに倹約を徹底。貧しい人がいる限り、この倹約精神は絶対に揺るがないよう。一番倹約した独立記念日が、史上最高の独立記念日になるとは。。。そのメキシコ史上最高の独立記念日、メキシコ人の多大なる大統領への支持、愛、信頼、希望が、鐘の音と共に、メキシコの空いっぱいに舞い踊った日の感動を少しでも日本の皆様にお届けできたらと思い、今回、記事にしてみました!
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(46):今年のメキシコ独立記念日は、史上最高のものだった!アムロ愛、爆発!

El Grito(エル・グリト:叫び)とは?


毎年9月15日の夜12時(16日メキシコ独立記念日)、ソカロ広場にあるPalacio Nacional(国立宮殿)の2階のバルコニーから、大統領が「¡Viva Mexico!( ビバ・メヒコ!メキシコ万歳!)」など叫び鐘を鳴らしメキシコの独立をお祝いします。

国立宮殿
(ここで毎朝、大統領プレス・コンファレンスが行われています。)

国立宮殿内には、メキシコの有名壁画家ディエゴ・リベラの壁画も!


El Grito(エル・グリト:叫び)は、1810年、独立戦争のリーダー、カトリック教徒の牧師ミゲル・イダルゴ(上のアイキャッチの人)がスペインからの独立、解放を訴える叫びにはじまり、今では過去に活躍したヒーローたち、メキシコの独立、自由に感謝を込めてEl Grito (エル・グリト:叫び)を行いお祝いしているらしい。。。前夜祭15日から独立記念日16日にかけて、多くのメキシコ人が国旗のカラーを身にまとい、メキシコ人としての誇りを胸にお祝いムードに浸ります。

ソカロ広場
(右手奥が国立宮殿)


AMLOのEl Gritoは史上最高!


今年のEl Grito(エル・グリト:叫び)はすごかった!観ていて鳥肌が立ち、ウルウルした。そう感じたのは、popoちゃんだけじゃなかったようで、あのナチョさんも、多くのメキシコ人も、そう感じたよう。下の動画で、ロペス・オブラドール大統領のEl Gritoを、過去の大統領のEl Gritoと比較しながらで解説してくれています。

ナチョさんの動画
(動画タイトルの訳)反対派、史上最高のEl Gritoに膝まづく

ナチョさんいわく、今回の独立記念日のEl Gritoは、ナチョさんがこの40年間見てきたEl Gritoで一番よかったと。。。おそらく史上最高のものだったかもしれないと。。。そして太鼓判は、な、なんと!反大統領派までが皆、声をそろえて、ツイッターでロペス・オブラドール大統領のEl Gritoを褒めたらしい‼️これはすごい‼️ 仰天!!!ロペス・オブラドール大統領の人気がすごくなりすぎて、もう、否定の余地なし?!あまりにも圧倒的な国民の大統領支持に、反大統領派は、この時、一瞬だけ、白旗揚げたかも?!今、またアムロ叩きに精を出していますが。。。😆



アムロ政権の倹約ぶりは徹底している!


そんな史上最高だったかもと皆が口を揃えていう今回のEl Gritoですが、実は、政府はここでも徹底的に倹約ぶりを発揮!最低限の招待客、El Grito後の宮殿内での恒例豪華ディナーなし、宮殿内での一切のアルコールなし、お酒の代わりにメキシコの手作り伝統ジュース(アグア・フレスカ)、果物と水とお砂糖をミキサーで混ぜて作ったジュースを提供し、それで乾杯!あくまでも主役は、宮殿内ではなく、外のソカロ広場の国民だという。すばらしい!👏👏👏

アグア・フレスカ(メキシコの手作り伝統ジュース)

ソカロ大広場に入る際のセキュリティーチェックもゼロ。去年までは空港にあるようなセキュリティーチェックを通らないと広場に入れなかったらしい。これはきっとロペス・オブラドール大統領の潔さの現れ!またナチョさんいわく、前大統領は、独立記念日、お金を払ってバスで人々をソカロ大広場に連れてきて、満員風に見せていたらしい。。。そしてバルコニーに近くテレビに映る場所を、その動員してきた集団で埋めつくしたとか。。。彼らは、きっとマニュアルどおりの言葉を発し、旗をふったに違いにない。。。

2016年、独立記念日のEl Gritoのために、
ソカロ大広場を満員風に見せるためにお金で動員された人々のバスの行列。

今回は、そんな動員費用もゼロ!あと大統領夫人のドレス代もゼロ!以前の大統領夫人のドレスは、20万〜40万円ほどかかっていたらしい。が、ロペス・オブラドール大統領夫人のEl Gritoの時のドレスと翌日の軍のマーチを観覧する際の白スーツも、メキシコのデザイナーMussiさんが寄贈。(ツイート写真下↓)

左:El Gritoの際の夫人のドレス、右:軍のマーチの際の白スーツ

去年のペニャ・ニエト大統領は、バルコニーにドレスアップした家族全員(子供6人)を連れてきていましたが、ロペス・オブラドール大統領の4人の子供は、一切バルコニーに出ず、大統領夫妻だけ。なので子供達の正装費もゼロ!大統領は自分の子供のジュニア扱い(権力者やお金持ちの子供の特別扱い)がお嫌い。

どこまでも、メキシコに貧しい人がいる限り、メキシコ全員が豊かになるまで倹約を貫こうとするアムロ政権。ここでもゆるがぬポリシーが光って眩し〜い✨


AMLOのEl Gritoの感動場面!


