イルミナティの秘密が暴露されると、“カテゴリー5級の嵐に相当する衝撃”が起こる ~イルミナティの解体はもはや間違いないもの~

竹下雅敏氏からの情報です。
 Qanonの一連のツイートを翻訳している方がいました。冒頭からイルミナティについて触れ、彼らの秘密が暴露されると、“カテゴリー5級の嵐に相当する衝撃”が起こると言っています。このツイートから、イルミナティの解体はもはや間違いないものだとわかります。
 “何十年か前に光の勢力は闇の勢力を太陽系から葬りました”と書かれていますが、これは何を言っているのかよくわかりません。天界の改革は2007年から本格的に始まり、物理的次元の改革は2011年以降に始まりました。なので、Qアノンが葬ったという「闇の勢力」が何を意味しているのか、定かではありません。
 例えば、球体連合の最高司令官で、私たちの銀河を支配下に置こうとしていたホルス(エジプト神話の神)は、ついこの前の12月10日に処刑され、滅びました。これによって、球体連合は、完全に正気を取り戻しました。もっとも、ホルスの魂は、2015年9月21日にすでに消滅していました。このように未だに天の裁きは続いており、闇の勢力が葬られたという状況にはありません。
 ホルスは、イルミナティのピラミッドの冠石の部分に描かれた「ホルスの目」が有名です。すなわち、ホルスは、シリウスハイアラーキーのキリストの地位についていた者なのです。ちなみに、太陽ハイアラーキーのキリストはクリシュナで、地球ハイアラーキーのキリストはマイトレーヤでした。
 ここでは、これ以上詳しいことは説明しません。はっきりしていることは、これらのハイアラーキーのメンバーは、宇宙の神々の組織から排除されていたということです。彼らは、自分自身を神と名乗っていましたが、実際には、魂(モナド)は動物システムに転落していたため、彼らは神ではありませんでした。
 天の川銀河を支配下に置き、最終的に宇宙全体を支配下に置こうとするハイアラーキーの愚かな野望は、ここに完全に潰えたわけです。高度に進化していると言われるブルーエイビアンズ(ホルスの頭はハヤブサ)も、その頭から腐っていたことがこれでわかるでしょう。
 しかし、球体連合は今や真相を理解し、こうした腐った指導者に自分たちが騙されていたことに気づき、今や完全に目覚めています。
 Qアノンのメッセージに戻ります。先の部分以外は、ほぼこの通りではないかと思います。Qは、“クリスマスには何が欲しいか”と言っているようです。大晦日までに何か大きなことが起こりそうだということでしたが、これは、本当に何かが起こりそうな気配です。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)