[竹下雅敏氏]偽者のチャネリング情報 と サルーサが消滅した経緯② 〜サルーサの一統の罪を容認していた高位の神〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日に引き続いて、偽者のチャネリング情報を2つ紹介します。本物のセント・ジャーメインは、とうの昔に消滅しているので、明らかに偽物です。
 仮に本物だとすると、セント・ジャーメインは進化段階が5段階以上なので、この通信文を印刷して両手で触れるか、彼の名前を唱えると、体表の7つのチャクラが同時に開くはずなのです。ところがこの通信文はそのようになりません。したがって通信文が偽物であるか、またはセント・ジャーメインが滅ぼされているかのどちらかだという事になるのです。
 この通信文のセント・ジャーメインは、今日の正午の段階で魂(モナド)が存在しています。ところがその後、魂が消滅しています。例えば、この通信文のセント・ジャーメインの霊体がどのシステムにあるかを調べると、正午の時間と夕方では、状態が異なることがわかるでしょう。
 要するに、現在処刑されて消えているのです。3日後に動物システムに転落することになると思います。過去の経験から、こうした者はいずれ完全に消滅することが多いです。
 下のバシャールは、昨日までとはまた異なる人物で、やはり今日の正午までは魂(モナド)が存在していますが、その後処刑されたようです。
 せっかくこれまで魂が残っているのに、愚かな行為を行って、最終的に魂を失うような事を、どうしてこの連中は進んで行うのか。偽りの名で通信文を送る、明らかにウソの情報を送るというような事を、いかにこれまで常習的に行っていて、それを改めることが出来ないかがよくわかると思います。腐った性癖というのは、簡単には改まらないのです。
 こうした連中が全滅するまで、今しばらくこのような馬鹿げた現象が続くと思いますが、いずれ消滅します。それ以降は、本物の通信文のみが残ることになるでしょう。
 “続きはこちらから”以降で、サルーサの一件の続きを解説します。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
セント・ジャーメイン 2015年5月31日
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
バシャール:全てを込めて
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。


————————————————————————
<解説> 

 サルーサの一統が、「銀河連邦」の決議に反して、地球の混乱をわざわざ広げるような行動を取り続け、サルーサの部下が、「光の銀河連邦」や「(偽の)銀河連邦」に属する者の名を騙って、通信文を送り続けたわけです。
 このような行為は明らかに犯罪なので、彼らがこれまで罰せられなかったとすれば、高位の神が、彼らの罪を容認していたということになります。 
 そこで、その神が誰なのかを調べました。すると、第1システム国津神第5レベルの「きつをさね五神」「あうわ三神」の8帝のうち、メラユリア・リヴィッラ夏目雅子の3名が、犯罪の隠ぺいに関わっていたことがわかりました。
 夏目雅子は、元々女神であって、天界の改革以降高い地位に就いていました。中西征子さんが、サルーサのイラストを描いた際に、絵の霊導を行なったのが夏目雅子であることを、以前にお伝えしています。
 5月28日の日記に、
 「午前4時頃か、メラが消滅。サルーサの件。」
 「18時25分頃、トイレから出る際に、黒い人物の影、殺意のある宇宙人。セネカだった。」
とあります。セネカは哲学者だった人物で、メラの兄です。現在は土星人に生まれ変わっています。
 5月30日の日記に、
 「トイレから出ると、黒い人影、セネカの妻。」
とあります。彼女はセネカの妻パウリナです。メラが処刑された恨みから、エーテルダブルが私の家の敷地内に現れたわけです。
 5月31日の日記に、
 「17時08分、ユリア・リヴィッラの逮捕命令。」
 「17時25分頃、夏目雅子への逮捕命令。これら3名は吉備真備をブレインにしていたらしい。」
とあります。吉備真備はこれまで八咫烏を霊導し、第三次大戦への誘導をしていたことで処刑された経緯をすでにお伝えしています。
 要するに、今回のサルーサの一件は、私たちの地球に最も強く影響する、第1システムの国津神第5レベルの8帝の中の3柱が関与していた陰謀の一部であったわけです。これら3柱は処刑されて、完全に消滅しました。これまで、私が時事ブログの紙面上で、八咫烏の役割や、過去の経緯を追及していた意味が、ここにあるわけです。
 ブログ「光の海から」には、2010年9月18日付の記事で、メラとユリア・リヴィッラのヴィジョンが描かれています。彼らが高い地位に居たことを示すヴィジョンです。参考のために、添付しておきます。
————————————————————————
転載元より抜粋)
青字は竹下氏
⑨ギリシャ彫刻のような男神様が地上より少し高い場所に、雲の上に立っていらっしゃいました。
 とても美しい方で女性のように見えますが男神様でした。手に持った壺を傾けて何かをこぼしていらっしゃいました。

img_9
彼は、せれなさんの4月16日のヴィジョンに現れたメラです。



⑩男神様の少し右側には、別の雲に乗った、やはりギリシャ彫刻のような女神様が立っていらっしゃいました。肩に載せた壺を下に向けていました。何をこぼしているのだろうと思っていたら、お金が見えてきました。
実際には金貨のようなものでしたが、お金を象徴していると思いました。

img_10
彼女はメラの妻であるユリア・リヴィッラです。

————————————————————————
 第三次大戦への誘導を、アンドロメダ評議会、プレアデス評議会、銀河連邦の決議に反して実行する事は、彼ら3柱だけではとても無理です。彼らよりさらに上位の神が、陰謀に加担している事は明白です。次回は、その上位の神を説明します。


Comments are closed.