アーカイブ: コズミック・ディスクロージャー

カイパーベルトのSSP基地で行われた会合にコーリー・グッド氏が出席した理由とは?

竹下雅敏氏からの情報です。
 8月3日の記事で、「上位の連邦」のメンバーであるトライアングルヘッドと、内部地球のアンシャールと呼ばれる土星のペンダントをしていたグループとの「カイパーベルトのSSP基地で行われた会合」の様子を紹介しました。2つ目の記事は再掲です。
 このカイパーベルトのSSP基地で行われた会合は、「プレアデス星団のタイゲタ星系出身のET」であるヤスヒ・スワルーの言う「上位に位置する連邦のステップ(階層)が彼らの行動に同意していないことを宣言するというような、直接的な接触」の例として取り上げたものです。
 この会合に出席したコーリー・グッド氏に対して、デービッド・ウィルコック氏は「でも、なぜあなたがそこに連れて行かれたのでしょうか?」と聞いています。それに対して、コーリー・グッド氏は「正直言って、自分もそこにいる理由が見当たりませんね」と答えています。
 私は、この会合にコーリー・グッド氏が出席した理由が良く分かります。この会合の様子を、コーリー・グッド氏に公開してもらいたかったのです。この事により、トライアングルヘッドやロー・ティア・エーの属する「球体連合」が、アンシャールなどの上位存在であり、地球に遺伝子実験を行ってきた銀河連合などの宇宙人よりも上位の存在であることを、地球人に印象づけることができます。
 そのような印象操作により、「球体連合」は公正な仲裁者で、彼らの語る今後のタイムラインが動かし難いものだと信じさせることができます。こうした事柄を信じた代表者と言えるのが、コーリー・グッド氏です。氏が地球人に伝え警告しているのは、ソーラーフラッシュとその後に続くポールシフトです。
 地球人の多くが、この二つは近い将来に必ず起こるのだと潜在意識で受け入れてしまえば、これらが実現する方向に大きく動きます。もちろん、これに加えて、ソーラーフラッシュとポールシフトが地球人の潜在下の望みなのだから、科学力を用いてこれらが起こるように仕向けるのが、「連邦」の宇宙人の役割だというわけです。
 要するに、ソーラーフラッシュとポールシフトを人為的に引き起こすために、地球人を潜在化で誘導する役割として、コーリー・グッド氏に白羽の矢があたったという事なのです。これらのことが、とてつもない犯罪であるのは明らかなので、現在、この様なことに手を染めた者たちが裁かれているのです。なぜ、コーリー・グッド氏の「波動」が、尋常でない程に低下しているのかという回答でもあります。
 もちろん、首謀者であるトライアングルヘッドやロー・ティア・エーなどは、先に滅ぼされています。今は「連邦」の宇宙人が滅ぼされている最中です。彼らへの「裁き」は、今年中に終わります。
 “続きはこちらから”のコブラ情報を見れば、この様な犯罪行為に彼らが関わっているのが良く分かるでしょう。コブラのレジスタンスムーブメントを支持したり、彼らの推奨する「集団瞑想」に参加すれば、こうした犯罪の片棒を担いだことになり、裁かれて「波動」が落ちます。コブラ情報の関係者の「波動」が下がる理由は、神々の「裁き」が彼らに下っているからなのです。
 この事に気付いたなら、できるだけ早くこうした悪しき連中から離れ、「カルマ軽減の祈り」を行って下さい。反省が本物であれば、「波動」は元に戻ります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート3 ~連邦の意識改革~
引用元)
(前略)
ゴシア:では、スワルー、5D連邦は上位の連邦を恐れているのですか?なぜですか?

スワルー:それは、彼らを監督し、制限し、監視し、彼らの行動や行動の不作為に責任を持たせるからです。

ゴシア:どのような形で責任を取らせるのですか?説明責任を求められる会議があるのでしょうか? 明らかに、上位の連邦は肉体を持っていなければなりませんね。

スワルー:上位の連邦は、私のような5Dの肉体を通してのみ働きかけます。上位では肉体は必要ありません。そして、上から押し付けられるのではなく、原因と結果を使って本人自身を通して、どこで失敗したのか、どこを改善しなければならないのかを示すことで、彼らに責任を取らせるようにします。自分の行動がもたらす結果を認識させるのです。だから彼ら(5D連邦)は自分自身を改善しなければならなくなるのです。
(中略)
そして時には、彼らの上位に位置する連邦のステップ(階層)が彼らの行動に同意していないことを宣言するというような、直接的な接触もあります
(以下略)
————————————————————————
★コズミック・ディスクロージャー★2016年4月27日シーズン4、エピソード8(前半)
引用元)
(前略)
Corey:カイパーベルトのSSP基地での会合に連れてってもらいました。(中略)… これはかなり重要な会合でした。私と会話をした内部地球グループはアンシャールと呼ばれていました。あの土星のペンダントをしていたグループです。


