アーカイブ: 竹下氏による執筆記事

竹下雅敏考案 経筋体操[後編]:スワディシュターナ・チャクラのエネルギーの放出と吸収という観点に基づいて組み立てられた経筋体操


竹下雅敏氏からの情報です。
 アーユルヴェーダの解説の41回目です。前回に引き続き、「経筋体操・後編」です。後編は、少々難易度が高くなります。後編のすべての体操は、目を前方の1点に固定して、できるだけ動かさないようにしながら行います。例えば、頭を後ろに倒す(頚部の後屈)の動作の場合、ある程度頭を後ろに倒すと前が見えなくなりますが、心の中で目が前方を見ているイメージで行ってください。
 難しいのは、腰と頚部の回転です。時計回りと反時計回りで、初動が異なるのです。それに伴って、「口から息を吐き、鼻から息を吸う」ようにして12回転する場合と、「鼻から息を吸い、口から息を吐く」ようにして12回転する場合とに分かれます。しかも、男女で回転方向が逆になります。
 難しいだけにその効果は高いので、自然に動きと呼吸が合うようになるまで練習して、身体で覚えるようにしてください。普通に頭を回しても、首や肩の凝りが楽になったと感じることはほとんど無いと思いますが、経筋体操の要領で頭を回すと、はっきりと楽になるのがわかります。このくらい、動作と呼吸を合わせるのは大切なことなのです。
 さらに、前方の一点を見つめながら頭を回すというような動きは、日常では行うことがまず無いため、難しく感じると思いますが、こうすることでより効果が高くなります。
 男性の場合は、腰の回転は右回転を先に行い、頭の回転は左回転を先に行います。女性の場合は、腰の回転は左回転を先に行い、頭の回転は右回転を先に行います。これは、どちらもエネルギーの吸収方向です。逆の回転は、エネルギーの放出方向になります。
 例えば、男性の場合、腰の右回転を12回行った後に、体外のスワディシュターナ・チャクラの状態を調べると、吸収方向が活性化しているのです。女性の場合には、腰の左回転を12回行うと同じことが起こります。
 経筋体操は、こうしたスワディシュターナ・チャクラのエネルギーの放出と吸収という観点に基づいて組み立てられた体操なのです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
竹下雅敏考案 経筋体操 後編PDF出力


» 続きはこちらから

半分の五柱が入れ替わった第一システムの天津神と国津神の各レベルの最高神

竹下雅敏氏からの情報です。
 先週の日曜日の記事で、私たちの地球に深く関係する第一システムの天津神と国津神の各レベルの最高神を紹介したばかりなのですが、彼らの中にクーデターに関与した者が居て、すべての神と神霊を含む関係者の調査を行ったところ、多くの者が関与していたことがわかり、排除されました。
 最高神は、半分の五柱が入れ替わりました。「天界の改革」が始まってからは、すべての神々の任命は私が行っていたのですが、今回は違ったようで、第一システムの天津神の選出は牽牛様、国津神の選出はトリタカクマウミヤノヒメミコ様が行っていたようです。
 天津神第3レベルのハルノユメフカキミヤヒメミコ様は、調べれば彼女の過去世での名前がわかるでしょうが、調べる気にならないのは、彼女が公表を望んでいないためではないかと感じます。彼女は「天界の改革」の一時期に、私の秘書を務めてくれていた女神です。
 レイチェル・カーソン様は、中西征子さんがイラストを描いてくれていますので、参照してください。現在、彼女は肉体に転生しており、最高神に選出されたことで天王星に居ます。
 紙に彼女の名前を書いてその紙に両手で触れ、自分自身のチャクラの状態を感じ取るようにすると、彼女の名前が入った紙に触れている間は、体外・体表・神経叢・脊髄のいずれのチャクラもすべて開くことがわかるはずです。これは、彼女の進化段階が7.0以上であることを示しています。
 ヘレン・ビアトリクス・ポッター様、伊福吉部徳足比売様の場合も同様にして、現在は最高神にふさわしい高い進化段階であることを確認できますが、最高神就任が昨日であったため、名前を書いた紙に、例えば、(2021年3月26日)という就任前の日時を書き加えた紙で同様にチャクラの状態を調べると、上記のようにチャクラが開かないことが確かめられるはずです。
 このことは、この2日間の間に、彼女たちの進化段階を一気に引き上げる尋常ではない何かが起きたことを意味します。チャクラの感覚がつかめている人なら、誰でも確認できることなので、ぜひ調べてください。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【第1システムの各レベルの最高神】
天津神・第1レベル

