アーカイブ: *霊的世界

[竹下雅敏氏]ホツマツタヱの下鴨神社・河合神社に関係する伝承 〜地球上で唯一聖典と呼べるホツマツタヱ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 ホツマツタヱの下鴨神社・河合神社に関係する伝承を、とてもうまく要約してくれている記事です。ここに書かれている年代ですが、すべて正確なものです。人々の常識に大きく反するものですが、この年代は真実のものです。
 例えば、ウガヤフキアワセズノミコトが産まれたのは、紀元前898,627年とありますが、これは1の位まで正確な数字です。玉依姫は紀元前178,625年に誕生しています。それから6万年後の紀元前118,625年に、両親の賀茂建角身命(建祇命)と磯依姫が亡くなっています。
 また神武天皇の兄・五瀬尊は、紀元前66,043年に生まれ、神武天皇は紀元前711年に生まれています。したがって神武東征に五瀬尊が加わり、共に戦った時、五瀬尊は6万歳を超えていたことになります。
 しかし、これらのことはすべて事実なのです。上記の年代がすべてこの通りであることは、私自身の直観において確認を取っています。
 ホツマツタヱは、私の双子の魂である伊予津彦命様の作であり、内容はすべて真実のものです。地球上で唯一聖典と呼べるのは、このホツマツタヱだけだと思います。それほど貴重な文献なのです。
 多くの方はこの神話の内容と年代を信じることが出来ないと思いますので、後の記事で少し説明を加えたいと思っています。
 なお、記事に出て来る伊予津彦命三穂津姫磯依姫は、中西征子さんの描いたイラストがありますので、参照して下さい。中西さんのイラストは、肖像画と言えるほどよく描けています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
賀茂御祖神社(下賀茂神社)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[サルーサ情報]第三次大戦の回避から金融システムの崩壊と再構築へ変化した地上の改革 〜生涯のミッションとは〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 サルーサの冒頭の一文によって、地上の改革が第三次大戦の回避から具体的なものへと変化したことがわかると思います。もはや第三次大戦は起こり得ないのです。
 しかし、変化が具体的なものに変わるということは、文中にあるように、“カルマ的な最悪の結果を阻止するために築かれた保護壁は除去されようとしています”ということになります。相当に大きな変化がこれから起こり、カルマのゆえに命を落とす者が、かなりの数に上ることを示唆しています。ガヤトリー・マントラを知っている者は、幸いだと思ってください。
 文末辺りで、“私たちの連合は今大銀行に対する変化を熱を込めて起こしている最中です”とあることから、具体的な変化は、金融システムの崩壊と再構築であろうと思われます。これまで何度も記して来た内容と一致しています。
 こうした変化の過程で、様々な人工のものを含む災害が加わると考えられます。これらのカルマの浄化に際して、サルーサは“あなた方の生涯のミッションを忘れないようにすること”という適切なアドバイスをしています。生涯のミッションとは、“愛の拡大”のことです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
サルーサ 2015年3月28日
転載元より抜粋)
サルーサ 様 〈肉体〉

サルーサ 様 〈肉体〉


天はあなた方の世界の宗教、及び政治組織の改革と調整を命じました。行動への突入を待っている、これらの変化は、鋭い効果を発揮するでしょう。ナショナリズムは、平坦な 世界的秩序、均等な遊び場、全ての者にとっての平等な場に置き換わります。ある者は旨く適応しますが、他の者は混乱し、変化に対するあざけりと嘲笑の反応を示すでしょう。

親愛なる皆さん、他のどの星間システムもあなた方のように不調和のうちに、これ以上続ければ忘却、置き去りにされてしまうような状態には無いのであり、これらの変化はあなた方の安全保障の為なのです。愛と暖かみと言う感情を倫理的、合理的に考慮していると見なされた者に対しては、新たなシステムの元での明瞭で輝かしい未来が待っています。