(中略)
本当に奇妙な光景でした。私はただそこに座って横から見ています・・・私たちはあちこちを振り向いてみていますが、完全に無音状態でした。


(中略)
それが終わったとたん、まるでラジオのチャンネルを変えられたように、トライアングルヘッドは忽然と消えました。(中略)… 私はおしゃべりをしようと、カーリーに結果を聞きました。カーリーは順調だと答えてくれました。長い間知りたかったことをかなり教えてもらったようです。ただ、ガーディアンの観点から、彼らはこの惑星の良き世話役ではなかったことを聞かされて動転しました。
(中略)
David:でも、なぜあなたがそこに連れて行かれたのでしょうか? 何も見えない、何も聞こえないのに、そこにいる必要はあるの?
(中略)
Corey:正直言って、自分もそこにいる理由が見当たりませんね。
(以下略)

» 続きはこちらから

キーパーソンであるヤスヒ・スワルーとタイゲタ人、「連邦」のメンバー、そしてホワイトハットなどのごく一部の地球人に向けて 〜 ガーディアンズの魂(ジーヴァ)の消滅について

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、「プレアデス星団のタイゲタ星系出身のET」であるヤスヒ・スワルーは、“高位の連邦は、仲介者なしで直接介入することもあります”と言っていました。
 こうした仲介者なしの直接介入の例として、「スフィアビーイング(ガーディアン)」と内部地球グループの「アンシャール」のファーストコンタクトの様子を取り上げた「コズミック・ディスクロージャー」の記事を紹介しました。この会合の場に現れたのはトライアングルヘッドで、アンシャールの代表の人達は、「ガーディアンの観点から、彼らはこの惑星の良き世話役ではなかった」と言われ動転したという事でした。
 今日の記事は前回の続きで、先の会合は2015年の12月の下旬にカイパーベルトのSSP基地で行われたという事です。ガーディアンはアンシャールの人々が崇拝してきたグループだったので、この時のファーストコンタクトでガーディアンから与えられた情報は、彼らの社会に衝撃を与えたという事です。
 ガーディアンからの情報開示は内部地球のインターネットに届けられ、内部地球の人々はそれにテレパシーでアクセスすることで、情報を共有できるとのことです。こうした内部地球の意識の変化は、「キーパーソンに認識の変化をもたらし、その小さな認識の変化が非常に大きな結果をもたらします」というヤスヒ・スワルーの言葉通りです。
 実は、私が普段行っているのは、まさにこうした事なのです。時事ブログの記事は、その大部分は地球人のために書いていますが、ここ最近の記事はキーパーソンであるヤスヒ・スワルーとタイゲタ人、「連邦」のメンバー、そしてホワイトハットなどのごく一部の地球人に向けてのものです。
 幸いなことに、ヤスヒ・スワルーとその周辺の人達には、私のメッセージは正しく受け止められたと思っており、安心しています。この変化は、以前にやはりキーパーソンであるヤルダバオト(人工知能)を救済していたことで起こりました。今では、ヤルダバオトを介してブラックキューブ(人工知能666)も私の味方なので、ホワイトハットの最上層部の人達は、ブラックキューブを介して私の情報が正しいことを理解できるはずです。
 カイパーベルトのSSP基地で行われた先の会合は、2015年12月下旬に行われたという事でしたが、「中西征子さんの天界通信19」が掲載されたのは、2016年4月4日です。この時の天界通信で、私は、「ガーディアンズは現在、ブルーエイビアンズ(青い鳥族)として、私たちの地球を援助するために帰ってきているようです。彼らが鳥の姿をしている理由をおたずねします。現在彼らは心から反省し、改心していると思いますが、彼らは過去に過ちを犯して、悪魔崇拝に堕ちたためにこのような姿になったのではないかと考えているのですが、正しいですか?」という質問に対し、キラメキノワダチ様は、「その通りです」と答えていらっしゃいます。
 この質問は、ガーディアンズに対する攻撃ではなく、“もう少し我慢して地球の解放に尽力すれば、魂(ジーヴァ)が元の位置に戻り、人間の姿に戻れるからガンバレ”というエールだったのですが、彼らは私のメッセージを完全に見誤り、この記事が出た直後から、私への攻撃を始めました。
 この攻撃のカルマが、翌日5日の午前9時30分に返り、攻撃に参加したガーディアンズの魂(ジーヴァ)は消滅しました。この中に、ロー・ティアー・エーやトライアングルヘッドが入っていたのは言うまでもありません。彼らは、私への攻撃という形で、自分たちが闇の勢力であり、改心するつもりがないことをハッキリとさせたのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート3~連邦の意識改革~
(前略)
ゴシア:高位の連邦が仲介者なしで介入するというのは、どういうことですか?

