17/11/27 フルフォード情報英語版:海兵隊によるCIA本部への襲撃で、大量の起訴可能な機密情報の収穫

 ハリウッドの大物公開処刑は、ワシントンDCのエロ政治家どもに飛び火し、とうとう先週辺りから主流メディアにも波及し始めました。大手テレビ局に長年居座る有名キャスターや司会者が一掃されそうな気配です。特にアンダーソン・クーパー、あのアーリア人至上主義が喜びそうなウソ臭いエリートイケメン面を葬り去って頂きたい(すみません、生理的に受け付けない顔でして)。
 このキャスターは鉄道王コーネリウス・ヴァンダービルトの子孫(つまり超お金持ち)で、少なくともイエール大学時代の二度の夏休み中、数箇月間ずつCIA実習生をやっていたことは本人も認めています。オルタナ系ではモッキングバード作戦(CIAのメディア統制)の筆頭格じゃないかと睨まれております。そしてイエールと言えば秘密結社スカル・アンド・ボーンズですよ。そちらの一員じゃないかとも囁かれております。

 基本、粛清するのは米軍主導みたいですが、フェイクニュースをぶった切るのが大好きなトランプさんもこの件は積極的に参加させてもらえている御様子。29日のツイートでは「おー、マット・ロウアーが“職場における不適切な性的行為”でNBCからクビにされた。しかしNBCの最上層部とコムキャストはあれだけフェイクニュースを上げたかどでいつになったらクビになるんだ。アンディー・ラックの過去をチェックしてみるといい」と発言。
 更に同日二時間後のツイートで「マット・ロウアーがいなくなった今、NBCにてフェイクニュースの実践家どもがフィル・グリフィンの契約を切るのはいつなんだ? それに低視聴率のジョー・スカーボロは、何年も前にフロリダで起こった“未解決ミステリー”を根拠に打ち切りにするのか? 調べてみるといい!」と焚き付けたもんだから「一体何の話だっ」とオルタナ系メディアが一斉に飛びつきました(笑)
 スカーボロという司会者はNBCの朝の顔。かなりすぐにネタが上がりました。下院議員だった2001年の彼の地元事務所で、28歳の既婚の女性実習生が不審死を遂げたのです。担当の監察医はミズーリ州で虚偽の検死報告をして医師免許剥奪、フロリダ州では資格停止処分にされ、人間の臓器の違法所持で逮捕された超怪しい人間。そして検死内容も、毎朝走っていた本人すら認識せず遺族も否定している心臓の持病があったと主張するもので、その発作で頭を机に打ち付けて死亡したのだとか。この二箇月後、つまり議員として第四期目の開始からたったの5箇月で、突然スカーボロは議員生活に終止符を打ちました。
 NBC会長ラックに関してはネットをざっと見る限り、2015年にワインスタインの話を握り潰したって話題くらいしかまだ上っていないので、しびれを切らした誰かが4チャンなどに内部情報を投下してくれるのを待ちませう。NBC社長グリフィンの件も期待しております。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
海兵隊によるCIA本部への襲撃で、大量の起訴可能な機密情報の収穫
転載元)
投稿者:フルフォード

CIA本部を制圧し、ハザールの資金源を次々ストップ


皆さん、善人【側】が勝っている。ハザールの借金漬け奴隷制度の洗脳マトリックスから最後の洗脳された奴隷が解放され、犯罪者どもが一網打尽になるのは時間の問題だろう。

先週の海兵隊によるバージニア州ラングレーのCIA本部への襲撃によって、大量の起訴可能な機密情報が得られたとペンタゴン筋や其の他の情報源は言っている。複数のペンタゴン筋によると、「[ドナルド・]トランプ[米大統領]は大勝を収めている。クリントンに繋がる小児性愛ネットワークがフィリピン・アフリカ・ドイツに加え、中国でも処分されたのだ。全米での軍事法廷や極秘起訴は4千近くなってきた」。

この襲撃が可能となったのは、トランプが10月20日に、同筋曰く「ブッシュ=クリントン・カバールとユダヤ系マフィアを引き摺り降ろし、CIAとFBIから裏切り者を粛清する」ために、退役軍人を現役復帰させる大統領令へ署名したからとのことだ。



