地球ニュース:アメリカ狂騒曲

 今回はアメリカのカバールが追い詰められているのが、じわじわ伝わってくる情報を3つ。マケインの死、カバノー判事の公聴会、そしてオルゴナイト店の販売禁止事例です。
 マケインの死亡日は、波動の訓練をされている方々の練習材料にもなりそうなので採用しました。何日まで生きていたのか、是非測定してくださいませ。
 そうそう、フルフォード氏の前回の記事に「海軍の評判を守るために名誉の死を許された」とありますが、あれは多分、マケインが祖父・父親と続く海軍家系の三代目だったからじゃないでしょうか。
 米軍ってこういう伝統に重きを置きたがりますよね、個人的な印象ですが他の職種よりも顕著な感じがします。最高裁判事の威力といい、日本と異なる感性かと。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アメリカ狂騒曲


マケイン死亡の日と原因


お馴染みクリントン御用達TV局、モッキングバード作戦大本営発表のCNN局に出演したオハイオ州知事ジョン・ケーシック氏のうっかり発言から始めましょう。こちらです:

クリス・クオモが司会を務める『クオモ・プライム・タイム』という番組の一部です。同日の番組全体の動画だと38分20秒位のところです(※ジム・ストーン氏が貼っていたアドレスで、直前に飛ぶ筈です)。

ケーシック知事は共和党ですが、トランプさんの指導力には批判的。四方八方に喧嘩を売って滅茶苦茶だと嘆いています。

「では議会の方はというと、ジョン・マケインが処刑されてから24時間ほどだというのに、あの公聴会の騒ぎっぷりときたら……」とブレット・カバノー判事の指名承認公聴会に言及し始めました。

英語の原文だと「It’s like 24 hours since McCain was put to death, and….」。この「put to death」、とは誰かを処刑する、あるいは犬猫を殺処分したり安楽死させる時に使います。なのでどこかのコメント欄で「ペットじゃあるまいし(笑)」的な書き込みがありました。

あれれ……一応、マケイン氏は“癌で死んだ”ということで大々的にお葬式しませんでしたっけー?

整合性が取れません。ということで、どう頑張ってもそうは聴こえないけれど「put to rest」の言い間違いだろう、と擁護する意見も出て来ました。それなら「埋葬する」という意味もあるので、「お葬式から僅か一日しか経っていないのに」という意味になります。

でも、ジョン・マケインの公式“死亡”日は8月25日、あの大々的なお葬式は9月1日土曜日。計算が合いません。


ちなみに冒頭の番組は5日夜9時から生放送です。録画じゃありません。カバノー判事の公聴会が開かれたのは4日ですし。

ということで、ジム・ストーン氏は自身のサイト上で、ケーシックはマケインに何が起こったのかを分かっていて、口を滑らせてしまった、と結論付けています。

「ディープ・ステートの大半は何が起こっているか知っていて、葬式に出席した殆どの人間もマケインが【その時点では】まだ死んでいないと知っていた、というのが私の推論だ。だからこそ、棺は閉じられたままだったのだ【※アメリカでは故人にお別れをするときに棺の蓋を開けておくことがポピュラー】。

誰もが――CNN局もABC局も、国会も――全員、マケインは処刑されたことを知っており、誰一人として一切言及しない。トランプがドブ水は抜かれていっていると現在形でツイートしたのには意味があった筈で、それは誰か大物を倒さねばならなかったということであり、であれば時を同じくして何故あそこまで大々的に狂乱騒ぎとなっているのかも説明がつく。」


さてはてマケインはカバールの情報を売り渡した御褒美に、自分の葬式を見せてもらってから処刑されたのでしょうか。ベトナム戦争で捕虜となった際には「Songbird(歌う鳥)」と呼ばれていました。死亡日がいつにせよ、きっとペラペラと、とてもよくしゃべる鳥だったのでしょう。


米国リベラルがいよいよヤバイ


オハイオ州知事でなくても「ありゃ酷い」と頭を抱えたくなるのが、4日に上院司法委員会で開かれたブレット・カバノー判事の公聴会。連邦最高裁判所判事に指名されているので、議会として承認するかを見極めるためだったのですが、アメリカのリベラルの理性と良識を疑いたくなります。

最近はliberal(リベラル、左派)とretard(脳の発達が遅れている)を掛け合わせて、libtard(リブタード)と呼ぶようです。あんまり美しい言葉ではないのでご自分で使うことはお勧めしませんが、公聴会の様子を見ると気持ちは分るといいますか……いやはや:


