アーカイブ: グレイ

[NHKニュース他]「イスラム国」が英国人殺害か 映像を公開 〜スタジオ撮影の写真〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 イギリス人の3人目の斬首動画が公開されたようですが、2つ目にスタジオ撮影の様子があり、この写真が出回ると、皆が真相を知ることになると思います。しかしこの写真の出所がどこなのかが気になります。写真は本物だと思います。
 “続きはこちらから”以降では、スノーデン氏の情報で、ISISはアメリカ・イスラエル・イギリスの諜報機関によって共同で作られたことが暴露されています。記事によるとイスラエルを保護するために、“その国境近くに敵を作り出す”作戦とのこと。こうすることで、アメリカ・イギリス・NATOなどの軍隊が介入出来る事になり、混乱を第三次大戦まで広げる事が出来るということだと思います。
 スノーデン情報によると、こうした作戦の背後に異星人が存在し、1945年の段階で“すでにホワイトハウスを占拠している”ということのようです。
 これらの情報は、これまでシャンティ・フーラの時事ブログで説明して来た事がらと合致しています。この異星人がチャネリングなどで言われる「光の銀河連邦」であり、彼らが作り出したグレイ達だという事を説明して来たと思います。
 これまでチャネリング情報に関わるなと言って来たのは、これらの異星人が闇の存在だからなのです。波動を調べれば直ちにわかる事柄です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「イスラム国」が英国人殺害か 映像を公開
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
毎度おなじみ、便利な過激派ISIS(アイシスちゃんたち)首切りスタジオ、大忙し。
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]ヴァリアント・ソーへの質問とその回答② 〜偽りのUFO情報を一掃する通信内容と地球人へのメッセージ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日のヴァリアント・ソーとの通信の後半部分です。
 これらの通信文の内容は、地球上に氾濫している偽りのUFO情報を一掃するものです。また大まかな全体像を捉えるのに役立つでしょう。チャネリング情報などで断片的な知識を持っていた人たちは、これらの一連の情報で、ある程度の明確な輪郭が描けるでしょう。神智学などの知識を持っていない人は少し難しい部分があるかと思いますが、これらのことも含め、今後このシャンティ・フーラの時事ブログ上で丁寧に解説していくつもりです。
 今はインターネットの時代なので、こうした正確な情報が世界に広がることを望みます。レプティリアンをはじめとする闇の一団は完全に滅びており、現在地球上で悪をなすのは、彼らの指示を受けて行動していた雑魚のような連中ばかりです。
ウクライナでのマレーシア航空機撃墜事件を見てもわかるように、頭を失ったこの連中は非常に頭が悪いのです。もはや滅び去る直前です。勇気を出して人々が立ち上がるべき時が来たということです。
カッコの中は、私の解説部分となります。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
右からヴァル・ドン・ジル

右からヴァル・ドン・ジル


11.シリウスシステムの国津神第5レベルのハイアラーキーを考えた場合、上位と下位の組織に分かれます。上位の組織を神智学では太陽ハイアラーキー、下位の組織を地球ハイアラーキーと呼んでいるようです。これらのハイアラーキーの霊的次元は3.1次元、物質的次元は3次元だと思いますが、正しいですか?

回答:すべておっしゃる通りです。
(チャネリング情報では、アガルタは5次元ということになっていますが、実際には3次元の地球の内部にあるのです。仮に5次元を正当化しようとすると、肉体の存在する次元ではなくて、意識も考慮に入れた次元ということになります。そうすると現在の平均的地球人もすでに4次元以上ということになってしまいます。)

12.太陽ハイアラーキーの霊的レベルの名称を「大シャンバラ」と言い、ゴビ砂漠の上空にあったと言われています。また物質的レベルを「アガルタ」と言い、地球の内部にあったといわれています。「アガルタ」の首都がシャンバラで、大シャンバラと区別する場合は「小シャンバラ」と呼んでいたと思うのですが、こうした理解で良いでしょうか?