牽牛様


天津神・第2レベル

神功皇后様
出典「光の海から」


天津神第・3レベル

ハルノユメフカキミヤヒメミコ 様


天津神・第4レベル
アカルヒメ命様
出典「光の海から」


天津神・第5レベル

後桜町天皇(ごさくらまちてんのう)様
117代天皇(在位: 1762年9月15日- 1771年1月9日)
画像の出典

» 続きはこちらから

「天界の改革」に協力して光を降ろしていた神々 ~腐敗した豊受・天照の政権を解体し、元の大源神に権力を戻すことから始まった「天界の改革」

竹下雅敏氏からの情報です。
 シャンティ・フーラの「HOME」画面の下の方の「竹下氏による記事・情報」の中に、“緊急連絡”があります。このページの最後に、“「緊急連絡」過去の履歴 はこちら”があり、ここをクリックすると、ようやく「緊急連絡 過去の履歴」にたどり着きます。見つけるのに、かなり苦労しました。詳しい内容は、ここをご覧ください。
 時事ブログのコメントで、何度も「天界の改革」が2007年1月1日から本格化したことをお伝えしていますが、この「緊急連絡」の一覧を見ると、そのことがわかるのではないかと思います。
 約3000万年前、第一システム天津神第2レベルの最高神は大源神(オオミモトノオンカミ)でした。天津神第2レベルの最高神を天御中主神(アメノミナカヌシノカミ)と呼びます。ところが、この時に、天界で豊受大神、天照大神らのクーデターで、大源神は権力を奪われてしまいました。「天界の改革」は、腐敗した豊受・天照の政権を解体し、元の大源神に権力を戻すことから始まりました。
 表の一番上のウエツオオカミは、大源神の子です。しかし、暗殺事件があり、一命はとりとめたものの、最高神は、やはり大源神の子であるヒカリナスウエツオオキミに代わりました。
 一覧表をご覧になると、「天界の改革」の協力者は大源神の一族に加え、ハイアラーキーも居たことがわかります。2009年10月26日にマイトレーヤが光を降ろしていますが、この時のヴィジョンが「10月26日のヴィジョンと竹下氏の解説」です。ヴィジョンの中に、サナット・クマーラとマイトレーヤ、そしてマグダラのマリア達が出て来ます。サナット・クマーラはこの時、第一システム国津神第2レベルの最高神の座に就いていたのです。
 彼らハイアラーキーは、「天界の改革」を利用して、天界での権力の座を獲得することに成功したのですが、これは長くは続きませんでした。2010年1月23日午前0時15分頃、サナット・クマーラとマイトレーヤを中心とするハイアラーキーの一団が消滅しました。
 2009年10月26日のマイトレーヤの光の後は、私と私の妻が降ろした光になっていますが、昨日の記事で解説したように、旧暦の七夕にあたる2010年8月16日に、第一システム天津神第1レベルの最高神として牽牛様が着任したのです。この時以降は、ハイアラーキーの残党を含む物理的次元の改革に比重が移されていきました。
 これ以降、何度もクーデターが実行に移され、ことごとく失敗して、関与した神々が滅びていったのですが、最終的にその結果は惨憺たるものとなりました。
 愛の創造神の第5システムから降臨して私の妻になったウツシキヒカリミの父がオオミウツルヒカリミであり、第12システムから降臨して私の妻になったウツリマスアカキヒメの父が大帝王(オオミカドノオウ)ですが、彼らは滅びてしまいました。
 一覧表で詳しくは述べませんが、備考の欄は、あくまでも当時の肩書です。現在は、ここに出て来るほとんどの神が消滅してしまいました。また、例えば、私の妻の父にあたるホツマの神は、ホツマツタヱに出てきますが、ことごとく消滅しました。
 3月21日の記事で、第一システムの天津神、国津神の最高神を紹介しましたが、第2レベルの最高神・神功皇后様の息子である応神天皇やその一族は壊滅です。また、第3レベルの最高神・ミヤマフカキヒメミコ様の夫は、フツヌシノミコト(経津主命)であり、「中西征子さんの天界通信70」で確認をしたように、彼はクモタカクソビユルミコトのクーデター計画に関与していたため、処刑されているのです。
 これは、権力を求める者にとって、「天界の改革」がどれほど厳しい結果をもたらすかを示すものです。神功皇后様やミヤマフカキヒメミコ様、他の最高神の神々は最後まで「天界の改革」を支持し、ついて来てくれたということなのです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
回数
日時
光を降ろした神
備考
1
2007年11月24日 ウエツオオミカミ 第1システム第2レベルの天帝
2
2007年11月30日 ウエツオオミカミ
3
2007年12月5日 サナット・クマーラ 地球ハイアラーキーの世界主
4
2007年12月14日 ハルケキノオオキミ 第5システムの神
5
2007年12月24日 ウエツオオミカミ
6
2007年12月31日 ハルケキノオオキミ
7
2008年1月18日 ハルケキノオオキミ
8
2008年1月25日 マイトレーヤ 20時から21時、地球ハイアラーキーのキリスト
9
2008年1月25日 マイトレーヤ 22時30分から23時
10 2008年1月26日 マイトレーヤ 8時から11時
11 2008年2月10日 ヒカリナスウエツオオキミ 第1システム第2レベルの新天帝
12 2008年3月9日 ヒカリナスウエツオオキミ
13 2008年3月20日
14 2008年3月24日 オオミモトノオンカミ 約3000万年前の第1システム第2レベルの最高神
15 2008年3月30日 オオミモトノオンカミ
16 2008年4月7日 ヒカリナスウエツオオキミ
17 2008年4月15日 ヒカリナスウエツオオキミ
18 2008年6月6日 ヒカリナスウエツオオカミ
19