El Gritoは、毎年、9月15日の夜、国立宮殿の中の2階で、まず、国旗を持った兵隊さん6人が行進するところからテレビ放映が始まり、兵隊さんらはバルコニー前で大統領の登場を待ちます。大統領夫妻が向こうのお部屋から歩いて登場。(こんな感じ:ツイート写真下↓)

上:今年のロペス・オブラドール大統領夫妻
下:ペニャ・ニエト前大統領夫妻
上のツイート写真、お部屋の色が違うのは、下の写真は、上の写真のお部屋のもう一つ奥のお部屋。
つまり前大統領は、大きなお部屋2つを招待客で埋め尽くし、
拍手喝采の中、バルコニーまで歩いたのでした。
ロペス・オブラドール大統領は緑のお部屋省略!

ちなみに前大統領ご夫妻、大統領任務終了後、すぐに離婚!ペニャ・ニエト元大統領は、スペイン人のモデルさんを彼女にし、現在、二人でスペインに逃亡中!元妻は、もともと女優さんで、どうやらテレビ局の陰謀で大統領の妻になり人気を得たらしい。。。なので結婚はフェイクだったよう。たしかに上の写真、腕組んでるけど、背骨がお互い思いっきり外側に反ってる!(笑)こりゃだめだわ!

今年は、だれもいない静かなお部屋を大統領夫妻が歩く。が、外のソカロ広場で、大統領の登場を待ちわびるメキシコ国民の「大統領!大統領!大統領!」の歓声が、宮殿内いっぱいに鳴り響いている✨その声を噛み締めならが歩き続ける大統領と、国民の歓声におもわず笑顔をこぼす夫人。

El Gritoの一部始終動画。(7分ほど)

百聞は一見にしかず。。。さわやかな兵隊さんの行進、厳かな国旗を渡す儀式、バルコニーに大統領が現れた瞬間のメキシコ国民の大歓声。。。20回の万歳。とても言葉では言い尽くせない。。。是非、動画(↑)ご覧あれ!宮殿内、とても素敵✨ケバケバしさはなく、どことなく気品を感じる内装♪ 


大統領が、兵隊さんから国旗をもらい、国旗を手にバルコニーに登場した瞬間、メキシコ国民の「わぁ〜!!!」という大歓声に、popoちゃんは鳥肌が立ってしまった。メキシコ人の歓喜がpopoちゃんの体の中を走った!もうこの一瞬だけでも、去年とは天と地の差!

そして、El Grito (エル・グリト:叫び)が始まり。。。

大統領:「メキシコ国民よ、独立、ばんざぁ〜い!」
国民 :「ばんざぁ〜い!」


(略)

大統領:「自由、ばんざぁ〜い!」
国民 :「ばんざぁ〜い!」

(略)

大統領:「民主主義、ばんざぁ〜い!」
国民 :「ばんざぁ〜い!」

(略)

大統領:「世界の人類愛、ばんざぁ〜い!」
国民 :「ばんざぁ〜い!」

(上のツイート文の訳)エル・ウニベルサル紙:ロペス・オブラドール大統領、招待客なし、政府官僚なし、奥様のベアトリス・グティエレス夫人だけにお供され、独立記念日El Gritoをするためにバルコニーに現れた。

と、こんな風に20の万歳を約1分半ほど叫びました。(歴代大統領は10くらい)最後に「ビバ・メヒコ:メキシコ万歳」を連発し、鐘の音と共に歓喜歓声がメキシコじゅうの空に舞い上がるなか、大統領は国旗を振りなびかせ、独立記念日のクライマックスを迎えました。

(上のツイート意訳)イグナシオ:私は53歳です。未だかつて、
こんなに人々が精一杯「私たちは大統領とともにいる!」
と叫んだのは聞いたことがない。きっと大統領は、このソカロ大広場の人々だけでなく、
地球にいる母国を愛するすべてのメキシコ人の希望が詰まった声を聞き、
嬉しくて泣いているにちがいない。

そして、その後、前代未聞の事柄が
国歌斉唱を終え、お祝いの花火も終わった。。。
が、人々の興奮、歓喜は止まず、大統領へのかけ声(叫び)が自然発生


「プレジデンテ!プレジデンテ!プレジデンテ!」(大統領!)

「シ セ プード!シ セ プード!シ セ プード!」(できた!やったぞ!)

「ノー エスタ ソロ!ノー エスタ ソロ!ノー エスタ ソロ!」(あなたは一人じゃない!)

「エス ウン オノール エスタール コン オブラドール!」
(オブラドール大統領といれることは光栄だ!)


「オブラドール!オブラドール!オブラドール!」
(オブラドール大統領の名前)


こちらがその時の動画(↓)。これもまた前代未聞も感動の場面!国民から大統領への叫びは3分ほど続きました。以前の大統領らは、顔にレイザービームを当てられたり、「人殺し!人殺し!人殺し!」と国民に叫ばれたり。。。国民の怒り、鬱憤を晴らす場となっていた独立記念日が、今年、大統領を支持する「国民の愛、情熱」の表現の場に変わったことは、大きな変化‼️



今回の独立記念日は、
アムロ政権の倹約精神で
きらびやかなものは一切なかったけど
国民の大統領への❤️情熱❤️が
独立記念日を史上最高のものにした!


メキシコでは、お金の時代は終わった
これからは愛が未来を創造していく
メキシコは必ず良くなる!
そう確信した独立記念日だった✨


¡Viva Mexico!
(メキシコ万歳!)

(popoちゃん)

Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1


Comments are closed.