2021年6月10日 の記事

アストラゼネカのワクチンの中身の3分の2は不純物!副作用がこの不純物によって引き起こされている / どのメーカーのワクチンも、全てナノテクノロジーを使って製造されており、遠隔操作で脳のマッピングや脳が指示を受けたり送信することが可能

竹下雅敏氏からの情報です。
 ウルム大学の遺伝子治療学部長コハネック教授によると、“アストラゼネカのワクチンの中身の3分の2は不純物”であり、「副作用がこの不純物によって引き起こされている可能性は否定できない。」とのこと。他のワクチンも似たり寄ったりではないかと思います。
 ワクチン接種者の身体が磁石化して、全身に金属がつく人も出てきているのですが、記事ではこれはデマではなく、グラフェン(GRAPHENE)と呼ばれるナノ粒子によるもので、「人間の体温と同じ温度に達すると磁石の働きをする」のだとか。どのメーカーのワクチンも、“全てナノテクノロジーを使って製造”されており、グラフェンは脳細胞と容易に一体化し、“遠隔操作で脳のマッピングや脳が指示を受けたり送信することが可能”だという事です。
 “続きはこちらから”では、代表的なワクチンが、どの様なナノテクノロジーを使って製造されているのかを直観で調べ、結果を表にしました。
 昨日の記事で、「ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」の話題を取り上げたのですが、CDC(米疾病予防管理センター)のウェブサイトに、「恐れることはない - CDCは準備ができている」として、“CDCは、ゾンビの蔓延に対処する都市、州、または国際的なパートナーに技術支援を提供します”と言っていることから、将来的に「ゾンビ・ アポカリプス」を連想させる危機が起きることを知っているのでしょう。
 ワクチンを接種してしまえば、“遠隔操作で脳のマッピングや脳が指示を受けたり送信することが可能”だという事であれば、5Gやスターリンク衛星を使って、ワクチン接種者の脳を遠隔操作して狂暴化し、街中に暴動を引き起こすことは簡単でしょう。マイクロ波を使って、“ゾンビによる世界の終末”を演出できるわけです。
 2020年5月21日の記事で、イーロン・マスクの「スターリンク・プログラム」は、“人間を奴隷にし、人間の精神を支配する”ものだという事を、お知らせしました。もっとも、そのイーロン・マスクは、“Q に寝返ったみたい”で、カバールの計画は上手く行っていないのですが…。
 これで、なぜ「グレートリセット」を推進しているグローバリストが、すべての人にワクチンを接種しようとしているのかが分かると思います。「生物兵器」であるウイルスとワクチンで死ぬ人の数など知れたものです。彼らが望むように、“少なくとも30億人には死んでもらいます。とりあえずアフリカから始めることにします”という事であれば、人類が狂暴化し、互いに殺し合うように仕向ける必要があるのです。
 彼らは、“5Gやスターリンク衛星によって、これが可能”であり、地上が地獄になった時には、自分たちは南極などの地下基地に逃げれば良いと考えているのでしょう。FEMAキャンプと同様で、これほど分り易い「稚拙な計画」が上手く行くはずがないでしょう。
 彼らの思惑とは異なり、ワクチン接種は全く別の結果に落ち着きます。こうした事は、背後できちんとやっています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
————————————————————————
6/9-その1 コロナウイルス、ワクチンの続報、ワクチン接種者と5G、身体の磁石化はデマではありません。
引用元)
(前略)
スペインの生物学者のRicardo Delgado氏と医師のJose Luis Sevillano氏("La Quinta Columnaと呼ばれるオンライン番組のホスト)によると:
(中略)
1、既存のCOVIDワクチン(どのメーカーも同じ)は全てナノテクノロジーを使って製造された。スペインではCOVIDワクチンは秘密のナノ粒子と呼ばれている。ナノ粒子が含まれるCOVIDワクチンは、人間の体温と同じ温度に達すると磁石の働きをするようになる。氷点下の環境では磁石にはならない。そのためワクチンを冷凍保存する必要があるのだ。
https://www.nature.com/articles/s41598-020-78262-w
 
2、ナノ粒子とはグラフェン(GRAPHENE)と呼ばれるナノテクの材料であり、超電導であり脳細胞と容易に一体化することができる。
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnsys.2018.00012/full
(中略)
4、異なるラジオ周波数(5Gを含む)を使って遠隔操作をすることでグラフェンの分子を脳細胞と一体化させることができる。また遠隔操作で脳のマッピングや脳が指示を受けたり送信することが可能とある。
https://www.noldus.com/applications/magnetogenetics
 
5、既存のCOVIDワクチンはウイルスを予防するワクチンとして開発されたのではなく、人間の脳を遠隔操作してコントロールするために開発された秘密のナノテク・プロジェクトである。
(以下略)

» 続きはこちらから

「史上最悪の恐ろしい薬害数。ワクチン肯定派でもこんなものをワクチンと認める事は医科学倫理上できない」 ~薬害はインフルエンザワクチンの300倍以上で、さらに長期的安全性データはない