これからの潮流は全ての者に対して癒しをもたらす方向、あなた方のDNAの向上の方向に向かっています。あなた方の世界の意識は上昇するように設定され、あなた方の次元上昇のプランは旨く配慮し尽されています。

あなた方の暮らしに関して用意されていることへの内なる導きに従って下さい。

核兵器の激増は不快であり、深刻な、見直されるべき問題です。私たちがあなた方のそばに着陸した時点では、私たちはこれらの武器を歴史の中に埋もれさせます。

闇のカバールは 戦争へのニーズのために多くの歪みを作り上げ、中国の成長を迎え撃てるように必要な武器が必要だとの主張をしてきました。更にカバールはもしも中国人全て が自動車を持ち、石炭火力発電所で発電したら、皆がスモッグで窒息死してしまうと主張してきました。

このような考えを捨て、宣伝を忘れ、相互に仲良く暮らせるより調和がとれた道を探して下さい。親愛なる皆さん、人々には十分な豊かさの高みがあり、全ての人が快適なライフスタイルを楽しめ、一人一人には領地にするのに十分な広さの土地が与えられることを知って下さい。

あなた方に戻ってくるカルマ的な最悪の結果を阻止するために築かれた保護壁は除去されようとしています。ですから、その点ではあなた方は大いなる脆弱性の時に入りつつあります。自分の倫理と行動に関しては妥協の無い態度を示すようにお勧めします。

» 続きはこちらから

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文20 
悪しき政治体制を滅ぼすための経済崩壊とそのタイミング

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回の通信文の冒頭には、百人一首に収録されている紀友則の歌が使われています。私にも時期はわかりませんが、歌に何かしらのヒントがあるとすれば、経済崩壊の時期は意外に早いのかも知れません。
 何も起こらなければ、一族の利益ばかり考え、戦争を起こすことすら厭わない連中が権力を握っており、彼らが当分の間権力の座から排除される見込みはありません。結局のところ、人為的なものも含めた災いは、国の指導者の邪念が引き寄せるとも言えます。しかし、そうした指導者を選び、それを支持しているのも私たちです。
今後起こることが確実視されている世界的な規模の大混乱は、肯定的に受け止める必要があるでしょう。ただし準備をしていない人たちには、大変な事態になります。警告は何度も行われました。心の平安が生死を分かつと言えるでしょう。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文20

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年3月28日〉

「     “ひさかたの光のどけき春の日に
             しづ心なく花の散るらむ“

静かなる心で臨んで下さい。

強い光が地球上から立ち昇っています。
この光を合図に、ある計画が一斉に地球上で同時多発的に行われるでしょう。

これ迄長い間、地球上にはびこってきた悪の崇拝にからんだあらゆる残虐な行為、貪欲な経済体制、不徳な生き方すべてが、そのカルマゆえに崩壊する時が近づきました。

様々な金融システムの崩壊は、政治体制を足元から滅びに向かわせる事でしょう。

すみやかに、そしてあらゆる場所で、人々が気付かぬ内に、まさに夜の盗人のように、それはやってきます。

人々が油断して眠っている間に、突然襲って来るのです。

その時、これ迄の警告が正しかった事がわかるでしょう。

今暫く、猶予の時に万全の準備をしておかれる事をお勧めします。

皆さんの健闘を願っています。
次回に続きます。」

通信は以上でした。
以上、よろしくお願い致します。
中西征子

[The Voice of Russia 他]アストラルの影響で政治家たちは攻撃的になっている? /

竹下雅敏氏からの情報です。
 なかなか言葉の意味が取りにくい記事ですが、文中の「アストラル内部に棲息するエネルギー体」とは、霊(霊体)のことです。霊には悪霊と善霊の区別があり、悪霊は人間の生物場(アウラ)に侵入しようとするとのこと。要するに、悪霊は人間に憑依すると言っているわけです。
 問題は後半部分で、世の著名人の大半が悪霊に憑依されており、そのパーセンテージは収監者以上であることが、キルリアン写真を応用することでわかるということのようです。この方法が科学的に価値のあるものなら、悪人はすぐに判別できるということになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
アストラルの影響で政治家たちは攻撃的になっている?
転載元)
© Photo: NASA/GSFC/SDO

