[気まぐれです]3/11 オーダー・アウト・オブ・カオス 復習なう 〜 NWO(新世界秩序)を目論むルシファー主義者の世界観

竹下雅敏氏からの情報です。
NWO(新世界秩序)を目論むルシファー主義者の世界観が、うまくまとめられています。文中に、ブラバッキー夫人を主要人物とする同胞団を核とするニューエイジ運動が、ルシファー主義者たちの中心教義であることが書かれています。ベンジャミン・クレームも、地球の白色同胞団はシリウスを中心とする聖白色同胞団の一支脈であると述べています。すなわち昨日の記事の、真の「銀河連邦」が排除している集団であるということです。

彼らはその思想から、人口削減計画などの通常の倫理では到底正当化出来ない事を、平気で実行することが出来ます。文中に“人間自身の中にある神性に気付かせ、皆の中にある神を解き放つ”とありますが、言葉には2面性があり、こうした文章は、彼らの全体的な思想とこれまでの行動から意味を取らなければ、誤解をします。
文章を善意に取れば、これは宗教的な体験ということになります。しかしここでの意味は、肉体という牢獄から人々の神性を解き放つこと、すなわち多くの人々に第三次大戦を含めた死をもたらし、ルシファー崇拝による世界支配を実現することこそ、至高の善であるという意味になります。要するにルシファーに従わない者、すなわち少数寡頭勢力の命令に従わない者は殺して構わないというのが、彼らの教義なのです。こうした大きなイベントのことをアセンションと彼らは呼ぶようです。

多くの人たちはこうした言葉の中にある欺瞞性に気づかないので、善意に解釈してたやすく騙されてしまいます。宗教とか霊的な世界は非常に危険で、出来ればあまり近づかない方が良い世界だと言えるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
3/11  オーダー・アウト・オブ・カオス 復習なう
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

Comments are closed.