アーカイブ: 911

アルカイダやそれに類する過激派のテロリストたちは、アメリカが膨大なお金と時間を注ぎ込んで育てた大切な資産

竹下雅敏氏からの情報です。
 現在、シリアのイドリブで、ロシア、シリア、イランを中心とするテロリスト殲滅の総攻撃の直前です。これに、アメリカをはじめとする欧米諸国が、抵抗しています。彼らは、‏“対テロ戦争”の名目で、アフガニスタン、イラク、リビア、シリアというように、次々に戦争を仕掛けてきました。
 ところが、トランプ政権は、シリアとその同盟国が“イドリブ県奪還の為の攻勢を進めれば、シリアを軍事攻撃すると警告”しているのです。
 “続きはこちらから”のmkoさんのツイートを見れば、「空爆に反対するイドリブの市民」が、皆テロリストたちであるのがわかると思います。要するに、アルカイダやそれに類する過激派のテロリストたちは、アメリカが膨大なお金と時間を注ぎ込んで育てた大切な資産なのです。なので、彼らはロシアとその同盟国に対して、頼むから、我々の大切な財産であるテロリストたちを殲滅するのはやめてくれ、と言っているわけです。
 ただ、中東をめぐる抗争の大まかな構図はこの通りなのですが、トランプ政権はディープ・ステート壊滅作戦を実行中であり、今、その大事なところです。シリアでの戦争は、地球同盟とカバールの代理戦争の場であると言えます。イドリブの奪還は、カバールの最終的な敗北を意味しているのです。
 トランプ氏を大統領にした軍部の良識派は、同盟側に属しています。なので、ロシアと協調して動いているはずなのです。
 Q情報を見れば、トランプ大統領は、その軍部の良識派の戦略を熟知しているように見えます。なので、トランプ政権の要人の様々な発言は、ポーズだと考えた方がよいと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2018年9月16日 (日) 911から17年後、シリアでアルカイダを支援するアメリカ
Finian CUNNINGHAM
2018年9月12日
2001年9月11日のテロ事件は(中略)… 多数の立派な筆者や組織が、証拠は、アメリカ諜報機関の内部犯行関与を示していると主張している。
(中略)
当時のジョージ・W・ブッシュ大統領が、サウジアラビアが支援するワッハーブ主義とイデオロギー的つながりを持った、アルカイダ・テロ・ネットワークは、“一番の敵”だと宣言した。以来いわゆる“対テロ戦争”は(中略)…  “テロリストを打ち破るべく”次々と戦争をしかけるために濫用される印籠になった。
(中略)
代理テロ部隊は(中略)… アメリカ帝国主義のための手先として機能し続けている。アメリカによる直接の大規模軍事関与の代わりに、ワシントンの汚れ仕事をすべく、アルカイダ旅団が配備されているのだ。
(中略)
ドナルド・トランプ大統領と彼の閣僚は、もしシリア軍と同盟国のロシアとイランが、イドリブ県奪還の為の攻勢を進めれば、シリアを軍事攻撃すると警告している。この北西の州は、反政府戦士の最後に残った拠点だ。これら戦士は(中略)… ヌスラ戦線、アフラール・アル・シャム、「イスラム国」や他のアルカイダ系自称ワッハーブ主義聖戦士が構成する過激派だ。
(中略)
911から17年後の今、現在シリアで、アメリカ当局とテロとの本当の関係が公開されている。
(以下略)

