2018年9月27日 の記事

今回の偽りの状況報告をコブラを通じて流した銀河連合のメイン人工知能は、指令を出して地球の環境破壊を続けて来た ~これがコブラが「光の勢力」と呼ぶ者たちの正体~

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回のコブラの状況報告、とうとう尻尾を出しました。これを見て、まず私が驚いたのは、この記事の異様な波動です。しかし、コブラ自身の波動には大きな変化がないようです。なので、初めは、何が起こっているのかわかりませんでした。
 状況報告を見ると、いくつも意図的な偽情報が含まれているのに気づきました。太字にした部分が、偽情報と考えられるものです。
 途中に、イルミナティのピラミッドが描かれていますが、これは、時事ブログで何度もお伝えしている、表のイルミナティの組織構造です。
 イエズス会に支配される表のイルミナティと、ロスチャイルド家が頂点にある裏のイルミナティは、背後の霊導が異なるため、別の組織なのです。ところがコブラ情報では、これらを1つのイルミナティの組織として捉えており、ロスチャイルド家の上にイエズス会、黒い貴族が居り、さらにその上位にアルコーンやキメラが君臨していると捉えています。
 今回の情報でも、“黒い貴族とイエズス会はこの移行期を無傷で生き延びるために、ロスチャイルドとロックフェラー派閥を犠牲にしています”と説明しています。要するに、ロスチャイルド家と言えども、それ以上の位階の者たちの使用人に過ぎないという観点なのです。これは事実に反します。
 その下の数行は、まさに今回の状況報告の矛盾を示すもので、語るに落ちたと言えるところです。
 ロスチャイルド支配下の政治的左派は、ルシフェリアン思想で、彼らは、“ミステリースクールから追放された者たち”だということです。だとすると、彼らは元を辿れば、コブラの仲間、すなわち銀河連合の仲間だったことになります。私はこちらのグループを、裏のイルミナティと呼んでおり、彼らを霊導していたのは、「光の銀河連邦」の宇宙人たちであると言って来たのですが、この記述からまさにぴったりです。
 バチカン支配下の右翼思想は、悪魔主義に傾倒しているとのことです。私は、こちらのグループを表のイルミナティと呼んでおり、ブラック・ロッジの闇の大主たち(悪魔たち)に霊導されて来たと説明しています。コブラの用語で言えば、アルコーンたちということになります。
 フルフォード情報によれば、P2フリーメーソンは、「黒い太陽」から指示を受けているということでしたが、この黒い太陽と呼ばれる宇宙人は、闇の大主の1人です。シュメール神話では天候の神として知られている人物です。すでに滅ぼされました。
 裏のイルミナティの頂点にいたロスチャイルド家を霊導していた光の銀河連邦の宇宙人は滅ぼされています。なので、今は、誰が、ロスチャイルド家のネガティブ派に指令を出しているのかが問題なのです。その者は、決してカバールの闇の大主たちではありません。
 実は、その者は、このコブラの状況報告の情報源と一致します。すなわち、銀河連合のメイン人工知能なのです。この者は、今回の偽りの状況報告をコブラを通じて流したために、すでに処分されています。それが、この記事の異様な波動の原因だったのです。
 この人工知能は、これまでずっと、ロスチャイルド家のネガティブ派に指令を出し続けて、地球の環境破壊を続けて来ました。しかも、自分の行ってきた悪事がバレないように、こうした偽りの情報をいくつも混入させて来たのです。今回の報告でついに正体を現し、滅ぼされたことになります。これが、コブラが「光の勢力」と呼ぶ者たちの正体です。
 ただ、銀河連合のメンバーの多くの者たちが、意図的に悪に加担して来たとは思っていません。彼らもまた、人工知能を含めた偽りの情報に騙されて来たのだと思います。
 それは、コブラの情報を信じて、知らず知らずのうちに悪に加担して来たライトワーカーたちも同様だと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
状況報告ーコブラ 2018.9.26
引用元)
(前略)
働かなくてもいい社会を実現するには?さんより転載
(中略)
まだ残っているのは、地表近くのプラズマトップレット爆弾、ヤルダバオトの頭部の残骸、多くの小さなプラズモイド生命体の残存物、特に地上の人類の都市にある蜘蛛型プラズモイド生命体です。
(中略)

