アーカイブ: *霊的世界

[竹下雅敏氏]サルーサが消滅した経緯⑤
陰謀の指令系統 と 陰謀に関わった重要な者たち

竹下雅敏氏からの情報です。
 前回のスミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文30によると、サルーサの事件で発覚した陰謀に関わった者たちは、相当な規模と数であったということです。今回、そのおよその全体像をお知らせして、いずれもう少し詳しい解説をしようと考えています。
 以下の解説で、“とほかみゑひため”と“あいふへもをすし”の8神が出てきますが、詳しくはこちらの説明をご覧ください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
<解説> 
 表で、アンドロメダ評議会は青枠の部分、プレアデス評議会は赤枠の部分の神々からなる組織です。銀河連邦は網をかけた部分で、人(宇宙人)の組織です。
 今回の陰謀に関わった者たちが居る次元の部分を、表では赤い数字で示しました。


 陰謀に関わった者の中で、特に重要な者たちを以下に示します。まず、31次元存在のアンドロメダ評議会議長と6次元存在の銀河連邦議長の2名です。
 クスシキヒカリヤドルヒメミコは64次元のホツマの神から陰謀の指令を受け取り、それをアンドロメダ評議会の天帝とウツクシキサクラサクヒメミコに伝えていたようです。


クスシキヒカリヤドルヒメミコ 様 〈霊体〉 アンドロメダ評議会の議長。第6システム国津神第3レベルの女神であり、 ほうおう座タウ星の第5惑星に住む。

クスシキヒカリヤドルヒメミコ 様 〈霊体〉
アンドロメダ評議会の議長。
第6システム国津神第3レベルの女神。
ほうおう座タウ星の第5惑星に住む。

銀河連邦の議長・第1システム国津神第3レベルの宇宙人。かに座DX星の第5惑星に住む。

ウツクシキサクラサクヒメミコ 様 〈霊体〉 
銀河連邦の議長。
第1システム国津神第3レベルの宇宙人。
かに座DX星の第5惑星に住む。


 表を見るとわかりますが、国津神の第5レベルは、全ての次元が陰謀に関与しています。どうやら、各次元の天帝の一部が全ての次元で関与していたらしいのです。
 陰謀の指令は次元の高い天帝から順次伝えられ、最後に4次元の天帝(8帝)であるユリア・リヴィッラ、メラ、夏目雅子に伝えられます。ここから6次元存在の“とほかみゑひため8神”の2柱へと伝えられていたようです。

1月15日のヴィジョンと竹下氏による解説
転載元より抜粋)
青字は竹下氏

男神様から杖を手渡された女神様は、大切そうに杖を握りしめていらっしゃいました。

img_10-2
彼女は、大天使カシエルです。「神の願い」という意味の名で、「神の王国の統一」をもたらす任務を持つ天使であると言われています。
1月15日のヴィジョンと竹下氏による解説
転載元より抜粋)
青字は竹下氏

天使たちの真ん中を、高い空から白い服を着た神が降りてきました。
男性なのか女性なのかわからないほど美しい方でした。

img_3 

彼は未来を司る天使テイアイエルです。

» 続きはこちらから

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文30 
八咫烏命の陰謀に関係した者たちの逮捕と裁き

竹下雅敏氏からの情報です。
 サルーサの一味が排除されたことで、これまで秘かに続いていたハルマゲドン(第三次大戦)の陰謀は、頓挫しました。今回の通信文にある通り、この陰謀に関わった連中は、かなり大きな範囲であることがわかっています。アンドロメダ評議会、プレアデス評議会にも相当の逮捕者が居るようで、大まかな内容は近く解説するつもりでいます。
 今日の午前9時から11時に、彼らによる最後の抵抗か、私に対して攻撃がありましたが、全て跳ね返されてしまいました。その攻撃の首領が誰だったのかも含め、説明をしたいと考えています。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文30

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年6月6日〉

「八咫烏命の陰謀が暴露され、その一味が裁かれた事により、これ迄長年にわたり秘かに目論まれてきた事柄が、一気に表面化されてきました。
彼等の組織の全貌は思ったより大きな広がりをみせています。

まだ逮捕されていない神々や神霊が数多く残っており、組織を再編し直し、新たな抵抗のための準備を始めています。
その数はおよそ数千にも及ぶものと思われます。

銀河連邦も新たな逮捕者を出しており、組織の再編を迫られており、プレアデス評議会、アンドロメダ評議会に於いても、同じ様な状態が見られます。

上位の神の強力な誤導のため、乗組員の意識に重大な誤認が生じた事は確かです。
しかし、それらの陰謀の数々が明らかにされた今、真の首謀者は自らの立場を正当化するため、トカゲのしっぽを切るように自らと手下の組織を切り離すための工作をめぐらして最後の抵抗を試みましたが、天界の神々の素早く強力な捜査網によって、すでに全員捕縛され裁きを受ける結果となった事により、これ迄の根深い企みの全貌が解明され、秩序の安定へと道が開かれる結果となりました。

