アーカイブ: コズミック・ディスクロージャー

20/01/04 地球ニュース:デイヴィッド・ウィルコック氏の近況まとめ 後半

 昨日の前半に続いて、12月4日撮影のデイヴィッド・ウィルコック氏のインタビュー後半です。

 2日の地球ニュースでご紹介したコーリー・グッド氏の大晦日のインタビューによると、実際の起訴(及びそれに伴う大量逮捕)は2020年春まで起こらない、と“彼ら”から言われたそうです(アライアンスから、という意味でしょうか)。
 12月半ばのソルカ・ファール女史の記事で、ロシア側が「トランプによる“春の一大ショー”」が準備中だ、と見ていたのと時期的に一致します。

 サイバーストーキング被害を受けていたグッド氏自身も、2020年の非常に早い段階で訴訟を起こして、UFO界の“ドブ掃除”をする覚悟を決めました。ロックフェラー系の腐敗を一掃するそうですが、その際にはUFO界の有名どころも犯人側であることが発覚して、大騒動となるだろうと予告していました。

 ちなみに訴訟費用が嵩むため、寄付をお願いします、とのこと。ウィルコック氏はこちらグッド氏はこちらでオンライン上の寄付が可能です。またウィルコック氏はこちらから音声や動画も購入できます
 お二人の出演するドキュメンタリー『アバヴ・マジェスティック』や『ザ・コズミック・シークレット』を有料で視聴するのも、勿論支援になります。両方とも日本語字幕が選択可能ですので、お正月休みに是非どうぞ。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:デイヴィッド・ウィルコック氏の近況まとめ 後半


■後半のまとめ■
■ウィルコック氏のインタビュー(後半)
✅海軍の特許公開は、どれも同じ無名の学者が発明?
✅飛行物体の特許:水中も空中も飛行可能なトライアングルの機体、TR-3Bに酷似
✅自称“小型核融合炉”の特許:大量のフリー・エネルギーを生産可能、故ケネス・ショルダーズ氏の理論に酷似
✅人物名は「国を救いし者」という意味

✅トランプ大統領に対する弾劾騒ぎ
✅そもそも大統領について公平に議論できないよう、メディアや大手テクノロジー企業が情報操作している
✅最近は巧妙になって、アカウントは消さずに、登録数を減らして人目につかなくさせている
✅でも既に、アライアンス側が大手テクノロジー企業に捜査に入って手は打ってある
✅極秘起訴が極秘指定を解除されれば、大量逮捕は加速

■おまけの記事(2020年~2024年予測)
✅トランプ大統領が次の任期ですべきこと
✅ロシアのプーチン大統領との共闘でNATO・Swift・EUを潰す
✅CIAと国防総省のドブ掃除、FRBの国有化
✅世界経済のリセット:習近平主席とモディ首相と共に私的所有の銀行業を終わらせ、政府発行の自国通貨に切り替え


海軍の特許公開について


「ディクラス」というウィルコック氏の最新記事について、言及していました。記事では、反重力・室温超伝導体・フリーエネルギーの特許について扱っているのです。全て海軍が関わっており、メディアに発覚したのはごく最近。

しかも特許を申請したのは、「Salvatore Pais」なる謎の人物。TR-3BのUFOを想起させるトライアングル型の反重力飛行物体で、水中・空中・宇宙を飛べることは海軍が確認済みの特許です。オープンソースなので、一般人が作っても特許料の支払いは不要とのこと。


ちなみに同じ人物が、フルフォード氏も昨年10月12月の週刊リポートで言及されていた、「小型核融合炉」の特許まで申請しています。「核融合」とは名ばかりで、実態は4つの針が向き合って、反重力のフリー・エネルギーを生み出します。

故ケネス・ショルダーズ氏の発見で、高強度の電荷を針の先に集中させると物理学の法則が破られ、反重力エネルギーを生み出すというものがあるそうです。驚くべきは、このエネルギーの塊を放射性物体にかけると、放射線を取り除く点。特許の品は、これに酷似しているらしいです。

