2018年9月29日 の記事

通信文を送ってきた偽サナンダたちは、自分たちを崇拝する忠実な家畜となるように、地球人を遺伝子操作し、奴隷売買で地球人を性奴隷にしていた

竹下雅敏氏からの情報です。
 この通信文のサナンダが偽者であることは、すでにお伝えしています。本物であれば、進化段階は7.0以上であり、神智学の概念ではロゴス(神々)に相当することをお伝えしました。しかし、彼らは約1,850万年前に、金星から地球へとサナット・クマーラと共に投げ落とされた者たちで、神々ではありませんでした。
 神々であれば、彼らのコーザル体は、ロゴス界とモナド界にまたがって存在するはずなのですが、彼らのコーザル体は、平均的地球人のコーザル体と同じ位置にありました。この理由は、彼らが魂(モナド)を失っていたからです。正確に言うと、魂(モナド)が消滅していたのではなく、シリウスシステムから、1つ下の動物システムへ転落していたのです。
 なので、彼らは神々ではなく、魔神あるいは魔王と表現されるにふさわしい者たちでした。事実、鞍馬寺ではサナット・クマーラを、護法魔王尊として祀っています。
 いわば、この通信文を送ってきた偽サナンダは、サナット・クマーラやサナンダに仕えていた宇宙人たちなのです。ハイアラーキーが滅ぼされたので、今では真の神であるエステルや真のキリストである聖フランシスに仕えていました。
 今回、この者は、偽りの名で通信文を送ったため、滅ぼされたことをお伝えしました。昨日の記事で、私は、銀河連合に属する宇宙人たちに対して、“まず自分たちの仲間が行ってきた悪事を、きちんと精算しなければならないでしょう”とコメントしました。
 コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)、プレアデス高等評議会、古代地球離脱文明の連中が滅びた後、しばらく私への攻撃は止んでいたのですが、このコメントの故か、今朝の6時から正午にわたって、銀河連合の宇宙人たちが私を攻撃して来ました。
 途中で、アニメの主人公と思われるような少女のヴィジョンが現れました。おそらく、ハニートラップでしょう。直ちに退け、排除しました。すると、次に見えたのは、高所から飛び降りて頭を強く打って死んだと思われる女性のヴィジョンでした。先程の美少女アニメの姿とは、かなり違った姿でした。修正アプリでも使ったのでしょう。
 それ以外にも色々ありましたが、途中でいくつもシャボン玉が破裂するような音が聞こえました。これは、彼らの魂が次々と消滅している様子です。次に見えたのは、どうやら拷問部屋の様子。そして、地球人と思われる女性をレイプしている様子。これらはぼんやりとした画像でしたが、彼らの正体を知るには十分でした。
 昨日の記事でもお伝えしたように、“コーリー・グッド氏は、銀河連合の宇宙人が、地球人の遺伝子操作や奴隷売買に関わっていたことを暴露しています”。
 この連中は、自分たちを崇拝する忠実な家畜となるように、地球人を遺伝子操作していたのです。また、奴隷売買で地球人を性奴隷にしていたのです。こうした犯罪者グループの主犯の1人が、この通信文の主サナンダを名乗る人物なのです。
 この胸くそが悪くなるような犯罪者が送ってくる通信文を、今一度ご覧ください。地球人はこうした空虚な、何の意味もないメッセージに簡単に騙されて、彼らに利用されるのです。波動を読むことさえ出来れば、偽者であることは簡単にわかります。
 「銀河連合」、「光の銀河連邦」の宇宙人へのメッセージです。あなたたちがこれまで行ってきた悪事のすべてを、PFCというあなたたちの公式チャンネルを通じて、全世界の人々に対してきちんと実名で謝罪するように。
 罪を認めて謝罪すれば許されるが、そうでなければ、魂が消えると共に、最終的に有機体ロボットになるだろう。謝罪を引き延ばすことは許されない。許されて地を受け継ぐか、永遠に滅びるか、どちらかを選びなさい。
(竹下雅敏)
————————————————————————
サナンダからのメッセージ 2018年9月23日
引用元)
(前略)
私は主サナンダです。私の親愛なる人よ、大切な姉妹よ、私は今日、愛のメッセージと恵みへの感謝のメッセージを届けるために来ています。皆様が今、自分の神聖な本質と繋がったことを祝福しております。皆様は神の単一的本質である美しさの集合体の一部なのです。そして今、自分のこれらの部分と繋がる時なのです。 お互いから学び支援し、もう一度各々を全ての側面において愛するのです。あなたはもはや弟子ではなく、再びマスターとして助け合い、自分の他の部分においては、高次の領域から愛で表現するのです。この時期に集まる(再集結する)ことは皆様にとって恵みなのです。
(以下略)

