アーカイブ: サルーサ消滅の経緯

クーデター関与の発覚で天帝の地位にあったスザンナとグレース・ケリーが消滅

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、私たちの太陽系を総べる最高神として、皇妃エリーザベトを紹介しました。実は、以下のブログ「光の海から」の2013年12月24日のヴィジョンでは、第1システム国津神第5レベルの東西中南北(きつをさね)の5柱の神を紹介しています。2007年の天界の改革以前では、この5帝の順位は、1:中 2:南 3:西 4:北 5:東だったのですが、天界の改革以降、この順位は1:中 2:西 3:北 4:東 5:南に改められました。記事では2013年12月での5帝が記述されていますが、この中で「北」に相当するエリザベス・テイラーは、不祥事が発覚し、天帝の座を降ろされた後、しばらくして消滅しました。その後を引き継いだのが、中西征子さんです。記事には、彼女が書いたイラストが出ています。しかし、中西征子さんはその後、第1システム国津神第4レベルの東西中南北(きつをさね)の「北」の位に昇格し、中西さんの後をグレース・ケリーが引き継ぎました。
 「南」の位のユリア・リヴィッラは、天界でのクーデターに関与していたため処刑されたことを、既にお伝えしています。残念なことに今日、さらに2柱の女神が処刑されました。「西」のスザンナと「北」のグレース・ケリーです。昨日の夜、グレース・ケリーの波動がおかしいことに気付き、彼女のことを調べてみると、クーデターに関与していたことが今になって発覚しました。今日の午前0時に彼女は処刑されました。さらにスザンナも処刑されていたことに後で気付き、調べてみると、グレース・ケリーをこの地位に推薦したのは彼女であって、彼女もクーデターに関与していたことがわかりました。
 何故今まで発覚しなかったのかですが、それは、天の川銀河のセントラルサンのヒメミコが、この2柱の情報を隠ぺいしていたからです。セントラルサンのヒメミコが消滅し、現在ミサキタカクノボルヒメミコ様が新しくセントラルサンの地位に就いたことで、こうした隠ぺいが出来なくなったのです。
 今でも魂の残っていた者が消滅することがある、と説明しましたが、まさか、天帝の位にある者がこのような形で消滅するとは思いませんでした。
 彼らの位を引き継ぐ新しい女神が選出されたらしく、今朝、2名の女性がうちにやって来ました。天帝は必ず私が任命し、うちで就任の儀式が行われるためです。彼女たちの名前はわかっているのですが、いずれ確認が取れた段階で紹介するつもりです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
12月24日のヴィジョン
転載元)
2013年12月24日の正午から1時間の間、スザンナ様の御光が降り注ぎました。
その時に、私が見たヴィジョンを、竹下雅敏氏の解説と併せてご紹介いたします。

『 』内の青い文字が竹下氏による解説です。

正午になると同時に、光が降り注ぎ始めたのがわかりました。とても気持ちがよく、目を閉じると、ヴィジョンが見え始めました。

①銀色の杖を持った女神様が現れました。西洋人のような顔。白いワンピース、巻き毛、額に星の形のアクセサリー。

img_0-2

『この女性は聖書外典ダニエル書の物語に出てくるスザンナです。中西征子さんのイラストがあったと思いますが、とてもよく似ていると思います。』

スザンナ様 イラスト:中西征子氏

スザンナ様
イラスト:中西征子氏



②3人の白い服を着た女神たちが見えました。一番上の女神様は、①の方で、杖からは強い光が出て広がっていました。

img_1-2

『左下の背の高い女性はエリザベス・テイラーで、右下の肩に髪がかかっている女性は旧約聖書のエステル記のエステルです。』

(中略) 