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨年の初めころ、中国で新型コロナウイルスに感染した人が、突然倒れ痙攣する映像が良くありました。不思議なことに、こうした事例は中国以外では、ほとんど見られなかったのですが、まさかワクチン接種会場でおきるとは…。
 ツイートを見れば、いずれのワクチンも治験中だと分かります。動物実験の最中なのです。そのワクチンですが、「史上最悪の恐ろしい薬害数。ワクチン肯定派でもこんなものをワクチンと認める事は医科学倫理上できない」とのツイートがあります。少なく見積もっても現段階で、インフルエンザワクチンの300倍以上の薬害ですね。
 ただ、このワクチンが本当に怖いのは、「長期的安全性データはない」ことで、“スパイクタンパク質の構造が、精子、卵子、胎盤のシンシチンおよび生殖タンパク質と類似しているため、身体が自身のそれを攻撃し、流産・死産、不妊となる可能性がある”のです。なので、“子どもたちへの集団接種は…直ちに中止すべき”なのです。
 「スパイクタンパク自体が人体に有害で、生殖機能を損なう。子どもは特にACE2が多いので危険」だという事です。新型コロナウイルスのワクチンを接種した人が、有害な粒子や物質を周囲にまき散らす「シェディング」と呼ばれる現象は、本当にあるようです。こちらのツイートには、「先日久しぶりに電車に乗ったら、電車から降りて直後に不正出血。私は今までに不正出血したこともないしワクチン接種もしていない」とあります。
 妊娠しているか、妊娠を望んでいる人は、電車に乗るなど、人ごみを出来るだけ避けるのが望ましいですが、やむを得ない場合は「イベルメクチン」、あるいは「ビタミンC+亜鉛+ケルセチン」などの服用で、身を守ってください。
 最後に、この異常事態を招いたトランプ元大統領に、ワクチン接種を勧める真意を語ってもらう必要があると思っています。私は、トランプ元大統領の責任は、免れ得ないと考えています。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 
» 続きはこちらから

[Twitter]ブドウを長期保存するための泥で作った容器「カンギナ」

竹下雅敏氏からの情報です。
 こりゃすごい。貝殻の形がいい。日本人が作ると配送の効率から箱の形になる気がする。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)

形だけの党首討論を終えた菅首相、野党の要求を無視して国会を閉じる気満々、五輪貴族のためにポンと44億円差し出し、送迎用に2700台の高級車も準備の売国政治

 2年ぶりの「党首討論」が行われました。メディアは政府の新型コロナ対策やオリ・パラ開催の是非について、菅首相がどう切り返すかが焦点だとしていましたが、終わってみるとどの報道各社も判で押したように「ワクチン接種を11月には終える」と報じ、それこそ「決め手を欠く」横並びでした。そもそも立憲30分、他の各党は5分ずつなどというバカにしたような設定で、どう「激しい論戦が期待」できるのか不思議です。ネット上の反応の方がはるかに事実に即していました。案の定、菅首相には「やったふり」が大事で、昔の思い出語りで時間をつぶし、正面から開催理由を答えることもなく終了しました。これでさっさと国会を閉じてG7で羽を伸ばしてくるつもりか。
 菅首相自らは「五輪の主催者ではない」と逃げながら、IOCのお財布にはなるそうです。五輪の要人接待のためにぽん!と44億円、他にも高級車と運転手をセットで2700台準備すると。五輪貴族のためにはホイホイ便宜を図れる、奴隷頭の菅政権。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コロナ対策、五輪是非…首相の答えは 2年ぶり党首討論
引用元)
 首相と野党党首が一対一で議論する「党首討論」が9日夕に開催される。菅義偉首相が初めて参加する。立憲民主党の枝野幸男代表は、政府の新型コロナウイルス対策や東京五輪・パラリンピック開催の是非などで首相の説明を求める見通しだ。首相がどう切り返すのかが焦点だ。秋までにある総選挙をにらみ、激しい論戦が期待される。一方で、開かれるのは2年ぶりで、回数は減少傾向にある。(中略)

 今回の党首討論は45分間行われる。持ち時間は、立憲の枝野代表が30分、日本維新の会、国民民主党、共産党の党首が各5分で分け合う
(以下略)
————————————————————————
配信元)





開示請求WADA氏の要請で、自宅・宿泊施設で亡くなったコロナ陽性者の数が判明 〜 大阪維新の失政が明らかに

 開示請求と言えばWADAさん、国民の共有財産である公文書情報を、国民の当然の権利として開示請求し続けて、結果的に今の日本の隠蔽体質をあぶり出しておられます。
そしてこの度、自宅、宿泊施設で亡くなったコロナ陽性者の数を警察庁に請求し、これを受けて全国の数字を捜査一課の方が集計した結果が判明しました。本来であれば厚労省でも公表すべきものだと思われます。
 これによると医療機関に繋がらずに亡くなった方が最も多かったのは大阪で、第4波以降増えていました。「政治の不作為が表に出たこと」の意義は大きく、維新政治の失策を裏付けました。吉村知事は2020年にも重症病床500床をぶち上げ失敗し、さらに今また500床を発表したようです。この検証をメディアもやっと伝え始めました。「政党として語れない」維新の異様さを報じないメディアは、維新同様の戦犯です。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
自宅・宿泊施設での死亡者数は全国120人超 大阪が28人と最多 警察庁が開示
引用元)
自宅と宿泊施設で死亡した新型コロナウイルスの陽性者数が、今年1月から5月21日にかけて、全国で122人にのぼることが分かりました

東京都内に住む男性からのデータの提供要請に対し、警察庁が「警察取り扱いの新型コロナウイルス陽性死体のうち、PCR等検査の実施時期が生前で、自宅又は宿泊施設で発見されたもの」として開示しました

都道府県別に見ると、大阪が最も多く28人、次いで東京が22人、兵庫が20人、神奈川が11人となっています。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから