アーカイブ: グレイ

[The Voice of Russia]中国で冷凍庫に保管の異星人の死体を特写

竹下雅敏氏からの情報です。
グレイタイプの宇宙人で本物と考えられます。"続きを読む"以降は気持ち悪い写真なので8種体癖の方は問題ないでしょうが、他の体癖の方は覚悟の上ご覧下さい。
この写真を見ると、グレイが皮膚から栄養というか、エネルギーを吸い取るというのがわかる気がします。ただ多くの人が理解していないことはグレイを宇宙人だと思っているのですが、確かに肉体レベルではそう言って良いかも知れないのですが、霊的観点ではそうではないのです。彼らは人ではなく、かつて先祖は人間であった(出身はレティクル座の惑星)のですが退化した種なのです。ただ科学技術にはすぐれています。ですから人ではないので宇宙人とは言えず、ET(地球外生命)と言う方が正確です。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中国で冷凍庫に保管の異星人の死体を特写
転載元より抜粋)
中国で黄河沿岸のUFO墜落現場で見つかったとされる異星人の写真がソーシャルネットで公開され、一大センセーションを巻き起こしている。
写真を公開した中国人は、この異星人の死体を3月に発見し、自宅に持ち帰って冷凍庫に保管していたと主張している。この話と写真について、多くのブロガーがその信憑性に支持を示した。この騒ぎを鎮めるため、地元警察は冷凍庫の異星人は高品質のゴム製で表面が焼かれた偽物との公式声明を出している。

————————————————————————
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[井口和基氏]鈴木竜成の「宇宙人の柩」:宇宙人ETV墜落事件は多数、アダムスキー型は解明ずみ!

竹下雅敏氏からの情報です。
私が物理学、化学を学ぶ気になれないのは、それがはっきりと間違っているとわかるからです。光よりも速い速度がないのなら、中西征子さんが外宇宙と交信出来るはずがありません。また、地球に来ているUFOの中には、私たちの宇宙の外から来たものもあるのです。通常の葉巻型UFO(ハマッキー)は、私たちのシリウスシステムとスバルシステム(プレアデス)の神霊と人が乗組員で、約一万機が地球で活躍してくれています。
しかし、5月12日の記事でのワイマールさんの言葉に、"これ迄はハマッキーが活躍してきました。これからは、私達のUFOも加わって、地球的規模で行ないます。"とあるように、ハマッキーとは別に約一万機のUFOが存在しているのです。こちらには、シリウスシステムからアートマの創造神の第一システムまでのすべてのシステムの神が乗船しています。
私たちの宇宙は12システムまでなので、愛の創造神の第一システム以上のシステムから降臨された神は、私たちの宇宙の外からこられたわけです。これらの神々については以前の2012年8月1日のブログの記事を参考にして下さい。現在地球上で起こっていることは、途方もないスケールの出来事なのです。私がウソをついているのではないことは、嘘をつくならもう少し信じやすいレベルのものになるだろうということです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:宇宙人ETV墜落事件は多数、アダムスキー型は解明ずみ!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[放知技]ET(たぶん銀河連邦?)がイルミナティの主要メンバーを抹殺し始めました。

竹下雅敏氏からの情報です。
記事の赤字部分ですが、基本的に正しいと言えます。2013年2月23日の記事のコメントに書いた内容のことが、この記事で裏づけられた形になります。
また、5月9日の記事で宇宙人アスケットについてコメントしましたが、実はこの記事は彼らに対する最終警告だったわけです。警告に従わなかったため、滅されました。ただ肉体のみはいまだ残っているため、今後さらに悪をなすと、処刑(肉体の死)されます。マシュー君の方は、宇宙人ではなく、霊なので何ヶ月か前にすでに消滅しています。これらの悪の集団(デービット・アイク的にはレプティリアン型宇宙人)の中核であったのがアスケットの一団であったのですが、全員が滅されたので、現在は、宇宙の兄弟たちはずいぶんと楽になっているはずです。
今後、急速に人類の覚醒が早まってゆくでしょう。さらなる悪をなせば処刑される連中ですが、彼らが悪をやめるとは思えないので、恐らく処刑されることになるでしょう。こうした者たちが2月23日のコメントを書いた段階で10万人と見積ったということなのです。私は今回の記事のジョン・ケトラー氏のことも、彼の情報も、まったく知りませんが、私がウソを言っているわけではないということは、わかっていただけるだろうと思います。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。