回答:すべて正しいです。
(アガルタは太陽ハイアラーキーに属する者たちの地下住居です。同様に地球ハイアラーキーに属する者たちの地下住居も存在しました。例えばシャスタ山の地下には、彼らの住居があったと言われています。)

13.太陽ハイアラーキーに属する者が解脱していない以上人間として転生に入るわけですが、彼らが転生に入ったのがアガルタ人だと思いますが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。
(地球ハイアラーキーのメンバーで、モリヤ大師やイエス大師は、地球人として転生に入っていました。モリヤ大師はイラン、イエス大師はローマを拠点にしていたと思われます。)

14.国津神第5レベルの地球ハイアラーキーの概念を、国津神第2〜第5レベルまで拡張したものが、聖白色同胞団(グレート・ホワイト・ブラザーフッド)で、シリウスを中心としていたと考えていますが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。
(ハイアラーキーの詳しい情報に関しては、シェア・ジャパン出版から出ているベンジャミン・クレーム氏の著作を参考にしてください。)

15.国津神第5レベルの太陽ハイアラーキーの国津神第2〜第5レベルまで拡張したものの名称を教えて下さい。

回答:「白色同胞団」という名称です。

16.地球のUFO情報で、グレイと言われている者がいます。私の考えでは、トールホワイトと呼ばれたグレイは、火星人と羊の遺伝子から作られたハイブリッドで、この肉体にレチクル座ゼータ星の惑星に居た魂が転生に入ったと考えています。したがって、彼らはこれらの惑星から宇宙船に乗って地球にやって来た者たちではないと思いますが、正しいですか?

回答:すべて御指摘の通りです。
(ここは重要な部分で、グレイは宇宙人ではないのです。7月21日に取り上げた記事では“ドラコとドラコが作ったアンドロイドのグレイは人間を完全に騙している”とあり、グレイが人工的に作られたことを示唆しており、私の主張と重なる部分があると思います。)

17.こうした遺伝子操作で改良を重ねたグレイたちを使い、アメリカ政府と密約を結ばせ、間接的にアメリカ政府をコントロールしていたのがアスケットらを含む一味だったと思いますが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。

» 続きはこちらから

[日本や世界や宇宙の動向]エイリアンのアジェンダとは。。。その2

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事の続きです。この中で魔とその一味は“エルサレムを奪う事ばかりを考えていた”とありますが、この文脈の中で聖杯物語やシオニズムを考えると、意味がよくわかるだろうと思います。聖杯伝説は血筋の物語であり、彼らが守る血筋の中から、将来的に全世界統治王が現れるということです。
 後半“DHSが…いよいよアメリカ中西部で世界最大の軍隊が結成されるだろう”という部分ですが、アメリカ人を大量殺戮するための軍隊が結成されるのか、それともそのアジェンダに抵抗する民兵を中心としてペンタゴンが協力をした軍隊が結成されるのか、元の英文ではどちらの意味なのかが私には分からないのですが、前後の文脈から見ると、後者であると考える方が自然に思います。
 著者の言うように、いよいよその時は迫って来ていると感じます。
(竹下雅敏)
編注)「元の英文」を翻訳チームに見ていただきましたが、該当する部分では「前者」の意味になるようです。該当部分の翻訳はこちら

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
エイリアンのアジェンダとは。。。その2
転載元より抜粋)
http://www.veteranstoday.com/2014/07/19/alien-agenda-v-world-zionists-play-russian-roulette-with-alien-ets/
(概要)
7月19日付け:
(昨日の続きです。重要な点のみ記載)

・ドラコは、イルミナティ&世界シオニスト機構が彼らの任務を果たさなければ、地球を完全にリセットすると脅迫している。

ドラコは彼らのアジェンダを達成するのに必死であり、世界シオニスト機構や最上層の政策立案者らに対し、ドラコに世界の支配権を手渡し、ドラコの命令に完全服従する人間は生き続けさせると伝えた。

ドラコのアジェンダが達成されたら、地球上にドラコ王がエルサレムに君臨し支配するルシファー王朝が誕生することになる。ドラコ王はルシファー自身だという者もいる。

・長い間、ドラコは十字軍にこだわり、エルサレムを奪うことばかりを考えていた。

・世界シオニスト機構が、世界人口の90%を削減できないなら、ドラコはシオニストらも含め世界人類の全てを消滅させると言っている。そのためシオニストらは、超一流のエンジニアに全ての電子機器や電気機械類、配電網を破壊することが可能な最先端の核兵器を開発させようとしている。

ドラコとドラコが作ったアンドロイド(ドラコの家来)のグレイは人間を完全に騙している。彼らは影の政府(マジェスティ12)との協定で、人間を攻撃する危険な活動はしないと約束したが、密かに人間を攻撃している。

・内部告発者の意見として、ドラコは自分達を大きく見せているだけで実際はそれほどの力がない。ドラコは最終的に世界人類を抹消するつもりであり、善良に見える代理人らを使って人類を騙し納得させた後に全人類を抹消するつもりだ。ドラコは昔から、人間との取り決めを破り、禁止されていた拉致、虐殺、人食いを行ってきた。