「長いものに巻かれず」に健気にジャーナリズムを追求し続ける真摯な姿勢の小川彩佳アナが報ステを降板! ~時代を超えて輝く美しい女性~

竹下雅敏氏からの情報です。
思わず見入ってしまう名画の修復映像。
心を込めた繊細な技術により、
汚れは取り除かれ、傷みは修復される。
そこに現れたのは、時代を超えて輝く美しい女性。
妻が私に訊く。
「描いたのは誰?」
「小川アナだよ」
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Baumgartner Fine Art Restoration
配信元)
————————————————————————
小川彩佳アナが報ステを卒業!涙ぐみながら感謝のメッセージを伝えた小川アナに、多くの惜しむ声!テレ朝への怒りの声も続々!
転載元)
どんなにゅーす?

・2018年9月28日、報道ステーションのサブキャスターを7年半務めてきた小川彩佳アナが最後の放送を迎え、涙ぐみながら最後のメッセージを伝えた。
(中略)

テレ朝小川彩佳アナ「ありがとう」報ステ卒業で涙
~省略~
番組終盤、小川アナは「今日で最後の日ということになりました。11年の東日本大震災のあった直後の4月からサブキャスターを担当させていただいてまいりました。本当に無力感にさいなまれることばかりで」と語ると、感極まって言葉を詰まらせた。

その後は「意味のある言葉を紡ぐことの難しさを痛感する日々でしたが、それでも1人でも多くの方の心に届く言葉を模索し続けてこられたのは、取材先で出会った皆さまの温かさと番組を見てくれた皆さまの叱咤(しった)激励の声、あればこそです。不器用でいたらない点ばかりのサブキャスターだったと思いますが、7年半の間、見守ってくださり、本当にありがとうございました」と涙声で視聴者に感謝した。
(中略)
小川アナは10月からはネットテレビ局AbemaTVの報道番組「AbemaPrime」のキャスターを務める。
 (以下略)
【日刊スポーツ 2018.9.28.】
(中略)
(中略)
(中略)

日本の報道の劣化とメディア萎縮が著しい中、ついに小川アナが報ステを降板!ネットでは、この事態を悲しむ声とテレ朝への怒りの声が殺到!

(中略)
ネットでも怒りの声が殺到しているけど、ほんとに、日本のテレビはどこまで劣化すれば気が済むのよっ!
このままじゃ、いよいよあらゆる番組がゴミくず同然の価値にまで下がりまくって、国民にとって何のためにもならない劣悪な情報に溢れかえる日も近いんじゃないかしら!?
 
このサイトでも、小川彩佳アナの勇気に溢れた珠玉の活躍ぶりは逐一伝えてきていたし、それだけに、ボクも本当に残念な気持ちだよ。

過去参考記事:
【いいね!】報道ステーションの小川彩佳アナ「トランプさんを支持している人たちの声もきちんと取り上げたほうがいいと思う」

【カッコいい】報ステの小川彩佳アナが、昼食会で森友疑獄の当事者、財務省・武内良樹氏に容赦ない一言!「やましくないんですか!?」

報ステ小川彩佳アナが、またも珠玉コメント!「江崎大臣の発言は正論。日米地位協定の問題を喚起して、今後も覚悟を持って発言してほしい」

【頑張ってる】報ステ・小川彩佳アナが安倍総理に素朴な疑問をぶつける!「総理の演説を聴いていると、北朝鮮の危機を煽っているのではと感じてしまう」

「(福田氏は)はめられたとの声もある」の麻生発言に、報ステ・小川彩佳アナが怒りのコメント!「そういった声が予想されるから声を出せない。他の同じような被害に苦しんでいる人の傷口も広げた」