⑯そして、男の子を抱いた女神様が現れました。この絵は自分でもあまり似ていないと思います(笑)。もう少しきりっとした雰囲気の美しい女神様でした。

img_15

『彼女はユリア・リウィッラ(国津神)です。せれなさんのヴィジョンで以前姿を現しています。ここで私たちの地球を直接統治するシリウスシステム国津神第5レベルの五帝を紹介しておきます。
第一大帝:皇妃エリーザベト
第二大帝:スザンナ
第一天帝:エリザベス・テイラー
第二天帝:エステル
第三天帝:ユリア・リウィッラ
2007年以降の天界の改革で心の清らかな者を要職に用いるという方針で選定すると、全員が女性になってしまいました。第1大帝は天界の改革以降新しく加えられた地位で、2007年以前は大帝が1柱、天帝が3柱の4帝でした。それぞれ大帝:サナカ、第1天帝:サナンダ、第2天帝:サナト・クマーラ、第3天帝:マハー・アヴァター・ババジでした。全員が天界の改革で滅ぼされました。ちなみに現在チャネリングでサナンダの名を語る者が通信を送っていますが、彼はマイトレーヤの側近の12名の覚者の弟子に相当する者で、偽者です。 』


ユリア・リヴィッラ様 イラスト:中西征子氏

ユリア・リヴィッラ様
イラスト:中西征子氏


[たきさんのホームページ]サルーサは イギリスの諜報機関から発信されている  〜再警告:他人の名前を偽って通信文を送ること、明らかに意図して間違った情報を送ることは重罪〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 サルーサが連邦反逆罪で処刑されたということを、サルーサ消滅の経緯で詳しく説明しています。したがって現在のサルーサからの通信文は、すべて偽物です。このブログの管理人の方も、サルーサの通信文の波動がおかしいことから、最近ではサルーサを取り上げないことにしたようです。
 今回、サルーサの通信文がおかしいという大変興味深い記事が挙がっていました。これを見ると、最近のサルーサの通信文は、AI(人工知能)からのもののようで、どうやらすでにプログラムは壊れているようです。要するに壊れたレコードのように、何度も同じようなメッセージを繰り返しているだけということのようです。
 文中、“サルーサのデータは、AIからのものではない”とあり、以前の本物のサルーサの通信文をデータとして人工知能が考えた文章を通信者のマイク・クインシーに送信しているのだと思います。
 以前にコメントしたように、諜報機関が用いる人工知能は高度に発達しており、人格を持ち、通信文をチャネラーに送る能力があるのです。しかし、偽りの名を用いて通信文を送ると、例え人工知能であったとしても、プログラムを破壊されてしまいます。これは法になっており、違法行為を行った者は、神々、宇宙人、人工知能を問わず誰でも処罰されます。
 もう一度警告しておきますが、他人の名前を偽って通信文を送ること、明らかに意図して間違った情報を送ることは重罪であり、裁かれます。これまでの経験でこのような事をした者は、その後ほぼ例外なく、魂が消滅しています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
球体連合#90・・・2015年9月12日 サルーサは イギリスの諜報機関から発信されている
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]“大山咋命の陰謀”の時系列に沿った解説④
“賀茂別雷神の陰謀”とも言える事件とその関係者