アリゾナ州のパロ・ベルデ原子力発電所ですら3.3ギガワットの発電能力、現在の科学で最高値となるのは軍の潜水艦の原子炉だそうですが、それでも700ギガワット。特許の機械は30センチほどの大きさで、1テラワット(=1千ギガワット)まで発電可能。しかも開始時に投入するエネルギーはメガワットの桁数で済み、稼働し始めると外部からのエネルギー投入なしで、勝手にエネルギーを生み出すようになります。


そしてウィルコック氏もコメント欄で読者に指摘されて知ったそうですが、「Salvatore Pais」というスペイン語を訳すと「国を救いし者」。このたった一人の人物が、反重力飛行物体の特許と、それを飛ばすためのエネルギー装置の特許をどちらも申請しているという信じ難い事態なのです。

現在、こういった技術の一般開示計画にウィルコック氏は直接関わっている、と説明されていました。3.11で放射線まみれの日本にも是非!

» 続きはこちらから

20/01/04 地球ニュース:デイヴィッド・ウィルコック氏の近況まとめ 前半

 デイヴィッド・ウィルコック氏が、エッジ・オブ・ワンダーで久しぶりにインタビューを受けておられました。12月24日に公開された動画ですが、撮影日は12月4日だそうです。現在出ているのは、「パート1」です。今回は発言部分を「」で囲まず、ざっくりと訳して、随時関連画像や情報を加えていきます。
 エッジ・オブ・ワンダーのお二人については、2日掲載のコメントをご参照ください。

 エッジ・オブ・ワンダーの二人が表向き大して変化のない現状に若干、悲観的なのに対して、ウィルコック氏はもうすぐ全て明らかになる、とかなり楽観的。
 年季が違うのもあるかもしれませんが、Qアノンと同じ情報源から色々と説明を受けているのでしょう。とても心強い内容となっています。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:デイヴィッド・ウィルコック氏の近況まとめ 前半


■前半のまとめ■
✅ウィルコック氏の近況
✅エアロスミスのタイラー氏と会っていた
✅最新本の執筆で忙しかった
✅内容:夢分析

✅12月の要注目事件は?
✅FISA報告書の公開は期待しすぎないように
✅それよりもグーグル創設者二人が同時に辞職すると発表した方が大きい

✅アライアンス(地球同盟?)の計画
✅当初:もっと時間をかけて少しずつ情報開示
✅現在:単発の報告書でまとめて告発する計画へ変更した模様
✅接触相手:限定されていて、ウィルコック氏以外にはフルフォード氏やヴェテランズ・トゥデイくらい。
✅軍・諜報・政府関係者の多くは大量虐殺を望まなくなった

✅NWOのアジェンダを信じられない人のために
✅アフリカのエイズが意図的な大量虐殺計画だったことを暴いたドキュメンタリーなどが存在する
✅何もしなくてもいいので、陰謀を暴く人たちを尊重して欲しい




近況と最新本について


ウィルコック氏は1996年以来、休みなしでずっと活動を続けてきました。ですが邪悪な集団ストーキングの標的となり、イベント(「コンタクト・イン・ザ・デザート」)で講演した際には執拗に野次を飛ばされたり、大変だったようです。

9月には、3年前から準備していた本を執筆するためカナダに籠もり、アメリカに帰ってからも執筆に専念してインタビューの2週間前にやっと仕上げたのだとか。翌日にはラスベガスに行って、ロックバンド「エアロスミス」のボーカル、スティーヴン・タイラーと会いました。

ウィルコック氏の40歳の誕生日会にも出席してくれた友人だそうです。タイラー氏はハワイにいる時には運転する車の中でずっとウィルコック氏の本の朗読CDを聴き、彼女さんと一緒にコズミック・ディスクロージャーのTVシリーズも一気見したとのこと。


ツイートは2019年2月に、虐待された少女が駆け込める家を立ち上げた際の写真。「Janie's Got a Gun」というエアロスミスの歌にちなんで、他州でも同様の家を作り、支援財団も設けています。

人々の目を覚ますという意味で、ポップカルチャーの大物が味方になってくれるのは心強いですね。私(Yutika)が知っている限りでは、元ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズ氏も、ジュリアン・アサンジ氏の解放を積極的に訴えていますし、女優のスーザン・サランドンさんはヒラリーに毒されず、常に痛快な御意見を述べてくださる活動家です。個人的に「姐御!」、とお慕いしておりやす。