Twitterをざっと見てみても、いかに小川アナの、「長いものに巻かれず」に健気にジャーナリズムを追求し続ける真摯な姿勢に心を打たれていた人が多かったのか、その人気の高さがよく分かるよ。
そして、彼女の降板を心から惜しみ、悲しんでいる声に溢れているのと同時に、安倍官邸の意向を汲んで、報道ステーションを「劣化バラエティー」に変えようと企む、早河会長が送り込んだ桐永洋チーフプロデューサーに対する怒りや抗議の声が大殺到しているよ。
(以下略)

これからは「せごどん」と呼ばんといかん事態に、、

竹下雅敏氏からの情報です。
あべぴょん、この期に及んでもまだ話題作りに積極的です。
カモがネギを背負ってFTA交渉に飛び込んだだけでなく、ちゃんとお土産つきだ!
(まのじ)
————————————————————————
配信元)






[伊方原発] 広島高裁に続いて、大分地裁でも運転差し止めを認めず 〜 裁判官が「社会通念」で判断する日本の司法の劣化

 四国の伊方原発は佐多岬の付け根にあり、もしも原発事故が発生した時は、佐多岬半島の住民のみならず、対岸の大分、山口、広島にも深刻な被害が予想されます。これまで四国高松、広島、山口、大分で3号機の運転差し止めを求める訴訟が起こされていました。
 25日、広島高裁で三木裁判長は運転差し止めを命じた仮処分を取り消し、再稼働を可能にしました。
続く28日、今度は大分地裁で佐藤裁判長は、運転差し止めを認めず、四国電力は再稼働を表明しました。昨年12月に広島高裁の野々上裁判長が出した運転差し止めを命じる仮処分を次々と否定した形です。
 司法が原発推進におもねるのは想定内ですが、想定外に悲惨だったのが、その判断理由でした。
広島高裁三木裁判長の決定は、専門家から原発司法史上最悪とまで言われるお粗末な内容で、解説する弁護士も言葉を失うほど。中でももっとも批判を浴びたのが、三木裁判長の持ち出した「社会的通念」から判断して安全性に問題がないとした点です。「阿蘇カルデラの破局的噴火については、国が具体的な対策を策定していないし、国民の大多数も格別危険視していないことから、伊方原発の安全性は欠けていないというのが社会通念だ」と決めつけ、法律よりも科学的根拠よりも社会通念を元に「対応不可能な具体的な危険性は存在しない」と結論しました。有り体に言えば、国民が心配していないのだから安全と言い放ったのですね。「社会通念」と言い切れるほど国民は破局的噴火のことを知らない、社会通念で再稼働できるならば、社会通念で差し止めできるだろうという真っ当なツッコミも飛び出す有様です。
 これで止まるどころか、28日の大分地裁の決定にも法律家が腰を抜かしました。
原子力委員会が審査に使う「火山ガイド」というものがあり、破局的噴火の時期や規模がかなり正確に予測できることを前提としています。しかし、火山学会などからの批判もあり、広島高裁ですら「不合理」だと判断していました。ところが大分地裁の佐藤裁判長は「合理的」だと判断を下しました。
判断の根拠や整合性などは日本の司法には無用らしいぞ。
どこまで劣化するのでしょう。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

メキシコ便り(20):オブラドール次期大統領、メキシコ銀行に真っ向から立ち向かう!!!

