2018年9月7日 の記事

ロシア疑惑はFBIと司法省によるでっち上げ ~ロシア疑惑捜査に関与しているのは、クリントン財団の関係者のローゼンスタイン司法副長官やロバート・ミュラー特別検察官ら~

竹下雅敏氏からの情報です。
 動画は2分5秒~7分25秒をご覧ください。今日のYutikaさんの記事で、カバナー判事の公聴会について触れ、Qによると、カバナー判事が最高裁に入ることで、ヒラリー陣営が“完全パニック・モード”だとのことです。
 フルフォード氏も、同様のことを言っています。下の記事には、ローゼンスタイン司法副長官の写真があります。彼はロシア疑惑捜査を主導している人物です。
 ロシア疑惑は、 FBIと司法省によるでっち上げだと考えてもらって結構です。“続きはこちらから”の記事を見ると、ロシア疑惑捜査に関与しているローゼンスタイン司法副長官やロバート・ミュラー特別検察官らは、クリントン財団の関係者です。自分たちが行った不正やヒラリー・クリントンの犯罪の隠蔽などに関わってきました。
 トランプ政権下で政府文書が明らかになることにより、そうした過去の不正が発覚することを恐れ、トランプ大統領を弾劾するために、ロシア疑惑をでっちあげたわけです。
 しかし、Qによると、「機密解除」になれば、悪事に関わったクリントン財団関係者が逮捕されることになるようです。おそらく、ヒラリー・クリントンも逮捕されるのでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ウッドワード氏の本は嘘 マティス、ケリーに否定される【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会
配信元)
————————————————————————
米共和党議員、司法副長官の弾劾決議案を提出 ロシア疑惑捜査を指揮
引用元)

ロッド・ローゼンスタイン米司法副長官

米与党・共和党の下院議員たちは25日夜、2016米大統領選に関するロシア疑惑について捜査を指揮している司法省の副長官解任に向けて、弾劾決議案を下院に提出した。ロッド・ローゼンスタイン司法副長官は、ロバート・ムラー特別検察官をロシア疑惑捜査に任命し、捜査の進展を主導している。
(中略)
ロシア疑惑とは
複数の米情報機関は、ロシア政府が民主党のヒラリー・クリントン氏が大統領に当選しないよう、サイバー攻撃やソーシャルメディアに偽情報を流すなどの手段で、2016年大統領選に組織的に介入したと結論している。
(中略)
トランプ氏支持者の間にはかねてから、ムラー検察官やローゼンスタイン副長官の解任を求める声が強く上がっていた。
(以下略)