© Photo: NASA/GSFC/SDO



ロシアのネットユーザーの関心が南アフリカ誌「SA Scientific Journal」に掲載された、エネルギー体「アストラル」の政治家たちへの影響を論じた記事に集まっている。 

それによれば、キルリアンの伴侶たちの方法で「場」を写真撮影することによって、アストラル内部に棲息するエネルギー体が人間のアウラに及ぼす影響が検知された。

エネルギー体には「清浄型」と「暗黒型」がある。「暗黒」の方は人間を取り巻く生物場、すなわちアウラに侵入しようとする
のである。

この方面における研究には長い蓄積がある。しかし研究成果は秘密にされている。恐ろしい真相が暴きだされてしまうからである。

その真相とは、大物政治家・ビジネスマンの大半のアウラには「暗黒」エネルギー体が存在しており、そのパーセンテージは収監者のそれよりも高い、というものである。

イラクやアフガニスタンなどの外国に爆弾を投じる命令を濫発する多くの政治家たちの、その攻撃性は、おそらくこのことによって説明される。

――――――――――――――――――――――――
科学者と一般人の間には考え方に大きな隔たりがあることが判明(米研究)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文19 
上昇する地球の波動と2極化する人間社会

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回の通信文でも、天界における改革はほとんど終了したということがわかると思います。地上の混乱に乗じて悪をなす神々が一掃されたことで、今後の地上の改革は、個々の具体的なものに移っていくことが出来ると思います。
 これまでは第三次大戦を起こさないようにする努力に、多くのエネルギーが使われていたのですが、今後は例えば原発問題や辺野古の基地問題のようなより具体的なもの、TPPやモンサント社のような問題への取り組みも速度を増すことが出来ると思います。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文19

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年3月21日〉

「とても美しい地球が見えます。
晴れ渡る空のように透明な大気におおわれ、美しく輝く姿はまるでサファイアやラピスラズリのように素晴らしく青い光を放っています。

これ迄の数年間、天界に於ける改革と浄化のプロセスが順調に進められてきました。

かなりの大掃除が行われ、ほとんどの悪の分子は打ち払われて、喜びに満ちた天界は、まさに“楽園”と呼ぶにふさわしい場所となりました。

多くの神々が歓びの歌を、あらゆる生命と共に歌い上げています。
地球の波動は現在、完成のレベルに達しています。
これからも徐々に波動を高めていく事でしょう。

その結果として、人間の社会では極端な状況が見られるようになります。
高い波動に同調し、積極的建設的な生き方をする人々がいる反面、高い波動に耐えきれず、自滅的、破壊的ともいえる行動をとる人々が増える事が予想されます。

暴力、犯罪、又常軌を逸した不可解な事件等が一時的現象として多くみられるようになりますが、その理由を理解する事によって、どんな時にも冷静さを保つ事が出来るでしょう。

日々心を見つめ、感情の波に呑まれる事のないよう、注意深く生活して下さい。

世界中で、これからますます緊張感を強める事態や出来事が増加すると思いますが、それらはむしろ、それだけ地上の改革が進行している証拠と考えて、積極的な見方を強めていく事が、地球の波動と調和した生き方といえるでしょう。

皆さんの心の在り方と生き方が、地球の将来の方向性を決めるという事を、どうぞ忘れないで下さい。

少数派か多数派かはあまり問題ではありません。
少数であっても、清らかで純粋な心のこもった高い波動は、奇跡を起こすだけの十分な力があるのです。

そのような波動を保ちながら、地上にすみやかに平和と安全が到来するよう、絶えず祈って下さい。

日々の精進を怠らず、注意深く賢明さをもって歩んで下さい。
心に明るい未来の希望の光を保ち続けて下さい。
次回に続きます。」

通信文は以上でした。
よろしくお願い致します。
中西征子
1 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 98