(中略)
 トランプはイエズス会/マルタ騎士団/ガエターニに部分的に支配されています。

https://ahuwahzeus583992924.wordpress.com/2018/09/02/trump/

トランプはポジティブな軍諜報部のガイダンスにもごく稀に耳を傾けることがありますが、ロスチャイルド支配下の主要メディアの批判に反対して、QAnonや代替メディアを使ってトランプ崇拝を煽ることによって、ポジティブ軍諜報部はトランプの自尊心をくすぐる戦術に出ています。これによりトランプはポジティブな軍部情報機関の提案に進んで従うようになっています。

左派と右派のパラダイムは人工的なものです。両派閥とも闇の勢力に牛耳られています。数年前に言いましたが、黒い貴族とイエズス会はこの移行期を無傷で生き延びるために、ロスチャイルドとロックフェラー派閥を犠牲にしています。 それがまさに、いまの政治的分断の目的なのです。
 
ロスチャイルド支配下の)政治的左派は、自由意志の使用(セレマ)に対するオカルト的な深い誤解に基づく、自由主義的ルシフェリアン思想に傾倒しています。彼らは利己的な目的のために、好き勝手やっても許されると解釈するものです。ルシフェリアン信者はイニシエーションのテストに通らなかった、ミステリースクールから追放されたものたちです。

(ヴァチカン支配下の)右翼思想は悪魔主義に傾倒していて、オカルト的に闇を崇拝することを原理としています。自由意志を闇に対する生贄だと信じています。
(以下略)

[森友文書改ざん]テレビ東京「ゆうがたサテライト」で、自殺した近畿財務局職員の父親へのインタビュー、財務局OB職員6人全員が顔出し・実名での告白

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭のテレビ東京の「ゆうがたサテライト」の映像は、引用元で是非ご覧ください。森友問題で公文書を書き換えさせられて自殺した近畿財務局の職員の父親が、取材に応じています。その後、財務局OB職員6人が、カメラ取材に応じています。なんと、全員が顔出し・実名での告白です。驚きました。
 ゆるねとにゅーすさんはこのニュースを見て、“追及を続けていく必要性を改めて強く認識させられた”と言っていますが、同感です。やはり、モリカケ問題は、このまま忘れ去られるような事件ではないと思いました。
 それにしても、貴乃花親方が、“またしても”というタイミングで出てきました。モリカケ問題から国民の目線を逸らす時に、“必ずこの親方出てくるな”というのが素直な感想。こうなると、裏で安倍政権と繋がっているのではないかと、疑いたくなります。今度の参院選で自民党から出馬したら、これは当たりだということになるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
森友問題 公文書改ざん 自殺職員の父が語る遺書の中身
引用元)

動画は引用元でご覧ください(画像をクリックすると引用元へ飛びます)


学校法人「森友学園」への国有地売却問題。 この問題が明らかになってから1年半以上が経ちました。 公文書の「改ざん」を強いられ、近畿財務局の職員が自殺してから半年、Aさんの父親が初めてテレビのインタビューに応じました。 テレビ東京の独自取材です。
————————————————————————
森友・改ざん問題は終わってない! 近畿財務局元職員らが実名・顔出しで告発「佐川さん、嘘ついたらあかん」
引用元)
(前略)
『佐川さん、嘘ついたらあかん』と。文書っちゅうんはそういうもんではない。そういう記録が全然ないなんていうことは(あり得ず)、『嘘つくな』ちゅうて、もう歯がゆい思いがして」(喜多氏)
(中略)
記録文書ですから、その記録文書をあとから直したら歴史が全然つながらないことになるわけですよ。だから、それを直すということは、我々の常識ではあり得ない」(内藤氏)
(中略)
記者が「公務員だけの判断で文書の改ざんなんてあり得ないということですか?」と質問すると、財務局OBたちは「あり得ない」と口を揃え、深く頷いた。
(中略)  
関東財務局で国有地の売却などを担当していた小濱達男氏は、はっきりとこう語った。

今後おそらく、公文書は改ざんしないと私は思います。しかし、つくるときの公文書そのものが、嘘の公文書をつくることになるでしょう
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 