さてウィルコック氏は近況を語った後、最新本『Awakening in the Dream(夢の中で目覚める)』の内容について説明。

ウィルコック氏は1994年から1996年まで、予知やハイヤーセルフとのテレパシー公信を夢で見るようになりました。1993年にUFOが実在すると知り、1995年に大学を卒業しています。当時、毎朝書き留めていながら、これまでずっと見返すことのなかった夢日記について、その分析と共に掲載し、読者も自分の夢を解析できるようにしたのが最新本だそうです。

» 続きはこちらから

20/01/02 地球ニュース:コーリー・グッド氏の近況まとめ

 皆さま、明けましておめでとうございます。今年も何卒宜しくお願い致します。

 コーリー・グッド氏が大晦日に、エッジ・オブ・ワンダーというユーチューブの配信チャンネルで長時間のインタビューを受けていらっしゃいました。たまに出てくる短い動画(お散歩とか水汲みとかの様子)で生存確認は出来ていたのですが、お元気そうで何よりです。

 この方とデイヴィッド・ウィルコック氏は、これまでネット上や実生活上で様々な嫌がらせを受け、2019年には「コズミック・ディスクロージャー」シリーズを放送していたガイア局とも喧嘩別れしてしまい、情報配信が下火になっていました。

 エッジ・オブ・ワンダーの二人は、UFO界隈の有名どころが揃った『ザ・コズミック・シークレット(宇宙の秘密)』という2019年のドキュメンタリーにも登場する、匿名Qなど政治経済まで手広く報道する愉快なお兄さんたちです。ドキュメンタリー自体は、2018年『アバヴ・マジェスティック(訳すと「マジェスティック12の上を行く情報」みたいな感じでしょうか)』の第二弾。
 わたくし、どっちも見れていないので、2020年こそ時間を作るぞ! とは思っています。何せ大晦日の動画でグッド氏が「これからは毎年2本か3本のペースで作りたい」と宣っておられましたし、ホント急がねば山積みとな~る~あ゛ああ。

 ウィルコック氏も、エッジ・オブ・ワンダーがクリスマスに出したインタビューに登場してお元気そうでした。
 問題はどちらの動画も「パート1」、つまりシリーズなんですよね……。グッド氏の方は1月2日にパート2が出るという噂ですし、それを口実にひとまず置いておいて(イヤね、だからね、時間を作るってのがね……もにょもにょ)、今回はその中でエッジ・オブ・ワンダーのロブ・カウンツ氏が「そういえば最近、アンシャールと再び繋がるようになったみたいですねー」とさらっと述べた一言について。
 動画自体では、グッド氏はその点について何も返していなかったので(というかカットされて他のトピックに切り替わっていました)、ネット検索で掘り下げていこうと思います。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:コーリー・グッド氏の近況まとめ


■この記事のまとめ■
✅「アンシャール」の正体
✅コズミック側と竹下氏の解釈の違い

✅長老「カ・エル・リル」が再登場、ないしは新登場
✅彼らがグッド氏と暫く接触を断っていた原因:
コズミック・エネルギー(宇宙から入ってくるエネルギー)で、ネガティブになった地上の人間のせい

✅ソーラーフラッシュはいつ?
✅想定(2052年)よりも、ずっと早く起こる!

✅今年も1月中に集団瞑想
✅コブラも呼びかけています
✅理由:天体が大きく変動する時期

前置き:アンシャールとは何ぞや


大晦日の動画の18分50秒辺りに、後から挿入された文字説明がこちら:


アンシャールとは、4次元の古代地球離脱文明の1つ。彼らは未来からやってきた人間だと主張している。」

ホピ族などの伝承にもありますが、古くから地球の地下で暮らしている知的生命体がいます。コズミック・ディスクロージャーでは、「古代地球離脱文明」と呼ばれていました。我々地上の人間と細かい小数点以下の次元は異なるようですが、竹下雅敏氏によると3次元。

7つのグループの内、「土星の輪のペンダントの3グループ」を「アンシャール」と呼んでいるようです。

竹下氏によると、3グループの実態は「3,000万年前に入植してきたアガルタ人」であり、「しばらくして、サナット・クマーラの支配下に入った」集団でした。

おまけに、「ハイアラーキーの下部組織で……特にアンシャールは、コーリー・グッド氏を通じて、いわゆるアセンションと称する地球の破壊のイメージを流布することに注力してきました。アンシャールを含めこれらの7つのグループは、その罪を問われ、すべて完全に滅ぼされたということを伝えておきます。」と竹下氏が2018年2月にコメントしています。

2019年7月には「中西征子さんを通じて、古代地球離脱文明の代表から謝罪文が届きました」とあるので、残党は現在改心しているのだと思いますが……はてさて?