2008年6月18日


オオミモトノオンカミ
ヒカリナスウエツオオカミ
オオミモトマコトノヒメミコ


大源神(オオミモトノオンカミ)の妻
20


2008年7月7日


オオミモトノオンカミ
ヒカリナスウエツオオカミ
オオミモトマコトノヒメミコ
21 2008年7月14日
22 2008年7月15日
23 2008年7月17日 オオミウツルヒカリミ 愛の創造神の第5システムの天帝、ウツシキヒカリミの父
24 2008年7月21日 アワウタフフルウミノオンカミ
25 2008年8月8日
26 2008年8月15日 正真真神 正真神の改名
27 2008年9月9日 正真真神
28 2008年9月17日 ヒカリハナツミ 正真神の妻
29 2008年9月19日 ウツシキヒカリミ 正真真神の妻
30 2008年10月7日 ウツシキヒカリミヒカリハナツミ
31 2008年10月9日 ウツシキヒカリミヒカリハナツミ
32 2008年10月10日 大正真真神 正真真神の改名
33 2008年10月21日 ウマシオオキミ 愛の創造神の第5システムから降臨した神
34 2008年10月29日 オオキチイカズチノカミ 第5システムから降臨した神
35 2008年11月11日
36 2008年11月27日 ウツシヨヒラクオオミカミ 第5システムの神、エネルエヱの父
37 2008年12月12日 大正真真神
38 2009年1月1日 大正真真神
39


2009年1月6日


オオミモトノオンカミ
ヒカリナスウエツオオカミ
オオミモトマコトノヒメミコ
40 2009年1月26日 ウツシヨヒラクフルウミ 第8システムの天帝
41

2009年1月29日
~2月7日
ウムウミミマモリヒカリノミオヤ

第8システムから降臨した神

42

2009年2月8日
~2月14日
ウムウミミマモリヒカリノミオヤ
ウツウムミマモルヒカリノミオヤ

第8システムから降臨した神
43 2009年2月15日 大宇宙源大神 第12システムの天帝、大帝王の父
44 2009年2月26日 大帝王(オオミカドノオウ) 第12システムの天帝、ウツリマスアカキヒメの父
45