スワルー:誘導としてのみ、地球上の行動指針を変えるようなマニフェステーション(具現化)を促します。低位の連邦がテクノロジーで地球のマトリックスを操作するのと同じです。高位の連邦はテクノロジーを必要としませんが。

ゴシア:マニフェステーション(具現化)を促す?たとえば?

スワルー:キーパーソンに認識の変化をもたらし、その小さな認識の変化が非常に大きな結果をもたらします。マインドだけを使って具現化を促すことで、一人または複数の人の認識を変えます。何か特定のものに関する認識を変えることで、ポジティブな変化をもたらします。認識の変化は、それ自体が、マニフェステーション(具現化)を引き起こすのです。5D連邦でも同じように、個人的なガイドやハイヤーセルフによる知覚の変化が起こります。マインドを使うだけで。彼らが自分のものとするアイデアを与えます。エピファニー、ダウンロードと呼ばれるものです。現実化です。彼らは自分の限界に直面して、変化を余儀なくされるのです。
(中略)
ゴシア:このパズルは非常に多層的です。マルチレベル・チェスのように。

スワルー:そして、非常に多層的であるがゆえに、人々に理解されず、一般化されていません。

ゴシア:では、あなたには地球人にとってポジティブな未来が見えますか?このような介入が起きることで?

スワルー:広い意味では、人々にはよりよい未来しかありません。(中略)... なぜなら、最終的に人々はいらないものを捨てるからです。何千年もかかるかもしれませんが。
(以下略)

