[フルフォード氏]9.11事件以降の経過を大まかにまとめ、秋に備える 〜世界は確実に変化している、今後さらに真実の暴露へ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォードレポートは夏休みのようで、これまでの経過を大まかにまとめたものとなっています。こうして見ると、9.11以降、15年の歳月が経っているわけですが、世界が確実に変化しているのがよくわかります。
 今や合衆国という“世界の暗部の中心を解放する”段階に入っています。中国の天津での爆発事故のように、逮捕を免れるためには何をするかわからない連中なので、これまでかなり慎重に事を進めて来たのだと思います。私たちが想像を出来ない類の兵器を所有していると考えられるため、こうした部分に慎重さが要求されるわけです。しかし、危険な兵器はすでに取り除かれたのではないかと思っています。また、彼らの逃げ道も全て塞がれています。
 今後、これまでなら陰謀論として一笑に付された説が、実は相当な部分で真実であったということが、公式に政府筋から暴露されることになってくると思うのですが、冷静に対処する必要があると思います。
 日本の場合、皇室に関する内容はタブーになっていますが、これもこのまま放っておくことは出来ないでしょう。万世一系も、天皇がイスラエル人であるなどという説も、どちらも戯言であり、事実ではありません。いずれ古墳を学術的に調査して、真相を明らかにしなければならない時が来ると考えています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォードレポート英語版(8/18)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。