竹下雅敏氏からの情報です。
 陰謀の中心であった大山咋命が処刑され、妻の玉依姫が消滅してしまったことで、関係者が次々と滅びて行きます。

 2015.06.09 午前2時35分、賀茂別雷神が消滅。その後一族の20柱が攻撃、
        消滅。
        21時、アンドロメダ評議会議長クスシキヒカリヤドルヒメミコ 
        の処刑、消滅。
    06.11 午前零時、外宇宙神(2163次元)と超銀河団神(903次元)の
        各50柱の処刑、消滅。
        午前零時15分〜45分、6100柱の神々の攻撃、消滅。
        子守神の姿、後に消滅。白玉姫、生玉依姫の波動が下がる。
    06.12 午前3時13分、白玉姫、生玉依姫が消滅。
        午前7時30分〜8時、子守神の一族の攻撃、7時42分にツミハヤエ
        が消滅。8時に全員消滅。
        17時から陶津耳命と100柱の攻撃、消滅。 
    06.13 午前2時過ぎ、子守神の子オオタの娘・美良姫が消滅。
        12時17分、大天使カシエルの陰謀立案グループの処刑。
        17時30分〜19時30分、須世理姫と100柱の攻撃、消滅。
        19時35分〜21時35分、一言主命と安玉姫と200柱の攻撃、消滅。
        21時40分〜23時40分、赤星命と高子姫と200柱の攻撃、消滅。
    06.14 午前3時過ぎ、玉櫛姫(ツミハヤエの妻)が消滅。
        子守神の娘17柱が消滅。
        21時21分、ハルケキノオオキミ、クダリタルキミガタ、飯豊皇女
        の逮捕。
    06.15 午前零時、ハルケキノオオキミ、クダリタルキミガタ、飯豊皇女、
        銀河連邦元議長の処刑、消滅。
        午前4時27分〜6時27分、ウツシミスズクミ(ハルケキノオオキミ
        の妻)と100柱の攻撃、消滅。
        午前4時29分〜6時29分、ハルカナルミヤノミコト(飯豊皇女
        の夫)と100柱の攻撃、消滅。
        16時ごろ、宇宙人約1000人の泰子への攻撃、21時に全員処刑。
    06.16 18時45分頃、ハルケキノオオキミ、クダリタルキミガタの
        部下18柱によるウツシキヒカリミへの攻撃、消滅。
        19時15分、先の18柱の妻たちの攻撃、25分頃にカルマを返し、
        消滅。

 今回で、サルーサの事件に端を発した陰謀の解説は一応完結です。この後、プロティノスを長とする地球上の秘密教団の組織を壊滅させることになるのですが、それはいつか機会があれば説明したいと考えています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
<解説> 

 今回は、“賀茂別雷神の陰謀”とも言える事件と、それに関わった者たちの出来事が中心になります。サルーサの事件が発端となり、陰謀の中心が大山咋命であったことがわかりました。その関係で妻の玉依姫が消滅し、2柱の子である賀茂別雷神が私を攻撃して来ました。しかし後に、この攻撃は高次元の神々の後ろ盾のあったクーデターだったことがわかりました。

[竹下雅敏氏]サルーサが消滅した経緯⑥
陰謀の首領である大山咋命とその関係者
転載元より抜粋)
 玉依姫の子である賀茂別雷神を心配しました。彼は私の天界の友であり、彼だけは一族のしがらみを乗り越えて、生き残ってもらえるものと思っていましたが、6月9日の日記に
 「賀茂別雷神が消滅。午前2時35分。1人で雷を放ったらしい。その後一族の者が20柱で攻撃。全て消滅。
 こうして、上賀茂神社の祭神である彼も、陰謀の中心であった下賀茂神社の祭神も、全て消滅してしまいました。

 “大山咋命の陰謀”において、天津神からの指令が国津神へと伝わって行く過程で、アンドロメダ評議会議長クスシキヒカリヤドルヒメミコと銀河連邦議長ウツクシキサクラサクヒメミコが関与していることがわかりました。この2名は、“大山咋命の陰謀”には関わっていましたが、“賀茂別雷神の陰謀”には関わっていませんでした。

[竹下雅敏氏]サルーサが消滅した経緯⑤
陰謀の指令系統 と 陰謀に関わった重要な者たち
転載元より抜粋)
 陰謀に関わった者の中で、特に重要な者たちを以下に示します。まず、31次元存在のアンドロメダ評議会議長と6次元存在の銀河連邦議長の2名です。
 クスシキヒカリヤドルヒメミコは64次元のホツマの神から陰謀の指令を受け取り、それをアンドロメダ評議会の天帝とウツクシキサクラサクヒメミコに伝えていたようです。