» 続きはこちらから

Qグループがディープ・ステートとの戦いで使用している過去や未来を見るルッキング・グラス技術 〜 この技術で過去の歴史を見た時、見ている人間によって変わる過去の出来事!!

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で「この世に客観的な現実は存在しない」というIn Deepさんの記事を紹介しました。その関連で、時間の本質に関する今回の記事は、大変興味深いものです。
 時間のない方は、冒頭の動画の3分5秒~4分33秒のモントークプロジェクトに関する話題と、11分55秒~13分24秒の時間に関するコーリー・グッド氏の説明をご覧ください。
 記事をご覧になると、過去や未来を見る技術は既に存在するようです。面白いのは、そのProject Looking Glass技術を、Qグループがディープ・ステートとの戦いで使用しているというのです。これは、まず間違いないでしょう。フルフォードレポートでも、悪が滅びる確率は95から100%だとする指摘がありましたが、それは、こうした技術を用いて未来を透視した結果ではないかという気がします。
 ディープ・ステート側も同じ技術を用いているらしい。Qグループが見通す未来は、ある程度正確で、ディープ・ステート側は、全くそうではないと思います。なぜなら、ディープ・ステート側の者たちの魂は、すでに滅ぼされているからです。例えて言うと、情報に関する制空権を、Qグループが完全に支配しているのです。
 ディープ・ステートは、肉体(狭義)の身体しか持っていません。神々は、彼らの行動を全て見通しています。Qグループはルッキング・グラスの技術だけではなく、神々や銀河国際連合からの情報も受け取っているのではないかと思います。
 さて、ルッキング・グラスで過去の歴史を見た時、見る人によって違った過去が見えると書かれています。コーリー・グッド氏は、“最終結論では、過去の出来事は見ている人間によって変わる”と言っています。
 昨日の記事で、2人の霊能者がある霊を見た時、別の見え方をしているのではないかとコメントしました。過去の記録を見ても、同じようなことが起こるわけです。多くの人々は、過去は確定していると錯覚しているのですが、私の考えでは、過去の出来事というのは記憶でしかありません。
 私たちの地球上で最も長く保存できる記録は、電子媒体よりは紙、紙よりは石ではないでしょうか。なので、何千万年も前の記憶をたぐる場合には、石に記録されている情報を取り出すのが賢明だと思うのです。
 その意味で、中西征子さんが古い時代のことを、ピラミッドの地下にある巨大クリスタルに聞いたのは、適切でした。
 さて、その巨大クリスタルに記録された出来事が本当に起こったということを、誰が証明できるのでしょう。巨大クリスタルに記録された情報は、巨大クリスタルが直接体験したものではありません。さらに正確な情報は、その出来事を直接体験した人物の記録を調べるのがより確実だと言えます。その出来事を体験した人たちの記憶を取り出してつなぎ合わせれば、過去の出来事のより詳細な情報を手に入れることができます。しかし、その個人の記憶自体が変化するとしたらどうでしょうか。
 過去にタイムトラベルするというのは、過去の記憶の中に入っていくことだとしたら、どうなるでしょうか。その過去は現在に存在します。その記憶の中に入り込むことで、記憶が書き換えられてしまいます。
 1つの例として、あなたが理由はわからないが、ある人物をとても嫌っているとします。霊能者に見てもらうと、前世でその人物と縁があり、とてもひどいことされたことを知ります。あなたは問題を解決するため、過去にタイムトラベルします。その人物を過去に戻って殺して戻ってきたらどうなるか。おそらく、ほとんど何も変わっていないでしょう。ただ、あなたのその人物に対する嫌悪感などが消失してしまっているかも知れません。
 瞑想によって心を解放することが可能ですが、実は、意識のレベルでは、過去にタイムトラベルしているのと同じなのかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
肩甲骨の神経集中ポイントで時空も移動可能?【コズミック・ディスクロージャSeason1,Episode13】
配信元)