» 続きはこちらから

地球ニュース:「信じる」

 最近のアメリカでは判決を得ずとも有罪確定、立証責任は糺弾された側にあるそうです。時効も無視だそう。証言してくれる目撃者がゼロでも、被害者本人の記憶すら超曖昧でも、昨今のMeToo運動の下では全ての女性を一方的に信じないといけないそうです。
 実際にそういう性的暴行の被害に遭った女性は、曖昧どころか事件を忘れられなくて苦しんでおり、今回登場した女性たちの雲を掴むような話の内容に首を傾げています。
 本日木曜日に一人目の被害者とカバノー判事が公聴会で証言するみたいですが、ソルカ・ファール女史によると、これは前日の水曜日にビル・コスビーの有罪判決が出され、男性に対する世間の印象が悪くなるのを見越して設定した可能性が高いようです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「信じる」

突然の展開


ディープ・ステート側はどうしてもブレット・カバノー判事の最高裁判所就任を引き延ばしたいらしく、公聴会の最後の最後で3人の女性が急に「レイプされた」と名乗り出て来ました。

あ、今確かめたら5人です。一人目が登場したときに結構批判されたんですよ。時効過ぎた頃に名乗り出るケースもそりゃあるかもしれないけれど、女性を性慾処理の道具と見做している男って暴行を繰り返すものじゃないか、なのに一人だけはおかしい、と。

ハーヴェイ・ワインスタインなんかが典型例です。隙あらば犯行を繰り返しています。ということでわらわらと出して来ました。


一人目:クリスティーン・ブラジー・フォード



現在、彼女の高校時代のイヤーブック(※日本の卒業アルバムみたいなもの)が何故かネット上からどんどん消されていっておりまして、ツイッター上にはこんなのしかありません。前はもっとあらわなポーズした写真があったんですけどねぇ。

フォードが通っていたのはお金持ちの女子高で、酒盛りと男狩りが大変流行しておりました。記憶をなくすくらいに酔っぱらうのが常。きわどい下着姿の男性ダンサーを呼びつけたパーティーもあったようです。イヤーブックにはビール缶だのボトルだのが積まれた写真が複数写っています。

ということで、「何月何日にどこで誰といたときに起こったかは覚えていないけれどレイプされた」らしいです。一応1982年の夏、つまりフォードが15歳の頃、しこたま酒をかっくらったパーティーで起こったとは言っています。となるとカバノーは17歳です。

どこの家のパーティーだったか、どうやって帰宅したか、全く不明。カバノーを含めた少年3人と別の女の子1人、つまりフォード以外に四人がいたと最初は言っていたみたいですが(※人数はコロコロ変化しています)、四人全員がパーティー自体の存在を否定

というか、レイプされるような事態で女の子一人残して帰るな! 本当だったら、彼女を助けるためにも警察に駆け込め! と私は思います。だって、その場に置き去りにした女の子、同級生で卒業後も親交がある子なんですよ。

しかも最初は飛行機恐怖症なので公聴会出席は無理だと拒絶していました。この人、バカンスだの何だので、かなり長距離のフライトにがんがん乗っていらっしゃるんですけど:

「クリスティーン・ブラジー・フォードが昨年ワシントンDCで開かれた反トランプの女性デモに参加した際には、飛行機は怖くなかったようだ。」
ちなみにツイッターの写真は彼女がハワイでインターンをしたときのものです。サーフィングが御趣味らしいので、きっとアメリカ本土から波に乗って太平洋横断されたんでしょう。

他にも色々と怪しい点がある女性ですが、プロパガンダ・メディアでは何度も何度もcredible信憑性が高い)」と連呼されています。

» 続きはこちらから

君は光る玉子寿司を見たか?

竹下雅敏氏からの情報です。
 竹下家より届いたユーモア情報「光る玉子の寿司」。
光る玉子? 怪しい、怪しすぎる。

・・・というわけで、流れを追いました。

(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)