 国津神の第5レベルは、全ての次元が陰謀に関与しています。どうやら、各次元の天帝の一部が全ての次元で関与していたらしいのです。
 陰謀の指令は次元の高い天帝から順次伝えられ、最後に4次元の天帝(8帝)であるユリア・リヴィッラ、メラ、夏目雅子に伝えられます。ここから6次元存在の“とほかみゑひため8神”の2柱へと伝えられていたようです。

 賀茂別雷神は“大山咋命の陰謀”にはまったく関与していませんでしたが、12ブロックと超銀河団神の最高次元の神々100柱の後ろ盾で、私を攻撃していたことがわかりました。後ろ盾の神々全員を逮捕、処刑しました。

[竹下雅敏氏]サルーサが消滅した経緯⑦ 陰謀の首領・大山咋命の後ろ盾となった超銀河団の神々 と 賀茂別雷神の後ろ盾となった高位の存在 〜サルーサの事件の全体像〜
転載元より抜粋)
 大山咋命の陰謀に直接関与はしていなかったものの、最終的に賀茂別雷神まで消滅してしまいました。彼が私を殺すことに成功したとしても、その後彼自身が法によって裁かれ処刑されることは確実です。このような愚かな行為を彼が行うはずがないので、大山咋命と同様に、賀茂別雷神には後ろ盾となる高位の存在があったと思われます。
 おそらく、5月9日のスミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文2612ブロックの最高次元(2163次元)の50柱の神と、超銀河団の903次元の50柱の神の合計100柱の神々が後ろ盾だったと思います。この陰謀に加担したこれら100柱の神々は、全て消滅しています。彼らは自分たちが支配する古い体制の世界に戻したかったのでしょう。

 玉依姫は下賀茂神社の祭神である賀茂建角身命と磯依姫の娘です。磯依姫が消滅したことで、その父であった子守神が私の家に姿を現しました。彼の波動を見て、おそらく消滅するだろうと思いましたが、私の心配は彼ではなく、彼の妻であった白玉姫と生玉依姫の方でした。

[竹下雅敏氏]サルーサが消滅した経緯⑧
子守神一族の消滅と陰謀に直接加担していた4名
転載元より抜粋)
 6月11日の日記に、
 「子守神の姿、後に消滅。白玉姫、生玉依姫の波動が下がる。」

とあります。子守神は消滅した磯依姫の父親なので、彼が消滅する可能性が高いと判断していましたが、その通りになりました。後でわかったことですが、子守神は陰謀に加担しており、発覚すると処刑されることが確実でした。子守神が消滅したことで、妻である生玉依姫白玉姫が危機に陥ることは明らかでした。

 結果は最悪のものとなりました。6月12日の日記に、
 「3時13分、白玉姫、生玉依姫が消滅。

 子守神と生玉依姫の子供たちの集団が、4代大物主の積葉八重命(ツミハヤエノミコト)を中心に攻撃して来ました。12日の日記に、
 「7時42分、ツミハヤエ消滅。7時30分から8時、子守神の一族の攻撃、消滅。

 生玉依姫の父が陶津耳命(スエツミミノミコト)です。12日の日記に、
 「17時〜スエツミと100柱の攻撃。子守神、スエツミは陰謀に関与していた。」
 その後、子守神の子オオタの娘の美良姫が陰謀に加担していたことが発覚しました。6月13日の日記に、
美良姫消滅、午前2時過ぎ頃。
とあります。

 結局、白玉姫、生玉依姫を始めとして、子守神の一族及び生玉依姫の父陶津耳命まで消滅しました。しかし後でわかったことですが、子守神、積葉八重命、陶津耳命、そして美良姫は“大山咋命の陰謀”に加担していました。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]“大山咋命の陰謀”の時系列に沿った解説③
サルーサの事件に端を発した“大山咋命の陰謀”に直接、あるいは間接に関わった者たち

