2018年9月6日 の記事

トランプ政権により、カバール側の通信システムが終了した / Qアノンによって示された、ディープ・ステートの汚職ネットワークともいえる地図

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事では、“イドリブ攻略は、BRICSとカバールの代理戦を意味する”と書かれています。そのイドリブ攻略にとって、カバールの通信と衛星の終了は“時を得たもの”だとしています。
 カバール側の通信システムの終了は、トランプ政権によるものです。トランプ大統領は、表向きはシリアのイドリブ攻略に待ったをかけるような発言をしていますが、実際の行動を見ると、トランプ大統領と大統領を支える米軍部は、イドリブ攻略を進めているロシア、シリア、イラン、ヒズボラ、トルコを実質的に支援しているのがわかります。
 トランプ政権は、ディープ・ステート壊滅作戦を、今本格化しているわけですが、そのディープ・ステートの汚職ネットワークともいえる地図が、Qアノンによって示されました。
 “続きはこちらから”では、TOCANAが海外サイトの情報に基づいて、この地図の1つの解釈を紹介しています。
 記事では、赤ルート1として、古代文明のグループを示し、最終的にロスチャイルドに至るルートが書かれています。Qアノンの元々の図を見ると、ロスチャイルドの文字は3の数字が書かれているところにあります。
 非常に興味深い記事で、TOCANAの解説の通り、ロスチャイルド家は、古代文明のグループの流れの中に位置づけられると、私も考えています。図をよく見ると、ロスチャイルドの左隣に、やはりその流れの中にあるジョン・D・ロックフェラーの名があります。
 それともう1つ、アメリカはナチス・ドイツに乗っ取られたことを、フルフォード氏やコーリー・グッド氏は言及しています。図のペンタゴンを見るとハーケンクロイツと共に、NATI GERMANYの文字が見えます。
 私は、ナチスがイエズス会によって作られたと考えていたのですが、図を見ると、イエズス会(JESUITS)とペンタゴンの繋がりがはっきりと描かれています。
 また、ロスチャイルド家は、バーバリアン・イルミナティを通じて黒い貴族に支援されていたこともわかっているので、図で、イエズス会を支配する黒い貴族の下にロスチャイルドが位置しているのは、納得できます。しかし、赤ルート2のバチカンの流れの中には、ロスチャイルド家が入っていないのも、大変興味深いところです。
 時事ブログでは、イルミナティはその霊導の系統から2つに分かれており、それを、表のイルミナティと裏のイルミナティと呼んできました。表がイエズス会側の方で、霊導はブラックロッジ(悪魔・悪霊)で、裏が古代文明の流れで、霊導は光の銀河連邦(宇宙人)です。
 ロスチャイルド家は、カバールの要(首)の位置にあるとも言える存在で、ここを切り落としてしまえば、カバールはバラバラのピースに分解され、最終的に頭(黒い貴族、イエズス会)だけが残りそうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2018年9月5日の情報:インテルアラート「代理」
(前略)
【インテルアラート「代理」: 2018年9月5日】

カバールへのグローバルな攻撃作戦が、過去数日間、カバールの通信と衛星がオフラインになって以来、継続されています。カバールの通信と衛星の終了は、イドリブ攻略にとって、時を得たものでした。イドリブは、シリアの反政府勢力に残された最後の大都市です。イドリブ攻略は、BRICSとカバールの代理戦を意味する、重要な地政学的イベントです。

現在の金融システムから新しい量子金融システム(QFS)へ、瞬間的な移行を引き起こすためのメカニズムが、ホワイトハットによって導入されました。RVが開始された時、メカニズムが起動します。情報源は、RVの交換/償還が始まる24-48時間の間、警戒状態を維持するように引き続き指示しています。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 

» 続きはこちらから

最大震度7の大地震が北海道で発生!人工地震か? ~真夜中なのに、不自然なくらい手際が良すぎる安倍一味の初動対応~

竹下雅敏氏からの情報です。
 本日6日の午前3時8分頃、北海道で最大震度が7の大地震が発生しました。いくつかの地点の地震波形を見ると、人工地震の可能性が極めて高いです。ツイッターでアテマイさんが2016年4月の熊本地震の地震波形を例に、人工地震には“P波が無い!”ことを示しています。
 リチャード・コシミズ氏は、“安倍一味の初動対応の手際が良すぎる。真夜中の地震の2分後に動き始めている”とブログで指摘していますが、これまでの安倍政権の災害対応を見ると、確かに指摘の通り、今回の動きはかえって不自然です。
 直感的には、間違いなく人工地震なのですが、問題は地震を引き起こす理由です。リチャード・コシミズ氏は、総裁選を有利に進めるためではないかとしていますが、それも理由の1つだと思います。加えて、ひょっとしたら、崩れた山の下には何らかの基地があったのではないか。日本軍が敗戦だとわかったときに、公文書をことごとく焼き捨てて証拠隠滅を図りましたが、それと同じことを今回行った可能性があります。続報を待ちたいと思います。
 “続きはこちらから”は、ツイッターで興味深いものをいくつか拾ってみました。今の日本で安全な場所はほとんどありません。いくつかの情報は、こうした災害時には知っておいた方が良いと思われるものです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
北海道で地震 余震が相次ぐ「今後1週間も震度6強程度の地震に注意」【写真】
転載元)

