アストラゼネカのワクチンの中身の3分の2は不純物!副作用がこの不純物によって引き起こされている / どのメーカーのワクチンも、全てナノテクノロジーを使って製造されており、遠隔操作で脳のマッピングや脳が指示を受けたり送信することが可能

竹下雅敏氏からの情報です。
 ウルム大学の遺伝子治療学部長コハネック教授によると、“アストラゼネカのワクチンの中身の3分の2は不純物”であり、「副作用がこの不純物によって引き起こされている可能性は否定できない。」とのこと。他のワクチンも似たり寄ったりではないかと思います。
 ワクチン接種者の身体が磁石化して、全身に金属がつく人も出てきているのですが、記事ではこれはデマではなく、グラフェン(GRAPHENE)と呼ばれるナノ粒子によるもので、「人間の体温と同じ温度に達すると磁石の働きをする」のだとか。どのメーカーのワクチンも、“全てナノテクノロジーを使って製造”されており、グラフェンは脳細胞と容易に一体化し、“遠隔操作で脳のマッピングや脳が指示を受けたり送信することが可能”だという事です。
 “続きはこちらから”では、代表的なワクチンが、どの様なナノテクノロジーを使って製造されているのかを直観で調べ、結果を表にしました。
 昨日の記事で、「ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」の話題を取り上げたのですが、CDC(米疾病予防管理センター)のウェブサイトに、「恐れることはない - CDCは準備ができている」として、“CDCは、ゾンビの蔓延に対処する都市、州、または国際的なパートナーに技術支援を提供します”と言っていることから、将来的に「ゾンビ・ アポカリプス」を連想させる危機が起きることを知っているのでしょう。
 ワクチンを接種してしまえば、“遠隔操作で脳のマッピングや脳が指示を受けたり送信することが可能”だという事であれば、5Gやスターリンク衛星を使って、ワクチン接種者の脳を遠隔操作して狂暴化し、街中に暴動を引き起こすことは簡単でしょう。マイクロ波を使って、“ゾンビによる世界の終末”を演出できるわけです。
 2020年5月21日の記事で、イーロン・マスクの「スターリンク・プログラム」は、“人間を奴隷にし、人間の精神を支配する”ものだという事を、お知らせしました。もっとも、そのイーロン・マスクは、“Q に寝返ったみたい”で、カバールの計画は上手く行っていないのですが…。
 これで、なぜ「グレートリセット」を推進しているグローバリストが、すべての人にワクチンを接種しようとしているのかが分かると思います。「生物兵器」であるウイルスとワクチンで死ぬ人の数など知れたものです。彼らが望むように、“少なくとも30億人には死んでもらいます。とりあえずアフリカから始めることにします”という事であれば、人類が狂暴化し、互いに殺し合うように仕向ける必要があるのです。
 彼らは、“5Gやスターリンク衛星によって、これが可能”であり、地上が地獄になった時には、自分たちは南極などの地下基地に逃げれば良いと考えているのでしょう。FEMAキャンプと同様で、これほど分り易い「稚拙な計画」が上手く行くはずがないでしょう。
 彼らの思惑とは異なり、ワクチン接種は全く別の結果に落ち着きます。こうした事は、背後できちんとやっています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
————————————————————————
6/9-その1 コロナウイルス、ワクチンの続報、ワクチン接種者と5G、身体の磁石化はデマではありません。
引用元)
(前略)
スペインの生物学者のRicardo Delgado氏と医師のJose Luis Sevillano氏("La Quinta Columnaと呼ばれるオンライン番組のホスト)によると:
(中略)
1、既存のCOVIDワクチン(どのメーカーも同じ)は全てナノテクノロジーを使って製造された。スペインではCOVIDワクチンは秘密のナノ粒子と呼ばれている。ナノ粒子が含まれるCOVIDワクチンは、人間の体温と同じ温度に達すると磁石の働きをするようになる。氷点下の環境では磁石にはならない。そのためワクチンを冷凍保存する必要があるのだ。
https://www.nature.com/articles/s41598-020-78262-w
 
2、ナノ粒子とはグラフェン(GRAPHENE)と呼ばれるナノテクの材料であり、超電導であり脳細胞と容易に一体化することができる。
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnsys.2018.00012/full
(中略)
4、異なるラジオ周波数(5Gを含む)を使って遠隔操作をすることでグラフェンの分子を脳細胞と一体化させることができる。また遠隔操作で脳のマッピングや脳が指示を受けたり送信することが可能とある。
https://www.noldus.com/applications/magnetogenetics
 
5、既存のCOVIDワクチンはウイルスを予防するワクチンとして開発されたのではなく、人間の脳を遠隔操作してコントロールするために開発された秘密のナノテク・プロジェクトである。
(以下略)


————————————————————————
開発状況について
転載元)
(前略)
現在の海外でのワクチンの開発状況<主なもの>
海外では数多くの企業や研究機関がワクチンの開発に取り組んでいます。

(以下略)
————————————————————————
【各社ワクチンの特徴】
ダーパ
ハイドロゲル 
マグネトー
(Magneto) 
グラフェン
(GRAPHENE) 
自己拡散型 
ファイザー社
アストラゼネカ社 
モデルナ社
J&J社
サノフィ社
ノババックス社

Comments are closed.