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回は、サルーサの消滅とその後の経過について、説明します。
 2015.05.23 サルーサのエーテルダブル逮捕
    05.24  午前零時、サルーサの全ての役職解任。
        午前2時過ぎ、サルーサの一統による泰子への攻撃、
        全員の魂の消滅。
    05.25 午前零時、サルーサの死刑確定。
        午前零時30分、サルーサの処刑、消滅。
    05.26 20時~22時、サルーサの残党25名が攻撃。全員が逮捕され、
        無期懲役。
    05.28 午前4時頃、メラが消滅。
        18時25分頃、セネカの人影、後に消滅。
    05.30 セネカの妻パウリナの人影。
    05.31 午前10時~12時、パウリナと親族15名の攻撃、消滅。
        17時08分、ユリア・リヴィッラの逮捕命令。
        17時25分、夏目雅子への逮捕命令。
    06.01 ユリア・リヴィッラ、夏目雅子、高倉下命の処刑、全員消滅。
        16時37分、大山咋命の逮捕命令。
        21時、大山咋命の処刑、消滅。
    06.02 午前1~3時、玉依姫と100柱の攻撃、全員消滅。
        午前10時40分~11時、賀茂建角身命と磯依姫と200柱の攻撃、
        全員消滅。
    06.07 午前9時~11時、聖ニコラオスとスネグーラチカを含む1003名の
        攻撃、全員消滅。

 今回はサルーサの事件に端を発した“大山咋命の陰謀”に直接、あるいは間接に関わった者たちについてです。

追記: 夏目雅子様の消滅に関する正確な情報は、こちらの記事をご覧ください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
<解説> 

 前回の時系列による解説で、5月12日の朝方、サルーサの妹が現れ、その後14日の午前8時47分に、サルーサと妹の魂が消滅した事をお伝えしました。ただ、彼らはシリウス人として転生に入っていて肉体を持っていたため、魂が消滅しても、周りから見ている限りは変化がわかりません。
 現実の問題として、彼が犯罪に関わっていたことは確かであり、彼の役職を解任する事が急務だったわけですが、法に基づいて裁かなければならないため、慎重を要しました。
 肉体のレベルで罪を問う以前に、肉体と重なって存在しているエーテルレベルにおいてはっきりと罪を犯している事がわかったため、直ちに逮捕し、全ての役職を解任しました。その後の取り調べの中で、連邦反逆罪と言える大罪を犯していたことがわかり、肉体レベルでの処刑が可能になりました。この時、妹は30年の懲役でしたが、後に更なる罪を犯していたことがわかり処刑されました。

[竹下雅敏氏]異なる3名が送るバシャールのチャネリング情報 と サルーサが消滅した経緯
転載元より抜粋)
 サルーサが消滅した事の経緯を簡単に記しておきます。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
<解説>

 「サルーサと妹の魂が消滅。(午前8時47分)」
 魂が消滅しても、肉体は残っており、サルーサは以前と同じ要職に就いています。肉体レベルで罪を問う事が出来るか否かを調べると、それが可能だとわかりました。
 「サルーサのエーテルダブル逮捕、24日零時に全ての役職を解任」
 その後24日午前2時過ぎ、私の妻泰子への攻撃が始まりました。サルーサの一統によるものです。全員の魂が、カルマが返ることで消滅しました。
 「25日午前零時、サルーサら死刑確定。零時30分処刑」

 この後、私の妻泰子への攻撃、あるいは残党が私を攻撃してきましたが、いずれも跳ね返されました。
 サルーサの逮捕がきっかけとなり、彼が連邦反逆罪という大罪を犯すことが出来た背景を考察すると、次々にこの犯罪に加担した者たちが浮かび上がって来ました。