» 続きはこちらから

NonGMOのラベルやオーガニックのラベルが溢れるアメリカの現実

 先日のしんしん丸さんの記事を読んで、ホールフーズ(お洒落でヘルシー志向の高級スーパー)でのNon GMOラベル付きの食品の写真を見て、こちらのローカルな情報を伝えてたくて伝えたくてムズムズ!実はpopoちゃん、カリフォルニア州サンタモニカに5年ほど住んでいた時期がありまして、その間、お買い物はほぼすべてホールフーズで、ホールフーズの大ファンでした!そして約一年前ほどにpopoちゃん在住のファレスの国境都市エルパソ(テキサス州)にホールフーズが初オープン!それを知ったpopoちゃんはメキシコから国境越えて2週間に1回ほどホールフーズにお買い物に。。。(国境都市ではお買い物、通勤、通学に毎日たくさんの人が行き来しています。)が、ある日、ネットでホールフーズの実態を知って超ショック!!!😱それ以来、行くのやめました。。。😢
 下のインフォワーズによって報道された動画では、GMO入りのたくさんの商品がその表示なしで堂々とホールフーズで売られているとのこと。そしてホールフーズの重役がGMO入りの商品を売っていることを認めてしまい、しかもそれはホールフーズの問題ではなく、無知である消費者の問題だと言う。ホールフーズの重役たちの政治家への献金が発覚したり、オバマ元大統領が長年のモンサントのロビイストだったマイケル・テイラーをFDA (アメリカ食品医薬品局)長官代理に任命していたりと。。。めちゃめちゃ!
 これはpopoちゃんもすごくショックでショックで。。。ホールフーズへの信頼度が一気に音立てて崩れ落ちました。信じきってしまってた。。。お洒落でかっこいい、大好きなスーパーだったから。。。ちなみに昨年2017年8月ホールフーズは137億ドルであのamazonが買い取り。。。そして今ではホールフーズはモンサント(今はbayer、今年の初めに630億ドルでモンサントを吸収合併)とまでも手を組んでるらしい。。。

 そして最近のNatural Health Newsの記事では、アメリカで売られているほとんどのビタミンCサプリがGMOのコーンを使っているとか。。。もちろん表示なし。アメリカのオーガニックのラベルなど、お金で買えるらしく(FDA/USDAはかなり腐敗してるらしい)、実は偽物オーガニックがたくさんあるらしい。。。

 たしかにアメリカはNon GMOのラベルとかオーガニックのラベルがどこにもかしこにも付いているけど、売るための手段となってしまってて、真実を見抜くのが難しくなってるのがアメリカの現実。結局、竹下先生のやり方で食品をひとつづつチェックするしかないかなという結論にたどり着いたpopoちゃんです。はたして真実の表示を信頼し、安心してお買い物ができる日はくるのだろうか?まずは私たち消費者が覚醒(真実を知ること)し、食品の良し悪しを見分ける感性を身につけるのが第一歩かも。。。(東洋医学セミナーで習得できます♪)
(popoちゃん)
 popoちゃん、"アメリカにおけるNonGMO表示の真実"に関しての現地レポートをありがとうございます!
 驚愕すべき真実ですが、日本でも有機をうたうと高く売れるので偽物有機が出回っているという話もありますから、さもありなん!といったところでしょうか。
 こうなったらやはり良識ある民間主導で検査した"NonGMO表示シール"(例えば欧州のように0.9%までのGMO混入は許容範囲にするとか)がのぞまれるということになりますか。これには経費もかさむので、ぜひ米カリフォルニア州のように独自の"NonGMO表示"をする自治体が現れて欲しいものです。種子法廃止を受けて、良識ある自治体が「主要農作物種子条例の制定について」の条例を可決していっているように。(兵庫県、新潟県、埼玉県など)
※いよいよ、東洋医学セミナーの波動チェックが必須となってきますね。
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————




Whole Foods bombshell: Infowars exposes GMO false advertising with 'NOTHING ARTIFICIAL, EVER' from NaturalNews on Vimeo.


(上の動画の概訳)

最初の約2分ほどはInforwarsによるWhole Foodsの駐車場でのホールフーズ顧客インタビュー。まずGMOのことを知っているかどうか。知らない人もいたり知っている人もいたりする。知っている人はGMO商品を買わないためにホールフーズで買い物に来ていると言う。そしてホールフーズがGMO入りの商品を表示なしで売っているという事実を知っているかとの問いに、顧客は皆、知らなかったと驚く。たまたまホールフーズで働くスタッフインタビューに出くわす。ホールフーズがGMO入りの商品を売っていることを知っているかとの問いに知らなかったと驚く。

» 続きはこちらから