動画の最初から最後まで女性がずっと繰り返している質問内容が頓珍漢。カーマラ・ハリスという上院議員で、民主党が大統領候補の一人として推しているみたいです。

何度もしつこく「貴方はマラー特別検察官か彼の捜査、あるいはその両方について、カソウィッツ・ベンソン・トレス法律事務所の人間と話したことはありますか」と詰め寄っていました。捜査というのは、民主党とリベラルがぎゃんぎゃん吠えているロシア疑惑のことで、この法律事務所のマーク・カソウィッツ氏はトランプさんのお抱え弁護士です。

こちらの記事によると、350人以上の弁護士を抱え、あちこちに支店がある大手事務所。助手だの秘書だの事務員だのを入れればもっと膨れ上がるでしょう。

面喰ったカバノー判事は「誰が事務所の人間かなんて分からないので、名前を挙げて特定して頂けますか?」、「具体的にどのような内容を指しているので?」と訊ねるのですが、議員は質問を繰り返すだけ。どうやら「話していない」と断言させて言質をとり、後から「ホラ、嘘吐きだった!」と糺弾したいみたいなのです。

判事は、新聞の一面になる話題だし、マラー氏とはかつて一緒に働いたことがあるから、そりゃあ同僚と話したかもしれないけれど、世間話の相手を全部思い出せと言われても……と困惑したままでした。

流石にこれは公平な質問じゃないからもっと特定すべきだ、とマイク・リー上院議員が提案したのですが、全く内容を変えません。ロボットですか。

更に問題なのが、その合間でも何度かつまみ出された一般市民(2分50秒前後の黒人女性や、3分40秒の白人女性)。公聴会では少なくとも70名が逮捕されました。

どうやら抗議活動の多くは嫌がらせのために雇われたアルバイトだったようです:

男性が手にしているのはドル札。

こちらの記事によると、公聴会の傍聴席に入ろうと並んでいる列でも支払いがなされていたようで、テキサス州から来た三人のお医者さんが証言しています:

「ある時点で、金の入った袋を抱えた人が何人かやって来たのに気が付きました。人々は並んで紙切れを渡し、すると向こうは金を渡すのです。……『中に入ってして欲しいのは、大声を上げること。叫んで、出来れば逮捕されること』と彼らが実際に言っているのを我々は耳にしました

Qが指摘していますが、どうやらカバナー判事が最高裁に入るのはカバールにとって相当な痛手となるようなのです。なにせ親玉ヒラリーがもう完全パニック・モード。ツイッターでカバナーは最高裁に相応しくないと連投しています(※Qがリンクを貼った以下のアドレスは全部ヒラリーのもの):

Q曰く:「奴らは[自分たちが]起訴に持ち込まれとしても、最終的には安全だと思っていたのだ[最高裁を支配【することによって】]。」

カバールにとって最高裁は最後の命綱。ヒラリーを大統領にして更に味方の判事で固める筈が、トランプさんはどんどん入れ替えております。日本だと「最高裁が何なのよ」って感覚なのですが、ヒラリーのパニックぶりからすると相当な崖っぷちみたいです。上の公聴会前日もそうですが、本人のアカウントを確かめると今日現在でもカバナーがどうのと騒いでいますから。

上のQ投稿の末尾の文です:「痛みは様々な形でやってくるもの。完全にコントロール【してある】。ショーをお楽しみあれ。


オルゴナイトは危険物質?!


最後はジョーダン・セイザー氏からの情報です。ディープ・ステートが相当焦っているのか、オルタナ系ニュースサイトだけでなく、物を販売するお店まで閉鎖し始めました。



とある女性がEtsy Shopという手作り作品やヴィンテージ物のマーケットプレイス(※エッツィーの方が大きいですが、日本で言うとCreema(クリーマ)みたいなサイト)でオルゴナイトを販売していました。

ですが、サイト側からアカウントを停止されてしまったのです。通達内容のスクショをインスタグラムに上げたものをセイザー氏が紹介しているのですが、理由がぶっとんでました。

アメリカ合衆国原子力規制委員会が、核物質ないしは放射性物質が含まれていたり、そういう物質に関連付けられる品質の商品は取り下げるよう、エッツィーに言い渡したそうです。


まぁ最近はお洒落アイテムと化してきて、金属(無機物)との比率よりも見た目重視が多い気はしますけどねぇ。……だからって、オルゴナイトを持っていると放射能で癌になる訣ではないでしょうに。

あ、上の画像はイメージです。件のお店のスクショが御覧になりたければこちらの頁の一番下にあります。

この女性、エッツィーからはやりとりを掲載しないように言われたものの、自分には修正第一条(表現の自由)の権利があるし、問題なのはエッツィーじゃなくて原子力規制委員会でしょ、ときちんと公開。

ホメオパシーを始めとして、カバールは健康面でもシープルの完全無力化に必死なようですが、民草は目覚めて来ています。一筋縄ではいきません。


文・Yutika

註:訳文中の【 】は訳者の追記部分です。また訳文は日本語での読み易さを優先して、見出しを加えており、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.