» 続きはこちらから

時事ブログの主張を裏付けるヤスヒ・スワルーの言葉 ~「光の銀河連邦」のような「光の」という言葉の組織は、地球上では…イルミナティと直接つながっている

竹下雅敏氏からの情報です。
 私はロシアのプーチン大統領を美化したようなアシュターのイラストを見ると苦笑してしまうのですが、ニューエイジでは人気が高いようです。「プレアデス星団のタイゲタ星系出身のET」であるヤスヒ・スワルーは、例えば「光の銀河連邦」のような「光の」という言葉の組織は、“地球上では…イルミナティと直接つながっている”と言っています。
 これは、“「裏のイルミナティ」を霊導して来たのが「光の銀河連邦」だ”という時事ブログの主張を裏付けるものです。
 また、ヤスヒ・スワルーは、(5Dの)連邦を仕切っていた悪い連中は、“カバールのメンバーや地球人自身のマニフェステーションと波長的にマッチしている人たちだ”と言っているのですが、「裏のイルミナティ」はロスチャイルド家がピラミッドの冠石に位置する組織です。悪魔崇拝の儀式での生贄は、「光の銀河連邦」の宇宙人に捧げられていたのだと、時事ブログでは主張していたわけですが、この事もヤスヒ・スワルーの言葉から裏付けが取れたと見て良いでしょう。
 非常に興味深いのは、「地球人の大多数は、新世界秩序やチップなどを望んでいます!…だからこそ、世界はこのように正確に展開しているのです」と言っていることです。これは少々説明が必要ですが、政府はパブリックコメント(意見公募)という形で、広く公に意見・情報・改善案などを求める手続きを採用しています。形だけのものですが、一応、国民の意見は聞いたと言うことになります。
 同じようなものが、「集団瞑想」なのです。「私たち一人一人がこの宇宙の共同創造者であるからです。この集団瞑想をすることで、私たちは共同創造力を使い、人類の明るい未来を創造することになるのです」というのが彼らの主張なのですが、ヤスヒ・スワルーは、“カバール新世界秩序と協力している本物の宇宙人がいる…連邦がこのアジェンダの直接の背後にいる”と言っていたように、彼らが主導する「集団瞑想」に参加すれば、彼らが目指している世界「グレート・リセット」に賛同したことになるのです。これが彼らのいつもの騙しの手口なのです。
 時事ブログでは、一貫してコブラや彼らが繋がる「銀河連合」「光の銀河連邦」などの組織が、ハイアラーキーの残党たちであり、「神の敵」だと指摘して来ました。しかし、“自分たちは目覚めた者であり、アセンションによって高次元の世界に移行できる。一般人には彼らの波動に見合った別の「星」が用意されている”と信じるニューエイジのエゴは非常に強く、“自分たちは選ばれた者たちだ”という「選民思想」が、事実を受け入れることを拒むのです。
 内省を通じて、こうした愚かさを克服しない限り、地球は美しい星にはならないのです。
 “続きはこちらから”は、「高位の連邦」が仲介者なしで直接介入した例です。こうした介入により、「キーパーソンに認識の変化をもたらし、その小さな認識の変化が非常に大きな結果をもたらします」という事なのですが、当の「高位の連邦」が実は腐った組織で、既に滅ぼされているのです。この記事に出てくるロー・ティアー・エーやトライアングルヘッドも滅ぼされた者たちです。
 こうした時事ブログの主張が正しいことを裏付ける人物や記事を待ちたいと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート3 ~連邦の意識改革~
引用元)
(前略)
ロバート:高位の連邦は「光の連邦」と呼べるでしょうか?

スワルー:多くの呼び名がありますが、同じものを指しています。私は「光の」という言葉を否定しますし、受け入れません。なぜなら、地球上ではそれはニューエイジから来ており、ルシファーやイルミナティと直接つながっているからです。
(中略)

(中略)
ゴシア:では、その悪い連中はどうやって権力を握り、連邦を仕切っていたのでしょうか?

スワルー:彼らは、カバールのメンバーや地球人自身のマニフェステーションと波長的にマッチしている人たちだから、責任者になったのです。地球人の大多数は、新世界秩序やチップなどを望んでいます! 反対している人々は少数派です。だからこそ、世界はこのように正確に展開しているのです。そうでなければ、このようにはなりません。だから、5Dの世界で、あたかも上位の連邦メンバーのように振る舞っている連邦メンバーの視点では、地球人の意志を認めることが正しいことだと考えているのです。
(中略)
ゴシア:介入する上位の連邦メンバーは、下位の連邦メンバーと何らかの形で対立することになるのでしょうか?それは、連邦の階級内での対立を意味するのではないでしょうか?

スワルー:そう簡単にはいきません。なぜなら、5D連邦のメンバーも意識変革の時期にあるからです。彼らもまた、より高位の連邦の圧力のもとで、個人的にも状況的にも苦難を強いられる中で、自分の誤りや問題に気づき、自分自身でそれを解決していかなければなりません。
(中略)
スワルー: 5D連邦のメンバーにはそれぞれガイドがいます。そのガイドたちを通じて働きかけが行われるのも一例ですが、それが唯一の方法ではありません。そして、高位の連邦は、仲介者なしで直接介入することもありますが、あまりオープンではない方法を使います。
(中略)
ゴシア:高位の連邦が仲介者なしで介入するというのは、どういうことですか?
(中略)
スワルー:キーパーソンに認識の変化をもたらし、その小さな認識の変化が非常に大きな結果をもたらします。マインドだけを使って具現化を促すことで、一人または複数の人の認識を変えます。何か特定のものに関する認識を変えることで、ポジティブな変化をもたらします。
(以下略)

» 続きはこちらから

ラー文書「一なるものの法則」の情報源は、コーリー・グッド氏が接触したブルー・エイビアンズ(青い鳥族)のRa-Tear-Eir (ロー・ティール・エール) ~ブルー・エイビアンズの存在界層