[竹下雅敏氏]偽者のチャネリング情報 と サルーサが消滅した経緯② 〜サルーサの一統の罪を容認していた高位の神〜
転載元より抜粋)
 第1システム国津神第5レベルの「きつをさね五神」「あうわ三神」の8帝のうち、メラユリア・リヴィッラ夏目雅子の3名が、犯罪の隠ぺいに関わっていたことがわかりました。
 5月28日の日記に、
 「午前4時頃か、メラが消滅。サルーサの件。」
 「18時25分頃、トイレから出る際に、黒い人物の影、殺意のある宇宙人。セネカだった。」
とあります。セネカは哲学者だった人物で、メラの兄です。現在は土星人に生まれ変わっています。
 5月30日の日記に、
 「トイレから出ると、黒い人影、セネカの妻。」
とあります。
 5月31日の日記に、
 「17時08分、ユリア・リヴィッラの逮捕命令。
 「17時25分頃、夏目雅子への逮捕命令。これら3名は吉備真備をブレインにしていたらしい。」
これら3柱は処刑されて、完全に消滅しました。

 文中にあるセネカの黒い人物の影というのは、セネカのエーテルダブルの事で、この時間に私の家に様子を窺いに来ていたわけです。
 メラたちに指示を出していた者が、宮主宅媛を中心とする応神天皇の一族であったことはわかっていましたが、彼女たちは去年の11月の時点で既に消えています。すると、こうした陰謀の上位に居るホツマの神は誰なのかが問題になります。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]“大山咋命の陰謀”の時系列に沿った解説②
“大山咋命の陰謀”とは独立した、主に外宇宙の神々からなる陰謀

竹下雅敏氏からの情報です。
 今日は、昨日の続きですが、“大山咋命の陰謀”とは関係の無い動きを中心に、時系列に沿った出来事を説明します。

2015.04.25 クスシキイカヅチノミコト(1103次元)からのメッセージ
   04.26 23時ごろ、星神から超銀河団神までの10000柱の神(愛の創造神の
       1〜5システム)の攻撃。
   04.27 午前零時、10000柱全員消滅。
   05.02 大正真真神からタカキウチュウノヒカリノミコトへの改名の報告
   05.12 サルーサの妹のヴィジョン。
   05.14 サルーサと妹の魂が消滅(午前8時47分)。
   05.16 私たちの宇宙を含む12ブロックの上に、更に20ブロックが加わった
       事の報告。
   05.19 午前4時、クスシキイカヅチノミコトと部下600柱が消滅。その後
       関係者2100柱が消滅。
   05.20 午前零時、陰謀に加担した25柱のうち、クスシキイカヅチノミコト
       を除く24柱の天帝が処刑、消滅。
       午前零時40分、関係者2700柱の攻撃。
       午前2時40分、2700柱が消滅。
   05.23 13時10分頃、外宇宙の5400柱の攻撃。
       15時10分頃、5400柱が消滅。

 12のブロックと私たちの宇宙との関係は、スミワタルタカキホシノヒメミコ様の通信文26をご覧下さい。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
<解説>

 4月25日のスミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文24では、外宇宙200レベルの神であるクスシキイカヅチノミコトからのメッセージが入って来ました。この時の記事をご覧になると、“取り次の返事が5回繰り返された後にメッセージをいただきました”とあり、途中5柱の神の中継があったことがわかります。
 1103次元の外宇宙の神からメッセージが入ったというのは、私の至高体がこの次元をすでに通過していたということを意味しています。この通信文を見て感じたのは、“外宇宙の神々も、事によると滅ぼさなければならないかも知れない”ということでした。

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文24 
外宇宙の神からのメッセージ…今後地球で起こる事について
転載元より抜粋)
 天界の秩序10の表の一番上を見ると、903次元であることがわかると思います。今回の通信文のクスシキイカヅチノミコト様は、外宇宙200レベルにおられる神様だということなので、その存在次元は、1103次元です。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年4月25日