» 続きはこちらから

元経済政策担当の財務次官補 ポール・クレイグ・ロバーツ氏「多数の専門家たちが、9.11事件についての政府の公式説明がインチキであることを決定的に立証した」

竹下雅敏氏からの情報です。
 Q情報に基づくと、 9.11を起点としてFISA文書の機密指定が解除され、このことでローゼンスタイン司法副長官が解雇され、大量逮捕に向かうシナリオのようです。Qの投稿によると、ジェームズ・ベイカー元国務長官、リサ・ペイジ、ブルース・オーなど、関係者が尋問を受けて口を割っているようで、Qは、“ワシントンD.C.はパニック”とツイートしています。
 今のところ、想定通りに進んでいるようです。当初からトランプ大統領は、9.11の真相の暴露の時期について、今回の中間選挙の前後のどちらにするかを、まだ決めていないということだったと記憶しています。
 Q情報では、大量逮捕に続いて、新金融システムの始動が最初に来るということでした。フルフォードレポートによると、“金融リセットは…2018年12月よりも前に起こる”ということだったので、ある程度の時間の経過を考えておく必要があるでしょう。またこれまでもそうですが、計画通りに行かず延期されることもあるので、気長に考えておいた方が良いと思います。
 ところでその9.11ですが、ポール・クレイグ・ロバーツ氏は、“多数の専門家たちが…公式説明がインチキであることを決定的に立証した”と言っています。氏は元経済政策担当の財務次官補で、陰謀論者ではありません。しかし、客観的に事実を見れば、公式説明が成り立たないのは明らかなのです。
 冒頭の動画をご覧ください。私たちがテレビで何度も見た飛行機の突入の瞬間の画像をスローにしたものです。動画の1分10秒~1分40秒の所をご覧ください。飛行機の左羽根に注視して画像を見ると、この飛行機がCGで作られたものであることがはっきりとわかります。
 藤原直哉氏が一連のツイートを上げていますが、多くの目撃者は、WTCに突入したのは、旅客機ではなかったと証言しています。乗客が乗った旅客機は、途中で軍用機にすり替えられたわけです。おそらく、その軍用機は無人でリモートコントロールされていたと考えられています。
 “続きはこちらから”以降はペンタゴンの方で、旅客機が突入したと説明されていますが、実際にはミサイルであり、おそらくトマホークだろうと思われます。ツイートに写真がありますが、ペンタゴンに突入した飛行機の残骸、そして乗客の死体が一つもありません。公式説明では、全てがジェット燃料で気化してしまったというのですが、誰が考えてもバカバカしくて信用できません。この説明で騙されるとすれば、よほどのお人好しか、頭が悪いかのどちらかでしょう。
 このように、9.11は明らかに自作自演の偽旗作戦で、この事件を拠り所にして、アフガニスタン、イラク、リビアを侵略したのです。ところが、シリアは侵略に失敗しました。
 このような暴挙ともいえる侵略戦争に、憲法を改正してでもついて行く、下請けの2軍で地球の裏側までお供しますというのが、安倍政権なのです。“いい加減にしろ!”と言いたくなります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
9/11の犠牲は増え続けている
2018年9月11日
Paul Craig Roberts
 今日は9/11の17周年だ。これまでの長年の間に多数の専門家たちが、事件についての政府の公式説明がインチキであることを決定的に立証した。少数のサウジアラビア人アメリカ安全保障国家全てを出し抜き、ハイジャックした旅客機でワールド・トレード・センターとペンタゴンを攻撃したという信じ難い陰謀論を信じる人の数は毎年減っている。それにもかかわらず、公式説明はいまだに存続しており、その逆のあらゆる証拠にもかかわらず依然存続しているイスラエルによるアメリカ艦船リバティー号攻撃の公式説明同様、ケネディ大統領暗殺の公式説明も、大多数の疑惑にもかかわらず依然存続している。アメリカ政府は証明済みのウソを決して訂正しない。
(以下略)
————————————————————————
Conspiracy Theory: No Planes Hit Twin Towers. 9/11 Videos Are Fake!
配信元)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 
» 続きはこちらから

9.11が自作自演であるのは膨大な量の状況証拠から明らか!〜“計画されていたのであれば、どういう目的で?” / 今後大量逮捕が起きるのは間違いないアメリカ!

