地球ニュース:「信じる」

 最近のアメリカでは判決を得ずとも有罪確定、立証責任は糺弾された側にあるそうです。時効も無視だそう。証言してくれる目撃者がゼロでも、被害者本人の記憶すら超曖昧でも、昨今のMeToo運動の下では全ての女性を一方的に信じないといけないそうです。
 実際にそういう性的暴行の被害に遭った女性は、曖昧どころか事件を忘れられなくて苦しんでおり、今回登場した女性たちの雲を掴むような話の内容に首を傾げています。
 本日木曜日に一人目の被害者とカバノー判事が公聴会で証言するみたいですが、ソルカ・ファール女史によると、これは前日の水曜日にビル・コスビーの有罪判決が出され、男性に対する世間の印象が悪くなるのを見越して設定した可能性が高いようです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「信じる」

突然の展開


ディープ・ステート側はどうしてもブレット・カバノー判事の最高裁判所就任を引き延ばしたいらしく、公聴会の最後の最後で3人の女性が急に「レイプされた」と名乗り出て来ました。

あ、今確かめたら5人です。一人目が登場したときに結構批判されたんですよ。時効過ぎた頃に名乗り出るケースもそりゃあるかもしれないけれど、女性を性慾処理の道具と見做している男って暴行を繰り返すものじゃないか、なのに一人だけはおかしい、と。

ハーヴェイ・ワインスタインなんかが典型例です。隙あらば犯行を繰り返しています。ということでわらわらと出して来ました。


一人目:クリスティーン・ブラジー・フォード



現在、彼女の高校時代のイヤーブック(※日本の卒業アルバムみたいなもの)が何故かネット上からどんどん消されていっておりまして、ツイッター上にはこんなのしかありません。前はもっとあらわなポーズした写真があったんですけどねぇ。

フォードが通っていたのはお金持ちの女子高で、酒盛りと男狩りが大変流行しておりました。記憶をなくすくらいに酔っぱらうのが常。きわどい下着姿の男性ダンサーを呼びつけたパーティーもあったようです。イヤーブックにはビール缶だのボトルだのが積まれた写真が複数写っています。

ということで、「何月何日にどこで誰といたときに起こったかは覚えていないけれどレイプされた」らしいです。一応1982年の夏、つまりフォードが15歳の頃、しこたま酒をかっくらったパーティーで起こったとは言っています。となるとカバノーは17歳です。

どこの家のパーティーだったか、どうやって帰宅したか、全く不明。カバノーを含めた少年3人と別の女の子1人、つまりフォード以外に四人がいたと最初は言っていたみたいですが(※人数はコロコロ変化しています)、四人全員がパーティー自体の存在を否定

というか、レイプされるような事態で女の子一人残して帰るな! 本当だったら、彼女を助けるためにも警察に駆け込め! と私は思います。だって、その場に置き去りにした女の子、同級生で卒業後も親交がある子なんですよ。

しかも最初は飛行機恐怖症なので公聴会出席は無理だと拒絶していました。この人、バカンスだの何だので、かなり長距離のフライトにがんがん乗っていらっしゃるんですけど:

「クリスティーン・ブラジー・フォードが昨年ワシントンDCで開かれた反トランプの女性デモに参加した際には、飛行機は怖くなかったようだ。」
ちなみにツイッターの写真は彼女がハワイでインターンをしたときのものです。サーフィングが御趣味らしいので、きっとアメリカ本土から波に乗って太平洋横断されたんでしょう。

他にも色々と怪しい点がある女性ですが、プロパガンダ・メディアでは何度も何度もcredible信憑性が高い)」と連呼されています。

二人目:デボラ・ラミレス



カバノーのイエール大学時代の同級生です。大学1年の寮のパーティーで、レイプではなく下半身露出されて顔の前に突き出されたそうな。

でも酔っぱらっていて、記憶が曖昧だそう。ただ証人は一人だけいます。名乗り出るのを拒否しているので匿名ですが。逆にこの事件の存在自体に疑問を呈するクラスメートも、彼女の親友を含めて複数います。

FBIの捜査が開始されてからでないと嫌だとゴネているので、公聴会には出ません。


三人目:ジュリー・スウェットニック



大学生の頃、何故か高校生たちのパーティー、しかも男子生徒が狙った女子を酩酊状態にして集団レイプするパーティーに何度も通っていて、自分も被害に遭ったそうです。その一人がカバノーだったかは不明だけど、パーティー自体には出席していた筈、とのこと。

……そんなパーティーが続いているなら、他の女性が被害に遭わないためにもさっさと警察に通報しろ、と思う私が変なのでしょうか。普通は少なくとも、そんな場所に行きませんよね、何回も。スウェットニックは1980から81年にはこの犯罪行為を知り、1982年に自分も被害に遭ったそうです。10回以上は通っています。

加えて「高校生のパーティー」というのも変な話でして、この年代の子って一年の差でも大きいじゃないですか。カバノーは三学年下のお子ちゃまですよ。一度ならともかく、大学生なら大学生同士のパーティーに出席しませんか? というか、年長なんだからそんなふざけたガキがいたのなら取り締まりなさい!

ちなみに公聴会は出席しません。というか、無理だと思います。だって彼女の証言、カバノーが犯人の一人じゃないと発覚しても問題ないような、ぼかした言い回しに終始していますから。


四人目と五人目:匿名希望


四人目は1998年にバーを出てから壁に押し付けられたんだとか。それを娘が目撃したと聞かされたと、匿名女性が上院司法委員会にお手紙書いてきました。今でもとってもとってもショックなので、その場にいなかった自分も、その場にいた娘も、他の目撃者さんも、誰一人名前は明かしたくないそうです。

五人目は知り合いの女性から、1985年にボートの中でカバノーともう一人の男性に性的暴行されたと打ち明けられた男性の証言。今回テレビでカバノーの高校生時代の写真を見て、やっと彼だと判ったそう。凄い記憶力です。でも匿名希望です。


信じるか信じないかの踏み絵


さてトランプさんがフェイクニュースとして日頃から非難しているニューヨーク・タイムズ紙にこんな一面広告が載りました:

1991年に1,600名の黒人女性がアニタ・ヒルを支持して出した広告を真似て、1,600名の男性が「我々はアニタ・ヒルを信じる。我々はクリスティーン・ブラジー・フォードも信じる。という声明文を出しました。彼らの名前がずらずらと印刷されています。

アニタ・ヒルという黒人女性は、クラレンス・トーマス判事が最高裁に入る時の公聴会でセクハラされたと名乗り出た人物です。

証拠も捜査もなしに頭ごなしにBelieve(信じる)ってもう、宗教ですよ。


「私はクリスティーン・ブラジー・フォードを信じる。
私はデボラ・ラミレスを信じる。
私はジュリー・スウェットニックを信じる。
私はサバイバーたちを信じる。
私は女性たちを信じる。(以下略)」

サバイバーってのは、「生還者」という意味ですが、ここでは性的被害を受けても潰されず、毅然と立ち上がった女性たちを指しています。

……にしても女性全員というくくりの中には、善人悪人、多種多様な人間がいると思いますけどねぇ。それでも丸っと一括りに信じてくださるそうで。

なんというか、もう事実がどうのというレベルではなくなってきました。こういう人類の狂信的な側面が一番厄介な気がします。

勿論、事件が起こっても性犯罪は一番警察に言いにくいです。黙っている女性も一杯います。目撃者がいないことも多いです。

さてこの件、皆さんは誰が真実を語っていると思いますか?

文・Yutika


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.