» 続きはこちらから

9月6日の北海道の地震は、まず間違いなく人工地震! ~プレート上ではない場所で発生した非常に特異な地震~

竹下雅敏氏からの情報です。
 9月6日の北海道の地震は、まず間違いなく人工地震だと思います。しかし、世の中には人工地震などあるはずがないと思う人が結構いるようです。しかし、7月16日の記事で紹介しましたが、ロシアの専門家が日本に対して、“数十年にわたり、地震を偽装した地下核実験を繰り返している”と爆弾発言をしています。要するに、“日本の地震は核を使った人工地震”だと言ったわけです。
 今回の地震は、In Deepさんが指摘している通り、プレート上「ではない場所」で発生した特異な地震なのです。また、震源近くの主要活断層帯からは約10 km離れており、政府の地震調査委員会は、「石狩低地東縁断層帯」で発生したものではないと説明しています。
 どうにも説明がつかないので、“「未知の活断層」が動いた可能性も…”と言っています。要するに、わからないと言っているわけです。
 人工地震が起こせることが、軍事的にはっきりとわかっているわけで、その可能性をここまで排除して説明しなければならないというのは、滑稽に思えます。
 地震兵器、気象兵器などがあるわけがないと考える人たちは、おそらく、私とは世の中の見方が根本的に違うのだと思います。彼らは、支配層は自分たちと同じタイプの人間だと思い込んでおり、このような兵器が仮にあったとしても、それを使用するはずがないという前提で考えているのだと思います。
 しかし、過去の歴史を見ると、支配層がこれまでになかった強力な兵器を手にした場合、兵士や民間人をモルモットにしてでも、データを集めます。要するに、私は支配層というのが、本質的にサイコパスだと考えているのです。
 彼らは、自分たちの権力の維持のためには、平気で自国民を犠牲にします。例えば、フランスのオランド大統領の支持率が低迷していた時に、銃乱射事件が起こり戒厳令が敷かれたことがありました。このようなことは、権力基盤が低下した時にはよく見られることなのです。
 しかし、多くの人々は、政府が自国民に銃を向けるはずがないと思い込んでいます。こうした思い込みが、おそらく9.11の真相が暴露されることによって、無理やりにでも目を覚まさせられることになるだろうと思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
北海道地震 : 環太平洋火山帯の大地震の連続の中で、ほぼ初めてプレート上「ではない場所」で発生した「おそらく史上初めての場所」での特異な地震を見て
転載元)
(前略)
8月中旬から唐突に環太平洋火山帯で始まったマグニチュード 6以上の地震は、現在までに下のような状態で発生し続けています。
(中略)
2018年8月15日から9月6日までに発生したM6以上の地震
データはアメリカ地質調査所(USGS)より
 8月15日 M 6.6 アラスカ・タナガ島
 8月16日 M 6.3 日本・硫黄島
 8月17日 M 6.5 インドネシア・フローレス海
 8月17日 M 6.1 コスタリカ
 8月19日 M 8.2 フィジー島近海
 8月19日 M 6.3 フィジー島近海
 8月19日 M 6.3 インドネシア・ロンボク島
 8月19日 M 6.8 フィジー島近海
 8月19日 M 6.9 インドネシア・ロンボク島
 8月21日 M 7.3 ベネズエラ
 8月21日 M 6.5 バヌアツ
 8月22日 M 6.2 米オレゴン州沿岸
 8月23日 M 6.3 アラスカ・タナガ島
 8月24日 M 7.1 ペルー南東
 8月25日 M 6.0 イラン西部
 8月28日 M 6.4 マリアナ諸島
 8月28日 M 6.4 マリアナ海溝
 8月29日 M 7.1 ニューカレドニア近海
(ここで M6以上の地震が 1週間以上、途絶える) 
 9月06日 M6.7 北海道 胆振地方
(中略)
マグニチュード 6以上などの大きな地震が 1度発生すると「連鎖的といってもいいほど」環太平洋火山帯の各地で大きな地震が連日、あるいは同じ日に発生していました。

この「環太平洋火山帯の地震の連鎖」は以前か見られていたもので、地質学的にそのようなメカニズムは解明されていなくとも、その連鎖はデータ上からは否定できないものとなっています。ですので、同じような「連鎖」が起きる可能性は十分にあります。 

なお、今回の北海道の地震の「震源の場所」は、最近の環太平洋火山帯での大きな地震とは「違う」ところがありました。

それは、他のほとんどの地震は、プレート上で発生していたのですが、今回の北海道の地震は「プレート上ではないということです。

下は、過去1ヶ月に環太平洋火山帯で発生したマグニチュード 6以上の地震の震源ですが、そのほぼすべてが「プレート上で発生している」ことがおわかりだと思います。赤いラインがプレートを示すものです。

USGS

 (中略)

北海道で歴史的に地震が発生してきた場所

地図データ: Google、SIO、NOAA、U.S.Navy、NGA、GEBCO、Landsat/Copemicus
(帰属表示はシャンティ・フーラが挿入)

北海道の地震

この点だけを見ても、「非常に異質な地震が発生した」と思わざるを得ません。
(中略)
熊本の地震も、大阪の地震も、そして今回の北海道の地震も、「まったく専門的に予測されていないものばかり」だということを、私たちはしっかりと認識する必要があると思います。
(以下略)