2009年3月13日
~3月27日
オオキミウレシキミヤヒメミコ

46 2009年3月29日 大正真真神
47

2009年4月6日
~4月7日
オオミモトマコトノヒメミコ

48 2009年5月1日 オオミウツルヒカリミ
49 2009年5月28日 大宇宙源大神
50 2009年6月8日 バステト エジプトの女神
51 2009年6月27日 大帝王(オオミカドノオウ)
52 2009年8月26日 棚機姫小妙 大正真真神の妻
53 2009年9月26日 大正真真神
54 2009年10月26日 マイトレーヤ
55 2009年11月26日 ウツシキヒカリミ
56 2009年12月26日 ウツリマスアカキヒメ 大正真真神の妻
57 2010年1月1日 大正真真神
58 2010年1月26日 エネルエヱ 大正真真神の妻
59 2010年2月14日 ウイツヒメハルコ 大正真真神の妻
60 2010年3月17日 イオショカ 大正真真神の妻
61 2010年4月16日 ヒカリハナツミ
62 2010年5月17日 瓜生姫中子 大正真真神の妻
63 2010年6月16日 速開津姫秋子 大正真真神の妻
64 2010年7月17日 なるみ 大正真真神の妻
65 2010年8月16日 棚機姫小妙
66 2010年9月15日 瀬織津姫穂乃子 大正真真神の妻
67 2010年10月16日 フルウヒメミコ 大正真真神の妻
68 2010年11月15日 木花咲耶姫 大正真真神の妻
69 2010年12月16日 スズナリテウミミコ 大正真真神の妻
70 2011年1月15日 大宮姫道子 大正真真神の妻
71 2011年2月3日 大正真真神
72 2011年3月6日 蘇賀姫 大正真真神の妻
73 2011年4月5日 スミフルウミ 大正真真神の妻
74 2011年5月6日 色上姫浅子 大正真真神の妻
75 2011年6月6日 ナルミ姫 大正真真神の妻
76 2011年7月6日 ユウヒメミコ 大正真真神の妻
77 2011年8月6日 棚機姫小妙
78 2011年9月5日 アルカイダヒメミコノオオカミ 大正真真神の妻
79 2011年10月5日 清田姫 大正真真神の妻
80 2011年11月5日 リサ 大正真真神の妻
81 2011年12月5日 ウツシメヤスコ 大正真真神の妻
82 2012年1月5日 アルカイダヒメミコノオオカミ
83 2012年1月23日 大正真真神
84 2012年2月23日 イオショカ
85 2012年3月24日 色上姫浅子
86 2012年4月23日 ウイツヒメハルコ
87 2012年5月24日 ウツシキヒカリミ
88 2012年6月24日 ウツリマスアカキヒメ
89

2012年7月10日

色上姫浅子
ヒカリカガヤキミチルミヤヒメミコ

アートマの創造神の第1システムの神
90 2012年7月24日 瓜生姫中子
91 2012年8月24日 棚機姫小妙
92 2012年9月23日 エネルエヱ
93 2012年10月23日 大宮姫道子

