[NHKニュース他]「イスラム国」が英国人殺害か 映像を公開 〜スタジオ撮影の写真〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 イギリス人の3人目の斬首動画が公開されたようですが、2つ目にスタジオ撮影の様子があり、この写真が出回ると、皆が真相を知ることになると思います。しかしこの写真の出所がどこなのかが気になります。写真は本物だと思います。
 “続きはこちらから”以降では、スノーデン氏の情報で、ISISはアメリカ・イスラエル・イギリスの諜報機関によって共同で作られたことが暴露されています。記事によるとイスラエルを保護するために、“その国境近くに敵を作り出す”作戦とのこと。こうすることで、アメリカ・イギリス・NATOなどの軍隊が介入出来る事になり、混乱を第三次大戦まで広げる事が出来るということだと思います。
 スノーデン情報によると、こうした作戦の背後に異星人が存在し、1945年の段階で“すでにホワイトハウスを占拠している”ということのようです。
 これらの情報は、これまでシャンティ・フーラの時事ブログで説明して来た事がらと合致しています。この異星人がチャネリングなどで言われる「光の銀河連邦」であり、彼らが作り出したグレイ達だという事を説明して来たと思います。
 これまでチャネリング情報に関わるなと言って来たのは、これらの異星人が闇の存在だからなのです。波動を調べれば直ちにわかる事柄です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「イスラム国」が英国人殺害か 映像を公開
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
毎度おなじみ、便利な過激派ISIS(アイシスちゃんたち)首切りスタジオ、大忙し。
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
――――――――――――――――――――――――
ISISの語源が明らかになった
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
スノーデン、米国を動かしているのは宇宙人だ
転載元より抜粋)
  元CIA職員のスノーデン氏の資料からは米国はナチス的宇宙人は行政を行っていることが裏付けられる。イランの国立通信社Farsが断言した。

   スノーデン氏が暴露した機密資料はもしかしたら、米国政府が作成したものではないのかもしれない。Fars通信のつかんでいるデーターによれば米国のスパイ活動の裏には実際に異星人が存在し、これらは1945年にすでにホワイトハウスを占拠している。ロシアのインターネット通信社イノプレッサがケイトリン・フォーセット記者のForeign Policyのブログにある記事を引用して伝えた。
   こうした情報がFars通信社のサイトに掲載されたのは9月7日。Fars通信社が照会したのは非合法理論の愛好家のネット上の出版社であるWhatdoesitmean.com。記事の執筆者が引用したというマテリアルは、スノーデン氏がロシアの特務機関に提出したといういわくつき。

Comments are closed.