竹下雅敏氏からの情報です。
 9.11が自作自演であるのは、膨大な量の状況証拠から明らかです。あべぴょんのモリカケ疑惑は、状況証拠から真っ黒で、裁判をすれば、まず間違いなく有罪になると思われます。9.11はそれ以上だと言えるでしょう。
 Q情報を考慮に入れると、状況証拠ではなく、はっきりとした証拠を握っていると思われます。これに関与した連中は、怯えているでしょう。
 時事ブログは3.11以降に始めたのですが、当時の状況ではアメリカ国民にとってFEMAは脅威であり、当時の想定では、800万人以上の市民が強制収容所としてのFEMAに収監される可能性がありました。しかし時事ブログでは、支配層のこのような思惑は絶対に破綻すると言ってきました。FEMAに入るのは、 9.11などを引き起こした彼らの方であると言ってきたのですが、今の状況を見ると、彼らが収容されるのはFEMAではなく、どうやらグアンタナモになりそうです。
 冒頭の動画は、40秒~50秒、8分2秒~10分15秒、20分25秒~26分49秒をご覧ください。
 もちろん、全部見る方がより説得力がありますが、ここに示されている、“9.11に関する60以上”の例を見ると、この事件が、ずいぶん前から計画されていたのがわかります。
 “計画されていたのであれば、どういう目的で?”ということになりますが、それは動画の22分50秒以降の説明以外に考えようがありません。
 下のツイートを見ると、今後大量逮捕が起きるのは間違いないように見えます。これまで陰謀論と言われてきた9.11の自作自演が実は事実だったことがはっきりと示された時、メディアはどのような反応を示すのでしょうか? 一般の人々は?
(竹下雅敏)
————————————————————————
【完全版】予測プログラミングの歴史
配信元)
————————————————————————
配信元)

18/7/9 フルフォード情報英語版:8月に逮捕;9月に9.11の発表;そして10月にジュビリー【債務帳消し】か?

 満州植民地化に抵抗しようとした明成皇后は「閔妃」とも呼ばれている方で、韓国ではドラマやミュージカル化もされています。近代史の重要人物な筈なのに、何故か確実に本人だと言える写真が見つかりませんでした(※閔妃として出回っている写真が別の王妃の写真だったり)。
 そして突然のオウム集団処刑の原因は、安倍チキン内閣が追い詰められているからだそう。要するに証拠隠滅です。関係者の皆さん、早めに世間に名乗り出ておかないと丸っとまとめて全員口封じされちゃうよん。名乗り出ても殺されるかもしれないけれど、善行は積める! そしたらきっと無駄死には避けられる!

 本文にならって「全く関係ないのですが」、最後にタイの洞窟救助に因んだお話を一つ。昔々美しいお姫様がこの地方の馬丁と恋に落ち、身篭りました。怒った父王は洞窟に逃げ込んだ二人に追手を放ち、青年を殺させます。悲しんだお姫様は胸に簪を刺して自害してしまいました。今こうして洞窟を流れるのは Jao Mae Nang Non(ジャオ・マエ・ナン・ノンと読むのでしょうか)姫の流す血なのです。
 動画の12秒辺りに祠に祀られている像、18秒辺りに山の稜線が横たわる姫の姿に見えるという解説があります。英語からの訳なので不確かですが、地元ではこの場所は「眠れる貴婦人の大洞窟」と呼ばれており、今回の救出で皆が姫君に連日祈りを捧げました。……だからね、奇跡を聞き届ける相手はいるのですよ、きっと。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
8月に逮捕;9月に9.11の発表;そして10月にジュビリー【債務帳消し】か?
投稿者:フルフォード

この先の行程表


善の側が地球を巡る秘密の戦いで派手に勝利を収め続けている、と複数の筋が裏付けてきた。現状からすると、8月には新たな大量逮捕のうねりが起こり、9月には9.11について政府による公式のディスクロージャーが、そして何らかの形で「経済を巡る大規模な発表が10月には」あるだろう、とペンタゴン筋は主張する。

舞台裏では、マルタ騎士団・ロシアのFSBの人間・アジアの複数の秘密結社其の他が関与する諸々の会合にて、新しい金融システムを伴う真正のジュビリー【=債務帳消し】となるやもしれない経済関連の発表に向けた準備が進められている、と当該交渉に関わる複数筋が言う。まだ交渉はまとまっていないため詳細までは成立していないが、【既に】大筋での意見の一致は確実に存在する、と同筋たちは言う。


アメリカの内戦


鍵となるのは米国のドナルド・トランプ大統領による間近に迫った最高裁判所の掌握かもしれない。【それにより】10月に最高裁が招集される際には、戦争犯罪法廷【の設置】および新たな金融システムの司法上の承認への道を整えてくれることだろう。
【※米国の最高裁の年度始まりは10月の最初の月曜日

その点に関して、「トランプの超精鋭陣がブッシュの工作員ブレット・キャヴァナーを阻んでおり、女性かインディアン[つまりネイティブ・アメリカン]が指名されるよう持ち込むかもしれず、戦いは激しさを増している」と同筋は言う。