竹下雅敏考案 経筋体操[前編]:単純な体の動きに呼吸を合わせ、ゆっくりとリラックスして、同じ動作を12回繰り返すだけ


竹下雅敏氏からの情報です。
 アーユルヴェーダの解説の40回目です。38回目の解説で、「関節の運動」の筋肉の分類から、各関節の様々な運動が呼気・吸気のいずれが自然かを考察しました。この結果、「経筋体操」と名付けた簡単な体操が生まれました。
 単純な体の動きに呼吸を合わせるだけなのですが、かなり効果は高いようで、私の場合、短期間にウエストが5センチ細くなり、それをキープ出来ています。面白いのは、花粉症の症状が今年は随分と軽いのですが、パソコンで目に負担をかけると、てきめんに次の日に鼻づまり、クシャミなどの花粉症の症状が出て来ます。ところが、外に出てノーマスクで「経筋体操」を始めると、症状が治まるのです。このことは、花粉症の根本原因が花粉ではないことを意味しているかも知れません。
 「経筋体操」を行う上でのポイントは、ゆっくりとリラックスして行うことです。副交感神経を優位にするために、「息を吐く時に腸骨(上前腸骨棘)が開き、息を吸う時に腸骨が閉じるのをイメージする」と効果的です。本当は、呼吸に合わせて、腸骨(上前腸骨棘)が開いたり閉じたりするのを感じながら体操を行うのが一番いいのですが、少々難しいので、最初はイメージすることから始めてください。
 もう一つの特徴は、“各体操と体操の間に、タダアーサナのポーズで、3~5呼吸休む”ことです。これを行うことで、身体全体の気の通りが抜群に良くなります。
 適切なモデルが居ないため、「経筋体操」の紹介はせいぜいイラスト付きのものになるだろうと言っていたわけですが、わかりやすいイラストを描いてくれたのは、スタッフこじかさんです。よく見ると、息を吐く場面では、クマさんの口が開いています。細かい所まで気を配ったもので、かなりの労力と時間がかかっているイラストです。
 今回は、「経筋体操」の前半です。ゆっくりやると、前半だけで20分ほどかかります。通常の体操は、同じ動作を10回繰り返すのが普通ですが、「経筋体操」は12回繰り返します。これは、10回と12回では、気の通りが全く異なるためです。どの体操もタダアーサナをはさんで2回繰り返すと、抜群に効果が高くなります。私は、特に気に入っている体操のみを2回繰り返すようにしています。
 肩関節の屈曲、伸展などの用語が意味する関節の動きは、こちらのpdfの「各関節の動き」の図を参照してください。来週に、「経筋体操」の後半を紹介します。 
(竹下雅敏)
————————————————————————
竹下雅敏考案 経筋体操 前編PDF出力


» 続きはこちらから

第一システムの天津神と国津神の各レベルの最高神の身体(プラズマ体、あるいは肉体(狭義))の存在界層

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、私たちの地球に深く関係する第一システムの天津神と国津神の各レベルの最高神を紹介しました。
 今日は、各レベルの最高神のプラズマ体、あるいは肉体(狭義)の身体がどの界層にあるかを調べてみました。また、身体の存在する天体も合わせて調べました。2月27日の記事で紹介した「ハイアラーキーの各界層」と題する各ハイアラーキーを代表する人物の存在界層の表も参考にしてください。
 今回の「国津神・第1システムの最高神の存在界層」と、先の「ハイアラーキーの各界層」を見比べれば、ハイアラーキーが壊滅したということがよくわかると思います。
 冒頭の「創造原理」は、以前の記事で紹介したものです。これは、神智学の「太陽系の7界と49亜界」と呼ばれている界層表の誤りを正したものです。残念ながら、この「創造原理」の界層表は、国津神第一システムの第5レベル(所属次元・4.0次元)に属する「人」だけが表現されていて、神々や異なるレベルの「人」の場合には、当てはまらないのです。
 例えば、トリタカクマウミヤノヒメミコ様の狭義の肉体の身体は、3.4次元のカシオペヤ座α星・シェダルの第8惑星にあります。3.4次元は、神智学の世界観ならアストラル界です。アストラル体でなければ入れない界層に、肉体(狭義)が存在することになるのです。このように、神智学の世界観は非常に狭く、真の霊的世界を表現することが出来ません。こうした神智学の誤りを全て正し、本当の霊的知識を地上に降ろしたいと思っています。
 ちなみに、ソフィア(トワニヒカリカガヤクヒメミコ)サンディ(トワニカガヤクヒメミコ)の狭義の肉体の身体の焦点の存在次元は、3.9次元の1層です。彼女たちの存在を地球に来ている宇宙人たちが確かめることが出来ないのは、こうした理由によります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【創造原理】

PDF


» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 49