ドラコは嘘つきであり、人間を騙すことしかしないため、彼らを一切信用してはならない。これまでは、ドラコはシオニストらにドラコの邪悪なアジェンダを実行させ、その報酬として巨大な富、権力、地位を与えてきた。
中略
長い間、カトリックやプロテスタントの神父は、悪魔でさえ従わなければならないキリストのパワーを借りて人間に取りついた悪魔を退治してきた。さらに、エイリアンに拉致されようとしていた人がキリストの名を呼ぶとエイリアンが去っていったとも言われている。

・バチカンの関係者によると、バチカンに潜入したルシファー(悪魔)崇拝者らは、バチカンの地下室で悪魔儀式を執り行い、バチカンを悪魔で汚染していった。この関係者は、バチカンの闇を暴露したために殺害されてしまった。

・エイリアン・グレイに拉致された被害者の証言として、グレイは壁を通り抜け、彼らを拉致しドラコの指揮下で拉致被害者に対する様々な検査、実験を行った。

・ドラコは宇宙で最も邪悪な生命体である。

・ピラミッドのトップに君臨し世界を支配してきた人間たちがなぜそれほどまでに邪悪なのか?
ドラコや世界シオニスト機構に仕える人たちの殆どがマスターアジェンダ及び完全なる悪とは何かを知らない。彼らの多くは、ドラコやシオニスト機構に自分達の魂を売り(魂を失う)、地位や名誉や富を与えてもらっている。シオニスト配下のDHS国土安全保障省の職員の殆どが、悪魔のアジェンダを達成するために任務を遂行していることを知らない。もし職員らが実際に何をしているのか(破壊行為と大量殺人)を認識したなら、彼らはDHSの職員を辞職するだろう。しかし世界シオニスト機構は、50年前から、彼らが支配する主要メディアを利用し、ウォール街の宣伝を行い、大規模心理作戦を実践することで大衆のマインドコントロールを行ってきた。
しかしインターネットのおかげで彼らの作戦が崩れている。

インターネットによる情報拡散により、光の速さで真実が世界に知れ渡っている。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]光の銀河連邦の解明:グレイの肉体と霊体の関係をふまえた正しい理解、グレイを支配下に置いた光の銀河連邦の陰謀

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の解説記事において、長く地球を支配してきた主な5種類の宇宙人と、彼らの存在次元について説明しましたが、少し説明を加えなければならない部分があります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:異星人の故郷と異星人と会うには霊性が決めてだ!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]光の銀河連邦の解明:光の銀河連邦に属する星とその次元、地球に転生するレプティリアン

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事の中で、説明をする必要のあった地球人をこれまで長い間支配し続けた宇宙人たちですが、もう一度その部分を紹介しておきます。“続きはこちらから”以降でこの解説をしたいと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
Reptilians - Andromeda 2012 - Explained
レプティリアン – アンドロメダ2012年 - 解説
転載元より抜粋)
制作:RonPaulFightNWO
YouTube公開日:2012/06/25


An Open Letter to Humanity
地球人への手紙

3:01
Believe it or not, your species has been manipulated for eons by five different ET races. They include:
信じられないかもしれませんが、あなた方は、5つの異なる宇宙人によって非常に長い間、支配され続けてきました。 

1. Grey beings, who were originally from the Zeta Reticula star system but now call the Orion constellation home.
1.グレイ。元々、ゼータ・レティキュライ(レティクル座ゼータ連星)系から来たが、現在はオリオン座を故郷と呼んでいる。

2. Reptilians from the Draco constellation who are of equal harm to not only Earth humans, but other humanoids across the Milky Way galaxy as well.
2.りゅう座から来たレプティリアン(爬虫類人)。地球人を含めた、天の川銀河の人型生命体全てにとっての脅威。

3. Hydra Reptilians who are a real problem here on Earth.
3.うみへび座のレプティリアン。ここ地球の一番の厄介者。

4. Reptilians from the star system Sirius B.
4.シリウスB星系から来たレプティリアン。

5. Reptilians from the Orion constellation, but also many "Orion" referenced stars.
5.オリオン座ないしは“オリオン”と関連付けられる様々な星から来たレプティリアン。

Earth was sadly, just one chess piece in their game of galactic domination.
残念ながら地球は、彼らの銀河征服ゲームにおける単なる駒でしかないのです。

They have created a coalition which has controlled your planet and its reality for a very long time.
彼らは連合を結成し、あなた方の惑星とその実態を長きに渡って支配して来ました。

» 続きはこちらから
1 2 3