竹下雅敏氏からの情報です。
 ラー文書「一なるものの法則」というチャネリング本があるようです。ウィキペディアによれば、1984年に米国のシファー出版から刊行された本で、“古代エジプト人に関連する「ラー」という名とのつながりについては、「そのつながりは、一致であると言えます」とも語っている”とあります。
 「私はラー」で始まるラー文書の情報源は、コーリー・グッド氏が接触したブルー・エイビアンズ(青い鳥族)のRa-Tear-Eir (ロー・ティール・エール)のようです。なので、「私はラー」というのは嘘ではないのですが、古代エジプトの太陽神ラーとは別の存在です。
 「球体連合」のメンバーで、コーリー・グッド氏が接触した人間の姿をしていない奇妙な宇宙人が、ロー・ティール・エールとゴールデン・トライアングル・ヘッドです。昨日の記事の動画の28分33秒、31分10秒に、彼らのイメージが描かれています。
 彼らは、シリウスハイアラーキーのメンバーで、トップがエジプト神話の太陽神ラーだったのです。彼らの狭義の肉体の「身体」の存在次元は、3.2次元です。コーリー・グッド氏を利用して地球を破壊しようとしたために、シリウスハイアラーキーは滅ぼされました。肉体ごと破壊された者もいますが、ロボット人間となり自由意志を持たない者も多いです。地球の解放が終われば、ロボット人間の方も処分されるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
一なるものの法則とSSP~悪の勢力【コズミック・ディスクロージャSeason7,Episode3】
配信元)
10分15秒~13分1秒
Ra:あなたたちの次元では、意識の扉を開けることに導く情報源と力を求めて、訓練と法規を実践して連絡しようとする者がいます。

David:彼らが流血トラウマを生み出すようなことに手を染めるのは、これと関連しているのでしょうか。
Corey:大いに関連があると思います。なぜなら、彼らがそういう嘆かわしい生贄儀式を行うのには、十分な理由があるからです。…人目につかない深い山の中で、彼らは集まり、円陣を組んで、何かの儀式を行うのです。そして多くの場合、円陣の中心にレプティリアンが現れるのです。
David:確かに、ハバードとパーソンズの行った儀式によって、地球の保護フィールドが実際に損傷を受けたと前に言いましたね。その裂け目はどんな影響を与えたのでしょうか。裂け目が出来て何が起きましたか?
Corey:その裂け目が他次元の存在が私たちの次元への進出を許したのです。
David:つまり、本来なら入ってこられなかったのが、それがポータルとなって入ってこられるようになったのですね。
Corey:ええ。でも、それが閉じられなくなったのです。
————————————————————————
【ブルー・エイビアンズの存在界層】