同筋によると11月18日のCIA本部襲撃の最中、コンピューターや書類が押収され、その結果として「約400もの麻薬施設の場所が特定され、11月19日にはアフガニスタンでそれらを米軍が爆撃し始めた」。爆撃箇所は“政治的に正しく”あるよう、タリバンの【いる場所】だと名目上はされたのだと、彼ら【※「同筋」=複数のペンタゴン筋なので「彼ら」】は付け加えた。言い換えると、彼らは軍産複合体の内部で内戦が行われていることを世界に気付かれたくないということだ。

何にせよ、「海兵隊は今回もまた自分たちが【その標語の通り】センペル・フィデーリス(生涯の忠誠を【誓っている】)のだと証明してみせた。これは軍事作戦であるだけではなく、諜報作戦、心理戦そして史上最大の反麻薬作戦でもあったからだ」と同筋は続けた。

アジアの秘密結社の情報筋によると、アフガニスタンからのヘロイン資金を断ち切ったのに加え、北朝鮮への空路と陸路を断ち切ったことで、アンフェタミン資金がハザールのカバールへ流れるのも止めた。

メキシコやコロンビアの麻薬カルテルに対する新たな攻撃は勿論のこと、MS-13マラ・サルバトルチャ・ギャングつまり麻薬王エル・チャポに雇われた暗殺者連中の大量逮捕と国外追放は、南米からのコカイン資金も断ち切られたことを意味している。世界規模で推し進められているマリファナの合法化も、そこからのハザールの闇資金を断ち切っている。

CIAの麻薬資金による影響が枯渇してきているのを受けて、国際刑事裁判所はCIAとブッシュ・カバールをアフガニスタンおよび各地における拷問や其の他の戦争犯罪で訴追する準備を整えつつある、とペンタゴン筋や其の他の情報筋は言う。


極東の悪徳政治家を保護していた第七艦隊ももうすぐ終わり


また、米軍史上最大の汚職事件の一つによって、海軍の最上層部の三分の一となる60人の大将を含む、440人の取り調べが行われることとなった。これらの腐敗した将校の大半はアジアに配備されていた連中で、彼らが排除されたということは、もうすぐ第七艦隊が日本や韓国、そして北朝鮮内の秘密のハザール居留地にいる腐敗した政治家どもを保護することを止めるということを意味している。

海軍の全上層部の三分の一が大規模な国外収賄スキャンダルで拘束される


「フランク・ホームズによるホームズの一面記事」
数百名もの軍将校が――海軍の一番上の階級の幹部を複数含む――正体不明のアジアのある商人が何千万ドルも米国から巻き上げるのを手助けしたかどで告訴されている……そして皆さんはそのことについて露ほどにも耳にしたことはないだろう。これは「太っちょレオナード」のスキャンダルと呼ばれており、そして……この先を読む (ザ・ホーン・ニュースより)

2011年3月11日の津波および核兵器での日本に対する大量殺人攻撃に関与した日本の犯罪者連中は命の危険を感じたのか、内部告発者でグノーシス派イルミナティのグランドマスター“アレキサンダー・ロマノフ”別名スラーシャ・ツァリックを拘束し、東京都府中の長谷川病院に収容して非人道的な状態に置いた。病院の電話番号は81【※国外からの場合。日本国内からは81は不要】-422-31-8600だ。

中曽根康弘元首相と森喜朗元総理と小金井市市長と小金井警察署長そして其の他、福島での人道に対する罪に関与した犯罪者全員は、ツァリックを解放して記者会見を即座に開き、自分たちの罪を告白しない限り、投獄され、いずれは処刑されることとなるだろう。奴らの資産は没収され、ツァリックに対して与えられた損害は補償されることになるだろう、と白龍会(WDS)筋が言っている。

当然のことながら、米国・イタリア・スイスにいる上位の黒幕連中もこれらの犯罪で法の裁きを受けることになる。

ビル・ゲイツやジョージ・ソロスといった多くのハザール・マフィア構成員のトップは既に「任務から外されている」とWDS筋は言う。

次に引き摺り降ろされるであろう最も著名な人物の中には、グーグルのエリック・シュミット、アマゾンのジェフ・ベゾス、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ、更にはソフトバンクの孫正義や其の他の私的所有された中央銀行の不換通貨を洗浄して実体経済へ流し込む経路として使われた数多の新興実業家連中が入っている。

