アーカイブ: 世界の現実

[You Tube]カルデコット医学博士:医者として40年50年間で、ほんとうに本当にこんな卑劣なことを見たことがあ­りません。

ぽんこ様(読者の方)からの情報です。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
#福島 #原発 爆発後、奇形児と問題多い妊娠多発!Gundersen #Fukushima Deformed Children
転載元より抜粋)
 

文字おこし
Fairewindsサイトは、北日本の至る所の人々から多くの事例証拠を得ています­。私たちはちょうど先週、2人の姉妹が妊娠していた女性からEメールをちょうど受け取­りました。1人の子どもは奇形で生まれました。また、他の子供は子宮の中で死にました­。彼女らは原発事故中に妊娠していました。また、彼女らは、舌で金属の味とすべての同­種のものが分かったと語りました。したがって、私は、日本政府が適切にそれを説明して­いないと懸念しています。それは、ヤブロコフ博士が、ウクライナにいた時、抱いていた­のと同じ問題です。

ヘレン・カルデコット医学博士はい、日本政府は本当に気が変になっていますね。私が­言いましょう。彼らはロシア政府がしたのよりさらに悪く、この事故で隠蔽しているので­す。メルトダウンがあったことをソ連政府は、約10日間認めなかった。また、彼らは約­5年間その犠牲者を全く研究し始めませんでした。何が起こっていたかに関する医学の多­くの証拠を否定した。
しかし、少なくとも、ソ連政府は、人々をほとんど直ぐに退避させました。日本政府は、­事実上それをしていません。子どもたちは、今も非常に高い放射能の地域に住んでいます­。

事実、アーニー、あなたが測定したように、東京には非常に高放射能の地域があります。
そして、人々は放射性のちり等のあるアパートに暮らしているのです。私は日本へ行った­時に人々に語りました。そして、彼らは真実を聞きたがった。たとえ冷酷な事でも、彼ら­は放射能が何を起こし得るかその事実を聞きたい。特にとてもとても脆弱な彼らの子ども­たちへの影響を。
私は、医者として40年50年間で、ほんとうに本当にこんな卑劣なことを見たことがあ­りません。人々は、大きな危険に直面しても無視されているのです。

[ゲンダイネット]「ブラック企業大賞2013」
ノミネート企業8社の“行状”

竹下雅敏氏からの情報です。
ワタミは2年連続で受賞するでしょうが、授賞式には誰か出席するんでしょうか?
スピーチなんかあるといいですね。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「ブラック企業大賞2013」 ノミネート企業8社の“行状” 
Gendai.Net H.25/06/27
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[同時多発テロはヤラセだよ!]あなたが「政府」と思っているものは、あれは皆「会社」「私企業」だった!

ぽんこ様(読者の方)からの情報です。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
あなたが「政府」と思っているものは、あれは皆「会社」「私企業」だった!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[You Tube]NASAの未来計画文書①

だいふぁんころじーな様(読者の方)からの情報です。
2001年7月に公開されたNASA(支配層)の未来計画文書のようです。テーマやキーワードを抜き出してみました。これらの陰謀のほとんどが、確かに存在する(した)ものだと思いますが、竹下氏の情報を見聞きしている方にとっては、神々様や宇宙人、良識ある方々の懸命の働き等によって既に頓挫したものやケムトレイルのように対策中のものが多くあることに気づかれるのではないかと思います。

これからもあるがままの現実を把握し、正しく対処することによって世界の平和に貢献していきたいですね。

93ページ(3:18〜4:31)
FEMA(?)、アメリカ本土のテロ攻撃、EMP、脳に対する電磁波攻撃、CNN症候群(CIAによるマインドコントロール)

66ページ(4:31〜6:50)
支配層の人間観、計画に関与している組織、企業や銀行による支配

45ページ、9ページ(6:50〜12:40)
ビーム兵器、不死、人間の脳のロボット転用、合法ケムトレイル、スマートメーター、マイクロ波攻撃、支配層の防御策、支配層の目的(大規模マインドコントロール、人工削減)
(編集者)
————————————————————————
NASAの未来計画文書①
転載元より抜粋)

[竹下雅敏氏]現在のCIAはオバマ政権に反旗を翻し、闘いを挑んでいるのです。本来のCIAの職員の多くは本物の愛国者であり良識のある人々です。

竹下雅敏氏からの情報です。
この記事のように見ると世界情勢を見誤ります。

まずCIAには2つの組織があったことを知らねばなりません。中南米諸国でのクーデター計画に関与していたのは、ブッシュ・ナチ陣営のCIAで、現在は完全に壊滅し、存在しません。

また、国際会議の各国代表の盗聴をしていたイギリスはオバマ・ロックフェラー陣営であり、そのオバマに、"ワシントンの悪しき諜報工作機関を法的に規制する責任がある。"という見解はまったく見当はずれです。国民に対する人権侵害を率先して行なっていたのがオバマなのですから。

これに対し、現在のCIAはオバマ政権に反旗を翻し、闘いを挑んでいるのです。本来のCIAの職員の多くは本物の愛国者であり良識のある人々です。ホワイトドラゴンの中核はCIAの職員なのです。
全体像をきちんとつかまえないと、味方を敵だとカンチガイしてしまいます。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 90