» 続きはこちらから

地球ニュース:アメリカ狂騒曲

 今回はアメリカのカバールが追い詰められているのが、じわじわ伝わってくる情報を3つ。マケインの死、カバノー判事の公聴会、そしてオルゴナイト店の販売禁止事例です。
 マケインの死亡日は、波動の訓練をされている方々の練習材料にもなりそうなので採用しました。何日まで生きていたのか、是非測定してくださいませ。
 そうそう、フルフォード氏の前回の記事に「海軍の評判を守るために名誉の死を許された」とありますが、あれは多分、マケインが祖父・父親と続く海軍家系の三代目だったからじゃないでしょうか。
 米軍ってこういう伝統に重きを置きたがりますよね、個人的な印象ですが他の職種よりも顕著な感じがします。最高裁判事の威力といい、日本と異なる感性かと。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アメリカ狂騒曲


マケイン死亡の日と原因


お馴染みクリントン御用達TV局、モッキングバード作戦大本営発表のCNN局に出演したオハイオ州知事ジョン・ケーシック氏のうっかり発言から始めましょう。こちらです:

クリス・クオモが司会を務める『クオモ・プライム・タイム』という番組の一部です。同日の番組全体の動画だと38分20秒位のところです(※ジム・ストーン氏が貼っていたアドレスで、直前に飛ぶ筈です)。

ケーシック知事は共和党ですが、トランプさんの指導力には批判的。四方八方に喧嘩を売って滅茶苦茶だと嘆いています。

「では議会の方はというと、ジョン・マケインが処刑されてから24時間ほどだというのに、あの公聴会の騒ぎっぷりときたら……」とブレット・カバノー判事の指名承認公聴会に言及し始めました。

英語の原文だと「It’s like 24 hours since McCain was put to death, and….」。この「put to death」、とは誰かを処刑する、あるいは犬猫を殺処分したり安楽死させる時に使います。なのでどこかのコメント欄で「ペットじゃあるまいし(笑)」的な書き込みがありました。

あれれ……一応、マケイン氏は“癌で死んだ”ということで大々的にお葬式しませんでしたっけー?

整合性が取れません。ということで、どう頑張ってもそうは聴こえないけれど「put to rest」の言い間違いだろう、と擁護する意見も出て来ました。それなら「埋葬する」という意味もあるので、「お葬式から僅か一日しか経っていないのに」という意味になります。

でも、ジョン・マケインの公式“死亡”日は8月25日、あの大々的なお葬式は9月1日土曜日。計算が合いません。


ちなみに冒頭の番組は5日夜9時から生放送です。録画じゃありません。カバノー判事の公聴会が開かれたのは4日ですし。

ということで、ジム・ストーン氏は自身のサイト上で、ケーシックはマケインに何が起こったのかを分かっていて、口を滑らせてしまった、と結論付けています。

「ディープ・ステートの大半は何が起こっているか知っていて、葬式に出席した殆どの人間もマケインが【その時点では】まだ死んでいないと知っていた、というのが私の推論だ。だからこそ、棺は閉じられたままだったのだ【※アメリカでは故人にお別れをするときに棺の蓋を開けておくことがポピュラー】。

誰もが――CNN局もABC局も、国会も――全員、マケインは処刑されたことを知っており、誰一人として一切言及しない。トランプがドブ水は抜かれていっていると現在形でツイートしたのには意味があった筈で、それは誰か大物を倒さねばならなかったということであり、であれば時を同じくして何故あそこまで大々的に狂乱騒ぎとなっているのかも説明がつく。」


さてはてマケインはカバールの情報を売り渡した御褒美に、自分の葬式を見せてもらってから処刑されたのでしょうか。ベトナム戦争で捕虜となった際には「Songbird(歌う鳥)」と呼ばれていました。死亡日がいつにせよ、きっとペラペラと、とてもよくしゃべる鳥だったのでしょう。