日本の右翼筋によると、孫は「既に対処された」とのことだ。


CIA本部襲撃で明らかになった容疑


一方、米国海兵隊本部内の情報源は先の襲撃によって明らかとなった其の他のハザール犯罪の薄汚い詳細を提供してくれた。以下はCIAの善良な存在から受け取ったメールの内容だ:

CIA本部にいる一海兵隊員より
【※(】私のiPhone経由で送信【します。)】

先週末、アメリカ海兵隊はバージニア州ラングレーにある中央情報局(CIA)を襲撃しました。海兵隊は横領・不正選挙・経歴詐称・暗殺計画・殺人・国内テロ・小児性愛に名の知られた政治家たちが関わっていることを示す大量の証拠を入手しました。貴方の興味を掻き立て、ことの経緯を総括すべく、以下23項目を挙げておきます:

項目1:CIA本部は襲撃され、FBIは制圧され、米財務省の【と曖昧に書いてありますが、恐らく財務省から】横領された資金35兆ドルは回収されました。約100兆ドルがブッシュ家とクリントン家によって着服されていたのです。

項目2:ドナルド・トランプ大統領はジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件の調査を再開させました。ジョージ・H・W・ブッシュが黒幕です。JFKの検死写真は偽造されたのです。

項目3:ああいった【現在騒がれている】国会議員連中のセクハラ暴露は、主流メディアによる裏で実際に起こっていること(アメリカ海兵隊によるCIA本部襲撃やトランプ大統領による軍事戒厳令の発令)に対する目眩ましです。

項目4:インフォーウォーズのアレックス・ジョーンズは裏切り者かつ国の安全を脅かす存在であり、イスラエルの秘密情報部、モサドのとある部局と通じています。

項目5:ヒラリー・ローダム・クリントンは国内の暗殺部隊を使って、ロン・ブラウン(商務長官)、ウィリアム・コルビー(CIA長官)、ビンス・フォレスター(大統領次席法律顧問)、ジョン・F・ケネディ・ジュニア(暗殺されたジョン・F・ケネディの息子)や其の他の暗殺を命じました。

項目6:当時共和党の大統領候補だったトランプは、テッド・クルーズ上院議員の父親がリー・ハーヴェイ・オズワルドと関わりがあると示唆していましたが、それは正しかったのです。

項目7:米下院情報特別委員会の幹部委員でカリフォルニア州代表のアダム・シフ下院議員と元バラク・オバマ大統領首席補佐官のシカゴ市長ラーム・エマニュエルは、モサドに通じています。シフもエマニュエルも小児性愛者です。
【※「幹部委員」:与党と野党から構成される委員会において、与党側のトップが議長を務め、野党側のトップが幹部委員となります。現在は民主党が野党なので、当委員会ではシフが民主党側をまとめているということです。】

項目8:バラク・オバマはケニア生まれです。この前大統領は身元詐称を犯しました。オバマは身元詐称で逮捕されるべきです。

項目9:【テッド・】クルーズ上院議員はカナダ国籍で、アメリカの上院議員となるために出生証明書を偽造し、身元詐称を犯しました。クルーズは身元詐称で逮捕されるべきです。

項目10:トランプ大統領はCIAから給料を貰っている全てのジャーナリスト(例えば[CNN/CBSの]アンダーソン・クーパー、[MSNBC]のクリス・マシューズ、[CNN]のウォルフ・ブリッツァー、そして恐らくは[インフォーウォーズの]アレックス・ジョーンズなども)のファイルを入手しました。


項目11:先週末、アメリカ海兵隊はCIA本部からコンピューターを撤去しました。

項目12:海兵隊はヒラリー・ローダム・クリントンが不正選挙・叛逆罪・煽動罪を犯した決定的証拠を掴んでいます。ヒラリーは麻薬密売人です。彼女は大量殺人を犯しました。彼女は国務省にて嘱託殺人の形で人々を殺害しました。

項目13:2016年11月にCBSのニュース特派員から引退したビル・プラントは、JFKが前方から撃たれたこと、テネシー州代表の上院議員で民主党の大統領候補だったアル・ゴアが実際には2000年の選挙に勝っていたこと、そして9.11のテロ攻撃全体が仕組まれていたことを認めました。このどれ一つとして報道されなかったのは、記者たちが殺されることを恐れたせいだとプラントは言っていました。