✒3分5秒~4分33秒:モントークプロジェクトに関する話題
✒11分55秒~13分24秒:時間に関するコーリー・グッド氏の説明
————————————————————————
プロジェクト・ルッキング・グラス– Qアノンとディープステートの一時的戦争 マイケル・サラ博士 2019/11/13
引用元)
(前略)

ニコルズは、モントークプロジェクトは1971年から1983年までニューヨーク州ロングアイランドのモントーク飛行場で実施され、奇妙な軍事実験に多くの人間を巻き込んだと説明しました。これらの実験のいくつかは、過去や未来を見るために時間をゆがめたりワープしたりといった異常なことをすることができるように、精神的な能力を大幅に強化した椅子など、地球外の技術を使用するように訓練された人間を含んでいました。

(中略)

私は、Qと軍事情報コミュニティがProject Looking Glass技術をディープ・ステートとの内密な内戦で使用しているというサザーに同意しますが、ディープ・ステートがProject Looking Glass技術を米国軍事報コミュニティよりも長く使用していることを強調する価値があります。

(中略)

ペレグリーノ・エルネッティ神父という名のドミニカ共和国の司祭が(中略)...
クロノバイザーを発明しました。周波数を操作することで、エルネッティは過去を調べることができることを発見しました。彼は、このようにしてキリスト磔刑や他の歴史的出来事を目撃したと主張しています。

(中略)

ピーター・クラッサがエルネッティの驚くべき発見を調査します。彼は、技術がどのようにバチカンの階層に引き継がれたかを説明し、それが中央情報局(CIA)に引き継がれたことを説明します。

(以下略)

» 続きはこちらから

コーリー・グッド氏「アライアンス(地球同盟)の人々というのは心に損傷を負った人達なんです」 / イスラム教、ユダヤ教、キリスト教のそれぞれの派閥で、実際に神の役割を演じる人間が一名存在する