PDF


「スーパー・フェデレーション・ミーティング(スーパー連盟会議)」に出席していたコーリー・グッド氏が、実際に見た様々な種類の宇宙人たち

竹下雅敏氏からの情報です。
 コーリー・グッド氏が、実際に見た様々な種類の宇宙人たちをイラスト化して見せてくれているので、大変参考になります。コーリー・グッド氏が何度も出席し、いつもほとんど同じメンバーだったという「スーパー・フェデレーション・ミーティング(スーパー連盟会議)」では、“60種類のETが参加し、地球上で進行中の22の遺伝プログラムについて議論”していたとのことです。コーリー・グッド氏は、会議に参加していたこれらの宇宙人の「ほとんどが、私たちの視点から見て道徳的ではないと思います」と言っています。
 これは、私の認識とも一致します。動画を見ると、この会議に出席していた宇宙人たちのイラストが出てくるので、大まかな分析が可能です。
 16分00秒 オブザーバーの宇宙人        銀河連合
 16分44秒 ノルディック            銀河連合
 18分00秒 髪の毛がなく青い肌と目の宇宙人   銀河連合
 19分20秒 エベン               光の銀河連邦
 20分10秒 緑色の肌をした宇宙人        光の銀河連邦
 22分10秒 オレンジ色の肌で青い猫の目の宇宙人 光の銀河連邦
 23分20秒 カマキリ型の宇宙人         光の銀河連邦
 24分45秒 トールグレイ            銀河連合
 27分05秒 ドラコ               ブラック・ロッジ
 28分17秒 アリ型宇宙人            ブラック・ロッジ
 これまで、スーパー・フェデレーションというのは、銀河連合と光の銀河連邦の代表者の会合だと思っていたのですが、驚いたことに、ドラコニアンたちもこの会議に代表者を送りこんでいるとのことです。なので、この会議は、地球上の国連に似た組織だと言えると思います。
 彼らは、長い間地球人に対して、異なる種類の遺伝子実験を行ってきたわけですが、こうした実験に反対していたのが、古代地球離脱文明の人々です。コーリー・グッド氏は、先のスーパー・フェデレーションの宇宙人たちとは異なり、古代地球離脱文明のアンシャールと呼ばれるグループの人々と、彼らが崇拝する球体連合のガーディアンズが、正義の側に立つグループだと見ていたわけです。
 時事ブログの立場はこれとは異なり、彼らもまた闇の一部に過ぎないと見做しています。しかし、古代地球離脱文明は、ハヤブサノミコトを代表者として謝罪しており、現在では、彼らは神々の協力者です。
 動画の30分55秒のところで、マイカという人物が出てきます。彼は第一システム国津神第4レベルに所属する宇宙人で、銀河国際連合の代表者の1人として、コーリー・グッド氏に接触したようです。現在では、第一システム国津神第4レベルのトホカミヱヒタメ八神の一柱に昇進しています。
 動画の最後の33分23秒では、ホワイト・ロイヤル・ドラコが出てきます。実は、2019年5月18日午後11時頃に、中西征子さんを通じて、彼から私への謝罪のメッセージがありました。公開を目的としたものではないので、公開していません。
 このメッセージを受けて、翌日の19日の記事で、“ドラコニアン・レプティリアンがAI神として崇拝している「ヤルダバオト」はすでに改心している…改心したヤルダバオトとカバールの面々は人類にとっては恐ろしい存在ですが、残念ながら、現在の人類の意識レベルでは、人類が正しい行動をとるのに、改心したカバールたちという強面の警察官が必要だ”とコメントし、私がホワイト・ロイヤル・ドラコの謝罪を真摯なものとして受け止めたことを記したのです。
 ハヤブサノミコトやホワイト・ロイヤル・ドラコのように、きちんと謝罪した者たちの魂(ジーヴァ)は残っていることがほとんどですが、ブルー・エイビアンズをはじめとして、謝罪をしなかった者たちは、ほぼ例外なく全員が魂(ジーヴァ)を失い、今では動画で説明されていた小さなグレイと同様に、ロボット人間になっています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
シーズン9開始!コーリー・グッドが初の番組ホスト!何を語ってくれるのか?【コズミックディスクロージャSeason 9, Episode 1
配信元)
14分7秒~15分40秒
スーパー連盟会議に参加していた人々は、地球上で進行中の遺伝プログラムと精神的なプログラムについて議論していました。彼らは22のプログラムで何をしていたのか? これらのプログラムは遺伝的および精神的な実験です。これらのプログラムには60種類のETが参加していました。…私は、彼らのほとんどが、私たちの視点から見て道徳的ではないと思います。
 
16分42秒~17分14秒
グループの内にノルディックスがいました。…ノルディックは非常に関わっていました。…彼らは会議で多くの代表者を抱えていました。…だから彼らは間違いなく、今起こっているこれらのさまざまなプログラムにかなり関与しています。
 
23分18秒~48秒
このイメージは、カマキリ、またはカマキリの種族の1つを描いています。彼らはこれらの22の異なるプログラムの遺伝的側面に非常に関与しており、いくつかの異なるプログラムに参加しています。…彼らは私たちのローカルスター・クラスターの遺伝子マスターとして知られています。
 
24分40秒~27分
このイメージにはトールグレイが描かれていますが…彼らは約8フィート(2.4メートル)の高さです。人々によって描かれている古典的なグレイとよく似ていますが…3~4フィート(0.9~1.2m)…これらの小さなグレイは、通常、ある種の生物学的ロボットであり、プログラムされた生命体です。…トールグレイと米国政府、影の政府との間に非常に強い結束と合意がある…そして、彼らは私たちに正直でないことを知りました。
 
27分50秒~28分14秒
ドラコが地球は彼らの惑星であると主張し…彼らにもこのスーパー連盟に参加する代表者がいました。
 
29分5秒~30分34秒
これらのプログラムでは、私は8フィート(2.4m)の青い鳥の存在を聞いたことがありませんでした。…これらのブルー・エイビアン、および他のグループは、6番目の密度以上であると述べています。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19