項目14:この国はプロトコル【※このメールの後に出てくる「ワンタ・プロトコール」という約定ないしは手続き】が実施されれば、赤字がなくなります。100兆ドルが投入され、35兆ドルは米財務省に直接入れられ、15兆ドルの黒字となります。私たちは減税し、軍隊を立て直し、この国のために素晴らしいインフラ整備が出来ます。そしてドナルド・トランプはロナルド・レーガン以来の最も優れた大統領として名を刻むでしょう。

項目15:ジョージ・H・W・ブッシュはレーガン大統領の8年間の任期中に三度、レーガン大統領を暗殺しようと試みました。


項目16:【この】“父ブッシュ”(とヒラリー・クリントン)はドナルド・トランプ大統領をも暗殺しようと七度試みています。そしてブッシュは、長きに渡って其の他の大物政治家――とりわけ上院や下院の国会議員――に対する25の暗殺計画に関わってきました。

項目17:もしゴアが政権を握り、ブッシュ一族が不正選挙を行なえなかったとしたら、ゴアを排除し、副大統領候補のアル・リーバーマンを大統領に据える計画がありました。

項目18:カリフォルニア州代表のマクシーン・ウォーターズ下院議員とタイのブルー・ムーン銀行に関わることで隠蔽がなされています。

項目19:2017年11月3日のルネ・バウチャーによる、反戦家かつ妊娠中絶合法化反対家のケンタッキー州代表ランド・ポール上院議員への暴行は、殺害を意図したものでした。ポールは知り過ぎており、コントロール不可能なので、「あの男[バウチャー]は【マイクロ】チップを入れ【て狂った行動に出るようにさせ】られた」とのこと。

項目20:とある主流メディアのとあるリポーターが先駆けて報道する予定のニュースがありました――彼は今日に至るまでそのニュースを伏せています。

政府が国中の孤児院と連絡を取り、ディック・チェイニーやジョージ・H・W・ブッシュや其の他の小児性愛者(例えばバーニー・フランクなど)が性交渉したい子どもたちを【自分で】選べるように、ワシントンDCへ孤児たちを運び込ませては孤児院に金を渡していたのです。【選んだ】後はパーティーに同伴させました。売春婦がいるパーティーです。国会議員は薬を打たれ、他人には知られたくないような政治家と孤児の性的な写真を撮られたのです。

国会の大半が【こういった】脅迫でコントロールされていました(し、現在もそうです)。

項目21:アメリカ海兵隊がCIAのビルを襲撃した際に、9.11テロ攻撃前の金融取引【記録】や保険【契約】書類や其の他の文書を手に入れました。これらの文書は全てアメリカ海兵隊諜報部が現在保有しています。

項目22:ウィスコンシン州、連邦準備制度、および(2001年から2005年に)ウィスコンシン州知事だったトミー・トンプソンは、米財務省から何兆ドルも盗んだ行為に関与しています。【現】ウィスコンシン州知事スコット・ウォーカーは彼の元にある全て【の情報を】引き渡さなければ、【裁判所から】召喚されるでしょう。

項目23:民主党のカリフォルニア州知事ジェリー・ブラウンは、カリフォルニア州代表の少数党院内総務ナンシー・ペロシ下院議員とカマラ・ハリス上院議員が関与するペドケートで自身が所属する党を調査するよう命じました。
【※「ペド」は小児性愛の略、「○○ゲート」はスキャンダルのこと。ニクソンのウォーターゲート事件に引っ掛けて、ジョン・ポデスタたちが関わったと噂されるピザ屋事件は「ピザゲート」、そこから更に拡大して小児性愛スキャンダル全体を「ペドゲート」と最近は呼ぶことが多いです。ちなみに主流メディアとカバール政治家が何でもロシアを犯人に仕立て上げる風潮は「ロシアゲート」。】


CIA本部メールと従来入ってきていた情報源との相違点


上記の情報は、これまで我々の情報源が言ってきたことと完全に一致している訣ではないが、許容範囲内なのでほぼ一語一句そのまま掲載することにした。【異なっている】一例を挙げれば、我々の独自の情報源はバラク・オバマが実際に米国内で生まれたのだが、本物の父親がアメリカ共産主義の活動家フランク・マーシャル・デイヴィスだという点で、身元詐称を犯していると主張している。