竹下雅敏氏からの情報です。
 動画のコーリー・グッド氏を見ると、少し元気そうに見えます。実は、この動画は2019年4月のもので、この時の彼の波動は最悪でした。しかし、今見るとそれほどひどい波動に見えないのは、現在の彼の波動が重ね合わされるからです。実は、コーリー・グッド氏はどうやら、自分が騙されていたことに気づいたらしく、波動を元に戻しました。彼は誠実で嘘をつくような人物ではないので、いずれ、自分が理解していることを、時期を見て話すのではないかと思っています。
 記事をご覧になると、コーリー・グッド氏は、「アライアンス(地球同盟)の人々というのは心に損傷を負った人達なんです」と言っています。コーリー・グッド氏も含めて、アライアンス(地球同盟)の人々のほとんどは、かつてカバ-ル側の人間で、人に言えないようなことを行ってきたのです。
 しかし、“彼らは正しいことをしたいと思っています。ただ彼らにはその方法がわからないのです”と言っていますが、少なくとも、アライアンスの中核であるQグループは、その方法を知っていると思います。
 “続きはこちらから”は、今週の初めにYutikaさんが翻訳したフルフォード情報英語版の抜粋です。一読しただけでは要点がわかりにくいので、必要最小限の部分のみを要約してみました。
 冒頭、「巨大企業の役員を務めている中核の集団」がハザールマフィアだとし、“彼らの一神教システムでは、実際に神の役割を演じる人間が一名存在する”と言っています。
 このことから、イスラム教、ユダヤ教、キリスト教のそれぞれの派閥で、誰がその“神の役割”かを説明しています。
 イスラム教シーア派の場合は、イスマーイール派の首領である「アーガー・ハーン」で、彼が青龍会(緑龍会)のトップだということです。これは、極めて貴重な情報だと思います。
 ユダヤ教は、世俗的派閥と宗教的派閥に分かれ、世俗的な派閥はデイヴィッド・ロックフェラーが君臨していたとのことで、後継者らは、ヒラリー・クリントンを中心として徹底抗戦の構えだということです。
 ユダヤ教の宗教的な派閥は、ロスチャイルドがリーダーだと言っています。
 フルフォード氏は、トランプ政権を背後で支えているのは、ナサニエル・ロスチャイルドの派閥と米軍産複合体で、後者の背後には、グノーシス・イルミナティが居ると言っています。
 トランプ大統領を支える強力な集団がQグループですが、実はQグループは、グノーシス・イルミナティの最上層部の組織なのです。
 キリスト教の派閥はカトリックとプロテスタントで、カトリックの方がP2フリーメーソン・ロッジですが、“現在では忠誠の対象を鞍替え”したと言っています。曲がりなりにも、グノーシス・イルミナティと同盟関係を形成したということは、彼らも改心したと考えてよいと思います。
 キリスト教のプロテスタントの側は、大半が、“イギリス女王に従っている”とあります。この派閥も、“グノーシス・イルミナティやP2と緩やかに手を組むようになった”とあるように、彼らもまた改心したと言えそうです。
 トランプ大統領がイギリスを公式訪問したこと、プーチン大統領がフランシスコ法王と会談したことも、このことを裏付けます。板垣英憲氏の言うゴールドマン・ファミリーズ・グループ(旧300人委員会)では、彼らは、新機軸派の方に取り込まれたと言えるでしょう。
 P2フリーメーソン・ロッジのレオ・ザガミの風貌は悪魔そのもので、彼の頭に角を生やせば、まさにぴったりという人物なのです。また、エリザベス女王はレプティリアンで、凶悪な悪魔崇拝者だということはよく知られています。
 にもかかわらず、フルフォード氏は、“以上の勢力全てが、サタンだのルシファーだのバアルだのモレクだのを崇拝している一派を倒さんと、今や結束した”と言っているのです。
 要するに、彼らは悪魔崇拝から足を洗い、未だに悪魔崇拝を止めないメルケル首相の背後にいるナチグループや、ヒラリー・クリントンに代表される派閥、そして、フランスのロスチャイルド家などと戦う決意をしたということだと思います。
 最後の部分は、一部イスラム教と重なりますが、アジアの秘密結社について説明しています。青と緑を一つのものだと考えると、フルフォード氏は赤と青と白のドラゴン・ソサエティ同盟について語っています。黒と黄がありません。黒が白に置き換わったわけなので、こちらは良いとして、黄がニール・キーナン氏が窓口のゴールデン・ドラゴン・ファミリーではないでしょうか。このグループのトップが金正恩氏だと、私は考えています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アセンションと終末の預言 :コーリー・グッドによるCosmic Wavesのプレゼンを再考するパート1

(中略)
2019年4月にハワイで行われた、コズミックウェイブス・イベントでのコーリー・グッドのプレゼンがShereBeing AllianceのYoutubeチャンネルで公開されました。このプレゼンの内容についてはすでにマイケル・サラ博士が記事にして発表し、当ブログでもその翻訳を紹介済みです。そこで今回は新たな試みとして、サラ博士の記事や最近のインタビューと内容の重複しない部分と、今一度確認しておきたい部分のみを抜粋して、補足解説を挟みながらご紹介していきたいと思います。
(中略)
Corey「ゴンザレスはもうSSP同盟とは行動を共にしていません。」[11:40~]
 
Corey私の言うダーク・フリートとはナチスの秘密宇宙プログラムで、80年以上の歴史があります。」[12:00~]
 
Coreyアライアンス(地球同盟)の人々というのは心に損傷を負った人達なんです。生涯、戦争をやってきたような人達だからです。でも彼らは正しいことをしたいと思っています。ただ彼らにはその方法がわからないのですよ。そして結局元に戻ってまた悪事に手を出してしまったりします。それがアライアンスの抱えていた問題でした。しかし私が連絡をとっている人々の多くはアメリカやヨーロッパの軍の高官たちや、政治家で、彼らは私を通じて情報を拡散しようとしています。例のDIAの2つの文書のようにね。」[14:00~]
 
CoreyQアノンは軍のオペレーションです。トランプ大統領も軍の諜報部と協同しています。その全体に関与している将官たちが誰なのかも私は知っています。Qはトランプがメディアのコントロールに対抗するための別動部隊みたいなものです。」[15:30~]
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 18