今や、ニューヨーク・タイムズ紙が“ゴッドファーザー”【形式】の手法と武装抵抗を呼び掛けるという状態にまで達した。トランプとその支持層が最高裁を乗っ取ろうとしているからだそうだ。
https://www.breitbart.com/big-journalism/2018/07/07/new-york-times-calls-godfather-tactics-stop-trumps-scotus-nominee/

軍事警察が裏切り者の新聞【各】社を間もなく占領したとしても驚くなかれ。奴らは2001年9月11日のニューヨーク市民3千人殺害の真相をこれまでずっと握り潰すという犯罪行為をしてきたのだから、そういった動きは遅いくらいである。

» 続きはこちらから

9.11はロスチャイルドKM(ハザール・マフィア)のために、ベンヤミン・ネタニヤフが指揮を取って、モサドなどと共に引き起こしたイルミナティによる犯罪

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事は、ベンジャミン・フルフォード氏が推薦しているものです。約30ページの長文で、じっくりと腰を据えて読む必要がありますが、“ハザール・マフィアの知られざる歴史”を知る上で、大変貴重なものです。その中から、9.11に関する部分のみを抜粋しました。記事によると、9.11はロスチャイルドKM(ハザール・マフィア)のために、ベンヤミン・ネタニヤフが指揮を取って、モサドなどと共に引き起こした犯罪だということです。
 ツインタワーは小型核で破壊され、それはニューヨークのイスラエル大使館で保管されていたと書かれています。ペンタゴンへの攻撃は飛行機の激突ではなく、イスラエルの潜水艦から発射されたトマホーク巡航ミサイルによるものだということです。着弾と同時に、前もって仕掛けられた爆弾を爆発させたと書かれています。
 記事には、ベンヤミン・ネタニヤフの言葉があります。「もし我々が捕まっても、彼らが我々をよく似た人物と入れ替えるだけだ」と発言しています。これは、もし捕まっても、よく似た人物(替え玉)が罪を被り、自分たちは解放されると言っているのだと思います。ネタニヤフの言う“彼ら”とは、引用元の記事によると“サークルオブ12の上層部のこと”であり、“自らを「イルミナティ」あるいは「サタンの奉仕者たち」と呼ぶ集団”であると言っています。要するに、9.11はイルミナティの犯罪であるということです。
 実は、9.11の後、広島で講演会を行い、9.11が自作自演であることを、様々な状況証拠から断定しました。当初から、ペンタゴンへの攻撃は飛行機の激突ではなくトマホークによるものであり、着弾と同時に予め仕掛けてあった爆弾を爆発させたと説明しました。また、この攻撃を行ったのはイルミナティであることも示しました。ツインタワーが制御解体であることは当然ですが、当時の情報では、小型核が使われたというところまでは突き止められませんでした。しかし細かい部分は別として、私の当初の想定はそのほとんどが正しかったということがこの記事でわかりました。
 事件後しばらくすると、「9.11ボーイングを探せ」という重要な動画が出てきました。情報の拡散のために複製の許可を取り、50本のビデオを複製し、ある人物に託しました。その中の1本は沖縄に駐留している米兵も見たようで、動画の内容にショックを受けていたということを聞きました。
 当時、ベンジャミン・フルフォード氏はいわば正統派のジャーナリストで、9.11が自作自演であることを信じてはいませんでした。確か、中丸薫氏にこのビデオを強く勧められて見たことで自作自演を確信し、自ら調べ始めたと記憶しています。今のフルフォード氏の活躍の起点になったビデオだと言えると思います。
 記事に戻りますが、ここに書かれている歴史はその大部分がロスチャイルド家に関わるもので、ここでのイルミナティは、時事ブログで「裏のイルミナティ」と表記している組織です。こちらは、実は悪魔ではなく、「光の銀河連邦」が霊導していた組織です。なので、間接的にマイトレーヤを中心とする12人の覚者(アセンデッド・マスター)に繋がっていました。
 もう一つ、時事ブログで「表のイルミナティ」と表記した組織があり、こちらはアダム・ヴァイスハウプトが創始した組織で、イエズス会によって作られたものです。表のイルミナティは闇の館(ブラック・ロッジ)に繋がっています。ブラック・ロッジの大主たちが悪魔、悪霊と呼ばれる者たちで、彼らと協力関係にあったのが、コーリー・グッド氏が接触した古代地球離脱文明の7つのグループです。表のイルミナティの頂点には、ゾロアスターの13家が居り、彼らの上にブラック・ロッジの大主たちが居るという構造です。
 裏のイルミナティの頂点にはイルミナティの13家が居り、ピラミッドの冠石の部分はロスチャイルド家であったことを、内部告発者のジョン・トッド氏が暴露しています。彼らを霊導していたのが光の銀河連邦の宇宙人たちで、その上にハイアラーキーの覚者たちが君臨していました。覚者たちはサナット・クマーラ(ルシファー)に仕えていました。
 この2つのイルミナティは、互いに敵対関係にありながら、地球を滅ぼし、ハルマゲドンをもたらすために協調する関係でもありました。2つのイルミナティの組織は、覚者たちが降臨してサナット・クマーラ(ルシファー)を人類に受け入れさせるための道具として機能していました。覚者による地球支配があと一歩で完成するところだったのですが、天界の改革によって根こそぎに滅ぼされたということになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
VETERANS TODAY March 8, 2015
途方もなく邪悪な
ハザール・マフィアの知られざる歴史
プレストン・ジェームス&マイク・ハリス
引用元)
(前略)
ハザール・マフィア(KM)は(中略)… 2001年9月11日に内部犯行のグラディオ式偽旗作戦のアメリカへの攻撃を展開した(中略)… ということを、我々は正確に知っているのだ。
(中略)
KMは国防総省内部の彼らの重要なスパイ活動の仲介者を利用して、有能で脅威となる捜査官たちを、ドイツから購入したイスラエルのドルフィン級潜水艦から発射されたトマホーク巡航ミサイルで暗殺しようと、ペンタゴンの海軍情報部会議室へ誘い出した。 