また我々は、ワンタ・プロトコールが実施されて100兆ドルが投入されるかどうかの裏付けも取れなかった。
【※こちらの記事こちらのまとめによると、レオ・ワンタはレーガン大統領からソ連経済を崩壊するために大量の軍資金を委託されたと主張するアメリカ人実業家。ブッシュ政権になると、ワンタ氏はスイスでは銀行詐欺のかどで、ウィスコンシン州では脱税容疑で違法逮捕され、資金をブッシュ家やクリントン家関連の海外の口座に勝手に移されてしまったのだとか。拘束を解かれたワンタ氏は、この資金を取り戻そうと動いているらしいです。】

しかしながら、ジャレット・イエレンが2024年まで任期延長が予定されていたのにも関わらず、連邦準備制度の理事の座から退くことを余儀なくされた点は確認が取れた。これはハザール・マフィア連中から米国ドルの印刷機が取り上げられるということを意味している。そして理論上は、あの無尽蔵の財源を使って世界の其の他【の国々】と共にアメリカを再び素晴らしい存在にすることが可能だという訣だ。

とはいえハザール・マフィア連中が真に打ち負かされ【たと言える状態にな】るまでには、まだまだやるべきことが山積している。今は勝利に酔いしれる時ではないのだ。


主流メディアもフェイクニュースから脱却させるために揺さぶり開始


米国では、企業プロパガンダ・メディアを解体して、真実を報道することを始めさせなければならない。先週はその方向へと幾つもの対策が実行に移された。

例えば、ワシントン・ポスト紙とハザールが所有するアドバンス・パブリケーションズ社は、アラバマ州代表のロイ・ムーア上院議員に関して彼らの報道した性的虐待容疑が虚偽だったと発覚し、当該議員から名誉棄損のかどで訴えられることになったとペンタゴン筋が言っている。ドナルド・トランプがムーアを支持しているのだ。

また、ルパート・マードックにFox局を売却するようハザール・マフィアが圧力を掛けようとしていたが、こちらもペンタゴン筋によるとトランプ政権によって阻止されたらしい。最初の一手として、司法省がコムキャスト社にNBCユニバーサルを譲渡するよう余儀なくさせて、奴らがFoxを乗っ取ろうとするのを諦めさせるのだ、と同筋は言っている。
【※ケーブルテレビ局コムキャストの子会社、(と言ってもそれ自体が巨大グループ企業なんですが)NBCユニバーサルは、更にその下にNBC局を抱えています。そしてFoxとNBCは、ABCやCBSと共にアメリカ四大テレビ局です。】

メディア界を牛耳る大物連中が逮捕されるのも時間の問題とのことだ。


崖っぷちイスラエルは事実上の武器禁輸状態か


そしてハザール連中と言えば、世界の石油の大半に対するハザール支配を死守すべく、イスラエル軍やサウジアラビアの傭兵部隊を統合し、イスラエルとサウジアラビアの守りを固めようとしている。

しかしながら、ペンタゴン筋によると「長年の得意先であるインドに5億ドルの対戦車ミサイル取引を廃棄されたということは、イスラエルは武器禁輸措置下にある。ドイツはメルケルの次は潜水艦の製造を止めるかもしれず、イスラエルはこれ以上F-35【戦闘機】を購入できなくなり部品も供給してもらえなくなるかもしれず、オバマ政権下で約束された10年間に渡る380億ドルの包括的軍事支援計画もキャンセルされるかもしれない」。

全体としては、地球に暮らす一般の人々側が勝ちを決め続けた実に素晴らしい一週間となった。イスラエル・日本・ドイツ・イタリア・フランス・英国で政権交代が迫っていることを示す明らかな兆候も現れている。もしそれが実現して、大量逮捕がその後に続けば、ハザールのバビロニア式借金奴隷の悪夢が真に終焉を迎えたのだということだ。

人類の新たな夜明けが始まりつつある。ことが起こるように皆で推進していこうではないか。


翻訳:Yutika

註:【 】内は訳者の解説部分です。また訳文は日本語での読み易さを優先して、見出しを加えており、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。


※画像は編集者によるものです。

お願い
フルフォード氏本人から快く許可をいただき、英語版レポートをシャンティ・フーラで翻訳して転載させていただいております。ただ、フルフォード氏の活動を支えるためにも有料の日本語版メルマガを購読して応援してもらえると有難いです。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

Comments are closed.