CC0 / Pixabay


北海道胆振地方で6日未明、マグニチュード6.7の地震があり、余震とみられる地震が相次いでいる。NHKが報じた。
スプートニク日本
気象庁によると、地震が発生したのは6日午前3時8分ごろ。震源地は北海道胆振地方中東部で、震源の深さは37キロ。

午前6時11分ごろには北海道苫小牧市、千歳市、恵庭市などで震度4の揺れが観測された。

NHKの報道によれば、道内でおよそ295万戸が停電している。また、北海道新幹線を含むJR北海道の全線で運転できない状況となっている。

メディア報道によれば、これまでに2人が死亡し、少なくとも143人がけがをした。厚真町吉野地区で土砂崩れが起き、およそ38人の安否不明となっている。



気象庁の松森敏幸地震津波監視課長は記者会見で「今後1週間程度は最大震度6強程度の地震に注意し、特に2、3日程度は規模の大きな地震が発生することが多くあるので今後の地震活動に十分注意してほしい」と呼びかけてた。
————————————————————————
地震検索&ダウンロード
苫小牧
札幌
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
» 続きはこちらから

18/9/1 ソルカ・ファール情報:俳優ジョージ・クルーニーはゲイのセックス・カルトの指導者だと暴露したハリウッド女優を弾丸の雨が撃ち落とす

 トム・クルーズで有名なサイエントロジーについてです。記事がもし本当だとしたら相当問題です、アメリカの統一教会じゃないですか。
 ERで看護師役だったこの女優さんは、現場で複数の関係者にセクハラ行為や人種差別を受けたことを上層部に抗議したのですが、ジョージ・クルーニーによってブラックリスト入りさせられ、ハリウッドから締め出されたと前々から訴えていたようです。そしてついにクルーニーがゲイだと暴露してしまいました。
 未成年ではない真剣な恋人なら異性だろーが同性だろーが、普通は反対も差別もしないのになぁとしばし首を傾げ……ようするに、同性愛は同性愛でも知られたら顰蹙買って排斥されるような類なのだと思い至りました。乱交か、小児性愛か、はたまた宗教が絡むのなら人身売買か強姦か生贄か。
 ドネツク人民共和国元首のアレクサンドル・ザハルチェンコ氏の暗殺といい、これから情報開示が進む中、なるべく犠牲者が出ないといいのですが……。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:俳優ジョージ・クルーニーはゲイのセックス・カルトの指導者だと暴露したハリウッド女優を弾丸の雨が撃ち落とす
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

女優ヴァネッサ・マルケスの死


本日クレムリンに出回っている【ロシア連邦】保安庁FSB)のゾッとする新報告書によると、ハリウッド女優ヴァネッサ・マルケスがこの木曜日(8月30日)に雨あられの如く飛んでくる弾丸によって殺害されました。

ピューリッツァー賞を受賞したアメリカ人ジャーナリストのローナン・ファローが、執筆中のNBCテレビ局を巡る“爆弾級”記事と呼ぶ内容について【マルケスに】インタビューしたいとのことで、会う約束をしていた前日のことです。

彼女はかつて『ER緊急救命室』というこの局の最も重要な番組の一つにキャストとして雇われており、以前マルケスサイエントロジーという国際的犯罪組織の同性愛カルトの指導者だと告発していた世界的に有名な俳優ジョージ・クルーニーと共演していました。

[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に該当するおおよその英語【訳】となっております。]

【マルケス本人の8月8日のフェイスブック投稿内容:「ツイッター社CEO #ジャック・ドーシーは 私が彼の友人のジョージ・クルーニーを#MeToo運動が始まった10月に名指ししたことから#ツイッターから私を追放しました。ですが彼【ドーシー】は健全な議論が続行するようアレックス・ジョーンズをプラットフォームに残すことは許しています。
私も議論を一つ始めてみせましょう。ジョージはゲイですが、サイエントロジーは彼が正直な人生を歩むことを阻んでいて、これは誰もが知っています。
ええ。体験しましたとも。もう『他の人たちはレベルが低くても我々は気高くあろう』なんて場所ではありませんでした。どうか議論を。」】

大ヒットTV番組『ER』に出演した当時の世界的有名俳優ジョージ・クルーニー(左)と暗殺されたハリウッド女優ヴァネッサ・マルケス(右)

» 続きはこちらから

[YouTube]なんで?

竹下雅敏氏からの情報です。
 途中で、“なんであんた、そこにおるねん?”と思わず言いたくなります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
Ranger Stops Traffic So Bear Family Can Cross | The Dodo
配信元)

[IWJ] 岩上安身による故翁長雄志・前沖縄県知事の妻 翁長樹子さんへのインタビュー

 ざっとチェックするつもりで動画を見始めたのですが、グイグイ引き込まれてしまって、一気に1時間あまり観てしまいました。故翁長前知事夫人、樹子さんのインタビューです。優しい声なのに早口で的確な発言に、さすがのIWJ岩上氏がタジタジな様子も面白いです。
「続きはこちらから」以降で、主な点を抜き出しました。
IWJのご好意でフルオープンで視聴できます。ご支援のご協力も!
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
岩上安身による故 翁長雄志・前沖縄県知事の妻 翁長樹子さんへのインタビュー 2018.9.4
配信元)

動画は引用元でご覧ください(画像をクリックすると引用元に飛びます)



» 続きはこちらから