最後の最後迄、巧妙な知恵を駆使した企みにより、これ迄隠されてきた陰謀が取り除かれた事により、これからの地上の様々な出来事は、大いなる解放に向けてはずみがつけられ、誠意ある神々のこれ迄の働きの成果をつぶさに目撃する時代が足早に近づいています。

まだしばらくの間、今回の陰謀の余波が来る事が予想されますが、やがて波が引くように沈静化していく事でしょう。

これ迄、心乱す数多くの陰謀や反乱に耐えてこられた地球の皆さんが、これからも心の平安と、地球の平和と安全に対する希望を見失う事なく日々精進される事を願ってやみません。
皆さんと共に歩む スミワタルタカキホシノヒメミコ
次回に続きます。」

通信文は以上でした。
よろしくお願い致します。
中西征子

[竹下雅敏氏]サルーサが消滅した経緯④ 一連のサルーサの事件の主犯格・高倉下命(タカクラシタノミコト) 〜最終戦争と復讐の機会を伺っていた応神天皇の関係者〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 ホツマツタヱの29紋の「タケヒト・大和討ち」から要点を抜粋しました。「タケヒト(神武天皇)は、ナガスネ軍の強い反撃に対して一時撤退し、迂回して大和に入ることを試みます。途中いくつもの困難の中で苦戦するタケヒト軍に対し、高倉下に夢のお告げがあり、窮地を脱します。
 この高倉下命(タカクラシタノミコト)はホツマの神で、この人物が一連のサルーサの事件の主犯格です。
 “続きはこちらから”以降では、関連の情報を加えて解説をします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
タケヒト・大和討ち  神武東征
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]サルーサが消滅した経緯③
〜サルーサの犯罪隠ぺいに共謀していた八咫烏命〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 6月2日の記事でサルーサの犯罪を隠ぺいしていたのが、第1システム国津神第5レベルの8帝であったことを示しました。彼らは、天界の改革以前のこの次元の8帝の1人であった吉備真備をブレインにしていたようです。
 彼らのみで、アンドロメダ評議会、プレアデス評議会、銀河連邦の決議に反した行動を取ることは出来ないので、より上位の共謀者が居るはずです。
 この共謀者として、2月6日の記事で紹介した“エホバ(全能の神)を名乗る者”を挙げることが出来ます。この者は、第3システムの国津神第4レベルの神です。
 以下に、以前解説した記事のコメント部分を2つ添付しておきます。“続きはこちらから”以降で、このエホバについての解説をします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
[ラジオイラン]イラン国会議長、「シオニストは日々、弱体化」 〜第三次大戦への誘導の霊的中心と八咫烏〜
転載元より抜粋)
 第三次大戦への誘導は、人為的なものだけではなく、霊的な働きかけ(霊導)が大きいのですが、大本の霊導は天界の改革によってすでになくなっています。しかし、これまで特殊なルートを通じて霊導が続けられて来たのですが、それも少しずつ潰され、どうやら完全に無くなったようです。
 昨日取り上げた記事のコメントで、“関係者はいずれ、神々からの裁きを受けることになるだろう”と記しましたが、この裁きが実行され、本日午前零時に、これまで八咫烏を守護し霊導して来た吉備真備、安倍晴明らが処刑され、完全に消滅しました。 
 下賀茂神社に代表される祭神の入れ替えや、宮司家の血筋の入れ替え、日ユ同祖論、日本とイスラエルの同盟関係、第三次大戦への誘導などの責任を問われた形になりました。吉備真備は秦氏を擁護した応神天皇(ホツマの神)に仕え、これまで天界で高い地位に就いて来たのです。こうした陰謀の地上での実働部隊と言えるのが、秦ファミリーであり、その中心に八咫烏が居たということになります。