 メキシコの9月は独立記念日(16日、今年で独立208年)の月であちこちでメキシコの国旗が風になびいています。9月1日からオブラドール氏より一足先に、新しい議会・国会議員らがスタート!すでに新改革が始まり、まさにゴッタゴタの真っ只中!毎日様々な変化が起こり、旋風が舞っております🍃先日、オブラドール次期大統領政権のメキシコ大改革計画の一つ、元大統領らの年金とボディーガードの打ち切り議決(年間40,000,000ペソ/ 約2億4千万円の削減)!!!👏👏👏 やったぁ〜!!!ちなみにメキシコの平均月給は約4万以下、物価はpopoちゃんの感覚でだいたい日本の3分の1くらい、そして国民の半分、約5000万人が貧困層。これでメキシコは貧富の差の縮小に大きな一歩を踏み出したよう。
 そして他のメキシコ大改革計画、新メキシコシティ空港建設問題、高給上限キャップ(公務員は新大統領の月給108,000ペソ/ 約65万円を超えてはいけない、実質その3〜4倍もらっている高給官僚たちが現在いる)、最低賃金上げ(最低日給100ペソ/約600円に)などを拒む人たちがあちこちで騒ぎ始めています。そしてそれに輪をかけて、主要メディアのオブラドール氏に対する攻撃が明らかに激しくなってきていて。。。アメリカと似てるなぁ。。。と思うこの頃。そんなメディアの強い向かい風にもオブラドール氏は勇ましく立ち向かっています。

 あっ、毎回言っておりますが、オブラドール次期大統領は12月1日就任で、あと2ヶ月もあるのですが、相変わらず毎日メキシコじゅうをあちこち飛び回り、どんどん計画を進めています。移動は普通の人たちと同様に、普通の飛行機で普通の席にみんなと座って、機内用荷物も自分で運び、シャトルバスにも普通に乗ってみんなと一緒に移動!先日は天候悪化のため出発前に5時間足止めされた飛行機にオブラドール氏も乗っていて、みんなと同じように5時間機内で待機したそう。。。毎日多忙でお疲れのなかでも、特別扱いを求めるわけでもなく、みんなと同じように過ごすオブラドール氏。。。これは人気度ぐんぐん上がるはず!オブラドール氏に抱きつくおばちゃん続出中!popoちゃんもやっちゃうかも。。。😁う〜ん、一体何人の世界のリーダーがここまで国民のなかに完全に溶け込めるものか?これだけでも、オブラドール氏は世界に誇れる大統領だと思うpopoちゃんです!今回はオブラドール次期大統領が、メキシコ銀行に真っ向から立ち向かって対抗したメキシコ史上初の出来事を取り上げてみました。一体、双方の間で何があったのか。。。?
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(20):オブラドール次期大統領、メキシコ銀行に真っ向から立ち向かう!!!

オブラドール次期大統領、メキシコ銀行に真っ向から立ち向かう!!!


9月16日の独立記念日、オブラドール次期大統領はテピックでのスピーチで「メキシコは破産状態のため、国が必要としている改革のすべてをやれないかもしれない。。。そしてもし経済危機が来たら、それは新政権のせいではなく、メキシコ銀行のせいだ!」と言った。。。


訳)オブラドール氏からの警告:次期大統領はテピックでのスピーチで、新政権になって、もし経済危機が来たら、それはメキシコ銀行のせいだと警告した

過去に竹下先生の配信動画で中央銀行がいかに邪悪な存在かを学んだpopoちゃんは、このオブラドール氏のコメントにすぐに納得。。。「だろうね!」でも、そんな実態を知らない人々は「え?!メキシコって破産状態なの?」「メキシコ銀行のせいにして、できなかったときの責任逃れをもうしている。」「メキシコもベネズエラのようなインフレになるのか?」と一気に不安がメキシコを襲う。。。

この日、popoちゃんはメディアの悪質な仕業を見てしまったニュースではオブラドール氏のスピーチのほんの一部だけを切り取って「メキシコは破産状態!!!オブラドール氏は約束を果たせないかもと言っている」とニュースでガンガン流し、国民にオブラドール氏のネガティブイメージを噴射!そして国民の感情を乱し、オブラドール氏への不安を一気に掻き立てる。。。作戦成功!!!

» 続きはこちらから