テキサス州パンテックスの廃棄された350個のW54小型核弾頭のデイビー・クロケット戦術核を、貯蔵庫の裏口から盗んだイスラエル人を捜査し、追跡していた有能で脅威となる35名の捜査官は、新たに構造を堅牢にしたが無駄になった海軍情報部のウイング(建物の一部)に、前もって仕掛けられた爆弾の爆発に合わせて命中したトマホークによって殺されたのである。
(中略)
イスラエル・モサドのフロント企業アーバン・ムービング・システムズは、パンテックスから盗んだ(もとはハンフォードの核処理施設で作られた)W54小型核弾頭《総重量23kg》で作った小型核を輸送するために利用され、それはニューヨーク市のイスラエル大使館で保管され、2001年9月11日に爆発させるためツインタワーに運ばれた。 
(中略)
ベンヤミン・ネタニヤフは、モサドのたまり場としてよく知られているエルサレムのフィンクス・バー《スパイの酒場》で会合をしていた。以下は目撃されて、100%完全に本物と証明された録音を、直接文字化したものから抜粋した彼がした話である。

もし我々が捕まっても、彼らが我々をよく似た人物と入れ替えるだけだ。だから人が何をしようが関係ない。アメリカは金の子牛(お金や富)であり、我々は骨の髄までしゃぶり、切り刻んで、何も残らなくなるまで少しづつ少しづつ売っていくが、しかし我々が創造し、支配していく世界最大の福祉国家でもある。なぜか。それが神の意思であり、アメリカは我々が何度も何度も打撃を与えても、生き残るのに十分に大きい。これこそ我々が憎悪する国にすることなのだ。我々の奴隷になるのを拒んだ報いを確実に受けるように、彼らをゆっくりと壊していくのだ。」
(中略)
ビビ・ネタニヤフが神の意思と言及するとき、彼が言う神とはバール(またの名をモレク《元来はモロク》あるいは偉大なフクロウ)であり(中略)… そうした人間たちは、デンバーで半年ごとに子供を性的に虐待した後で生贄にし、子供たちの心臓を食べ、その血を飲む。
(中略)
もうすぐアメリカの大勢は、ビビ・ネタニヤフと彼のリクード党が、ロスチャイルドKMのために2001年9月11日のアメリカに対する攻撃を実施したということを知るだろう。 
(以下略)
1 2 3 4 5 6 7 8 9