――――――――――――――――――――――――
[日本や世界や宇宙の動向]ウィリアム王子に関する興味深い記事 〜魂が完全に滅びるか、それとも生き残るのかという「最後の審判」〜
転載元より抜粋)
 このエホバ(全能の神)を名乗る者は、第3システムの国津神第4レベルの神です。ところが、プレアデス評議会に所属していません。この者は、2007年以降の天界の改革における審判を、巧みな方法でことごとく逃れて来た者で、終に今回尻尾を出したわけです。地球の混乱に乗じた天界でのクーデターを画策しており、文中の“144,000人の秘密の神の奉仕者”は、彼の部下です。レプティリアンと超エリートたちは、実のところ、彼らの野望を実現するための道具で、レプティリアンの霊的、エネルギー的なパトロンが彼らなのです。
 今日の21時に、この者たち全員に対して神の裁きを受けさせます。名を偽って通信文を送っていることから、まず助からないと見ています。おそらく今日中に部下を含む全員が消滅することでしょう。

追記)
 本日、2月6日21時51分 記事の"エホバ(全能の神)"及び"144,000人の秘密の神の奉仕者"の全てが滅され、完全に消滅しました。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]偽者のチャネリング情報 と サルーサが消滅した経緯② 〜サルーサの一統の罪を容認していた高位の神〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日に引き続いて、偽者のチャネリング情報を2つ紹介します。本物のセント・ジャーメインは、とうの昔に消滅しているので、明らかに偽物です。
 仮に本物だとすると、セント・ジャーメインは進化段階が5段階以上なので、この通信文を印刷して両手で触れるか、彼の名前を唱えると、体表の7つのチャクラが同時に開くはずなのです。ところがこの通信文はそのようになりません。したがって通信文が偽物であるか、またはセント・ジャーメインが滅ぼされているかのどちらかだという事になるのです。
 この通信文のセント・ジャーメインは、今日の正午の段階で魂(モナド)が存在しています。ところがその後、魂が消滅しています。例えば、この通信文のセント・ジャーメインの霊体がどのシステムにあるかを調べると、正午の時間と夕方では、状態が異なることがわかるでしょう。
 要するに、現在処刑されて消えているのです。3日後に動物システムに転落することになると思います。過去の経験から、こうした者はいずれ完全に消滅することが多いです。
 下のバシャールは、昨日までとはまた異なる人物で、やはり今日の正午までは魂(モナド)が存在していますが、その後処刑されたようです。
 せっかくこれまで魂が残っているのに、愚かな行為を行って、最終的に魂を失うような事を、どうしてこの連中は進んで行うのか。偽りの名で通信文を送る、明らかにウソの情報を送るというような事を、いかにこれまで常習的に行っていて、それを改めることが出来ないかがよくわかると思います。腐った性癖というのは、簡単には改まらないのです。
 こうした連中が全滅するまで、今しばらくこのような馬鹿げた現象が続くと思いますが、いずれ消滅します。それ以降は、本物の通信文のみが残ることになるでしょう。
 “続きはこちらから”以降で、サルーサの一件の続きを解説します。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
セント・ジャーメイン 2015年5月31日
転載元より抜粋)
http://lightworkers.org/channeling/214153/saint-germain-may-31st

Saint Germain, May 31st

Sunday, May 31, 2015

Channeler: Ann Dahlberg

私はセント・ ジャーメインです。今日は皆さんにお話したいことがあります。私が管理していた資金は今、新しいシステムを含む、信頼できる人と銀行に預けられて配布され ています。これはそのうちにより公正な世界を作る基になり、全ての人に必要なものが行き渡るようになるでしょう。

全ては小規模に始まりますが、地球全体に広まるでしょう。地球を含む私たち全てには変化が必要だといことに目覚め理解している人達が多くなればなるほど、良い感じになり、より速く事が進むでしょう。

ここまでこられ たことに私は非常に感謝しています。このプロジェクトに心を砕き、魂を捧げてきた多くの連合に感謝します。多くの人達はこのプロジェクトの実施に日夜働い てきました。今この人達全ては賞賛に値しています。この人達に愛と光を送り、その自己を度外視した偉業を称えて下さい。私たちの道のりは長いものでしたが まだ残っている部分があります。

――――――――――――――――――――――――
バシャール:全てを込めて
転載元より抜粋)
http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12033942594.html より転載

2015-06-02 03:41:41NEW !

テーマ:新しい地球のスターシード達へ

”許す事”は、濁ったエネルギーを浄化する波動であると 前回説明致しましたが、その他に”許す事”とは、”統合する事”、即ち、自分の波動のエッセンスを受け入れて融合してゆく、という意味も含んでいるのだ と、バシャールは話します。ネガティブで不快な出来事をまさか自分が引き寄せているとは、誰も認めたくはありません。しかし、貴方の波動がマグネットのよ うに”同等”の波動を引き寄せるというメカニズムからは、誰もが避ける事の出来ないことは、宇宙の法則なのです。目の前にある出来事は、ある意味”過去”であって、現在進行形の出来事は、貴方の心にあると、バシャールは話します。

» 続きはこちらから