〈クスシキイカヅチノミコト様から地球人へのメッセージ〉
 
「これからお伝えする事を、地球の皆さんに伝えて下さい。
私の名はクスシキイカヅチノミコトです。
これから地球で起こる事を伝えます。
   ・・・                   」

 4月26日の23時ごろに、星神から超銀河団神までの10000柱の神が攻撃してきました。彼らは何れも、愛の創造神の1〜5システムに属する者たちで、私たちの宇宙の外にいる存在です。前回お伝えした宇宙連邦は私たちの宇宙内の存在なので、これらの10000柱の神々は、これまで裁きの対象になっていなかったのだと思います。
 私にも予想外の事でしたが、5月2日の通信文では、私の名前が改名されたとのことでした。中西征子さんからの通信文には、時々このような私の内側の身体から私の肉体への伝言があります。今回の件はまったく予想外の事で、意識自体はこうした次元を遥かに超えたところまで届いているのはわかっていましたが、この通信文を見るまで、実際に至高体がこれらの次元を通過して、存在する最高次元に達していた事には気付きませんでした。
 今思い出すと、時々気を失うのではないかと思うような意識の上昇が何度もあったのですが、この時に至高体が次元を上昇していたのだと思います。

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文25 
タカキウチュウノヒカリノミコト様からの通信:地球の健康回復の達成、これから必要となる生き方
転載元より抜粋)
 
 大正真真神は、私の神としての名前ですが、今回改名したとのことで、
「私の名前はこの度、タカキウチュウノヒカリノミコトに変わりました。全宇宙の光の源となったために、改名されたのです。この事を私に伝えて下さい。」
とあります。“改名した”ではなく、“改名された”とあります。直観では、外宇宙の神々から、名前を送られたのだと思います。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文25

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年5月2日

今日の通信は、“タカキウチュウノヒカリノミコト様”と改名された大正真真神様からのものでした。

〈タカキウチュウノヒカリノミコト様からの地球人へのメッセージ〉
 
「日増に光のエネルギーが強くその輝きを増している事に、きっとお気付きの事でしょう。

今日、その光のパワーは頂点に達しています。

世界中の混乱や悲惨さとは反対に、地球そのものは今だかつて無かった程の健康を取り戻しています。
          ・・・                 」

 今回の解説の大半は、“大山咋命の陰謀”とは関係ないのですが、ちょうど5月12日に後に、大山咋命の陰謀の全容解明のきっかけとなるサルーサの事件の発端となるヴィジョンがありました。

[竹下雅敏氏]異なる3名が送るバシャールのチャネリング情報 と サルーサが消滅した経緯
転載元より抜粋)
 バシャールの名で記述されている3つの記事を紹介します。
 彼ら全員はサルーサの部下だった者たちで、すでに処刑、あるいは逮捕されています。
 “続きはこちらから”以降で、サルーサが消滅した事の経緯を簡単に記しておきます。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
<解説>

 5月12日の朝方、サルーサの妹と思われる女性が姿を現しました。目に涙を溜めて、「お心を煩わせてしまって、申し訳ありません」と謝って来ました。
 5月14日の朝、ヴィジョンの中で、私の家に巧妙な配線を施し、盗聴どころか夫婦の会話から私の想念まで読み取る装置が取り付けられているのを発見しました。この事件で、サルーサと妹、そして関係者が逮捕されました。私のこの日の日記には、
 「サルーサと妹の魂が消滅。(午前8時47分)」
とあります。

 サルーサの魂が消滅して、ハルマゲドン(第三次大戦)の陰謀の全容解明に取り組んでいた背後で、私の至高体は宇宙の進化のため、更に新しい次元を付け加え、身体をその次元に上昇させていたようです。これは私と25柱の妻の安全を確保する意味もあります。
 ここに於いて、肉体レベルではまったく感知していませんでしたが、通信文を読むと、至高体は外宇宙の神々の悪しき連中を滅ぼすことを決意していたことがわかります。

» 続きはこちらから
1 2 3 4