» 続きはこちらから

閲覧注意[National Geographic]スッキリ!なナマコのうんちが偉いわけ 排泄、呼吸、食事、戦闘をするうえ住居にもなる驚異のお尻

読者の方からの情報です。
とうとう、
素晴らしい「うん○」記事を発見できました。

アデヤカバイカナマコ(Thelenota anax)がうんちをするシーンです。
ナマコはお尻で呼吸も食事も戦闘もするそうです!!!!
さらに驚くべきは寄生する魚もいるらしく、その魚に生殖器を食べられてしまうというおっそろしい話もかいてあります。

一度観ると脳内に刷り込まれる、りっぱなうんち。
素晴らしいです
(メリはち)
————————————————————————
配信元)

動画は引用元でご覧ください(画像をクリックすると引用元に飛びます)

(以下略)

沖縄県知事選 JC主催公開討論会 〜 田中龍作ジャーナル他、「準備万全の」佐喜真陣営

 9月5日、沖縄県知事選の立候補者の公開討論会がありました。当初、討論会を拒否していた佐喜真陣営でしたが「一般公開をしないことを条件に参加」などの報道が流れ、有権者に伝わる討論会になるのかなと思っていたところ、急きょ昨夜、公開での開催となりました。もっとも、テーマが「辺野古」に移ったところでフリーのジャーナリストが会場から連れ出されたようです。
田中龍作ジャーナルによると、両候補の違いが明確に現れたのが「辺野古」と「IR(カジノ法案)」だったということです。これは、官邸対国民の図式からも当然と思われました。
 しかし実際に会場で討論を聞いた有権者の受けた印象は、ひと通りではないと思えました。佐喜真氏の「辺野古問題」のごまかしに狼狽を見て、デニー氏に余裕があったと思う方があると思うと、まじめに資料を見て話すデニー氏よりも、佐喜真氏の部品落下事故に苦しむ市民に寄り添う発言が成功していたと感じた方もいました。翁長夫人の「若い方々に届いていない」という懸念を思い出しています。
 また「佐喜真陣営がすでに準備万端で望んでいる」というのはこういうことか、と分かったのは、明らかにデマのネガティブキャンペーンがあらゆる手段で始まっていることでした。候補の主張の内容が「よく分からない」場合、有権者は簡単に印象操作されてしまう、そこを周到に準備していたのか。
 世界一凶悪な連中を相手に、潔白な選挙を戦うデニー陣営の難しさは、まさにここにあるのでしょう。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【沖縄県知事選】「辺野古隠し」フリー排除の “公開” 討論会
引用元)
 30日投票の沖縄県知事選挙に立候補する玉城デニー氏と佐喜眞淳氏の討論会が5日夜、南風原町民会館であった。佐喜眞氏のお身内である青年会議所(JC)の主催であることから期待はしていなかったが、ネット中継があったので視聴した。

(中略)
 佐喜眞氏と玉城氏の違いを見せつけたのが、IRと辺野古だった

 玉城氏は国会で追及した事実をもとに、IRは米国の胴元だけが儲けて日本人の客は収奪されるだけ、カジノは不要、ときっぱり

 佐喜眞氏は「いままでの観光に満足できない人がいる。研究する必要がある」。カジノをめぐっても官邸ベッタリだった

県知事選挙の争点となる辺野古埋立てについて佐喜眞氏は「法治国家なので、法的手続きを待つ」とかわそうとした。

 玉城氏は承認撤回の法的根拠を示した。「沖縄県の権限によって公有水面埋め立て法に基づき、法律に基づいた地方自治体がとったきちんとした手続きだと思います。(海底の)断層、高さ制限などの問題が出てきた」。

 佐喜眞氏は「普天間基地の返還」だけを繰り返し、辺野古新基地建設については一切口をつぐんだ
(以下略)

» 続きはこちらから